【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135619.html
吸収力のない人の特徴

吸収力のない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
吸収力のない人の特徴

何を教えても学習しない、おぼえたことはすぐに忘れてしまう、人の話を聞かないといった吸収力のない人の特徴についてまとめました。

  • 学習能力が低い
  • 記憶力が悪い
  • 人の話を聞かない
  • 自分の好きなことにしか興味がない
  • 好奇心旺盛だが、飽きやすい
  • 喜怒哀楽が激しい
  • 成績が悪い
  • 自己中心的でわがまま
  • 注意力が散漫
  • 熱中すると周りが見えなくなる
  • 我慢ができない
  • 忘れ物が多い
  • 何事にも不器用

1. 学習能力が低い

学習能力が低い

吸収力のない人は学習能力が低いです。

失敗したことをすぐに忘れがちで、対策や準備を怠り、再び同じ失敗を繰り返しやすい性質です。

また、そもそも覚えたり、学んだりすることに対してやる気のない人もいます。

挑戦しようとせず、怠惰と怠慢を繰り返すため、成長できない人間になっていることも多いです。

その場限りの勢いや流れに任せてしまうことも多く、トラブルに巻き込まれやすいのも欠点です。

2. 記憶力が悪い

記憶力が悪い

吸収力のない人は、記憶力が悪いです。

自分の発言をすぐに忘れて、同じ話を何度もしてしまいます。

その話によって他者に不快感を与えたり、傷つけたりしたことも忘れるので、そうした繰り返しによって、人間関係が悪化することも避けられません。

また、自分が何をしようとしていたか、何をしたか、忘れてしまうことも多く、理性よりも感情のままに行動してしまいます。

3. 人の話を聞かない

人の話を聞かない

吸収力のない人は、人の話を聞きません。

特に、自分にとって都合の悪い話はスルーして、聞こうとしません。

注意や指摘を受けても、逆ギレするだけで、反省の態度が見られないので、多くの人から信頼を失いがちです。

また、自分の話ばかりして、会話を遮ることさえあるので、自分勝手な人だと悪く評価されることも多いでしょう。

また、何かに夢中になりやすく、話を聞かない事も多いです。

4. 自分の好きなことにしか興味がない

自分の好きなことにしか興味がない

吸収力のない人は、自分の好きなことにしか興味を示しません。

興味のない会話の内容になると、すぐに冷めてしまい、相手の話を無視することさえあります。

手持無沙汰にスマホをいじったり、ぼーっと自分の世界に入ってしまうでしょう。

そして、自分の好きなことには極端にのめり込み、環境や状況が見えていない時が多いです。

どうでもいいことと、興味があることに対しての差が激しく、よくもわるくも分かりやすい性格とも言えるでしょう。

5. 好奇心旺盛だが、飽きやすい

好奇心旺盛だが、飽きやすい

吸収力のない人は、好奇心旺盛ですが飽きやすい性格です。

何事にも興味を持ちやすく、楽しそう!面白そうと感じたことには、すぐに飛びつきます。

しかしながら、飽きて冷めてしまうことも多く、なかなか続かないのがネックです。

趣味や習い事は三日坊主で終わってしまうことが多いでしょう。

また、ミーハーな性格なので、流行りに流されやすい性格です。

新しい食べ物や、トレンドの衣服など、さまざまなことに目が行き、浪費が多いのも難点です。

そして飽きるのも早いので、買っただけで終わったものが山積みになっていることも多いのです。

6. 喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しい

吸収力のない人は喜怒哀楽が激しい傾向にあります。

感情的になりやすく、怒りも喜びも爆発させないと気が済みません。

時折、TPOを無視して、感情表現をしてしまうので、周囲に迷惑をかけてしまうことも多いです。

また、感情を爆発させた後は、ケロリとして忘れてしまっていることも多いです。

後腐れがなくて良いのですが、「自分の言ったことをすぐに忘れる調子のいい人」「浅はかで子供のような人」 というような評価を受けることも多いので、発言や態度には気をつけなければなりません。

