【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135625.html
気の弱い人の特徴

気の弱い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
気の弱い人の特徴

気の強い・弱いは先天的なものなのでしょうか、それとも育ってきた環境によるものなのでしょうか。

今回は、気の弱い人の性格や特徴についてまとめます。

  • おどおどしている
  • 些細なことを気にする
  • 小さな物音でもびくっとする
  • 人の後ろをついて歩く
  • 声が小さい
  • はっきりとしない態度である
  • 人の顔色を窺う
  • 挑戦的でない
  • 遠慮しがちである
  • 高みを目指さない
  • 裏方仕事を好む
  • 言い出しっぺにならない
  • 言いたいことを我慢する
  • 友人が少ない
  • リスクばかり考える
  • 人との衝突を怖れる
  • 一人で完結する仕事を好む
  • 強く言われるとフリーズする
  • 自信のある分野には饒舌になる
  • 被害妄想が強い
  • まとめ

1. おどおどしている

おどおどしている

気の弱い人は、いつもおどおどした態度をとります。

目の動きが不自然にキョロキョロしたり、ただ立っているだけでも落ち着かずにそわそわしたりします。

自分の存在に自信が持てていないように見えます。

そのおどおどした態度は周りを不安にさせますが、内面を変えていかないとどうにもならない部分と言えるでしょう。

2. 些細なことを気にする

些細なことを気にする

気の弱い人は、些細なことを気にする傾向にあります。

もっと全体を気にすべきであるのに、自分が一度気になった部分がずっと気になり、一旦脇に置いて次のことを考えるということがなかなかできません。

考えているうちに、些細なことがだんだんと重大なことのように思えてくるのです。

気にしすぎると夜も眠れないという状況もあり得ます。

こういった場合は周りのフォローが肝心となるでしょう。

3. 小さな物音でもびくっとする

小さな物音でもびくっとする

気の弱い人は、小さな物音でもびくっと反応します。

他の人が驚かないような音でもびっくりするので、面白がって周りからいじられることもあるでしょう。

体の反応は素直なものなので、意識して直そうと思っても直りにくい部分です。

神経が過敏になっているとも言えます。

4. 人の後ろをついて歩く

人の後ろをついて歩く

気が弱い人は、人の前ではなく、人の後ろをついて歩きます。

人の前を歩くということは、自分がその集団の代表であることを暗に意味するので、そういったことはできないのです。

何かあった時に矢面に立たないような楽な立ち位置を常に探しています。

こういった人は子分気質があると言えます。

5. 声が小さい

声が小さい

気が弱い人は総じて、声が小さいです。

何を言っているのかが分からず、何度か聞いてやっと分かることがあります。

相手は次第にやりとりにイライラしてきて、怒り出すこともあるでしょう。

またはその人とのやりとりを諦めることもあり得ます。

相手に分かりやすいように、主張ははっきりすべきです。

意見の相違は多々あることなので、それを気にしていては人と話ができません。

6. はっきりとしない態度である

はっきりとしない態度である

気が弱い人は、どっちつかずのはっきりとしない態度をとりがちです。

どっちにも悪いようにしないようにと配慮した結果、どっちにも良い結果がもたらされないことはよくあることです。

