【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135601.html
気分屋な人の特徴

気分屋な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
気分屋な人の特徴

気分屋な人は台風の目のように、周囲を巻き込んでしまいがちです。

どうしてそうなる?という疑問が芽生えた時には、気分屋の特徴を細かに分析するに限ります。

  • 自分に正直
  • 天気に左右されやすい
  • 特別でありたい
  • つねに社交的
  • 嫉妬深い
  • 末っ子気質
  • ドタキャンは朝飯前
  • 規則正しく生活できない
  • 流行に左右されすぎる
  • 友達が少ない
  • すぐに彼氏彼女と別れる
  • 浮気性
  • 平気で嘘をつく
  • 根に持たない
  • わがままを受け止めてくれる人が好き
  • 正論が苦手
  • 転職が多い
  • リバウンドしやすい
  • 過保護で育つ
  • ストレスに弱い
  • 異性の友達が多い
  • 嫌われやすい
  • 八つ当たりはコミュニケーション
  • 母親も似たタイプ
  • 婚活でうまくいかない
  • 意識高い系にあこがれる
  • 不思議ちゃんタイプ
  • 空気を読まない
  • 真面目な席が苦手
  • 自分に甘く人に厳しい
  • まとめ

1. 自分に正直

自分に正直

大人になると、自分を飾りたくなります。

自分を意に反して大人にしてしまいます。

ところが気分屋は、自分に正直なので、建前で動けません。

もし、一時的に誰もが憧れる、大人を演じてもすぐに飽きて、本来の自分に戻ります。

2. 天気に左右されやすい

天気に左右されやすい

誰しも、体のリズムを持っています。

潮の満ち引きで、体調が変わることもあります。

そんなに込み入った事でなくとも、気分屋の場合は、もっと単純な天気に左右されます。

天気がいいから機嫌がいいとか、今日は雨だからイライラするなど態度の変化が明瞭です。

3. 特別でありたい

特別でありたい

気分屋の人は、自分が誰かにとって、特別な存在でありたいと願っています。

重宝されるときはすこぶる、機嫌もよいのですが、そうでないときは子供のように我儘です。

ときにはそれが無邪気に映りプラスの効果を生むこともあります。

4. つねに社交的

つねに社交的

気分屋な人は、社交的です。

楽しくて賑やかな場所が大好きです。

そんな場所では、自分の短所ともいえる気分屋な部分も、うまく隠されます。

だれかに咎められることもないので、パーティなどが必然的に好きになります。

一見すると、楽しくてユーモアセンスがある人物に見られること多いはずです。

5. 嫉妬深い

嫉妬深い

いつも注目を浴びていたい子供っぽさを持つ気分屋は、じつに嫉妬深い面もあります。

自分よりもほかの人物が脚光を浴びているとき、嫉妬心がメラメラしてきます。

さっきまで、ニコニコしていたかと思うと、突然怒り出す、そんな時は要注意です。

嫉妬で心がぐらぐらしている可能性が高いです。

6. 末っ子気質

末っ子気質

兄弟の中で末っ子は、家族の中で一番大目に見てもらえる稀有な存在です。

そんなことに慣れてしまうと、気分屋になってしまいます。

環境が気分屋を育てると言ってもいいくらいです。

誰も注意しませんので困りものです。

気分屋に聞いてみると、末っ子の事が多いので確かめてみましょう。

7. ドタキャンは朝飯前

ドタキャンは朝飯前

普通なら、ドタキャンは決して褒められたものではありません。

成人した大人なら、品位を疑われてしまう所業です。

しかし、気分屋には通用しません。

ドタキャンに罪の意識がないので、まさに朝飯前で何度も約束を破ります。

人間関係が破綻しても、素知らぬ顔で何度でもドタキャンしてしまうのです。

憎めない愛嬌のある部分でもあります。

8. 規則正しく生活できない

規則正しく生活できない

気分屋は規則正しい生活を送っていない事が多いです。

生活習慣に問題があります。

夜遅く寝れば、朝起きられないですし、シャキッとしません。

理性的に思考できなくなり、感情が優先されます。

多くの気分屋は怠惰な生活をしています。

逆に考えると、規則正しい生活を順守すれば、気分屋も改善されるのです。

9. 流行に左右されすぎる

流行に左右されすぎる

