【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135613.html
サバサバしている人の特徴

サバサバしている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
サバサバしている人の特徴

サバサバしている人というのは、どこか、取っ付きにくい印象があります。

しかし、仲良くなってみると、こんなに気楽で心強い相手もいません。

そんなサバサバしている人の特徴を20ご紹介したいと思います。

  • 無理をしない
  • 自分を持っている
  • いつも冷静
  • 面倒見が良い
  • 自分以外に期待しない
  • 個人主義
  • 流行に左右されない
  • トイレや給湯室でつるまない
  • 寝れば忘れる
  • 意外に肉食
  • 立ち入らない
  • カチッとしたファッションを好む
  • 粘着質が嫌い
  • 過去を糧にする
  • ズボラなのも魅力
  • 色気が少ない
  • 男に媚びることができない
  • 嫉妬しない
  • 文句は直接本人に
  • 親孝行
  • まとめ

1. 無理をしない

無理をしない

サバサバしている人は、己の限界を熟知しています。

ゆえに無駄な労力を使いません。

無理をしないで、自分の力量の内で動くので、いつも確たる余裕を持っています。

この余裕が、サバサバしているように他者からは見えます。

無理をしないことで、ドライであると認識されることがあるのです。

2. 自分を持っている

自分を持っている

自分を持っているというのは、大切なことです。

しかしなかなかできません。

サバサバしている人は、自分を持つということをとても大切にしています。

人の意見に簡単に左右されませんので、ほかの人は「おっ」と思います。

誰かに必要以上に迎合することがないので、自然と物言いもサバサバしてしまうのです。

3. いつも冷静

いつも冷静

人間ですから、慌てふためいたり、ドキドキしてしまうことは誰にでもあります。

しかし、そんな時だからこそ、誰よりも冷静に振る舞いたいのがサバサバした人です。

自分を律しているので、例え余裕がない場面でも、冷静であろうとします。

その姿は、サバサバした人物そのもの。

この冷静さが信頼感を勝ち得るのです。

心の中では余裕がなくとも、冷静であることを肝に銘じておけば、乗り切れます。

それを府に落としているのがサバサバした人なのです。

4. 面倒見が良い

面倒見が良い

サバサバしている人は、じつは優しい人が多く、子供や動物など邪気のないものが好きです。

自分より明らかに弱いものに、健気な愛情を注ぎたくなるのが特徴です。

まさか、あの人が?というような面倒見の良さを見せることがあるのは、そのためです。

邪気のないものには惜しみない愛情と、時間を投入できるのです。

それがサバサバした人の癒しにもなっているので、計算ではないのも特徴です。

5. 自分以外に期待しない

自分以外に期待しない

見返りを求めると、それがかなわなかった時の絶望感は深いものです。

だからこそ、サバサバした人は、自分以外の人間に、絶対に期待などしません。

その姿は孤高の人であるかのようにも見えます。

期待した途端、面倒に巻き込まれます。

要らない負の感情も芽生えます。

このようなものと距離を置きたいのです。

6. 個人主義

個人主義

サバサバした人は、自分の時間を何よりも大切にします。

常に自分と向き合いたいのです。

そうなると、集団行動は自分との時間を阻害するものでしかありません。

気付くと、ひとりで行動することが多くなりますし、周囲もそれを容認したくなります。

集団行動は余計な思考が入り乱れるので、そのようなものを厭うのです。

個人主義なのに、他者を認めさせてしまうのも、サバサバした人の美点であり特徴です。

7. 流行に左右されない

流行に左右されない

サバサバした人は、世の中の流行を小馬鹿にしたようなところがあります。

右に倣えの価値観に懐疑的なのです。

流行は流れて行くものだと、よく知っています。

いつかは流れて消えて行くものに、価値を見出さないのです。

結局自分の感覚を信じます。