まさに、二兎を追う者は一兎をも得ず、です。

自分の意見に基づく判断であるならば、選ばれた方も選ばれなかった方も、どちらも納得するものです。

はっきりとしない態度は関係者全員が悪い方向に向かってしまうので、おすすめできません。

7. 人の顔色を窺う

人の顔色を窺う

気の弱い人は、人の顔色ばかり窺います。

相手が好意的な反応だと少し自信を持って話せますが、少しでも怪訝な表情をされると、自分の意見がよくないのだと思い、急速に自信を失うのです。

相手の表情は何が原因でそうなっているのか、実はよく分からないものです。

自分の話し方で良くない表情をしているかもしれませんし、自分とは関係のないことを思い出して苦い顔をしているかもしれないのです。

相手の反応は気にすべきものですが、反応の良し悪しで、話すべきことを話せないまま終わるというのは避けたいものです。

8. 挑戦的でない

挑戦的でない

気の弱い人は挑戦意欲が少なく、新しいことへ挑戦をしません。

新しいことはわくわく感も大きいですが、同時にリスクも大きいです。

挑戦的な人はそれを重々承知の上で、期待感やその先にある自分の成長が見えているので、新しいことに立ち向かっていけるのです。

気の弱い人は、リスクばかり目につくので、結局やらずに終わってしまうことがあり、それで後悔することにもなるのです。

やらなかった、という後悔はどうすることもできません。

一歩を踏み出すことは、ちょっとの勇気でできるものです。

周りの後押しが必要です。

9. 遠慮しがちである

遠慮しがちである

気の弱い人はどんな場面でも遠慮しがちです。

あまりに遠慮をするので、相手は自分が好かれていないと思ってしまうかもしれません。

遠慮は日本人に多い性質だと言われていますが、過度な遠慮は相手にも失礼に映ってしまいます。

快く乗っかってくれる方が、相手も気持ちがいいものです。

ギブ・アンド・テイクの精神で、相手が何かしてくれたら、こちらも何かを返せばそれでよいのです。

10. 高みを目指さない

高みを目指さない

気の弱い人は、前述した「挑戦的でない」ことにも関連して、自分をより高みに持っていく努力をしない傾向にあります。

上へ上へ行こうとガツガツしていないことは、一見謙虚に見えますが、自分はそれだけの努力をしないという宣言にもとれます。

自分の成長は、自分を厳しい環境に置かなければ期待できません。

たとえやり方が拙くても挑戦的な人へは、その成長のために力を貸してあげたくなります。

結果、その人の成長につながることになるのです。

11. 裏方仕事を好む

裏方仕事を好む

気の弱い人は表舞台に出ることを嫌がり、裏方にまわることを好みます。

場合によりますが、裏方は風当りが厳しくないことが多く、気楽にいられる環境なのです。

責任を必要以上に自分に課すこともありませんし、居心地がいいのです。

しかし、自分の仕事を全うしようとする姿勢はあり、コツコツと地道な作業を続けられるという点では、裏方に向いている気質なのかもしれません。

12. 言い出しっぺにならない

言い出しっぺにならない

気の弱い人は何か思いついたとしても、その言い出しっぺにはなろうとしません。

言い出しっぺになると自分が率先してやらなければならない場合が多く、責任が生じるのです。

気の弱い人は、出来れば他人の大多数の意見に便乗し、自分に責任が課されないようにして、うまく切り抜けようとします。

実際は、言い出しっぺをした人に対しては、周りの協力が集まりやすいものなのですが、そういったことはあまり想像できず、自分に降りかかる責任だけが言い出す前から重くのしかかってしまうのです。

