【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135604.html
話しかけやすい人の特徴

話しかけやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
話しかけやすい人の特徴

話しかけやすい人というのはどういう人のことでしょう?話しかけやすい人の特徴を紹介していきます。

  • 挨拶を欠かさない
  • いつも笑顔
  • 清潔感がある
  • 相手の目を見て話す
  • 目が合ったら笑顔
  • 自分の話に興味を持ってくれる
  • ちゃんと相槌をしてくれる
  • 質問をしてくれる
  • 話題性がある
  • 空気を読める
  • ノリが良い
  • ユーモアがある
  • 雰囲気が良い
  • 服装がシンプル
  • 裏表がない
  • 丸顔の人
  • 人のことを見下さない
  • 相手のことを否定しない
  • 自然体でいてくれる
  • 悪口を言わない
  • 共通点を見つけるのが上手
  • まとめ

1. 挨拶を欠かさない

挨拶を欠かさない

人間関係において一番大事なのは挨拶と言っても過言ではありません。

そんな挨拶を欠かさずできる人は人間関係を大事にしいるという印象を持たれやすいですし、話しかけやすい印象になるでしょう。

相手から挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいませんし、挨拶をされてから会話につながったり、話しかけやすくなるでしょう。

毎日顔を合わせる相手にも挨拶を欠かさずする人は話しかけやすい人と言えるでしょう。

2. いつも笑顔

いつも笑顔

気難しい顔をしていたり、怒っている表情の人はどうしても話しかけにくくなってしまったり、話しかけたら迷惑かな?と相手に思わせてしまいます。

ただいつも笑顔の人は気軽に話しかけることができます。

話しかけても笑顔で対応してくれるので、話しかけた方もとても気分がよく、これからも話しかけようという気持ちになるでしょう。

もともと強面だったり、怒っていると言われる人もいるかもしれませんが、なるべく笑顔を心がけるだけでもだいぶ印象は変わるでしょう。

3. 清潔感がある

清潔感がある

これも人間関係においてとても大事なことです。

清潔感があるかそうでないかで話しかけやすさはだいぶ変わってしまいます。

その人のことをよく知らない段階でも清潔感がない人はどうしても近寄りがたい、うまく話すことができないといったマイナスな印象を与えてしまいます。

話しかけやすい人になるためには身だしなみもしっかりチェックし、清潔感がある人になりましょう。

4. 相手の目を見て話す

相手の目を見て話す

大勢の前だと難しいかもしれませんが、一対一で話している場合などは特に目線を気にしないといけません。

相手の目を見て話さないというのは、相手にあなたのことは興味ない、話したくないのかなという印象を与えてしまいます。

人の目を見て話すのが苦手な人も多いですが、少しでもいいので相手の目を見て話す努力をすると、話しかけやすい人という印象を持たれやすくなるでしょう。

5. 目が合ったら笑顔

目が合ったら笑顔

いつも笑顔なのも大事ですが、ふと誰かと目が合った時にすぐそらされたり嫌な顔をされるより、笑顔を見せてくれたり微笑んでくれた方が誰でも嬉しいですし、そういう人は話しかけやすい雰囲気があると言えるでしょう。

