【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135622.html
仕事が好きな人の特徴

仕事が好きな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
仕事が好きな人の特徴

仕事が好きな人に共通する16の特徴をまとめました。

  • サラリーマンではない場合が多い
  • 趣味を仕事にしている
  • 好きなことを仕事にできている
  • 将来の夢を叶えられている
  • 認められている
  • 生活のために仕事をしていない
  • 自分にしかできないことをしている
  • フリーランスやフレキシブルで働いている
  • 裁量を任されている
  • 収入が多い
  • きつい仕事でも続けられる
  • 働きたくても働けない状況を経験している
  • プライベートも充実している
  • 捉え方をコントロールできる
  • 自分のことを認められる
  • 人が好き
  • まとめ

仕事は、人生においてあてる時間やその日人を形成する上で、大きな割合を占めていて、生きていく為には必要なこと。

なんのために働くのかと働く意味を問われたりすることもよくありますが、仕事に対する考え方は人それぞれです。

働かずに一生暮らしていきたいなんてこと言ったり、仕事行くの嫌だないう気持ちになるなど、仕事が嫌いな人もいれば、仕事が趣味といった風で、いわゆる仕事人間と言われるような、仕事が好きな人もいます。

社会人たるもの、多くの人は、仕事をしなくてはなりません。

どうせ働くのあれば、仕事が好きと言えるようになりたいですよね。

そんな仕事が好きな人というのは、どのような特徴があるのでしょうか。

仕事が好きな人の特徴を挙げていきます。

1. サラリーマンではない場合が多い

サラリーマンではない場合が多い

好きなことをしていて、そのことで収入を得られるようになったという、ラッキーなパターン。

最近は、SNSで人気になる有名インスタグラマーや、動画コンテンツをアップロードして広告収入が得られるYouTuberなど、会社に勤務して仕事をするサラリーマンではなくとも、自分から何かを始めて、それを生業にして収入が得られる環境を作りやすい時代となりました。

もともと好きなことをしていて、それが結果的に仕事になったということで、こういう人たちは、仕事が好きな人であります。

2. 趣味を仕事にしている

趣味を仕事にしている

趣味でアクセサリー作りをしていて、それを売って仕事にしてる人であったり、作家さんなんかもこのパターンが多いかもしれません。

もともと趣味でやっていたことを、仕事にできている人は、仕事が好きな人が多いですね。

才能があって趣味を仕事にできる人は憧れのまとでもあり、羨ましい理想的な働き方でもあります。

3. 好きなことを仕事にできている

好きなことを仕事にできている

歌うこと好きで歌手になった人や、絵を描くことが好きでデザイナーになった人など、自分の好きなことを仕事にできている人は、仕事が好きな人であります。

昔から図工や美術の授業が好きだった人が、ネイルアーティストになっていたり、メイクが好きな女の子が、ビューティーアドバオザーの職についたり、そんな風に好きなことがピンポイントで業務に直結しているパターンでなくとも、旅行が好きでホテルマンになったり、読書が好きで書店員になったりと、何か好きなことに関連した職業に就けている人も、仕事が好きな人によく見られます。

4. 将来の夢を叶えられている

将来の夢を叶えられている

昔から憧れていた夢の職業に就けた人は、仕事が好きであります。

苦労して手に入れたものは簡単には手放さないといったように、例えば、滑り止めとして推薦受験で簡単に受かってしまった学校へ通うことになるよりも、第一志望として目標に掲げて受験勉強を頑張って合格を手にした学校へ通うことになる方が、モチベーションがあがりますよね。

