【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114546.html
話しかけにくい人の特徴

話しかけにくい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
話しかけにくい人の特徴

話しかけにくい人に共通する20の特徴をまとめました。

  • 一人でいる人
  • クラスで人気者
  • いじめられている人
  • ネガティブな考えを持っている
  • 暗い性格の持ち主
  • 性格がきつい人
  • まじめすぎる人
  • 話しかけても相槌がへたくそな人
  • クラスの休み時間に本ばかり読んでいる人
  • 恋人がいる人
  • おとなしい人
  • 怒りっぽい性格の持ち主
  • 一人でいたいと考えている
  • いじけやすい人
  • 勉強熱心な人
  • 見た目が怖い
  • 自分とは真逆のタイプな人
  • 不機嫌になりやすい
  • 自慢ばかりしてくる人
  • ナルシストな人
  • まとめ

1. 一人でいる人

一人でいる人

クラスや会社でも常に人でいたがる人がいるはずです。

そういう人からはなぜか話しかけないでというオーラが放たれています。

そのため、一度は話しかけてみたいと思っても、いざ話しかけようとすると躊躇ってしまい結局話しかけられないというパターンになりがちな人が多いです。

ですが、勇気を出して話しかけてみると意外に話しやすかったりすることがまれにあります。

まずは一度話をするようにしてみましょう。

2. クラスで人気者

クラスで人気者

クラスで人気者な人は意外に話しやすいと思われますが、ほかの人としゃべっていることが多いため、こちらから話しかけることは難しいということがあります。

なので、誰もいないタイミングで話しかけるようにしましょう。

そうすれば自然と仲良くなっていけるでしょう。

ただ話をする際に気を付けなければいけないのは、きちんと話を続けられるような話題を用意しておくことです。

いざ話し始めて話題がなくなってしまうと、その時点で相手は興味をなくしてしまう傾向があります。

きちんと長続きするような話題を用意しておくようにしましょう。

3. いじめられている人

いじめられている人

いじめにあっている人に話をかけてみたいと思っている人はたくさんいるかと思われますが、いざ話しかけようとしても話しかけたことによって自分もいじめの対象になってしまうのではないかと思ってしまい、結局話しかけられないまま時間が過ぎていってしまいます。