13. 言いたいことを我慢する

言いたいことを我慢する

気の弱い人は言いたいことを我慢する傾向にあります。

決して言いたいことがないのではありません。

言いたいことが口から出かかっても、グッとこらえてしまうのです。

その気の弱い人との関係性で、相手の方が意見を言いやすく、気の弱い人が意見を言えず仕舞いとなっていることもあります。

いつも我慢すると、なかなか言い出すことは難しいものです。

言いたいことを我慢し続けると、いつかは爆発します。

爆発を受け止めきれる人はなかなかいません。

爆発しないように、少しずつでも吐き出す訓練をした方がよいでしょう。

14. 友人が少ない

友人が少ない

気の弱い人は友人をつくりにくく、生涯にわたって友人は少ない傾向にあります。

意見を言わないので、何を考えているかが周りから分かりにくいのです。

結果、どういう人かとらえにくく、友人関係をつくりにくいのです。

ただし、友人が少ないことは悪いことではありません。

友人は少なくとも、本音を言い合える相手がいればよいのです。

気の弱い人はそういった自分に合う友人を見つけると、長く付き合う傾向にあります。

15. リスクばかり考える

リスクばかり考える

気の弱い人は物事を見る時、まずリスクが目につきます。

これは一概に悪いとは言えないのですが、物事の良い面や将来性も同時に見えている方が、物事をとらえる際に都合が良いと言えます。

人は、現状から言えるリスクだけを見る人よりも、期待感も同時に見据える人と、関わりを持ちたいと思うものです。

16. 人との衝突を怖れる

人との衝突を怖れる

気の弱い人は、とにかく人との衝突を怖れます。

喧嘩などは怖くてできません。

喧嘩は本音をぶつけ合うものですが、そもそも本音をぶつけることをしないのです。

誰でも衝突はしたくないものですが、人生において、時には何かを前に進めるために必要となる場合もあります。

それから逃げていてはいつまで経っても停滞したままとなります。

事態の停滞は停滞に終わらず、しばしば悪化する方向に向かいます。

人として生まれた以上、人との衝突は避けられないと考えた方がよいでしょう。

17. 一人で完結する仕事を好む

一人で完結する仕事を好む

気の弱い人は、なるべく人と関わらないような一人で完結する仕事を好む傾向にあります。

人と連携する作業には、人とのスケジュール調整や成果状態の擦り合わせなど、常に人と何かをする必要が伴います。

そういったことはなるべく避けたいと考えるのです。

その分、一人で考えることに苦痛はないので、間違った方向に暴走しない限りは、一人で完結できる仕事に対しては素晴らしい成果を出します。

18. 強く言われるとフリーズする

強く言われるとフリーズする

気の弱い人は、人に何か強く言われたりすると、固まってしまいます。

いわゆるパニック状態となり、思考が停止してしまうのです。

誰しも経験があることだと思いますが、大抵は社会経験を積むにしたがって、耐性をつけていきます。

受け流したり、うまくかわしながら反論したり、自分なりの術を身に着けていきます。

気の弱い人はそもそも人に強く言われる経験自体が少ないので、免疫がつかず、いつもフリーズしてしまうことになります。

気の弱い人でも経験を積めば、ある程度は慣れていき、改善していきます。

19. 自信のある分野には饒舌になる

自信のある分野には饒舌になる

気の弱い人は、大部分については自信がないものの、一部分の自信のある部分については、ここぞとばかりに饒舌になる傾向があります。

自信のない分野についても同じような態度でいられればよいのですが、自信の有無が態度と相関してしまうようです。

気の弱い人に限らず、誰でも、自分に自信のある分野はほんの一部分です。

それが分かれば、気の弱い人が自信のない分野でも堂々としていられるかもしれません。

20. 被害妄想が強い

被害妄想が強い

気の弱い人は、人のちょっとした言動に傷つきやすいので、自分に危害を加えられたと思いやすいのです。

決してその人を責めているのではないような場合でも、自分という人格が否定されたと思ってしまいます。

こういったタイプには考え方の転換が必要です。

自分が否定されているのではなく、自分の意見の一部が相手と違うだけなのです。

また、ただ少し強い口調で言われただけで、否定でも何でもない場合があります。

過度の反応をせず、元々自分と相手は違うものだということをよく分かる必要があります。

まとめ

いかがでしたか。

気の弱い人は一見多くの欠点を持っているように見えますが、気の弱さは先天的というよりは、環境による後天的なものだと考えられるので、後からいくらでも上書きすることができるものと言えます。