このようにして、将来の目標として、目指してきた仕事ができている人は、仕事が好きな人です。

5. 認められている

認められている

「仕事がデキる」「すごい」と、その人の仕事っぷりを周囲が評価していて、認められている人は、仕事が好きと言っている人が多いです。

特に男性に多くみられますが、仕事が人生の最優先事項として、自身の仕事に命をかけているような人。

そういう人たちは、仕事ができる人だけが放つことのできる独特のオーラを持っています。

そして「仕事が好き」と自信を持って言うことができるのです。

6. 生活のために仕事をしていない

生活のために仕事をしていない

生きていくためにはお金が必要です。

何故、仕事をしなくてはいけないのはと考えたときに、多くの人がお金を稼ぐためだと思うのではないでしょうか。

ほとんどの人が、生活のために仕事をしているというのが現実だと思われますが、中にはごく少数ですが、そうではない人もいます。

例えば、裕福な家庭で生まれ育った、いわゆるお嬢さまであったり、旦那さんのお給料で十分な暮らしができる主婦の方たち。

そのような人たちは、生活の為に仕事をしているのではなく、趣味感覚で自分でサロンを開いたり、特技を活かして何か人の役に立てることをしようなどといった考え方のもとで仕事をされているといったかたちです。

7. 自分にしかできないことをしている

自分にしかできないことをしている

誰にでもできるような毎日同じルーティーンワークの仕事ではなく、その人にしかできない仕事をしている人。

職人さんなんかがそれにあたりますが、その人の業であったり経験を活かして仕事にしている人のことです。

そのような手に職の専門家ではなくとも、その人のポスピタリティからお客さんがつくようなタイプもあります。

業務内容的には単純で誰にでもできることであっても、その人ならではも人の良さなどの付加価値が加わることによって、その人にしができないことが生まれる場合もあるということです。

8. フリーランスやフレキシブルで働いている

フリーランスやフレキシブルで働いている

一言でフリーランスと言っても、今の時代は様々な立場であったり働き方が存在しています。

多くの人が、就業時間やシフトなど、拘束時間に縛られて働いている中で、場所や時間の制限を受けずに働くことのできている人たちもいます。

そういう人たちは、ワークライフバランスを自分でコントロールして良いバランスに保つことができていて、そのことが仕事が好きということい繋がっているのです。

9. 裁量を任されている

裁量を任されている

常に上司から管理されていて、あれをしろこれをしろを指示ばかり受けて業務をこなすよりも、自分で判断して、自分の意志で仕事に取り掛かる方が、やりがいを感じられますよね。

裁量を任されていることは、信頼されている証であり、その分責任感なんかもついてきますが、それだけやりがいも得られます。

「裁量を任せてくれた」「信頼してくれた」と感じることによって、承認欲求が満たされます。

そのようなことから、ある程度、個人の裁量に任され仕事ができている人は、仕事が好きな人が多いです。

10. 収入が多い

収入が多い

働いた対価として得られるお給料ですが、目に見える結果ということもあり、収入が多ければ、その仕事も好きになります。

単に稼ぐ金額が多いというだけではなく、仕事内容に見合った金額であること、もしくは、それ以上の金額を得られると、それだけ認められたと感じることができます。

お金儲けが好きな人や、稼ぐことを好きな人も、仕事が好きと言って働いています。

収入とは、それだけ仕事というものを考えたときに、切っても切れないということですね。

11. きつい仕事でも続けられる

きつい仕事でも続けられる

毎日のように残業をするのが当たり前であったり、深夜の急な呼び出しがあるような業界であったり、一般的な感覚からかけ離れた条件下でも、それをこなせる人がいます。

自分にはそんな働き方では到底続けられないし、もっても3日間が限界だろうと思うような、なんでそんな身を粉にしてまでも働くことができるのかと、周囲から驚かれるような働きっぷりの人。

そんなきつい仕事を続けていくことができるというのは、よっぽどその仕事が好きでなければ、なせる業ではありません。

好きな仕事だからこそ、どんなにきついことでも乗り越えられるのですね。

12. 働きたくても働けない状況を経験している

働きたくても働けない状況を経験している

「仕事がしたいのに、仕事がない」「働きたいのに、働き口が見つからない」「仕事が欲しいのに、与えてもらえない」といった風な、働きたくても働けない状況というものを経験している人は、仕事があるということのありがたみがわかるのです。