恥ずかしかったり、変に思われるかもしれないと考えてしまうかもしれませんが、相手はきっとあなたに好意的な気持ちを抱くでしょう。

目があって微笑んだらそこから会話につながることもあります。

是非実践してみましょう。

6. 自分の話に興味を持ってくれる

自分の話に興味を持ってくれる

誰しも自分の話を聞いてほしい、自分を知ってほしいという気持ちがあります。

そこで自分がした話を全く興味を持ってくれなかったり、興味がある振りをされると話したいという気持ちもなくなってしまいます。

逆にどんな話でも興味を持って話を聞いてくれる人は話しかけやすいし、話を聞いてほしいと思うでしょう。

話しかけやすい人は心の底から相手に興味を持ち、相手の興味を持っていることを知りたい、という気持ちが相手に伝わるのでしょう。

7. ちゃんと相槌をしてくれる

ちゃんと相槌をしてくれる

いくら話を聞いてくれていたりしても、適当に相槌をする人には自分には興味がないのかと感じてしまい話しかけにくくなってしまいます。

それに比べ、ちゃんと相槌をしてくれる人は話していて心地よいですし、話しかけやすいでしょう。

いつも同じ相槌だけでなく、相槌のレパートリーが多いとなおよいです。

8. 質問をしてくれる

質問をしてくれる

いくら真剣にこちらが言ってくれることを聞いてくれたり、相槌をしてくれてもそれだけでは本当に興味があることが伝わりにくいです。

しっかりこちらの話を聞いた上でその内容にあった質問を投げかけてくれる人は、自分の話に興味を持ってくれていると感じます。

また話を広げようろしてくれているのも分かりやすいので、話しかけやすい人と言えます。

9. 話題性がある

話題性がある

自分が知らない話を知っていたり、面白い話が出来る人はやはり話しかけやすい人と思われます。

話しかけやすい人は他の人の話も興味を持って聞くのでその分話の幅も増えますし、他の人と話すためにいろいろ情報を手に入れたりしています。

話しかけやすいと言われる人はそれぐらい努力をしている人と言えます。

10. 空気を読める

空気を読める

話しかけやすいと言われる人空気を読める人が多いです。

自分の話ばかりしたり、自分のことだけ考えるのではなく相手の気持ちや表情をよく見ていますので、空気を読むことができます。

すると周りの人も心地よく、安心して話すことが出来たり、楽しい会話ができますので、話しかけやすい人と思われるでしょう。

11. ノリが良い

ノリが良い

自分自身がふざけたり、相手が言ったことをきちんと拾ったり、面白くしてくれる人は話しかけやすいでしょう。

相手の冗談を鼻で笑ったり、冷めた目で見られるより一緒になってふざけてくれる人の方が断然話しかけやすいです。

特に男性の場合はふざけたりするのが好きなので、女性がノリが良かったら好かれますし、モテることもあるでしょう。

12. ユーモアがある

ユーモアがある

ノリが良いのももちろんですが、ちょっとしたユーモアがある方が話しかけやすいでしょう。

話しかけやすい人は空気を読むことが出来る人が多いので相手を傷つけたり、いじったりせずみんなが笑える話が出来たり、冗談を言うことができるでしょう。

場の空気を和ませたり、楽しい雰囲気に出来ますので、話すきっかけになったり話しやすい印象を持たれやすくなるでしょう。

13. 雰囲気が良い

雰囲気が良い

説明はできないけどなんとなく雰囲気が良い人っていませんか?

そういう人話しかけやすかったりします。

それはやはり笑顔だったり清潔感があったり、常に空気を読めるという内面からでるオーラがあるからでしょう。

なぜかわからないけど、なんとなく話しかけやすいと思われる人も多いでしょう。

14. 服装がシンプル

服装がシンプル

人は見た目じゃないといいますが、やはりあまりにも奇抜だったり、個性的はファッションをしているとこの人は個性的でどこか変わっているんじゃないか?

とっつきにくい人ではないか?

と勝手に想像したり、イメージしたりしてしまいます。

それに比べて話しかけやすいと思われる人は服装が派手ではなく、シンプルで清楚なイメージの人でしょう。

おしゃれもしたいですが、やはり周りからどのような印象を持たれるか考えることも大事ですね。

15. 裏表がない

裏表がない

いくら笑顔でいたり、印象良く話していても、たまにいつもと違う表情で裏の顔を見てしまうと、普段あれだけ印象の良いのも作っているのかな?この人は裏表がある人だと思われてしまうとなかなか話しかけにくくなってしまいます。

それに比べ裏表がない人には安心して話しかけることができますよね。

裏表がない人はなかなかいないかもしれませんが、誰が見ているのか分からないので気を付けましょう。

16. 丸顔の人

丸顔の人

これは完全に人のイメージですが、丸顔の人はどこか優しそうで話しかけやすい雰囲気があります。

逆に面長の人は目が鋭かったり切れ長などでどこか話しかけにくい雰囲気がでてしまいます。

もちろん面長の人でも話しかけやすい雰囲気がある人はたくさんいると思いますが、本当に第一印象で話しかけやすいと思われるのは面長の人よりも丸顔で優しそうな人が多いでしょう。

17. 人のことを見下さない

人のことを見下さない

相手にそういうつもりがなくても、見下したような発言をされるとそう感じた方は話しかけにくくなってしまいます。

普段から相手のことを見下している人も相手に伝わってしまいます。

ただ話しかけやすい人は人のことを見下したりしないので、相手も気がねなく何でも話せますし気軽に話しかけることが出来ます。

18. 相手のことを否定しない

相手のことを否定しない

自分が発言したことをすべて否定する人はいませんか?

