【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114549.html
繊細な人の特徴

繊細な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
繊細な人の特徴

周りの人より繊細だなと感じる人は、他のタイプにはない特徴を持っているのが魅力となっています。

今回は、繊細な人の特徴についてまとめます。

  • よく気が付く
  • 何に対しても細かい
  • 言葉に敏感である
  • 保守的な思考である
  • 周りの目を気にしすぎる
  • 芸術的感性がある
  • 自分のせいにする傾向がある
  • 優しい
  • 本心を隠す
  • 一喜一憂する
  • 丁寧である
  • 礼儀正しい
  • 時間を守る
  • 規則を守る
  • 所作が美しい
  • 言葉を選んで話す
  • 相手の気持ちがよく分かる
  • 変化に敏感である
  • 臆病である
  • 落ち込みやすい
  • まとめ

1. よく気が付く

よく気が付く

繊細な人は周りをよく見ているので、他の人が気づかないことに気づきやすい傾向にあります。

気づこうと思って意図的にしているのではなく、元々の感性が鋭いので、嫌でも気づいてしまうのです。

気遣いができる人だと言われることも多いのですが、本人としてみれば、若干疲れてしまうことでもあるのかもしれません。

2. 何に対しても細かい

何に対しても細かい

繊細な人は、他の人より細かい点に気づくので、何をやらせても細かくなりすぎる傾向にあります。

大雑把にとらえて良い場合でも、細かい点に目がいくので、全体としてずれた方向に進んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、細かい点に気がつくのは誰にでもできることではなく、時にはそういった微細な部分を見る目も集団の中では必要となってきます。