7. 成績が悪い

成績が悪い

吸収力のない人は勉強においても、仕事においても成績が悪いのが特徴です。

さまざまな面において忘れっぽく、記憶にとどめていくことができません。

いくら勉強しても、なかなか身にならず、記憶の引き出しを整理できないのが欠点です。

仕事においても同様で、指示されたことや言われたことを忘れてしまいがちなので、ミスが多く、上司や同僚に叱られることも多いでしょう。

仕事のできない人間とレッテルを貼られることも多いです。

8. 自己中心的でわがまま

自己中心的でわがまま

吸収力のない人は、自己中心的でわがままです。

自分のことにしか興味がない人が多く、周囲に気遣うことや遠慮することができません。

得られる権利は、義務を無視してでも得ようとし、傲慢でがめつい性格の人が多いです。

思いやりや配慮に欠けた、言動や行動も多く、自分さえよければよいといった考えで、周囲を振り回し、傷つけてしまうことが多いので、友人や恋人を失いやすいです。

周りを見て、気を配るがことできなければ、信用をなくしてしまうでしょう。

9. 注意力が散漫

注意力が散漫

吸収力のない人は、注意力が散漫です。

何かに対して集中しなければならない時、あちこちに目が行きがちで、気が散ってしまうことが多いです。

授業や仕事に集中できず、ぼーっとしてしまったり、考えがまとまらなかったりして、失敗したり、先生や上司に叱られることも多いでしょう。

こうした性格から、車の運転も危ない時が多いです。

多くのことに目を配りながら、運転に集中するということができず、事故を起こしてしまうことも多いので、気をつけなければなりません。

10. 熱中すると周りが見えなくなる

熱中すると周りが見えなくなる

吸収力のない人は、熱中すると周りがみえなくなりやすいです。

常に注意力は散漫なのですが、自分の興味のあることにたいしては、恐ろしいほどの集中力を発揮することもあります。

それゆえに、周囲の状況を冷静に見ることができず、猪突猛進になって、周りを振り回してしまうことが多いのが欠点です。

他者の意見を聞き入れず、自ら危険な方向へと突っ走ってしまうこともあるので、注意しなければなりません。

11. 我慢ができない

我慢ができない

吸収力のない人は我慢ができません。

感情や快・不快におけるキャパシティが狭く、冷静に処理できないために、感情を爆発させやすく、衝動的な行動をしてしまうことが多いです。

○○のために我慢する、というプロセスを踏むことができないので、長期的な目標の達成や、貯金をするといった行動ができません。

それゆえに、成功者は少なく、貧困に陥りやすいのも問題です。

12. 忘れ物が多い

忘れ物が多い

吸収力のない人は、忘れ物が多いです。

記憶力や学習能力が低いため、何を持っていくか何をすべきか忘れやすいのです。

注意力が散漫なことも相まって、忘れ物癖がなかなか直らないでしょう。

中にはメモをとっても、そのメモを読むことを忘れてしまう人もいます。

日記や手帳も続かずに、白紙になっていることが多いのも特徴です。

13. 何事にも不器用

吸収力のない人は、何事においても不器用です。

一から十まで、教えてもらっても、なかなか覚えることができず、身につきません。

運動音痴な人も多く、ダンスなどでは同じ動きができずに苦労する人もいます。

また、料理が下手で、いつも失敗してしまう人もいるでしょう。

細やかな作業ができず、雑になりがちなのがネックです。

吸収力がない人には、様々な問題があります。

特に記憶力の低さと集中力のなさは、さまざまな弊害を生みやすいので、気をつけなければなりません。

何を教えても学習しない、おぼえたことはすぐに忘れてしまう、人の話を聞かないといった吸収力のない人の特徴についてまとめました。


学習能力が低い

吸収力のない人は学習能力が低いです。

失敗したことをすぐに忘れがちで、対策や準備を怠り、再び同じ失敗を繰り返しやすい性質です。

また、そもそも覚えたり、学んだりすることに対してやる気のない人もいます。

挑戦しようとせず、怠惰と怠慢を繰り返すため、成長できない人間になっていることも多いです。

その場限りの勢いや流れに任せてしまうことも多く、トラブルに巻き込まれやすいのも欠点です。

記憶力が悪い

吸収力のない人は、記憶力が悪いです。

自分の発言をすぐに忘れて、同じ話を何度もしてしまいます。

その話によって他者に不快感を与えたり、傷つけたりしたことも忘れるので、そうした繰り返しによって、人間関係が悪化することも避けられません。

また、自分が何をしようとしていたか、何をしたか、忘れてしまうことも多く、理性よりも感情のままに行動してしまいます。

人の話を聞かない

吸収力のない人は、人の話を聞きません。

特に、自分にとって都合の悪い話はスルーして、聞こうとしません。

注意や指摘を受けても、逆ギレするだけで、反省の態度が見られないので、多くの人から信頼を失いがちです。

また、自分の話ばかりして、会話を遮ることさえあるので、自分勝手な人だと悪く評価されることも多いでしょう。

また、何かに夢中になりやすく、話を聞かない事も多いです。

自分の好きなことにしか興味がない

