【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114540.html
友達が少ない人の特徴

友達が少ない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
友達が少ない人の特徴

人生を豊かにする上で、友達の存在は大きな要素です。

人間関係の中で、友達のことで悩むことも多いでしょう。

友達が多ければ多いほど自分の世界も広がりますし、人生の充実感もより感じられるというものです。

しかし、友達を作ることはそうそう簡単ではありません。

今回は友達が少ない人の特徴をみていきましょう。

  • 家にこもりがちである
  • 返信が遅い、もしくは返信しない
  • 自分から話しかけることができない
  • 反応が薄い
  • 趣味や好きなことがあまりない
  • 空気が読めない
  • 利害勘定で動く
  • 人の悪口が多い
  • 言葉が汚い、口が悪い
  • 人の気持ちを考えられない
  • お金にだらしない
  • 無口である
  • ありがとう、ごめんなさい、が言えない
  • いじりがしつこい
  • 人を馬鹿にしている
  • 上から目線である
  • 考え方が固い
  • 異性にばかり興味がある
  • 自分のことしか考えていない
  • プライドが高い
  • まとめ

1. 家にこもりがちである

家にこもりがちである

これに関しては友達がいないのが当然といえば当然のことですね。

家にこもりがちなひとはまず人に出会って関わる機会が著しく少ないはずです。

最近はSNSなどのツールが発達しているので人と連絡を取ることはできます。

しかしやはり人に会う絶対数が少ないので、まず友達になる前に知り合いになる機会もほとんどありません。

2. 返信が遅い、もしくは返信しない

返信が遅い、もしくは返信しない

友達が少ない人は、メールやLINEの返信が遅いのも特徴です。

相手からメールやLINEを送られてくるということは、少なくとも相手からは関係を保っていたい、もっとお近付きになりたいと思われているということです。

そうなると逆に返信が遅い、返信しないということはそれほど相手のことを気にしていないという風に思われることも考えられなくはありません。

いくら相手が友達になりたいと思っていても、こちらがその気がないと感じられてしまえば相手もその気が失せてしまうのです。

3. 自分から話しかけることができない

自分から話しかけることができない

自分から話しかけないというのは積極性がないということです。

友達とは相手からの一方的な関わり合いではなく、こちらからの関わり合いもあって初めて成立するものです。

自分から話しかけることができなければ、よほど相手からの気持ちがない限りはフェードアウトしていってしまうのです。

4. 反応が薄い

反応が薄い

もし相手がこちらと関わりたいと思って話しかけてきた時、反応が薄いと相手も面白くはありません。

自分に興味がないのだと感じられてしまいます。

そうすると相手も関わろうとすることをやめてしまうのは当然でしょう。

無理に大げさな反応をする必要はありませんが、相手の気分を害さない程度の対応が必要です。

5. 趣味や好きなことがあまりない

趣味や好きなことがあまりない

友人関係を築く上で、趣味や好きなことが同じだったことによって話が盛り上がり、友達になるのはとても多いことです。

つまりそれらの話をとっかかりとしての友達ができるのです。

しかし、趣味や好きなことがなければそのとっかかりがないことになります。

きっかけがなければ、なかなか友達になることは難しいでしょう。

6. 空気が読めない

空気が読めない

空気が読めない人も友達は多くありません。

なぜなら空気が読めない人とは一緒にいるのが億劫になってしまうからです。

他の友達と一緒にいるときに空気が読めない人がいても話がギクシャクしてしまい、お互いにきまずい思いをするはずです。

そうすると、その後その人と関わろうとする回数が減ることも少なくはないはず。

空気が読めないということも、人を遠ざける一つの原因なのです。

7. 利害勘定で動く

利害勘定で動く

例えば自分との約束があったのに、関わると有利だと思われる他の人の約束を優先されてしまった、なんてとき。

仕事関係なら仕方ないところはあるかもしれませんが、もしそうでもなければ、された側は気分は良くないはずです。

そういった友人関係の中でも利害勘定で動いていると感じられると白けてしまい、友達として関わろうと思えなくなることは当然です。

8. 人の悪口が多い

人の悪口が多い

友達でいるということは、その人といると楽しい、愉快な気分になれるということが多いはずです。

しかし、相手が人に対しての悪口が多いとネガティブな気持ちになってしまい、ともすれば不愉快な気分になってしまいます。

わざわざネガティブな気持ちになるためにその人と関わっていこうと思う人は少ないはずです。

9. 言葉が汚い、口が悪い

言葉が汚い、口が悪い

これも人を遠ざけ、友達ができずらい要因になります。

言葉というものは人とコミュニケーションをとる上で最も大切といっても過言ではありません。

その言葉が汚かったり極端に口が悪かったりすると、人間性を無意識のうちにでも疑われてしまうことは少なくないのです。

そうすると友達でいたい、と思われなくなってしまいます。

10. 人の気持ちを考えられない

人の気持ちを考えられない

相手がどんな気持ちでいるのか、を想像するのは友達との関係を保つ上でとても重要なことです。

友達といる時は、仕事や学業から離れてリラックスしたいと思う人は多いはず。

ある程度でも気持ちを汲み取ってくれない人といるとストレスが溜まりますし、億劫になってしまいます。

一緒にいることにストレスが溜まるようであれば、友達は離れていってしまうでしょう。

11. お金にだらしない