性格は変えられないといってあぐらをかくのではなく、少しでも「なりたい自分」になれるよう努力していきたいものです。

気の強い・弱いは先天的なものなのでしょうか、それとも育ってきた環境によるものなのでしょうか。

今回は、気の弱い人の性格や特徴についてまとめます。


おどおどしている

気の弱い人は、いつもおどおどした態度をとります。

目の動きが不自然にキョロキョロしたり、ただ立っているだけでも落ち着かずにそわそわしたりします。

自分の存在に自信が持てていないように見えます。

そのおどおどした態度は周りを不安にさせますが、内面を変えていかないとどうにもならない部分と言えるでしょう。

些細なことを気にする

気の弱い人は、些細なことを気にする傾向にあります。

もっと全体を気にすべきであるのに、自分が一度気になった部分がずっと気になり、一旦脇に置いて次のことを考えるということがなかなかできません。

考えているうちに、些細なことがだんだんと重大なことのように思えてくるのです。

気にしすぎると夜も眠れないという状況もあり得ます。

こういった場合は周りのフォローが肝心となるでしょう。

小さな物音でもびくっとする

気の弱い人は、小さな物音でもびくっと反応します。

他の人が驚かないような音でもびっくりするので、面白がって周りからいじられることもあるでしょう。

体の反応は素直なものなので、意識して直そうと思っても直りにくい部分です。

神経が過敏になっているとも言えます。

人の後ろをついて歩く

気が弱い人は、人の前ではなく、人の後ろをついて歩きます。

人の前を歩くということは、自分がその集団の代表であることを暗に意味するので、そういったことはできないのです。

何かあった時に矢面に立たないような楽な立ち位置を常に探しています。

こういった人は子分気質があると言えます。

声が小さい

気が弱い人は総じて、声が小さいです。

何を言っているのかが分からず、何度か聞いてやっと分かることがあります。

相手は次第にやりとりにイライラしてきて、怒り出すこともあるでしょう。

またはその人とのやりとりを諦めることもあり得ます。

相手に分かりやすいように、主張ははっきりすべきです。

意見の相違は多々あることなので、それを気にしていては人と話ができません。

はっきりとしない態度である

気が弱い人は、どっちつかずのはっきりとしない態度をとりがちです。

どっちにも悪いようにしないようにと配慮した結果、どっちにも良い結果がもたらされないことはよくあることです。

まさに、二兎を追う者は一兎をも得ず、です。

自分の意見に基づく判断であるならば、選ばれた方も選ばれなかった方も、どちらも納得するものです。

はっきりとしない態度は関係者全員が悪い方向に向かってしまうので、おすすめできません。

人の顔色を窺う

気の弱い人は、人の顔色ばかり窺います。

相手が好意的な反応だと少し自信を持って話せますが、少しでも怪訝な表情をされると、自分の意見がよくないのだと思い、急速に自信を失うのです。

相手の表情は何が原因でそうなっているのか、実はよく分からないものです。

自分の話し方で良くない表情をしているかもしれませんし、自分とは関係のないことを思い出して苦い顔をしているかもしれないのです。

相手の反応は気にすべきものですが、反応の良し悪しで、話すべきことを話せないまま終わるというのは避けたいものです。

挑戦的でない

気の弱い人は挑戦意欲が少なく、新しいことへ挑戦をしません。

新しいことはわくわく感も大きいですが、同時にリスクも大きいです。

挑戦的な人はそれを重々承知の上で、期待感やその先にある自分の成長が見えているので、新しいことに立ち向かっていけるのです。

気の弱い人は、リスクばかり目につくので、結局やらずに終わってしまうことがあり、それで後悔することにもなるのです。

やらなかった、という後悔はどうすることもできません。

一歩を踏み出すことは、ちょっとの勇気でできるものです。

周りの後押しが必要です。

遠慮しがちである

気の弱い人はどんな場面でも遠慮しがちです。

あまりに遠慮をするので、相手は自分が好かれていないと思ってしまうかもしれません。

遠慮は日本人に多い性質だと言われていますが、過度な遠慮は相手にも失礼に映ってしまいます。

快く乗っかってくれる方が、相手も気持ちがいいものです。

ギブ・アンド・テイクの精神で、相手が何かしてくれたら、こちらも何かを返せばそれでよいのです。

高みを目指さない

気の弱い人は、前述した「挑戦的でない」ことにも関連して、自分をより高みに持っていく努力をしない傾向にあります。

上へ上へ行こうとガツガツしていないことは、一見謙虚に見えますが、自分はそれだけの努力をしないという宣言にもとれます。

自分の成長は、自分を厳しい環境に置かなければ期待できません。

たとえやり方が拙くても挑戦的な人へは、その成長のために力を貸してあげたくなります。

結果、その人の成長につながることになるのです。

裏方仕事を好む

気の弱い人は表舞台に出ることを嫌がり、裏方にまわることを好みます。

場合によりますが、裏方は風当りが厳しくないことが多く、気楽にいられる環境なのです。

責任を必要以上に自分に課すこともありませんし、居心地がいいのです。

しかし、自分の仕事を全うしようとする姿勢はあり、コツコツと地道な作業を続けられるという点では、裏方に向いている気質なのかもしれません。

言い出しっぺにならない

気の弱い人は何か思いついたとしても、その言い出しっぺにはなろうとしません。

言い出しっぺになると自分が率先してやらなければならない場合が多く、責任が生じるのです。

気の弱い人は、出来れば他人の大多数の意見に便乗し、自分に責任が課されないようにして、うまく切り抜けようとします。

実際は、言い出しっぺをした人に対しては、周りの協力が集まりやすいものなのですが、そういったことはあまり想像できず、自分に降りかかる責任だけが言い出す前から重くのしかかってしまうのです。