本当にしゃべりたいのでしたら、勇気を出してしゃべりかけてみましょう。

大切なのは自分が勇気を出して話しかけるということです。

そうすれば自然と相手と仲良くなることができるはずです。

4. ネガティブな考えを持っている

ネガティブな考えを持っている

ネガティブ思考の持ち主は基本的に一人でいることを好みます。

自分に自信がないため、人と話しかけることを極端に恐れています。

そのため、こちらが話しかけようとしても相手は話しかけてこないでというオーラを出しているため、結局話しかけることができなくなってしまいます。

5. 暗い性格の持ち主

暗い性格の持ち主

暗い性格の持ち主は普段から物事をネガティブにとらえてしまう傾向が見られます。

そのため、結局話しかけにくいオーラを自分から放っている傾向があるため、友人ができないことが多いです。

明るい性格を持つようにしましょう。

そうすれば相手は話しかけやすくなるため、自然と友達ができるはずです。

6. 性格がきつい人

性格がきつい人

性格がきつい人は他人に自分のストレスをぶつける傾向がみられるため、結局相手はストレスをぶつけられるのを恐れて話しかけることができなくなってしまいます。

性格がきつい人というのは社会に出てから苦労する人が多いです。

今からでも直すようにしましょう。

そうすれば相手ともたくさん話ができるようになるでしょう。

7. まじめすぎる人

まじめすぎる人

まじめすぎる人というのは時に話しかけにくいです。

というのも、まじめな人は話しかけてもまじめすぎる回答しか出してくれないため、こちらとしても面白くないので、自然と話しかけにくくなってしまうのです。

まじめな人は相手としゃべる時ぐらいはまじめになるのはやめましょう。

そうしなければ友達をなくしてしまう可能性があります。

8. 話しかけても相槌がへたくそな人

話しかけても相槌がへたくそな人

話しかけても相槌がへたくそな人は、自然と相手と話をすることがなくなっていきます。

なぜなら、話しかけてくるということは相手にコミュニケーション能力を求めているということなのです。

9. クラスの休み時間に本ばかり読んでいる人

クラスの休み時間に本ばかり読んでいる人

クラスで一人はいるはずです。

休み時間にいつも誰ともかかわろうとしないで本ばかり読んでいる子がいるはずです。

そういった人に話しかけるのはとても勇気がいると思います。

そういった子はいつも一人でいたがる傾向があるため、話しかけにくいオーラを常に出しています。

なので、こちらがどんなに話しかけようとしても、本ばかり読んでいるため、こちらに興味を持ってもらうこと自体難しいのです。

なので、話しかけるならきちんと相手が本を読んでいないタイミングで話しかけるようにしてみましょう。

一度話しかけてしまえば次からは話しかけるのは難しくなくなります。

10. 恋人がいる人

恋人がいる人

恋人がいる人は話しかけるのが困難です。

というのも四六時中恋人と一緒にいる人が多いのです。

そんな中話しかけに行くのには相当な勇気がいりますし、話しかけようとしても結局話しかけることができなくなってしまいます。

なので、そういった人たちと話しかけるのはあきらめたほうが良いかもしれません。

無理に話しかけようとしても相手の機嫌を損ねる可能性が非常に高いです。

11. おとなしい人

おとなしい人

おとなしい人は意外に話しかけやすいのではと思う方も多いでしょうが、話しかけにくい人のほうが多いです。

いつも一人でいたいと考える傾向があるため、いざ話しかけようとしても話しかけられないということのほうが多いです。

話しかけたいのでしたら相手の趣味などを事前に調べ、その趣味について話をするようにすれば、自然と話ができるようになれると思われます。

12. 怒りっぽい性格の持ち主

怒りっぽい性格の持ち主

怒りっぽい性格の持ち主に話しかけるのは勇気が必要です。

私も怒りっぽい人に話しかけたことがありましたが、少し気に入らないことがあればすぐ怒るため、自然と距離を置くようになってしまい、今では全然話しもしません。

なので、怒りっぽい性格の持ち主の人はまずは、些細なことで怒らないようにしましょう。

相手からしたら非常に迷惑です。

社会に出れば我慢しなければいけないことが多々あります。

今のまま社会人になればいずれ会社を辞めさせられるでしょう。

気を付けるようにしましょう。

13. 一人でいたいと考えている

一人でいたいと考えている

常に一人でいたいと考えている人は周りとの関係を断ち切ろうと考えている人が多いです。

そのため、自然とこちらは話しかけにくくなってしまいます。

ですが、誰かと話をするということは社会に出てからは当たり前なことなのです。

きちんと今から話しかけることができるように練習しておきましょう。

そうすれば社会に出ても役立つことができるでしょう。

14. いじけやすい人

いじけやすい人

いじけやすい人は最初は話しやすくても自然と話しかけにくくなっていく傾向があります。

毎回毎回いじけられるとこちらとしては関わりたくなくなってしまうのです。

なので、いじけすぎるのはやめましょう。