逆に、仕事がないと、仕事を求めて渇望します。

仕事の依頼が来ること、注文をいただけるということに感謝して働ける人は、仕事が好きな人であります。

13. プライベートも充実している

プライベートも充実している

仕事とプライベートとはよく耳にするものですが、仕事が好きな人は、プライベートも充実しています。

プライベート優先で仕事をおろそかにするなんてもってのほか。

仕事がデキる人はプライベートも大事にしていますし、その逆で、プライベートを大事にできている人は仕事もデキます。

ライベートの充実と好きな仕事の両立は、社会人の理想ですね。

14. 捉え方をコントロールできる

捉え方をコントロールできる

「これをしなければならない」「こんなのやりたくない」といった考え方をする人は、仕事が嫌いな人が多いです。

逆に、「あれもこれもやりたいな」「こんなこともできたらいいのに」というふうに前向きな考え方ができる人は、仕事が好きな人が多いです。

15. 自分のことを認められる

自分のことを認められる

「自分はこれだけできる」「すごい」と、自分で自分のことを認められるのも、仕事が好き人の特徴です。

自分で自分のことを認められないのに、自分がやっている仕事のことが好きになれるわけがありません。

自惚れや、自意識過剰とは違いますが、自分のやっていることを自身で正当に評価できることは、仕事が好きな人の重要なスキルの一つです。

16. 人が好き

人が好き

人と関わらずできる仕事なんてものはほとんどありません。

どんな仕事も、人との関りの中で成り立っています。

接客サービス業といわれる、いわゆるお客さん商売に限らずとも、会社で働いている人は、その会社の仲間との関りがありますし、個人でお仕事をされている人でも、お仕事を受けるということは、やはりそれも人との関りがあってこそのもの。

仕事を好きになるためには、人が好きで付き合いを大事にできることは重要はエッセンスです。

まとめ

ドラッカーのマネジメントから引用すると、人が働くことの側面というのは、5つのフェーズから成り立っています。

簡単にまとめると、「肉体的側面、心理的側面、社会的側面、経済的側面、政治的側面」となるのですが、仕事が好きな人というのは、これらの側面において、バランスよく満たされることが条件であります。

どれか一つでもかけていると、仕事が好きとは言えません。

機械やロボットではなく、人が働くということ。

作業ではなく、仕事をするのです。

仕事が好きな人になれるかどうかは、仕事への向き合い方が、ポイントです。

仕事が好きな人に共通する16の特徴をまとめました。


仕事は、人生においてあてる時間やその日人を形成する上で、大きな割合を占めていて、生きていく為には必要なこと。

なんのために働くのかと働く意味を問われたりすることもよくありますが、仕事に対する考え方は人それぞれです。

働かずに一生暮らしていきたいなんてこと言ったり、仕事行くの嫌だないう気持ちになるなど、仕事が嫌いな人もいれば、仕事が趣味といった風で、いわゆる仕事人間と言われるような、仕事が好きな人もいます。

社会人たるもの、多くの人は、仕事をしなくてはなりません。

どうせ働くのあれば、仕事が好きと言えるようになりたいですよね。

そんな仕事が好きな人というのは、どのような特徴があるのでしょうか。

仕事が好きな人の特徴を挙げていきます。

サラリーマンではない場合が多い

好きなことをしていて、そのことで収入を得られるようになったという、ラッキーなパターン。

最近は、SNSで人気になる有名インスタグラマーや、動画コンテンツをアップロードして広告収入が得られるYouTuberなど、会社に勤務して仕事をするサラリーマンではなくとも、自分から何かを始めて、それを生業にして収入が得られる環境を作りやすい時代となりました。