もちろん間違ったことを言ったり、してしまった時に注意してくれたり指摘してくれるの人は必要ですが、自分の発言すべてを否定されると自分自信を否定されている感じてしまうでしょう。

ただ話しかけやすいという人は相手のことを急に否定したりしません。

相手の考え方をきちんと受け入れた上でこうした方がいいというアドバイスをくれます。

すべて否定する人に対しては萎縮して何も言えなくなってしまいますよね。

これに比べると相手のことを否定しない人は話しかけやすいと言えます。

19. 自然体でいてくれる

自然体でいてくれる

相手に気を使うことはもちろん必要ですし、相手の気持ちにたって考えることはもちろん必要です。

ただ気を使い過ぎると相手も必要以上に気を使ってしまって疲れてしまったりします。

それに比べて話しかけやすい人はもちろん気を使ったり、相手の気持ちを考えますが、素直な気持ちを伝えてくれたり自然体の自分を出してくれます。

相手も気を許してくれていると感じ嬉しくなりますし、こちらも自然体でいることができます。

話しかけやすい人は自然体でいることができる人とも言えます。

20. 悪口を言わない

悪口を言わない

もちろん悪口がだめなことは分かっているかもしれませんが、話しかけやすい人は悪口を言ったりしません。

いくら自分に対して優しくても悪口を言っているのを聞いてしまうと、自分も知らないところで悪口を言われてるかもしれないと思うとなかなかその人と関わりにくくなったり、本音で話せなくなってしまいます。

話しかけやすい人は悪口を言わない人です。

21. 共通点を見つけるのが上手

共通点を見つけるのが上手

初対面の人とはやはり何を話したらいいのかわかないもの。

でも話しかけやすい人は自分と相手の共通点を見つけ出すことができますので、話も盛り上がりますし、距離も縮まるでしょう。

それもしっかり相手を観察して、相手の話を聞いてるからこそ、些細な一言から自分との共通点を見つけることが上手なのです。

まとめ

いかかでしたか?

話しかけやすい人は人間的にもとても素晴らしい人ですね。

ただ実践するのもそんなに難しいことではないので、少し意識してみてあなたも話しかけやすい人になりましょう。

話しかけやすい人というのはどういう人のことでしょう?話しかけやすい人の特徴を紹介していきます。


挨拶を欠かさない

人間関係において一番大事なのは挨拶と言っても過言ではありません。

そんな挨拶を欠かさずできる人は人間関係を大事にしいるという印象を持たれやすいですし、話しかけやすい印象になるでしょう。

相手から挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいませんし、挨拶をされてから会話につながったり、話しかけやすくなるでしょう。