普遍的なものに価値を見出そうと常に葛藤している頑固な特徴があります。

押し付けられるのも嫌いですので、ますます流行と距離を置く人も多いのが特徴です。

8. トイレや給湯室でつるまない

トイレや給湯室でつるまない

とくに女性は、トイレや給湯室で噂話に花を咲かせることが多いのではないでしょうか。

サバサバした人は男女問わず、こうした密談系が大の苦手です。

苦手というより嫌悪します。

密室の意見共有は、ネガティブ要素を含む事が多いので、こうしたものを嫌うのです。

眉をひそめるように、トイレや給湯室女子を見ているというのが特徴です。

もしかしたら、鳥肌を立てながら嫌っている可能性が高いので、密談には誘わない事です。

9. 寝れば忘れる

寝れば忘れる

人間ですから、嫌なことも辛いことも多いのが人生です。

逃れられない事も多いです。

だからこそ、サバサバした人は寝ることで忘れようとします。

どうにもならないからです。

自分の手に余ることを考えすぎると、粘着質な思考になるものです。

その対極にいるサバサバした人は、前後裁断で、寝て起きたら生まれ変わるのです。

実際に寝る時間を健康的に確保すると、自律神経も安定しますから、理にかなっています。

10. 意外に肉食

意外に肉食

サバサバした感情を保つのには、草食ではパワーが足りなくなくなります。

その最たるものは僧侶です。

悟りを目指し、俗世間からひとつ抜けた感じがあります。

しかし生命力の強さは、そこまで感じません。

サバサバした人は基本、俗人です。

俗世間で戦い、自分を守ることで人格を保っていることが多いです。

そのためには動物性たんぱく質が必要になりますので、肉食の特徴があります。

だからといって野菜が嫌いというわけではありません。

あくまでも意外に肉食という事です。

11. 立ち入らない

立ち入らない

サバサバした人は、過剰に人の心の中や、環境に立ち入りません。

節度を持ち、人と付き合うことを第一義にしています。

その方が楽だからです。

誰かの心の中に入るということは、その人物の人生を少なからず背負うことです。

自分自身の心の平安を大切にするサバサバした人は、そんな面倒には関わりません。

立ち入らないことが優しさであることも知っています。

12. カチッとしたファッションを好む

カチッとしたファッションを好む

ファッションは鎧のようなものです。

サバサバした人はそんな風に考えます。

ゆるふわのファッションはいかにも隙だらけで、何かあったときに自分を守れません。

気分的な問題ではありますが、何かの時にはキビキビ動けるようにしたいのです。

誰よりもシンプルでカチッとしたファッションのサバサバした人は、無敵に近いのです。

色も抑えめなのが特徴です。

13. 粘着質が嫌い

粘着質が嫌い

とにかくサバサバした人は、粘着質が嫌いです。

自分と真逆であるからです。

湿地帯のような粘着質と砂漠地帯のようなサバサバした人は、生きる場所が違います。

サバサバした人の天敵とも言えるかもしれません。

粘着質な人を毛嫌いします。

これは、生理的に嫌いなので、致し方ありません。

かかわらないことです。

それがお互いの幸福につながります。

14. 過去を糧にする

過去を糧にする

過去は変えられません。

どんな過去も、あり続けます。

それを認めて受容するのが、サバサバした人の特徴です。

過去を糧にするのです。

変えられないのなら、シミのように残り続けるのなら、受け入れようと覚悟を決めます。

潔い考え方で、まるで侍のような価値観です。

過去も自分のチャームポイントとしています。

なかなか出来ることではありませんが、できている人を観察すると、必ずサバサバ系です。

15. ズボラなのも魅力

ズボラなのも魅力

サバサバした人は、物言いも切れ味抜群なので、完璧主義のように見えます。

または潔癖主義にも見えるのですが、そのじつ手を抜くのも上手なのです。

自分をガチガチに固めるのは、真のサバサバ系ではありません。

ズボラで、脱力感がある方がサバサバした人は、外で遺憾なく戦えるのです。

町で不意にあったりすると、ズボラなジャージ姿ということも多いのが特徴です。

そんな自分も込みで、自身を愛しているのがサバサバした人と言えます。

16. 色気が少ない