もともと好きなことをしていて、それが結果的に仕事になったということで、こういう人たちは、仕事が好きな人であります。

趣味を仕事にしている

趣味でアクセサリー作りをしていて、それを売って仕事にしてる人であったり、作家さんなんかもこのパターンが多いかもしれません。

もともと趣味でやっていたことを、仕事にできている人は、仕事が好きな人が多いですね。

才能があって趣味を仕事にできる人は憧れのまとでもあり、羨ましい理想的な働き方でもあります。

好きなことを仕事にできている

歌うこと好きで歌手になった人や、絵を描くことが好きでデザイナーになった人など、自分の好きなことを仕事にできている人は、仕事が好きな人であります。

昔から図工や美術の授業が好きだった人が、ネイルアーティストになっていたり、メイクが好きな女の子が、ビューティーアドバオザーの職についたり、そんな風に好きなことがピンポイントで業務に直結しているパターンでなくとも、旅行が好きでホテルマンになったり、読書が好きで書店員になったりと、何か好きなことに関連した職業に就けている人も、仕事が好きな人によく見られます。

将来の夢を叶えられている

昔から憧れていた夢の職業に就けた人は、仕事が好きであります。

苦労して手に入れたものは簡単には手放さないといったように、例えば、滑り止めとして推薦受験で簡単に受かってしまった学校へ通うことになるよりも、第一志望として目標に掲げて受験勉強を頑張って合格を手にした学校へ通うことになる方が、モチベーションがあがりますよね。

このようにして、将来の目標として、目指してきた仕事ができている人は、仕事が好きな人です。

認められている

「仕事がデキる」「すごい」と、その人の仕事っぷりを周囲が評価していて、認められている人は、仕事が好きと言っている人が多いです。

特に男性に多くみられますが、仕事が人生の最優先事項として、自身の仕事に命をかけているような人。

そういう人たちは、仕事ができる人だけが放つことのできる独特のオーラを持っています。

そして「仕事が好き」と自信を持って言うことができるのです。

生活のために仕事をしていない

生きていくためにはお金が必要です。

何故、仕事をしなくてはいけないのはと考えたときに、多くの人がお金を稼ぐためだと思うのではないでしょうか。

ほとんどの人が、生活のために仕事をしているというのが現実だと思われますが、中にはごく少数ですが、そうではない人もいます。

例えば、裕福な家庭で生まれ育った、いわゆるお嬢さまであったり、旦那さんのお給料で十分な暮らしができる主婦の方たち。

そのような人たちは、生活の為に仕事をしているのではなく、趣味感覚で自分でサロンを開いたり、特技を活かして何か人の役に立てることをしようなどといった考え方のもとで仕事をされているといったかたちです。

自分にしかできないことをしている

誰にでもできるような毎日同じルーティーンワークの仕事ではなく、その人にしかできない仕事をしている人。

職人さんなんかがそれにあたりますが、その人の業であったり経験を活かして仕事にしている人のことです。

そのような手に職の専門家ではなくとも、その人のポスピタリティからお客さんがつくようなタイプもあります。

業務内容的には単純で誰にでもできることであっても、その人ならではも人の良さなどの付加価値が加わることによって、その人にしができないことが生まれる場合もあるということです。

フリーランスやフレキシブルで働いている

一言でフリーランスと言っても、今の時代は様々な立場であったり働き方が存在しています。

多くの人が、就業時間やシフトなど、拘束時間に縛られて働いている中で、場所や時間の制限を受けずに働くことのできている人たちもいます。

そういう人たちは、ワークライフバランスを自分でコントロールして良いバランスに保つことができていて、そのことが仕事が好きということい繋がっているのです。

裁量を任されている

常に上司から管理されていて、あれをしろこれをしろを指示ばかり受けて業務をこなすよりも、自分で判断して、自分の意志で仕事に取り掛かる方が、やりがいを感じられますよね。