毎日顔を合わせる相手にも挨拶を欠かさずする人は話しかけやすい人と言えるでしょう。

いつも笑顔

気難しい顔をしていたり、怒っている表情の人はどうしても話しかけにくくなってしまったり、話しかけたら迷惑かな?と相手に思わせてしまいます。

ただいつも笑顔の人は気軽に話しかけることができます。

話しかけても笑顔で対応してくれるので、話しかけた方もとても気分がよく、これからも話しかけようという気持ちになるでしょう。

もともと強面だったり、怒っていると言われる人もいるかもしれませんが、なるべく笑顔を心がけるだけでもだいぶ印象は変わるでしょう。

清潔感がある

これも人間関係においてとても大事なことです。

清潔感があるかそうでないかで話しかけやすさはだいぶ変わってしまいます。

その人のことをよく知らない段階でも清潔感がない人はどうしても近寄りがたい、うまく話すことができないといったマイナスな印象を与えてしまいます。

話しかけやすい人になるためには身だしなみもしっかりチェックし、清潔感がある人になりましょう。

相手の目を見て話す

大勢の前だと難しいかもしれませんが、一対一で話している場合などは特に目線を気にしないといけません。

相手の目を見て話さないというのは、相手にあなたのことは興味ない、話したくないのかなという印象を与えてしまいます。

人の目を見て話すのが苦手な人も多いですが、少しでもいいので相手の目を見て話す努力をすると、話しかけやすい人という印象を持たれやすくなるでしょう。

目が合ったら笑顔

いつも笑顔なのも大事ですが、ふと誰かと目が合った時にすぐそらされたり嫌な顔をされるより、笑顔を見せてくれたり微笑んでくれた方が誰でも嬉しいですし、そういう人は話しかけやすい雰囲気があると言えるでしょう。

恥ずかしかったり、変に思われるかもしれないと考えてしまうかもしれませんが、相手はきっとあなたに好意的な気持ちを抱くでしょう。

目があって微笑んだらそこから会話につながることもあります。

是非実践してみましょう。

自分の話に興味を持ってくれる

誰しも自分の話を聞いてほしい、自分を知ってほしいという気持ちがあります。

そこで自分がした話を全く興味を持ってくれなかったり、興味がある振りをされると話したいという気持ちもなくなってしまいます。

逆にどんな話でも興味を持って話を聞いてくれる人は話しかけやすいし、話を聞いてほしいと思うでしょう。

話しかけやすい人は心の底から相手に興味を持ち、相手の興味を持っていることを知りたい、という気持ちが相手に伝わるのでしょう。

ちゃんと相槌をしてくれる

いくら話を聞いてくれていたりしても、適当に相槌をする人には自分には興味がないのかと感じてしまい話しかけにくくなってしまいます。

それに比べ、ちゃんと相槌をしてくれる人は話していて心地よいですし、話しかけやすいでしょう。

いつも同じ相槌だけでなく、相槌のレパートリーが多いとなおよいです。

質問をしてくれる

いくら真剣にこちらが言ってくれることを聞いてくれたり、相槌をしてくれてもそれだけでは本当に興味があることが伝わりにくいです。

しっかりこちらの話を聞いた上でその内容にあった質問を投げかけてくれる人は、自分の話に興味を持ってくれていると感じます。

また話を広げようろしてくれているのも分かりやすいので、話しかけやすい人と言えます。

話題性がある

自分が知らない話を知っていたり、面白い話が出来る人はやはり話しかけやすい人と思われます。

話しかけやすい人は他の人の話も興味を持って聞くのでその分話の幅も増えますし、他の人と話すためにいろいろ情報を手に入れたりしています。

話しかけやすいと言われる人はそれぐらい努力をしている人と言えます。

空気を読める

話しかけやすいと言われる人空気を読める人が多いです。

自分の話ばかりしたり、自分のことだけ考えるのではなく相手の気持ちや表情をよく見ていますので、空気を読むことができます。

すると周りの人も心地よく、安心して話すことが出来たり、楽しい会話ができますので、話しかけやすい人と思われるでしょう。

ノリが良い

自分自身がふざけたり、相手が言ったことをきちんと拾ったり、面白くしてくれる人は話しかけやすいでしょう。

相手の冗談を鼻で笑ったり、冷めた目で見られるより一緒になってふざけてくれる人の方が断然話しかけやすいです。

特に男性の場合はふざけたりするのが好きなので、女性がノリが良かったら好かれますし、モテることもあるでしょう。

ユーモアがある

ノリが良いのももちろんですが、ちょっとしたユーモアがある方が話しかけやすいでしょう。

話しかけやすい人は空気を読むことが出来る人が多いので相手を傷つけたり、いじったりせずみんなが笑える話が出来たり、冗談を言うことができるでしょう。

場の空気を和ませたり、楽しい雰囲気に出来ますので、話すきっかけになったり話しやすい印象を持たれやすくなるでしょう。

雰囲気が良い

説明はできないけどなんとなく雰囲気が良い人っていませんか?