一長一短の特徴です。

3. 言葉に敏感である

言葉に敏感である

繊細な人は言葉に敏感です。

相手が何気なく放った言葉に傷ついたり、相手が想定していない意味にとらえたり、とにかく深読みしすぎるのです。

頭の回転も速く、一瞬で思考し、相手の意図とは違う方向に走ってしまうこともあります。

人とは総じてやりとりがすれ違いやすいものですが、こういった人には特に、何気ない一言でも注意が必要です。

4. 保守的な思考である

保守的な思考である

繊細な人は、繊細であるために冒険ができず、保守的な思考になりやすいです。

細かい点によく気が付くので、新しいことに対してはまずリスクが目につきます。

全体の「何だか楽しそう」といった雰囲気よりも、起こる確率が非常に低いような細かなリスクの方に目がいってしまうのです。

しかし、こういった人も集団の中には必要です。

楽観的で大雑把な人だけの集団は、時にとてつもない強みを発揮しますが、悪い方向にも大きく進みやすいためです。

繊細な人は、集団の中の「たが」の役割を果たすと言えます。

5. 周りの目を気にしすぎる

周りの目を気にしすぎる

繊細な人はいろんなことによく気が付く傾向があるので、周りの人の目を気にしすぎることがあります。

いわゆる「世間の目」「世間体」を、必要以上に気にしてしまうのです。

周りと調和をとって過ごすにはよいのかもしれませんが、新しいことへの挑戦はしにくいですし、何より自分自身がいつの間にか疲弊してしまいます。

繊細な人に対しては、時にはあまり周りを気にしすぎないような気楽なアドバイスが必要かもしれません。

6. 芸術的感性がある

芸術的感性がある

繊細な人は芸術的感性を持っている場合が多いです。

人とは違った感性を持っていて、例えば作家、画家、陶芸家、作詞家、作曲家など、自身の感性を発揮して活躍している人は大勢います。

あまりに他の人と違いすぎて、時には白い目で見られることもあるかもしれません。

しかし昔の名だたる画家の中には、生前は評価されませんでしたが、死後にようやく時代が彼に追い付き、高評価が下されるような人もいます。

繊細な人には、自分の感性に自信を持つようにしてもらいたいものです。

7. 自分のせいにする傾向がある

自分のせいにする傾向がある

繊細な人は、物事のつながりにもよく気が付くので、何かが起こったら自分の行動や言動のせいであるとつなげて考えてしまいがちです。

他の人からすると、その人のせいでは全然ない場合でも、何かにつけて自分のこととつなげてしまう傾向があるのです。

そういった時は思考が若干暴走気味である場合もあるので、気持ちを落ち着かせてなだめなければならない時も出てくるでしょう。

しかし、すべてを他人のせいにする人より、幾分ましなのかもしれません。

8. 優しい

優しい

繊細な人はとにかく優しいです。

相手の思考が手に取るように分かるので、自分がどうすればよいかが分かります。

何かをする・与えるという積極的な優しさだけではなく、何かをしない・与えないという消極的でかつ高度な優しさも兼ね備えているのです。

なかなか他の人にできる芸当ではありません。

9. 本心を隠す

本心を隠す

繊細な人は自分の本心は隠す傾向にあります。

または、本心を出す暇がない、本心を出す必要がないのです。

周りの人のことをとにかくよく気にするので、自分のことは二の次です。

しかしあまりに本音を言わずにいると、自分の本心がどこにあるのか分からなくなったり、本心を出そうにも出す方法が分からなくなったりします。

ふと気づくと、自分とは何かという疑問にぶち当たることになるのです。

心を許せる相手の前では自分を開放して、自由に過ごしてもらいたいものです。

10. 一喜一憂する

一喜一憂する

繊細な人は物事に一喜一憂しやすい傾向にあります。

細かなところに気が付きつつも、同時に長期的な視点で物事をとらえられるとよいのですが、なかなかそうはいきません。

自分を楽しませることがあれば些細なことでも喜びますし、悲しいことがあればどんなに小さいなことでも気分がマイナスの方向にいってしまいます。

内面の感情の起伏が激しいので、一見穏やかそうに見えても、内心では非常に疲れやすいタイプでもあります。

11. 丁寧である

丁寧である

繊細な人は総じて丁寧です。

文章を書かせれば誤字脱字はないように仕上げますし、人に対しても失礼のないような言葉遣いを心がけます。

相手の意図を汲み取って、的確な言葉を用います。

丁寧なので、仕事に対しては信頼が厚く、人間関係についても悪い評判は聞かないような人です。

人に対してのみならず、物に対しても扱いが丁寧なのも特徴であり、例えば洗濯物の折りたたみ方などに表れたりします。

12. 礼儀正しい

礼儀正しい

繊細な人には礼儀正しい人が多いです。

丁寧であることにもつながりますが、人間関係を築く上で、礼儀を特に重んじるのです。

目上の人に対する評判はとにかくよく、他の人に紹介しても失礼がない人なので、人間関係の輪がどんどん広がっていきます。

時には形式ばり過ぎてしまい、壁を感じてしまうこともあるかもしれませんが、打ち解けてくると堅苦しい面ばかりではないことが分かってくるでしょう。