色気が少ない

サバサバした人というのは、自分が価値観の中心なので、色気は必要ないのです。

誰かに媚びるための手段として色気を醸し出すのだとすれば、色気自体を嫌悪します。

こざっぱりとして、自然体なのがサバサバした人の特徴なので、色気とは無縁なのです。

色気がないと揶揄されることも多いのですが、むしろそれは褒め言葉だったりします。

さっぱりスッキリが、サバサバした人の永遠のテーマなのです。

17. 男に媚びることができない

男に媚びることができない

サバサバした、ここでは女性に言えることですが、とにかく男に媚びることができません。

恋愛になっても甘えられず、どちらかと言えば、甘えてほしい方なのが特徴です。

自分からしなりを作って女性らしさをアピールするのに多大なストレスを感じます。

媚びなくてはいけないのであれば、恋愛なんてしなくてもよいと思っているのです。

独身のサバサバ系が多いのはこのためです。

18. 嫉妬しない

嫉妬しない

嫉妬は他者と自分を比較することから始まります。

自分は足りないと劣等感を持つからです。

しかし、サバサバした人は基準が「自分」なので、嫉妬はしません。

無縁です。

たとえ自分より優れた人がいたとしても、人は人自分は自分と思っています。

自分の王国を自分の中に持っていますので、殊更、嫉妬する必要がないのです。

そんな姿は、非常に爽やかに映ります。

そしてストレスフリーです。

19. 文句は直接本人に

文句は直接本人に

文句があるときは、それを一度、自分の中に押し込めます。

そして咀嚼してみます。

それでも腑に落ちないとき、サバサバした人は、自分の意見として直接本人に言います。

その過程で、誰かに相談することは皆無です。

そこに第三者が介入することを嫌います。

つねに真剣勝負を好むサバサバした人は、文句があるときこそ、一人で立ち向かいます。

それが、一番効果的だと知っている賢さを持っています。

20. 親孝行

親孝行

サバサバした人は、情に左右されない印象があるため、冷たく見られがちです。

ですが、それは間違いです。

表情や行動に見えにくいだけで、実は愛情深いのです。

その愛情の矛先は、自分を惜しみなく愛してくれた相手です。

つまり両親です。

もし、家庭に恵まれなかったとしても、生み出してくれた親には恩義を感じます。

あの人が?というような親孝行ぶりを発揮することも多いのです。

はたから見ると、非常にほのぼのした光景に移ります。

まとめ

サバサバした人は、少し怖い印象を与えます。

圧迫感があることもあります。

それは、ひとえに言い訳しないからです。

そんなサバサバした人に近づくことは可能です。

後天的に、サバサバした人になることも夢ではありません。

もし、サバサバした人に憧れるのなら、ご紹介した、特徴を研究してみてください。

サバサバしている人というのは、どこか、取っ付きにくい印象があります。

しかし、仲良くなってみると、こんなに気楽で心強い相手もいません。

そんなサバサバしている人の特徴を20ご紹介したいと思います。


無理をしない

サバサバしている人は、己の限界を熟知しています。

ゆえに無駄な労力を使いません。

無理をしないで、自分の力量の内で動くので、いつも確たる余裕を持っています。

この余裕が、サバサバしているように他者からは見えます。

無理をしないことで、ドライであると認識されることがあるのです。

自分を持っている

自分を持っているというのは、大切なことです。

しかしなかなかできません。

サバサバしている人は、自分を持つということをとても大切にしています。

人の意見に簡単に左右されませんので、ほかの人は「おっ」と思います。

誰かに必要以上に迎合することがないので、自然と物言いもサバサバしてしまうのです。

いつも冷静

人間ですから、慌てふためいたり、ドキドキしてしまうことは誰にでもあります。

しかし、そんな時だからこそ、誰よりも冷静に振る舞いたいのがサバサバした人です。

自分を律しているので、例え余裕がない場面でも、冷静であろうとします。

その姿は、サバサバした人物そのもの。

この冷静さが信頼感を勝ち得るのです。

心の中では余裕がなくとも、冷静であることを肝に銘じておけば、乗り切れます。