世の中はつねに動いています。

流行も動いています。

そんな流行に敏感なのが気分屋です。

なので、今日はこれ、明日はあれ、という風に一貫性がありません。

世の中の流れに身を任せていますので、毎日言うことが変化してしまうのです。

10. 友達が少ない

友達が少ない

なかなか気分屋は人に理解されません。

多くの人が途中で距離を置き始めます。

そんなとき、無邪気な気分屋は心底、理由がわかりません。

わけもわからず、友達が少ないと気に病んでいる気分屋は意外に多いのです。

11. すぐに彼氏彼女と別れる

すぐに彼氏彼女と別れる

飽きっぽいので、そんなことで?ということで相手を嫌いになってしまいます。

毎日コロコロ意見が変わるので、恋人に対しても要求することが変化するのです。

相手から愛想をつかされるパターンもありますが、自分から相手を切る事も多いです。

12. 浮気性

浮気性

気分が山の天気のように変化しやすい気分屋は、往々にして浮気性です。

つねに気持ちが動いていますので、恋愛対象も固定されにくいのです。

運命の相手だと思っても、それが長続きしないのです。

浮気性ということで、揉めることも多いのですが、あまり深く考えていません。

ゆえに心に受けるダメージが少ないのも特徴の一つです。

13. 平気で嘘をつく

平気で嘘をつく

そんな嘘を?という子供だましのような嘘を付くことがあります。

自分の意見がコロコロ変わるので、つじつまをあわせる為に、嘘をつくのです。

悪いことだとはわかっていても、やめられません。

悪気のない嘘も多いので、結果的に周囲から許されることも多いのが救いです。

14. 根に持たない

根に持たない

気分屋は、根に持ちません。

そのとき瞬間湯沸かし器のように怒り狂っても一時的です。

そこは大変な美点でもあります。

根に持たない事で、憎めないキャラが固定することも。

一晩寝れば忘れてしまう。

という人が多いのです。

15. わがままを受け止めてくれる人が好き

わがままを受け止めてくれる人が好き

気分屋は、一般社会的には、わがままと一刀両断されることが多いものです。

そのことでダメ出しを受けてきた経験が長いので、正直うんざりなのです。

そんな気分屋はわがままを丸ごと受け止めてくれる度量の大きな人が好きです。

16. 正論が苦手

正論が苦手

正論とは時に容赦ない剣のようなものです。

気分屋のもっとも苦手な分野です。

正論を突き付けられると、ぐうの音もでないからです。

正しいことを押し付けてくる人が苦手なので、距離を置くようになります。

17. 転職が多い

転職が多い

毎日の生活が気分によって左右されやすい気分屋は、仕事が長続きしません。

上司ともぶつかり易いでしょうし、同僚とも喧嘩してしまいがちです。

気分で動くので本人に悪気はないのですが、会社では通用しないことが多いです。

よって気付けば転職ばかり繰り返すことになります。

18. リバウンドしやすい

リバウンドしやすい

ダイエットを夢中で頑張って、一時的によい結果が残せたとしても、途中で投げ出します。

一貫性のない気持ちがムクムク顔を出して、食べてしまうからです。

気分屋は長期的なダイエットが向きません。

リバウンドしてしまうでしょう。

19. 過保護で育つ

過保護で育つ

過保護で育ってきた人の中には、気分屋が多いものです。

親が甘やかすからです。

また、親が先回りして子供の機嫌を取るので、我慢することを覚えずに成長します。

そんな人は環境によって、気分屋に育て上げられてしまうのです。

20. ストレスに弱い

ストレスに弱い

繊細な人が多いと言うと、意外に思われるかもしれませんが本当のことです。

気分屋は、ストレスに弱いことが多く、そのため自己防御本能で気分屋を演じている事も。

世の中の風当りを恐れるあまり、気分で動いてストレスを回避しようとするのです。

21. 異性の友達が多い

異性の友達が多い

どんなときも、同性の友達というのは、厳しい目を持っています。

気分屋の周囲にいる同性の友達も、きつい言葉で責めてくることがあります。

その攻撃に耐えかねて、同性の友達が少なくなります。

異性の友達は、手加減してくれることが多いので、異性の友達しかいなくなります。

22. 嫌われやすい

嫌われやすい

これは気分屋の背負った運命でもあります。

ズバリ嫌われやすいのです。