いじけている人は相手にかまってほしいという考えを持っていると思われているのでしょうが、こちらとしてはとてもいい迷惑です。

こちらは「なんでいじけているのだろうか」「何かしてしまったのだろうか」と考えてしまい、それが毎回続くと面倒くさくなってしまうのです。

なので、かまってほしい時にいじけるのはやめるようにしましょう。

15. 勉強熱心な人

勉強熱心な人

勉強熱心な人は休み時間にも勉強しようとする傾向が見られます。

そのため、こちらは邪魔をしてはいけないと思い、話しかけにくくなってしまうのです。

勉強を休み時間にするその心意気はとても素晴らしいものです。

ですが、時には誰かと話をするということは大切なのです。

社会人になればコミュニケーションをとることが絶対必須です。

なので、きちんといまからコミュニケーション力を身に着けるためにもきちんと話しをするようにしましょう。

16. 見た目が怖い

見た目が怖い

見た目が怖い人に話しかけるというのはとても勇気がいることです。

そのため、けっきょく怖くて話しかけられないという人も大勢いると思われます。

ですが、見た目が怖いだけで何かされるのではという考えは捨てましょう。

本当は優しい心の持ち主なのかもしれません。

見た目だけで相手を判断するのはやめましょう。

勇気を出して相手に話しかけるようにしましょう。

17. 自分とは真逆のタイプな人

自分とは真逆のタイプな人

自分と真逆のタイプの人は話しかけにくいものです。

ですが、勇気を出して話しかけるようにしましょう。

社会人になれば、自分と真逆のタイプの人と話しかけるようになります。

その時、真逆のタイプの人と話すことができなければ会社をクビにされることだってあります。

なので、今からきちんと真逆の人と話せるように練習しておきましょう。

18. 不機嫌になりやすい

不機嫌になりやすい

不機嫌になりやすい人は話しかけにくいものです。

こちらからしてみれば話しかけていきなり不機嫌になられるとこちらとしても迷惑に感じます。

なので、普段から不機嫌になりやすい性格を直すようにしましょう。

社会に出て不機嫌になりやすい性格だと、クビにされやすいです。

なので、今から絵も遅くはありませんので、きちんと直すようにしていきましょう。

19. 自慢ばかりしてくる人

自慢ばかりしてくる人

自慢ばかりされると自然と話をしたくなくなって今います。

人の自慢話ほど苦痛なものはありません。

自慢話をするなとは言いませんが、ほどほどにするようにしておきましょう。

20. ナルシストな人

ナルシストな人

ナルシストな人に話しかけるのは少しためらってしまうことがあります。

なので、ナルシストになりすぎないように気を付けましょう。

まとめ

話しかけにくい人の中で一番多いのは「自分とは真逆のタイプの人」です。

自分と真逆の性格の人と話をしても、話が合わないことが多いため、自然と話をしなくなってしまうことがあります。

また、話しかけても趣味が合わなかったりすることもありそこからけんかに発展してしまうこともあります。

ですが、けんかから仲直りすると自然と趣味が同じになってきたりすることもあります。

自分と合わないから話すのをやめようと思うのではなく、この人ともっと仲良くするにはどうすればいいのか考えるようにしましょう。

そうすれば自然と話が進むようになるでしょう。

そして、誰かと話をするときに一番大切なのは相手と楽しむことができるような話題を持っているのかということです。

話題を持つということはどんな時も大切です。

きちんと相手と楽しめるような話題を持つようにしましょう。

話しかけにくい人に共通する20の特徴をまとめました。


一人でいる人

クラスや会社でも常に人でいたがる人がいるはずです。

そういう人からはなぜか話しかけないでというオーラが放たれています。

そのため、一度は話しかけてみたいと思っても、いざ話しかけようとすると躊躇ってしまい結局話しかけられないというパターンになりがちな人が多いです。

ですが、勇気を出して話しかけてみると意外に話しやすかったりすることがまれにあります。

まずは一度話をするようにしてみましょう。

クラスで人気者

クラスで人気者な人は意外に話しやすいと思われますが、ほかの人としゃべっていることが多いため、こちらから話しかけることは難しいということがあります。

なので、誰もいないタイミングで話しかけるようにしましょう。

そうすれば自然と仲良くなっていけるでしょう。

ただ話をする際に気を付けなければいけないのは、きちんと話を続けられるような話題を用意しておくことです。

いざ話し始めて話題がなくなってしまうと、その時点で相手は興味をなくしてしまう傾向があります。

きちんと長続きするような話題を用意しておくようにしましょう。

いじめられている人

いじめにあっている人に話をかけてみたいと思っている人はたくさんいるかと思われますが、いざ話しかけようとしても話しかけたことによって自分もいじめの対象になってしまうのではないかと思ってしまい、結局話しかけられないまま時間が過ぎていってしまいます。