そういう人話しかけやすかったりします。

それはやはり笑顔だったり清潔感があったり、常に空気を読めるという内面からでるオーラがあるからでしょう。

なぜかわからないけど、なんとなく話しかけやすいと思われる人も多いでしょう。

服装がシンプル

人は見た目じゃないといいますが、やはりあまりにも奇抜だったり、個性的はファッションをしているとこの人は個性的でどこか変わっているんじゃないか?

とっつきにくい人ではないか?

と勝手に想像したり、イメージしたりしてしまいます。

それに比べて話しかけやすいと思われる人は服装が派手ではなく、シンプルで清楚なイメージの人でしょう。

おしゃれもしたいですが、やはり周りからどのような印象を持たれるか考えることも大事ですね。

裏表がない

いくら笑顔でいたり、印象良く話していても、たまにいつもと違う表情で裏の顔を見てしまうと、普段あれだけ印象の良いのも作っているのかな?この人は裏表がある人だと思われてしまうとなかなか話しかけにくくなってしまいます。

それに比べ裏表がない人には安心して話しかけることができますよね。

裏表がない人はなかなかいないかもしれませんが、誰が見ているのか分からないので気を付けましょう。

丸顔の人

これは完全に人のイメージですが、丸顔の人はどこか優しそうで話しかけやすい雰囲気があります。

逆に面長の人は目が鋭かったり切れ長などでどこか話しかけにくい雰囲気がでてしまいます。

もちろん面長の人でも話しかけやすい雰囲気がある人はたくさんいると思いますが、本当に第一印象で話しかけやすいと思われるのは面長の人よりも丸顔で優しそうな人が多いでしょう。

人のことを見下さない

相手にそういうつもりがなくても、見下したような発言をされるとそう感じた方は話しかけにくくなってしまいます。

普段から相手のことを見下している人も相手に伝わってしまいます。

ただ話しかけやすい人は人のことを見下したりしないので、相手も気がねなく何でも話せますし気軽に話しかけることが出来ます。

相手のことを否定しない

自分が発言したことをすべて否定する人はいませんか?

もちろん間違ったことを言ったり、してしまった時に注意してくれたり指摘してくれるの人は必要ですが、自分の発言すべてを否定されると自分自信を否定されている感じてしまうでしょう。

ただ話しかけやすいという人は相手のことを急に否定したりしません。

相手の考え方をきちんと受け入れた上でこうした方がいいというアドバイスをくれます。

すべて否定する人に対しては萎縮して何も言えなくなってしまいますよね。

これに比べると相手のことを否定しない人は話しかけやすいと言えます。

自然体でいてくれる

相手に気を使うことはもちろん必要ですし、相手の気持ちにたって考えることはもちろん必要です。

ただ気を使い過ぎると相手も必要以上に気を使ってしまって疲れてしまったりします。

それに比べて話しかけやすい人はもちろん気を使ったり、相手の気持ちを考えますが、素直な気持ちを伝えてくれたり自然体の自分を出してくれます。

相手も気を許してくれていると感じ嬉しくなりますし、こちらも自然体でいることができます。

話しかけやすい人は自然体でいることができる人とも言えます。

悪口を言わない

もちろん悪口がだめなことは分かっているかもしれませんが、話しかけやすい人は悪口を言ったりしません。

いくら自分に対して優しくても悪口を言っているのを聞いてしまうと、自分も知らないところで悪口を言われてるかもしれないと思うとなかなかその人と関わりにくくなったり、本音で話せなくなってしまいます。

話しかけやすい人は悪口を言わない人です。

共通点を見つけるのが上手

初対面の人とはやはり何を話したらいいのかわかないもの。

でも話しかけやすい人は自分と相手の共通点を見つけ出すことができますので、話も盛り上がりますし、距離も縮まるでしょう。

それもしっかり相手を観察して、相手の話を聞いてるからこそ、些細な一言から自分との共通点を見つけることが上手なのです。

いかかでしたか?

話しかけやすい人は人間的にもとても素晴らしい人ですね。

ただ実践するのもそんなに難しいことではないので、少し意識してみてあなたも話しかけやすい人になりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-