それを府に落としているのがサバサバした人なのです。

面倒見が良い

サバサバしている人は、じつは優しい人が多く、子供や動物など邪気のないものが好きです。

自分より明らかに弱いものに、健気な愛情を注ぎたくなるのが特徴です。

まさか、あの人が?というような面倒見の良さを見せることがあるのは、そのためです。

邪気のないものには惜しみない愛情と、時間を投入できるのです。

それがサバサバした人の癒しにもなっているので、計算ではないのも特徴です。

自分以外に期待しない

見返りを求めると、それがかなわなかった時の絶望感は深いものです。

だからこそ、サバサバした人は、自分以外の人間に、絶対に期待などしません。

その姿は孤高の人であるかのようにも見えます。

期待した途端、面倒に巻き込まれます。

要らない負の感情も芽生えます。

このようなものと距離を置きたいのです。

個人主義

サバサバした人は、自分の時間を何よりも大切にします。

常に自分と向き合いたいのです。

そうなると、集団行動は自分との時間を阻害するものでしかありません。

気付くと、ひとりで行動することが多くなりますし、周囲もそれを容認したくなります。

集団行動は余計な思考が入り乱れるので、そのようなものを厭うのです。

個人主義なのに、他者を認めさせてしまうのも、サバサバした人の美点であり特徴です。

流行に左右されない

サバサバした人は、世の中の流行を小馬鹿にしたようなところがあります。

右に倣えの価値観に懐疑的なのです。

流行は流れて行くものだと、よく知っています。

いつかは流れて消えて行くものに、価値を見出さないのです。

結局自分の感覚を信じます。

普遍的なものに価値を見出そうと常に葛藤している頑固な特徴があります。

押し付けられるのも嫌いですので、ますます流行と距離を置く人も多いのが特徴です。

トイレや給湯室でつるまない

とくに女性は、トイレや給湯室で噂話に花を咲かせることが多いのではないでしょうか。

サバサバした人は男女問わず、こうした密談系が大の苦手です。

苦手というより嫌悪します。

密室の意見共有は、ネガティブ要素を含む事が多いので、こうしたものを嫌うのです。

眉をひそめるように、トイレや給湯室女子を見ているというのが特徴です。

もしかしたら、鳥肌を立てながら嫌っている可能性が高いので、密談には誘わない事です。

寝れば忘れる

人間ですから、嫌なことも辛いことも多いのが人生です。

逃れられない事も多いです。

だからこそ、サバサバした人は寝ることで忘れようとします。

どうにもならないからです。

自分の手に余ることを考えすぎると、粘着質な思考になるものです。

その対極にいるサバサバした人は、前後裁断で、寝て起きたら生まれ変わるのです。

実際に寝る時間を健康的に確保すると、自律神経も安定しますから、理にかなっています。

意外に肉食

サバサバした感情を保つのには、草食ではパワーが足りなくなくなります。

その最たるものは僧侶です。

悟りを目指し、俗世間からひとつ抜けた感じがあります。

しかし生命力の強さは、そこまで感じません。

サバサバした人は基本、俗人です。

俗世間で戦い、自分を守ることで人格を保っていることが多いです。

そのためには動物性たんぱく質が必要になりますので、肉食の特徴があります。

だからといって野菜が嫌いというわけではありません。

あくまでも意外に肉食という事です。

立ち入らない

サバサバした人は、過剰に人の心の中や、環境に立ち入りません。

節度を持ち、人と付き合うことを第一義にしています。

その方が楽だからです。

誰かの心の中に入るということは、その人物の人生を少なからず背負うことです。

自分自身の心の平安を大切にするサバサバした人は、そんな面倒には関わりません。

立ち入らないことが優しさであることも知っています。

カチッとしたファッションを好む

ファッションは鎧のようなものです。

サバサバした人はそんな風に考えます。

ゆるふわのファッションはいかにも隙だらけで、何かあったときに自分を守れません。

気分的な問題ではありますが、何かの時にはキビキビ動けるようにしたいのです。

誰よりもシンプルでカチッとしたファッションのサバサバした人は、無敵に近いのです。