本当にしゃべりたいのでしたら、勇気を出してしゃべりかけてみましょう。

大切なのは自分が勇気を出して話しかけるということです。

そうすれば自然と相手と仲良くなることができるはずです。

ネガティブな考えを持っている

ネガティブ思考の持ち主は基本的に一人でいることを好みます。

自分に自信がないため、人と話しかけることを極端に恐れています。

そのため、こちらが話しかけようとしても相手は話しかけてこないでというオーラを出しているため、結局話しかけることができなくなってしまいます。

暗い性格の持ち主

暗い性格の持ち主は普段から物事をネガティブにとらえてしまう傾向が見られます。

そのため、結局話しかけにくいオーラを自分から放っている傾向があるため、友人ができないことが多いです。

明るい性格を持つようにしましょう。

そうすれば相手は話しかけやすくなるため、自然と友達ができるはずです。

性格がきつい人

性格がきつい人は他人に自分のストレスをぶつける傾向がみられるため、結局相手はストレスをぶつけられるのを恐れて話しかけることができなくなってしまいます。

性格がきつい人というのは社会に出てから苦労する人が多いです。

今からでも直すようにしましょう。

そうすれば相手ともたくさん話ができるようになるでしょう。

まじめすぎる人

まじめすぎる人というのは時に話しかけにくいです。

というのも、まじめな人は話しかけてもまじめすぎる回答しか出してくれないため、こちらとしても面白くないので、自然と話しかけにくくなってしまうのです。

まじめな人は相手としゃべる時ぐらいはまじめになるのはやめましょう。

そうしなければ友達をなくしてしまう可能性があります。

話しかけても相槌がへたくそな人

話しかけても相槌がへたくそな人は、自然と相手と話をすることがなくなっていきます。

なぜなら、話しかけてくるということは相手にコミュニケーション能力を求めているということなのです。

クラスの休み時間に本ばかり読んでいる人

クラスで一人はいるはずです。

休み時間にいつも誰ともかかわろうとしないで本ばかり読んでいる子がいるはずです。

そういった人に話しかけるのはとても勇気がいると思います。

そういった子はいつも一人でいたがる傾向があるため、話しかけにくいオーラを常に出しています。

なので、こちらがどんなに話しかけようとしても、本ばかり読んでいるため、こちらに興味を持ってもらうこと自体難しいのです。

なので、話しかけるならきちんと相手が本を読んでいないタイミングで話しかけるようにしてみましょう。

一度話しかけてしまえば次からは話しかけるのは難しくなくなります。

恋人がいる人

恋人がいる人は話しかけるのが困難です。

というのも四六時中恋人と一緒にいる人が多いのです。

そんな中話しかけに行くのには相当な勇気がいりますし、話しかけようとしても結局話しかけることができなくなってしまいます。

なので、そういった人たちと話しかけるのはあきらめたほうが良いかもしれません。

無理に話しかけようとしても相手の機嫌を損ねる可能性が非常に高いです。

おとなしい人

おとなしい人は意外に話しかけやすいのではと思う方も多いでしょうが、話しかけにくい人のほうが多いです。

いつも一人でいたいと考える傾向があるため、いざ話しかけようとしても話しかけられないということのほうが多いです。

話しかけたいのでしたら相手の趣味などを事前に調べ、その趣味について話をするようにすれば、自然と話ができるようになれると思われます。

怒りっぽい性格の持ち主

怒りっぽい性格の持ち主に話しかけるのは勇気が必要です。

私も怒りっぽい人に話しかけたことがありましたが、少し気に入らないことがあればすぐ怒るため、自然と距離を置くようになってしまい、今では全然話しもしません。

なので、怒りっぽい性格の持ち主の人はまずは、些細なことで怒らないようにしましょう。

相手からしたら非常に迷惑です。

社会に出れば我慢しなければいけないことが多々あります。

今のまま社会人になればいずれ会社を辞めさせられるでしょう。

気を付けるようにしましょう。

一人でいたいと考えている