13. 時間を守る

時間を守る

繊細な人は約束の時間をきちんと守ります。

時間に遅れて相手の時間を奪うようなことはしません。

遅れそうな時には、数分の遅刻であっても、事前の連絡は必ず入れるタイプです。

仕事においてはもちろんですが、プライベートでも、気の許せる友人が相手でも対応は変わりません。

こういった面からも信頼が厚い人であることがよく分かります。

14. 規則を守る

規則を守る

繊細な人は決められた規則をその通りに守ります。

学生時代も校則を破るようなことはせず、社会に出てからも暗黙のルールなどをよく守ります。

ルールを守っていない他人に対しては厳しいです。

しかし、ルールが第一になりすぎて、より大きな大事なことに気づけない可能性もあります。

繊細な人は空気を読むことも得意なのですが、ルールに厳格過ぎてかえって空気を読めない事態に陥ることもあるので、注意が必要です。

15. 所作が美しい

所作が美しい

繊細な人は何事にも丁寧なので、自然と所作も美しい場合が多いです。

歩き姿、立ち居振る舞い、指先の所作に至るまで、ところどころでキラリと光る所作を見せてくれます。

女性であると特に得であり、周りの人の高評価につながります。

男性においても、物腰の柔らかさは人間関係や仕事面でも武器になるでしょう。

グラスやお皿を美しい所作で運んでくれるカフェのウェイターさんなどを見ていると、誰でもトキメキを感じてしまうものです。

16. 言葉を選んで話す

言葉を選んで話す

繊細な人は言葉選びが巧みです。

細かな点に気が付きやすいので、言葉の些細な違いにも敏感です。

意味の違いやニュアンスの違いを使い分けることができます。

語彙力も豊富なので、話していて飽きないタイプです。

決して饒舌ではありませんが、相手の状況に応じた適切な言葉を使うことができるので、人生のあらゆる場面で良い方向に物事を進めることができます。

17. 相手の気持ちがよく分かる

相手の気持ちがよく分かる

繊細な人は、人の気持ちがよく分かります。

分かるために共感しやすく、相談相手としてはもってこいの相手です。

話している相手をよく観察していて、今何をどう考えているのかがよく分かってしまうのです。

職業としては占い師が向いていると思われます。

占い師にはタロットカードの扱い方や占星術の知識など、特別な技術も必要となりますが、大半は相談者の話をよく聞くことの方が大事なものです。

18. 変化に敏感である

変化に敏感である

繊細な人はあらゆる変化に敏感です。

女性の髪型の微妙な変化や、家具の配置の数センチのズレなどにもよく気が付きます。

女性はよく自分の変化に気づいてほしいと思ってしまいますが、男性が変化に敏感で気が付いてくれると嬉しいものです。

変化に気づこうと思って意識していればある程度は鍛えられるものなので、鈍感さを天然のものを思っている人は、敏感な面も備えられるよう、訓練した方がよいのかもしれません。

19. 臆病である

臆病である

繊細な人はあまり冒険をしないので、臆病にみられがちです。

まずリスクを考えるという思考を持っているので、一歩を踏み出すのに大きなエネルギーを必要とします。

周りからはそれが臆病と見られてしまいますが、他の人が考えていないリスクをちゃんと考えている点は評価すべきです。

20. 落ち込みやすい

落ち込みやすい

繊細な人は細かな点を気にするので、それにより落ち込みやすい傾向にあります。

何事も、細かい点を見ていくと粗は目立ってくるものです。

物事を細かく見すぎると、気分は高まるより落ち込むことの方が多いです。

人生においては100点はあり得ないので、細かい点よりも全体を見て70点くらいだったら満足するという思考も身につけていきたいものです。

ひとつのものにこだわるより、次々と人生を進めた方が楽しいことも多いです。

まとめ

いかがでしたか。

繊細な人は他のタイプにはない特徴を持っています。

時にプラスに働きますが、マイナスに働くことも多くあります。

周りの人の接し方ひとつで変わってくるものもあるので、特徴をよくとらえて活かしていきましょう。

周りの人より繊細だなと感じる人は、他のタイプにはない特徴を持っているのが魅力となっています。

今回は、繊細な人の特徴についてまとめます。


よく気が付く

繊細な人は周りをよく見ているので、他の人が気づかないことに気づきやすい傾向にあります。

気づこうと思って意図的にしているのではなく、元々の感性が鋭いので、嫌でも気づいてしまうのです。

気遣いができる人だと言われることも多いのですが、本人としてみれば、若干疲れてしまうことでもあるのかもしれません。

何に対しても細かい

繊細な人は、他の人より細かい点に気づくので、何をやらせても細かくなりすぎる傾向にあります。

大雑把にとらえて良い場合でも、細かい点に目がいくので、全体としてずれた方向に進んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、細かい点に気がつくのは誰にでもできることではなく、時にはそういった微細な部分を見る目も集団の中では必要となってきます。