裁量を任されていることは、信頼されている証であり、その分責任感なんかもついてきますが、それだけやりがいも得られます。

「裁量を任せてくれた」「信頼してくれた」と感じることによって、承認欲求が満たされます。

そのようなことから、ある程度、個人の裁量に任され仕事ができている人は、仕事が好きな人が多いです。

収入が多い

働いた対価として得られるお給料ですが、目に見える結果ということもあり、収入が多ければ、その仕事も好きになります。

単に稼ぐ金額が多いというだけではなく、仕事内容に見合った金額であること、もしくは、それ以上の金額を得られると、それだけ認められたと感じることができます。

お金儲けが好きな人や、稼ぐことを好きな人も、仕事が好きと言って働いています。

収入とは、それだけ仕事というものを考えたときに、切っても切れないということですね。

きつい仕事でも続けられる

毎日のように残業をするのが当たり前であったり、深夜の急な呼び出しがあるような業界であったり、一般的な感覚からかけ離れた条件下でも、それをこなせる人がいます。

自分にはそんな働き方では到底続けられないし、もっても3日間が限界だろうと思うような、なんでそんな身を粉にしてまでも働くことができるのかと、周囲から驚かれるような働きっぷりの人。

そんなきつい仕事を続けていくことができるというのは、よっぽどその仕事が好きでなければ、なせる業ではありません。

好きな仕事だからこそ、どんなにきついことでも乗り越えられるのですね。

働きたくても働けない状況を経験している

「仕事がしたいのに、仕事がない」「働きたいのに、働き口が見つからない」「仕事が欲しいのに、与えてもらえない」といった風な、働きたくても働けない状況というものを経験している人は、仕事があるということのありがたみがわかるのです。

逆に、仕事がないと、仕事を求めて渇望します。

仕事の依頼が来ること、注文をいただけるということに感謝して働ける人は、仕事が好きな人であります。

プライベートも充実している

仕事とプライベートとはよく耳にするものですが、仕事が好きな人は、プライベートも充実しています。

プライベート優先で仕事をおろそかにするなんてもってのほか。

仕事がデキる人はプライベートも大事にしていますし、その逆で、プライベートを大事にできている人は仕事もデキます。

ライベートの充実と好きな仕事の両立は、社会人の理想ですね。

捉え方をコントロールできる

「これをしなければならない」「こんなのやりたくない」といった考え方をする人は、仕事が嫌いな人が多いです。

逆に、「あれもこれもやりたいな」「こんなこともできたらいいのに」というふうに前向きな考え方ができる人は、仕事が好きな人が多いです。

自分のことを認められる

「自分はこれだけできる」「すごい」と、自分で自分のことを認められるのも、仕事が好き人の特徴です。

自分で自分のことを認められないのに、自分がやっている仕事のことが好きになれるわけがありません。

自惚れや、自意識過剰とは違いますが、自分のやっていることを自身で正当に評価できることは、仕事が好きな人の重要なスキルの一つです。

人が好き

人と関わらずできる仕事なんてものはほとんどありません。

どんな仕事も、人との関りの中で成り立っています。

接客サービス業といわれる、いわゆるお客さん商売に限らずとも、会社で働いている人は、その会社の仲間との関りがありますし、個人でお仕事をされている人でも、お仕事を受けるということは、やはりそれも人との関りがあってこそのもの。

仕事を好きになるためには、人が好きで付き合いを大事にできることは重要はエッセンスです。

ドラッカーのマネジメントから引用すると、人が働くことの側面というのは、5つのフェーズから成り立っています。

簡単にまとめると、「肉体的側面、心理的側面、社会的側面、経済的側面、政治的側面」となるのですが、仕事が好きな人というのは、これらの側面において、バランスよく満たされることが条件であります。

どれか一つでもかけていると、仕事が好きとは言えません。

機械やロボットではなく、人が働くということ。

作業ではなく、仕事をするのです。

仕事が好きな人になれるかどうかは、仕事への向き合い方が、ポイントです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-