ひとりの気分屋のせいで、調和が乱れると、場の雰囲気が壊れてしまいます。

なので気分屋は人から距離を取られたり、嫌われてしまいがちです。

23. 八つ当たりはコミュニケーション

八つ当たりはコミュニケーション

自分の意見がコロコロ変わるので、軋轢を生みやすい気分屋です。

だから常に八つ当たりすることで自己発散します。

本人はコミュニケーションのひとつくらいにしか考えていないことが多いです。

もし気分屋に八つ当たりされても一過性のものなので、心配ご無用です。

24. 母親も似たタイプ

母親も似たタイプ

子供の成育に一番影響を与えるのが、母親です。

母親を見て子供は模倣します。

気分屋の母親を見ると全く同じタイプであることが多いです。

もし、気分屋を育てた母親を見る機会があれば、観察してみるといいでしょう。

バックボーンが明確化します。

25. 婚活でうまくいかない

婚活でうまくいかない

婚活は、生涯の伴侶を探す場所です。

みんな本気です。

そこに妥協はありません。

しかし気分屋は自分を飾ることより、自分に正直に生きたい派です。

婚活の場でも、気分で態度を変化させるので、結婚相手も決まりにくいでしょう。

多くの人が、面倒な性格は避けたいと思っているからです。

26. 意識高い系にあこがれる

意識高い系にあこがれる

意識高い系にあこがれて、自分を理想の自分に据えるために、努力する面があります。

その努力はしかし、長続きしません。

すぐに飽きてしまうか辛くなるのです。

あたらしい刺激に弱いので、あこがれのままに終わることがい多いのです。

27. 不思議ちゃんタイプ

不思議ちゃんタイプ

不思議ちゃんタイプ、宇宙人などと言われる人物の多くが、端的に言うと気分屋です。

耳障りの良い言葉で装飾されたとしても、ただの気分屋なのです。

ふんわりした不思議ちゃんは好感度が高くなりますので、好かれることもあります。

でも、長年不思議ちゃんのままだと、やはり弊害しか残らないのが辛いところです。

28. 空気を読まない

空気を読まない

空気が読めないのではなく、空気を読みません。

読むことが嫌いなのです。

自分の意思を曲げてまで、他者に合わせるのはポリシーに反します。

そんな思いを秘めている人は、ただの気分屋ではありません。

極めたところにいる気分屋なので、一目置かれる存在になる可能性を秘めています。

29. 真面目な席が苦手

真面目な席が苦手

例えば、就活やお見合いなど、真面目で堅苦しい席がなによりも苦手です。

自分の個性が固められてしまうのを、気分屋は何よりも恐れます。

そこは一貫していますので、わかりやすくていいとも言えます。

30. 自分に甘く人に厳しい

自分に甘く人に厳しい

自分に厳しいならまだしも、自分には甘いのに他人には厳しい、それが気分屋です。

気分屋はその特徴だけで嫌われやすいのですから、自分に厳しい人はいません。

直す気持ちがない時点で、自分に甘いのです。

そんな気分屋は他人には厳しく辛辣です。

あっけにとられてしまうかもしれませんが、それも含めて気分屋なのです。

まとめ

気分屋はともすれば、世の中から受け入れがたい存在かもしれません。

しかし、邪気がない気分屋も多いのが実情です。

温かい目を向けてあげて欲しいと思います。

気分屋な人は台風の目のように、周囲を巻き込んでしまいがちです。

どうしてそうなる?という疑問が芽生えた時には、気分屋の特徴を細かに分析するに限ります。


自分に正直

大人になると、自分を飾りたくなります。

自分を意に反して大人にしてしまいます。

ところが気分屋は、自分に正直なので、建前で動けません。

もし、一時的に誰もが憧れる、大人を演じてもすぐに飽きて、本来の自分に戻ります。

天気に左右されやすい

誰しも、体のリズムを持っています。

潮の満ち引きで、体調が変わることもあります。

そんなに込み入った事でなくとも、気分屋の場合は、もっと単純な天気に左右されます。

天気がいいから機嫌がいいとか、今日は雨だからイライラするなど態度の変化が明瞭です。

特別でありたい

気分屋の人は、自分が誰かにとって、特別な存在でありたいと願っています。

重宝されるときはすこぶる、機嫌もよいのですが、そうでないときは子供のように我儘です。

ときにはそれが無邪気に映りプラスの効果を生むこともあります。

つねに社交的

気分屋な人は、社交的です。

楽しくて賑やかな場所が大好きです。