一長一短の特徴です。

言葉に敏感である

繊細な人は言葉に敏感です。

相手が何気なく放った言葉に傷ついたり、相手が想定していない意味にとらえたり、とにかく深読みしすぎるのです。

頭の回転も速く、一瞬で思考し、相手の意図とは違う方向に走ってしまうこともあります。

人とは総じてやりとりがすれ違いやすいものですが、こういった人には特に、何気ない一言でも注意が必要です。

保守的な思考である

繊細な人は、繊細であるために冒険ができず、保守的な思考になりやすいです。

細かい点によく気が付くので、新しいことに対してはまずリスクが目につきます。

全体の「何だか楽しそう」といった雰囲気よりも、起こる確率が非常に低いような細かなリスクの方に目がいってしまうのです。

しかし、こういった人も集団の中には必要です。

楽観的で大雑把な人だけの集団は、時にとてつもない強みを発揮しますが、悪い方向にも大きく進みやすいためです。

繊細な人は、集団の中の「たが」の役割を果たすと言えます。

周りの目を気にしすぎる

繊細な人はいろんなことによく気が付く傾向があるので、周りの人の目を気にしすぎることがあります。

いわゆる「世間の目」「世間体」を、必要以上に気にしてしまうのです。

周りと調和をとって過ごすにはよいのかもしれませんが、新しいことへの挑戦はしにくいですし、何より自分自身がいつの間にか疲弊してしまいます。

繊細な人に対しては、時にはあまり周りを気にしすぎないような気楽なアドバイスが必要かもしれません。

芸術的感性がある

繊細な人は芸術的感性を持っている場合が多いです。

人とは違った感性を持っていて、例えば作家、画家、陶芸家、作詞家、作曲家など、自身の感性を発揮して活躍している人は大勢います。

あまりに他の人と違いすぎて、時には白い目で見られることもあるかもしれません。

しかし昔の名だたる画家の中には、生前は評価されませんでしたが、死後にようやく時代が彼に追い付き、高評価が下されるような人もいます。

繊細な人には、自分の感性に自信を持つようにしてもらいたいものです。

自分のせいにする傾向がある

繊細な人は、物事のつながりにもよく気が付くので、何かが起こったら自分の行動や言動のせいであるとつなげて考えてしまいがちです。

他の人からすると、その人のせいでは全然ない場合でも、何かにつけて自分のこととつなげてしまう傾向があるのです。

そういった時は思考が若干暴走気味である場合もあるので、気持ちを落ち着かせてなだめなければならない時も出てくるでしょう。

しかし、すべてを他人のせいにする人より、幾分ましなのかもしれません。

優しい

繊細な人はとにかく優しいです。

相手の思考が手に取るように分かるので、自分がどうすればよいかが分かります。

何かをする・与えるという積極的な優しさだけではなく、何かをしない・与えないという消極的でかつ高度な優しさも兼ね備えているのです。

なかなか他の人にできる芸当ではありません。

本心を隠す

繊細な人は自分の本心は隠す傾向にあります。

または、本心を出す暇がない、本心を出す必要がないのです。

周りの人のことをとにかくよく気にするので、自分のことは二の次です。

しかしあまりに本音を言わずにいると、自分の本心がどこにあるのか分からなくなったり、本心を出そうにも出す方法が分からなくなったりします。

ふと気づくと、自分とは何かという疑問にぶち当たることになるのです。

心を許せる相手の前では自分を開放して、自由に過ごしてもらいたいものです。

一喜一憂する

繊細な人は物事に一喜一憂しやすい傾向にあります。

細かなところに気が付きつつも、同時に長期的な視点で物事をとらえられるとよいのですが、なかなかそうはいきません。

自分を楽しませることがあれば些細なことでも喜びますし、悲しいことがあればどんなに小さいなことでも気分がマイナスの方向にいってしまいます。

内面の感情の起伏が激しいので、一見穏やかそうに見えても、内心では非常に疲れやすいタイプでもあります。

丁寧である

繊細な人は総じて丁寧です。

文章を書かせれば誤字脱字はないように仕上げますし、人に対しても失礼のないような言葉遣いを心がけます。

相手の意図を汲み取って、的確な言葉を用います。

丁寧なので、仕事に対しては信頼が厚く、人間関係についても悪い評判は聞かないような人です。

人に対してのみならず、物に対しても扱いが丁寧なのも特徴であり、例えば洗濯物の折りたたみ方などに表れたりします。