常に一人でいたいと考えている人は周りとの関係を断ち切ろうと考えている人が多いです。

そのため、自然とこちらは話しかけにくくなってしまいます。

ですが、誰かと話をするということは社会に出てからは当たり前なことなのです。

きちんと今から話しかけることができるように練習しておきましょう。

そうすれば社会に出ても役立つことができるでしょう。

いじけやすい人

いじけやすい人は最初は話しやすくても自然と話しかけにくくなっていく傾向があります。

毎回毎回いじけられるとこちらとしては関わりたくなくなってしまうのです。

なので、いじけすぎるのはやめましょう。

いじけている人は相手にかまってほしいという考えを持っていると思われているのでしょうが、こちらとしてはとてもいい迷惑です。

こちらは「なんでいじけているのだろうか」「何かしてしまったのだろうか」と考えてしまい、それが毎回続くと面倒くさくなってしまうのです。

なので、かまってほしい時にいじけるのはやめるようにしましょう。

勉強熱心な人

勉強熱心な人は休み時間にも勉強しようとする傾向が見られます。

そのため、こちらは邪魔をしてはいけないと思い、話しかけにくくなってしまうのです。

勉強を休み時間にするその心意気はとても素晴らしいものです。

ですが、時には誰かと話をするということは大切なのです。

社会人になればコミュニケーションをとることが絶対必須です。

なので、きちんといまからコミュニケーション力を身に着けるためにもきちんと話しをするようにしましょう。

見た目が怖い

見た目が怖い人に話しかけるというのはとても勇気がいることです。

そのため、けっきょく怖くて話しかけられないという人も大勢いると思われます。

ですが、見た目が怖いだけで何かされるのではという考えは捨てましょう。

本当は優しい心の持ち主なのかもしれません。

見た目だけで相手を判断するのはやめましょう。

勇気を出して相手に話しかけるようにしましょう。

自分とは真逆のタイプな人

自分と真逆のタイプの人は話しかけにくいものです。

ですが、勇気を出して話しかけるようにしましょう。

社会人になれば、自分と真逆のタイプの人と話しかけるようになります。

その時、真逆のタイプの人と話すことができなければ会社をクビにされることだってあります。

なので、今からきちんと真逆の人と話せるように練習しておきましょう。

不機嫌になりやすい

不機嫌になりやすい人は話しかけにくいものです。

こちらからしてみれば話しかけていきなり不機嫌になられるとこちらとしても迷惑に感じます。

なので、普段から不機嫌になりやすい性格を直すようにしましょう。

社会に出て不機嫌になりやすい性格だと、クビにされやすいです。

なので、今から絵も遅くはありませんので、きちんと直すようにしていきましょう。

自慢ばかりしてくる人

自慢ばかりされると自然と話をしたくなくなって今います。

人の自慢話ほど苦痛なものはありません。

自慢話をするなとは言いませんが、ほどほどにするようにしておきましょう。

ナルシストな人

ナルシストな人に話しかけるのは少しためらってしまうことがあります。

なので、ナルシストになりすぎないように気を付けましょう。

話しかけにくい人の中で一番多いのは「自分とは真逆のタイプの人」です。

自分と真逆の性格の人と話をしても、話が合わないことが多いため、自然と話をしなくなってしまうことがあります。

また、話しかけても趣味が合わなかったりすることもありそこからけんかに発展してしまうこともあります。

ですが、けんかから仲直りすると自然と趣味が同じになってきたりすることもあります。

自分と合わないから話すのをやめようと思うのではなく、この人ともっと仲良くするにはどうすればいいのか考えるようにしましょう。

そうすれば自然と話が進むようになるでしょう。

そして、誰かと話をするときに一番大切なのは相手と楽しむことができるような話題を持っているのかということです。

話題を持つということはどんな時も大切です。

きちんと相手と楽しめるような話題を持つようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-