そんな場所では、自分の短所ともいえる気分屋な部分も、うまく隠されます。

だれかに咎められることもないので、パーティなどが必然的に好きになります。

一見すると、楽しくてユーモアセンスがある人物に見られること多いはずです。

嫉妬深い

いつも注目を浴びていたい子供っぽさを持つ気分屋は、じつに嫉妬深い面もあります。

自分よりもほかの人物が脚光を浴びているとき、嫉妬心がメラメラしてきます。

さっきまで、ニコニコしていたかと思うと、突然怒り出す、そんな時は要注意です。

嫉妬で心がぐらぐらしている可能性が高いです。

末っ子気質

兄弟の中で末っ子は、家族の中で一番大目に見てもらえる稀有な存在です。

そんなことに慣れてしまうと、気分屋になってしまいます。

環境が気分屋を育てると言ってもいいくらいです。

誰も注意しませんので困りものです。

気分屋に聞いてみると、末っ子の事が多いので確かめてみましょう。

ドタキャンは朝飯前

普通なら、ドタキャンは決して褒められたものではありません。

成人した大人なら、品位を疑われてしまう所業です。

しかし、気分屋には通用しません。

ドタキャンに罪の意識がないので、まさに朝飯前で何度も約束を破ります。

人間関係が破綻しても、素知らぬ顔で何度でもドタキャンしてしまうのです。

憎めない愛嬌のある部分でもあります。

規則正しく生活できない

気分屋は規則正しい生活を送っていない事が多いです。

生活習慣に問題があります。

夜遅く寝れば、朝起きられないですし、シャキッとしません。

理性的に思考できなくなり、感情が優先されます。

多くの気分屋は怠惰な生活をしています。

逆に考えると、規則正しい生活を順守すれば、気分屋も改善されるのです。

流行に左右されすぎる

世の中はつねに動いています。

流行も動いています。

そんな流行に敏感なのが気分屋です。

なので、今日はこれ、明日はあれ、という風に一貫性がありません。

世の中の流れに身を任せていますので、毎日言うことが変化してしまうのです。

友達が少ない

なかなか気分屋は人に理解されません。

多くの人が途中で距離を置き始めます。

そんなとき、無邪気な気分屋は心底、理由がわかりません。

わけもわからず、友達が少ないと気に病んでいる気分屋は意外に多いのです。

すぐに彼氏彼女と別れる

飽きっぽいので、そんなことで?ということで相手を嫌いになってしまいます。

毎日コロコロ意見が変わるので、恋人に対しても要求することが変化するのです。

相手から愛想をつかされるパターンもありますが、自分から相手を切る事も多いです。

浮気性

気分が山の天気のように変化しやすい気分屋は、往々にして浮気性です。

つねに気持ちが動いていますので、恋愛対象も固定されにくいのです。

運命の相手だと思っても、それが長続きしないのです。

浮気性ということで、揉めることも多いのですが、あまり深く考えていません。

ゆえに心に受けるダメージが少ないのも特徴の一つです。

平気で嘘をつく

そんな嘘を?という子供だましのような嘘を付くことがあります。

自分の意見がコロコロ変わるので、つじつまをあわせる為に、嘘をつくのです。

悪いことだとはわかっていても、やめられません。

悪気のない嘘も多いので、結果的に周囲から許されることも多いのが救いです。

根に持たない

気分屋は、根に持ちません。

そのとき瞬間湯沸かし器のように怒り狂っても一時的です。

そこは大変な美点でもあります。

根に持たない事で、憎めないキャラが固定することも。

一晩寝れば忘れてしまう。

という人が多いのです。

わがままを受け止めてくれる人が好き

気分屋は、一般社会的には、わがままと一刀両断されることが多いものです。

そのことでダメ出しを受けてきた経験が長いので、正直うんざりなのです。

そんな気分屋はわがままを丸ごと受け止めてくれる度量の大きな人が好きです。

正論が苦手

正論とは時に容赦ない剣のようなものです。

気分屋のもっとも苦手な分野です。

正論を突き付けられると、ぐうの音もでないからです。

正しいことを押し付けてくる人が苦手なので、距離を置くようになります。

転職が多い

毎日の生活が気分によって左右されやすい気分屋は、仕事が長続きしません。

上司ともぶつかり易いでしょうし、同僚とも喧嘩してしまいがちです。

気分で動くので本人に悪気はないのですが、会社では通用しないことが多いです。

よって気付けば転職ばかり繰り返すことになります。