礼儀正しい

繊細な人には礼儀正しい人が多いです。

丁寧であることにもつながりますが、人間関係を築く上で、礼儀を特に重んじるのです。

目上の人に対する評判はとにかくよく、他の人に紹介しても失礼がない人なので、人間関係の輪がどんどん広がっていきます。

時には形式ばり過ぎてしまい、壁を感じてしまうこともあるかもしれませんが、打ち解けてくると堅苦しい面ばかりではないことが分かってくるでしょう。

時間を守る

繊細な人は約束の時間をきちんと守ります。

時間に遅れて相手の時間を奪うようなことはしません。

遅れそうな時には、数分の遅刻であっても、事前の連絡は必ず入れるタイプです。

仕事においてはもちろんですが、プライベートでも、気の許せる友人が相手でも対応は変わりません。

こういった面からも信頼が厚い人であることがよく分かります。

規則を守る

繊細な人は決められた規則をその通りに守ります。

学生時代も校則を破るようなことはせず、社会に出てからも暗黙のルールなどをよく守ります。

ルールを守っていない他人に対しては厳しいです。

しかし、ルールが第一になりすぎて、より大きな大事なことに気づけない可能性もあります。

繊細な人は空気を読むことも得意なのですが、ルールに厳格過ぎてかえって空気を読めない事態に陥ることもあるので、注意が必要です。

所作が美しい

繊細な人は何事にも丁寧なので、自然と所作も美しい場合が多いです。

歩き姿、立ち居振る舞い、指先の所作に至るまで、ところどころでキラリと光る所作を見せてくれます。

女性であると特に得であり、周りの人の高評価につながります。

男性においても、物腰の柔らかさは人間関係や仕事面でも武器になるでしょう。

グラスやお皿を美しい所作で運んでくれるカフェのウェイターさんなどを見ていると、誰でもトキメキを感じてしまうものです。

言葉を選んで話す

繊細な人は言葉選びが巧みです。

細かな点に気が付きやすいので、言葉の些細な違いにも敏感です。

意味の違いやニュアンスの違いを使い分けることができます。

語彙力も豊富なので、話していて飽きないタイプです。

決して饒舌ではありませんが、相手の状況に応じた適切な言葉を使うことができるので、人生のあらゆる場面で良い方向に物事を進めることができます。

相手の気持ちがよく分かる

繊細な人は、人の気持ちがよく分かります。

分かるために共感しやすく、相談相手としてはもってこいの相手です。

話している相手をよく観察していて、今何をどう考えているのかがよく分かってしまうのです。

職業としては占い師が向いていると思われます。

占い師にはタロットカードの扱い方や占星術の知識など、特別な技術も必要となりますが、大半は相談者の話をよく聞くことの方が大事なものです。

変化に敏感である

繊細な人はあらゆる変化に敏感です。

女性の髪型の微妙な変化や、家具の配置の数センチのズレなどにもよく気が付きます。

女性はよく自分の変化に気づいてほしいと思ってしまいますが、男性が変化に敏感で気が付いてくれると嬉しいものです。

変化に気づこうと思って意識していればある程度は鍛えられるものなので、鈍感さを天然のものを思っている人は、敏感な面も備えられるよう、訓練した方がよいのかもしれません。

臆病である

繊細な人はあまり冒険をしないので、臆病にみられがちです。

まずリスクを考えるという思考を持っているので、一歩を踏み出すのに大きなエネルギーを必要とします。

周りからはそれが臆病と見られてしまいますが、他の人が考えていないリスクをちゃんと考えている点は評価すべきです。

落ち込みやすい

繊細な人は細かな点を気にするので、それにより落ち込みやすい傾向にあります。

何事も、細かい点を見ていくと粗は目立ってくるものです。

物事を細かく見すぎると、気分は高まるより落ち込むことの方が多いです。

人生においては100点はあり得ないので、細かい点よりも全体を見て70点くらいだったら満足するという思考も身につけていきたいものです。

ひとつのものにこだわるより、次々と人生を進めた方が楽しいことも多いです。

いかがでしたか。

繊細な人は他のタイプにはない特徴を持っています。

時にプラスに働きますが、マイナスに働くことも多くあります。

周りの人の接し方ひとつで変わってくるものもあるので、特徴をよくとらえて活かしていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-