色も抑えめなのが特徴です。

粘着質が嫌い

とにかくサバサバした人は、粘着質が嫌いです。

自分と真逆であるからです。

湿地帯のような粘着質と砂漠地帯のようなサバサバした人は、生きる場所が違います。

サバサバした人の天敵とも言えるかもしれません。

粘着質な人を毛嫌いします。

これは、生理的に嫌いなので、致し方ありません。

かかわらないことです。

それがお互いの幸福につながります。

過去を糧にする

過去は変えられません。

どんな過去も、あり続けます。

それを認めて受容するのが、サバサバした人の特徴です。

過去を糧にするのです。

変えられないのなら、シミのように残り続けるのなら、受け入れようと覚悟を決めます。

潔い考え方で、まるで侍のような価値観です。

過去も自分のチャームポイントとしています。

なかなか出来ることではありませんが、できている人を観察すると、必ずサバサバ系です。

ズボラなのも魅力

サバサバした人は、物言いも切れ味抜群なので、完璧主義のように見えます。

または潔癖主義にも見えるのですが、そのじつ手を抜くのも上手なのです。

自分をガチガチに固めるのは、真のサバサバ系ではありません。

ズボラで、脱力感がある方がサバサバした人は、外で遺憾なく戦えるのです。

町で不意にあったりすると、ズボラなジャージ姿ということも多いのが特徴です。

そんな自分も込みで、自身を愛しているのがサバサバした人と言えます。

色気が少ない

サバサバした人というのは、自分が価値観の中心なので、色気は必要ないのです。

誰かに媚びるための手段として色気を醸し出すのだとすれば、色気自体を嫌悪します。

こざっぱりとして、自然体なのがサバサバした人の特徴なので、色気とは無縁なのです。

色気がないと揶揄されることも多いのですが、むしろそれは褒め言葉だったりします。

さっぱりスッキリが、サバサバした人の永遠のテーマなのです。

男に媚びることができない

サバサバした、ここでは女性に言えることですが、とにかく男に媚びることができません。

恋愛になっても甘えられず、どちらかと言えば、甘えてほしい方なのが特徴です。

自分からしなりを作って女性らしさをアピールするのに多大なストレスを感じます。

媚びなくてはいけないのであれば、恋愛なんてしなくてもよいと思っているのです。

独身のサバサバ系が多いのはこのためです。

嫉妬しない

嫉妬は他者と自分を比較することから始まります。

自分は足りないと劣等感を持つからです。

しかし、サバサバした人は基準が「自分」なので、嫉妬はしません。

無縁です。

たとえ自分より優れた人がいたとしても、人は人自分は自分と思っています。

自分の王国を自分の中に持っていますので、殊更、嫉妬する必要がないのです。

そんな姿は、非常に爽やかに映ります。

そしてストレスフリーです。

文句は直接本人に

文句があるときは、それを一度、自分の中に押し込めます。

そして咀嚼してみます。

それでも腑に落ちないとき、サバサバした人は、自分の意見として直接本人に言います。

その過程で、誰かに相談することは皆無です。

そこに第三者が介入することを嫌います。

つねに真剣勝負を好むサバサバした人は、文句があるときこそ、一人で立ち向かいます。

それが、一番効果的だと知っている賢さを持っています。

親孝行

サバサバした人は、情に左右されない印象があるため、冷たく見られがちです。

ですが、それは間違いです。

表情や行動に見えにくいだけで、実は愛情深いのです。

その愛情の矛先は、自分を惜しみなく愛してくれた相手です。

つまり両親です。

もし、家庭に恵まれなかったとしても、生み出してくれた親には恩義を感じます。

あの人が?というような親孝行ぶりを発揮することも多いのです。

はたから見ると、非常にほのぼのした光景に移ります。

サバサバした人は、少し怖い印象を与えます。

圧迫感があることもあります。

それは、ひとえに言い訳しないからです。

そんなサバサバした人に近づくことは可能です。

後天的に、サバサバした人になることも夢ではありません。

もし、サバサバした人に憧れるのなら、ご紹介した、特徴を研究してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-