リバウンドしやすい

ダイエットを夢中で頑張って、一時的によい結果が残せたとしても、途中で投げ出します。

一貫性のない気持ちがムクムク顔を出して、食べてしまうからです。

気分屋は長期的なダイエットが向きません。

リバウンドしてしまうでしょう。

過保護で育つ

過保護で育ってきた人の中には、気分屋が多いものです。

親が甘やかすからです。

また、親が先回りして子供の機嫌を取るので、我慢することを覚えずに成長します。

そんな人は環境によって、気分屋に育て上げられてしまうのです。

ストレスに弱い

繊細な人が多いと言うと、意外に思われるかもしれませんが本当のことです。

気分屋は、ストレスに弱いことが多く、そのため自己防御本能で気分屋を演じている事も。

世の中の風当りを恐れるあまり、気分で動いてストレスを回避しようとするのです。

異性の友達が多い

どんなときも、同性の友達というのは、厳しい目を持っています。

気分屋の周囲にいる同性の友達も、きつい言葉で責めてくることがあります。

その攻撃に耐えかねて、同性の友達が少なくなります。

異性の友達は、手加減してくれることが多いので、異性の友達しかいなくなります。

嫌われやすい

これは気分屋の背負った運命でもあります。

ズバリ嫌われやすいのです。

ひとりの気分屋のせいで、調和が乱れると、場の雰囲気が壊れてしまいます。

なので気分屋は人から距離を取られたり、嫌われてしまいがちです。

八つ当たりはコミュニケーション

自分の意見がコロコロ変わるので、軋轢を生みやすい気分屋です。

だから常に八つ当たりすることで自己発散します。

本人はコミュニケーションのひとつくらいにしか考えていないことが多いです。

もし気分屋に八つ当たりされても一過性のものなので、心配ご無用です。

母親も似たタイプ

子供の成育に一番影響を与えるのが、母親です。

母親を見て子供は模倣します。

気分屋の母親を見ると全く同じタイプであることが多いです。

もし、気分屋を育てた母親を見る機会があれば、観察してみるといいでしょう。

バックボーンが明確化します。

婚活でうまくいかない

婚活は、生涯の伴侶を探す場所です。

みんな本気です。

そこに妥協はありません。

しかし気分屋は自分を飾ることより、自分に正直に生きたい派です。

婚活の場でも、気分で態度を変化させるので、結婚相手も決まりにくいでしょう。

多くの人が、面倒な性格は避けたいと思っているからです。

意識高い系にあこがれる

意識高い系にあこがれて、自分を理想の自分に据えるために、努力する面があります。

その努力はしかし、長続きしません。

すぐに飽きてしまうか辛くなるのです。

あたらしい刺激に弱いので、あこがれのままに終わることがい多いのです。

不思議ちゃんタイプ

不思議ちゃんタイプ、宇宙人などと言われる人物の多くが、端的に言うと気分屋です。

耳障りの良い言葉で装飾されたとしても、ただの気分屋なのです。

ふんわりした不思議ちゃんは好感度が高くなりますので、好かれることもあります。

でも、長年不思議ちゃんのままだと、やはり弊害しか残らないのが辛いところです。

空気を読まない

空気が読めないのではなく、空気を読みません。

読むことが嫌いなのです。

自分の意思を曲げてまで、他者に合わせるのはポリシーに反します。

そんな思いを秘めている人は、ただの気分屋ではありません。

極めたところにいる気分屋なので、一目置かれる存在になる可能性を秘めています。

真面目な席が苦手

例えば、就活やお見合いなど、真面目で堅苦しい席がなによりも苦手です。

自分の個性が固められてしまうのを、気分屋は何よりも恐れます。

そこは一貫していますので、わかりやすくていいとも言えます。

自分に甘く人に厳しい

自分に厳しいならまだしも、自分には甘いのに他人には厳しい、それが気分屋です。

気分屋はその特徴だけで嫌われやすいのですから、自分に厳しい人はいません。

直す気持ちがない時点で、自分に甘いのです。

そんな気分屋は他人には厳しく辛辣です。

あっけにとられてしまうかもしれませんが、それも含めて気分屋なのです。

気分屋はともすれば、世の中から受け入れがたい存在かもしれません。

しかし、邪気がない気分屋も多いのが実情です。

温かい目を向けてあげて欲しいと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-