吸収力のない人は、自分の好きなことにしか興味を示しません。

興味のない会話の内容になると、すぐに冷めてしまい、相手の話を無視することさえあります。

手持無沙汰にスマホをいじったり、ぼーっと自分の世界に入ってしまうでしょう。

そして、自分の好きなことには極端にのめり込み、環境や状況が見えていない時が多いです。

どうでもいいことと、興味があることに対しての差が激しく、よくもわるくも分かりやすい性格とも言えるでしょう。

好奇心旺盛だが、飽きやすい

吸収力のない人は、好奇心旺盛ですが飽きやすい性格です。

何事にも興味を持ちやすく、楽しそう!面白そうと感じたことには、すぐに飛びつきます。

しかしながら、飽きて冷めてしまうことも多く、なかなか続かないのがネックです。

趣味や習い事は三日坊主で終わってしまうことが多いでしょう。

また、ミーハーな性格なので、流行りに流されやすい性格です。

新しい食べ物や、トレンドの衣服など、さまざまなことに目が行き、浪費が多いのも難点です。

そして飽きるのも早いので、買っただけで終わったものが山積みになっていることも多いのです。

喜怒哀楽が激しい

吸収力のない人は喜怒哀楽が激しい傾向にあります。

感情的になりやすく、怒りも喜びも爆発させないと気が済みません。

時折、TPOを無視して、感情表現をしてしまうので、周囲に迷惑をかけてしまうことも多いです。

また、感情を爆発させた後は、ケロリとして忘れてしまっていることも多いです。

後腐れがなくて良いのですが、「自分の言ったことをすぐに忘れる調子のいい人」「浅はかで子供のような人」 というような評価を受けることも多いので、発言や態度には気をつけなければなりません。

成績が悪い

吸収力のない人は勉強においても、仕事においても成績が悪いのが特徴です。

さまざまな面において忘れっぽく、記憶にとどめていくことができません。

いくら勉強しても、なかなか身にならず、記憶の引き出しを整理できないのが欠点です。

仕事においても同様で、指示されたことや言われたことを忘れてしまいがちなので、ミスが多く、上司や同僚に叱られることも多いでしょう。

仕事のできない人間とレッテルを貼られることも多いです。

自己中心的でわがまま

吸収力のない人は、自己中心的でわがままです。

自分のことにしか興味がない人が多く、周囲に気遣うことや遠慮することができません。

得られる権利は、義務を無視してでも得ようとし、傲慢でがめつい性格の人が多いです。

思いやりや配慮に欠けた、言動や行動も多く、自分さえよければよいといった考えで、周囲を振り回し、傷つけてしまうことが多いので、友人や恋人を失いやすいです。

周りを見て、気を配るがことできなければ、信用をなくしてしまうでしょう。

注意力が散漫

吸収力のない人は、注意力が散漫です。

何かに対して集中しなければならない時、あちこちに目が行きがちで、気が散ってしまうことが多いです。

授業や仕事に集中できず、ぼーっとしてしまったり、考えがまとまらなかったりして、失敗したり、先生や上司に叱られることも多いでしょう。

こうした性格から、車の運転も危ない時が多いです。

多くのことに目を配りながら、運転に集中するということができず、事故を起こしてしまうことも多いので、気をつけなければなりません。

熱中すると周りが見えなくなる

吸収力のない人は、熱中すると周りがみえなくなりやすいです。

常に注意力は散漫なのですが、自分の興味のあることにたいしては、恐ろしいほどの集中力を発揮することもあります。

それゆえに、周囲の状況を冷静に見ることができず、猪突猛進になって、周りを振り回してしまうことが多いのが欠点です。

他者の意見を聞き入れず、自ら危険な方向へと突っ走ってしまうこともあるので、注意しなければなりません。

我慢ができない

吸収力のない人は我慢ができません。

感情や快・不快におけるキャパシティが狭く、冷静に処理できないために、感情を爆発させやすく、衝動的な行動をしてしまうことが多いです。

○○のために我慢する、というプロセスを踏むことができないので、長期的な目標の達成や、貯金をするといった行動ができません。

それゆえに、成功者は少なく、貧困に陥りやすいのも問題です。

忘れ物が多い

吸収力のない人は、忘れ物が多いです。

記憶力や学習能力が低いため、何を持っていくか何をすべきか忘れやすいのです。

注意力が散漫なことも相まって、忘れ物癖がなかなか直らないでしょう。

中にはメモをとっても、そのメモを読むことを忘れてしまう人もいます。

日記や手帳も続かずに、白紙になっていることが多いのも特徴です。

吸収力のない人は、何事においても不器用です。

一から十まで、教えてもらっても、なかなか覚えることができず、身につきません。

運動音痴な人も多く、ダンスなどでは同じ動きができずに苦労する人もいます。

また、料理が下手で、いつも失敗してしまう人もいるでしょう。

細やかな作業ができず、雑になりがちなのがネックです。

吸収力がない人には、様々な問題があります。

特に記憶力の低さと集中力のなさは、さまざまな弊害を生みやすいので、気をつけなければなりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-