言いたいことを我慢する

気の弱い人は言いたいことを我慢する傾向にあります。

決して言いたいことがないのではありません。

言いたいことが口から出かかっても、グッとこらえてしまうのです。

その気の弱い人との関係性で、相手の方が意見を言いやすく、気の弱い人が意見を言えず仕舞いとなっていることもあります。

いつも我慢すると、なかなか言い出すことは難しいものです。

言いたいことを我慢し続けると、いつかは爆発します。

爆発を受け止めきれる人はなかなかいません。

爆発しないように、少しずつでも吐き出す訓練をした方がよいでしょう。

友人が少ない

気の弱い人は友人をつくりにくく、生涯にわたって友人は少ない傾向にあります。

意見を言わないので、何を考えているかが周りから分かりにくいのです。

結果、どういう人かとらえにくく、友人関係をつくりにくいのです。

ただし、友人が少ないことは悪いことではありません。

友人は少なくとも、本音を言い合える相手がいればよいのです。

気の弱い人はそういった自分に合う友人を見つけると、長く付き合う傾向にあります。

リスクばかり考える

気の弱い人は物事を見る時、まずリスクが目につきます。

これは一概に悪いとは言えないのですが、物事の良い面や将来性も同時に見えている方が、物事をとらえる際に都合が良いと言えます。

人は、現状から言えるリスクだけを見る人よりも、期待感も同時に見据える人と、関わりを持ちたいと思うものです。

人との衝突を怖れる

気の弱い人は、とにかく人との衝突を怖れます。

喧嘩などは怖くてできません。

喧嘩は本音をぶつけ合うものですが、そもそも本音をぶつけることをしないのです。

誰でも衝突はしたくないものですが、人生において、時には何かを前に進めるために必要となる場合もあります。

それから逃げていてはいつまで経っても停滞したままとなります。

事態の停滞は停滞に終わらず、しばしば悪化する方向に向かいます。

人として生まれた以上、人との衝突は避けられないと考えた方がよいでしょう。

一人で完結する仕事を好む

気の弱い人は、なるべく人と関わらないような一人で完結する仕事を好む傾向にあります。

人と連携する作業には、人とのスケジュール調整や成果状態の擦り合わせなど、常に人と何かをする必要が伴います。

そういったことはなるべく避けたいと考えるのです。

その分、一人で考えることに苦痛はないので、間違った方向に暴走しない限りは、一人で完結できる仕事に対しては素晴らしい成果を出します。

強く言われるとフリーズする

気の弱い人は、人に何か強く言われたりすると、固まってしまいます。

いわゆるパニック状態となり、思考が停止してしまうのです。

誰しも経験があることだと思いますが、大抵は社会経験を積むにしたがって、耐性をつけていきます。

受け流したり、うまくかわしながら反論したり、自分なりの術を身に着けていきます。

気の弱い人はそもそも人に強く言われる経験自体が少ないので、免疫がつかず、いつもフリーズしてしまうことになります。

気の弱い人でも経験を積めば、ある程度は慣れていき、改善していきます。

自信のある分野には饒舌になる

気の弱い人は、大部分については自信がないものの、一部分の自信のある部分については、ここぞとばかりに饒舌になる傾向があります。

自信のない分野についても同じような態度でいられればよいのですが、自信の有無が態度と相関してしまうようです。

気の弱い人に限らず、誰でも、自分に自信のある分野はほんの一部分です。

それが分かれば、気の弱い人が自信のない分野でも堂々としていられるかもしれません。

被害妄想が強い

気の弱い人は、人のちょっとした言動に傷つきやすいので、自分に危害を加えられたと思いやすいのです。

決してその人を責めているのではないような場合でも、自分という人格が否定されたと思ってしまいます。

こういったタイプには考え方の転換が必要です。

自分が否定されているのではなく、自分の意見の一部が相手と違うだけなのです。

また、ただ少し強い口調で言われただけで、否定でも何でもない場合があります。

過度の反応をせず、元々自分と相手は違うものだということをよく分かる必要があります。

いかがでしたか。

気の弱い人は一見多くの欠点を持っているように見えますが、気の弱さは先天的というよりは、環境による後天的なものだと考えられるので、後からいくらでも上書きすることができるものと言えます。

性格は変えられないといってあぐらをかくのではなく、少しでも「なりたい自分」になれるよう努力していきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-