お金にだらしない

これも友達として気になるところではあります。

例えばお金を貸して欲しいと言われて、貸したらいつまで経っても返ってこない。

こうなるとその人に対しての信頼がなくなりますし、不信感が募ります。

お金というものが絡んでくると、その人の人間性が顕著に表れるものです。

そこで人間性を疑われてしまえば、それ以上に関わってもいいことはないので、相手も離れていくのです。

12. 無口である

無口である

やはり無口である人は、一緒にいる時間が他の人と同じでもコミュニケーションをとる回数が少なくなるため、意志の疎通が難しくなってしまいます。

そうすると近づきにくいと思われてしまいます。

無口は欠点ではありません。

しかし無口でも大切なことは押さえている、考えていると思われればそれはプラスになりますが、無口で何を考えているかわからない、と思われてしまうと近寄りがたくなってしまうのです。

13. ありがとう、ごめんなさい、が言えない

ありがとう、ごめんなさい、が言えない

ありがとう、ごめんなさいと言うのは簡単そうですがなかなかできない人も少なくありません。

まずは素直であることが必要条件です。

特に咄嗟に出るようなありがとう、は本当に感謝の気持ちを感じられないと出てきませんし、ごめんなさいは自分の非を認めることができなければ出てこないのです。

あれ、この人ありがとうが言えないな。

あの時、あの人から一言も謝られなかったな。

これらのことを思ったとき、不快に感じていることも多いはず。

そのような認識や違和感は不信感を与えることになり、相手も離れていってしまいます。

14. いじりがしつこい

いじりがしつこい

相手のことをいじるのは友達同士では少なくないかもしれません。

しかしそれが度を超えてしまうと相手に不快感を与えたり、面倒臭いと思われてしまいます。

親しき中にも礼儀ありというように、ある程度で抑えておかないと、いくら相手に好意を持っていてやっていたとしても相手に嫌われてしまいます。

相手からすると嫌な気分になるためにその人と関わる必要はないのです。

15. 人を馬鹿にしている

人を馬鹿にしている

常に人を馬鹿にしている人とは一緒にいたいとは思わないはずです。

何を一緒にしていても、自分のことも馬鹿にしているのだと思ってしまうと、楽しいと思えなくなってしまいます。

さらに、人を馬鹿にしているということは貶しているということと同等です。

自分を貶しているような人と一緒にいたいと思う人はそうそういません。

16. 上から目線である

上から目線である

友達というのはお互いが同等の立場であるというのが前提条件です。

つまり上も下も友達関係の中ではないのです。

しかし、相手が上から目線でいられると、常に自分のことを劣勢に感じることになります。

そうすると友達という感覚ではなくなってしまいますし、不快にも感じられます。

いくら自分が友達と思っていても、そのように扱っていれば離れていってしまうでしょう。

17. 考え方が固い

考え方が固い

考え方が固く、それを人に押し付けてくる人に友達は多くいません。

友達というのは、もし意見や考え方が全く違っても、柔軟にそれを許し合って溝を埋めていくというもの。

つまり、そのようにしてでもお互いの気持ちを近づけあって、関係を良くしようと思えるようなものです。

しかし自分の経験から固執した考えを持ち、それを他の人に強要してしまっては相手に対しての尊敬もありませんし、なにより相手がストレスを感じてしまいます。

一緒にいるのが苦に感じられてしまえば友達になれないのです。

自分の考え方や意思を曲げるということではなく、相手に対しての柔軟な姿勢をもつことが重要です。

18. 異性にばかり興味がある

異性にばかり興味がある

例えば異性とばっかり連絡を取っていたり、えこ贔屓していたり。

そのように異性にばかりあからさまに興味を示す人は、同性からしたら面白くはありませんし、異性からしても信用がなくなってしまいます。

同性の友達より異性の友達が多い人というのも、少なからずこのようなところがあるのでしょう。

19. 自分のことしか考えていない

自分のことしか考えていない

常に自分のことしか考えていない人は、やはり相手に対してよい印象を与えません。

自分のことしか考えていないということは、相手の状況などが見えていなかったり、そこまで考えが及んでいないということです。

つまり、協調性がないということになります。

学校や仕事場では共同作業というものも多いはずですが、協調性がなければその場の空気を乱すことにもなりますし、厄介者として扱われてしまうかもしれません。

20. プライドが高い

プライドが高い

プライドが高くても、友達になるには弊害になることがあります。

プライドが高い人に対しては言葉を選ばなくてはいけませんし、気を使うことも多いです。

そのプライドが自分自身にたいしての厳しさからきているのか、それとも他の人よりも優位でいたいという意識からきているのか、によっても大きな違いがありますが、後者であれば相手に不快感を与えることは必須なので、友達はあまりできないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

友達が少なくとも関係が濃い、と言う人もいますが、そういう人は大抵多くの相手から友達だと思われていたり、逆に友達関係が広く浅い、と言う人は意外と相手からは友達と思われていないこともあります。

友達というのは自分一人だけではなく相手の存在がいて初めて成立するものです。

自分にとっても相手にとっても良好な関係で友達でいられるといいですね。

人生を豊かにする上で、友達の存在は大きな要素です。

人間関係の中で、友達のことで悩むことも多いでしょう。

友達が多ければ多いほど自分の世界も広がりますし、人生の充実感もより感じられるというものです。

しかし、友達を作ることはそうそう簡単ではありません。

今回は友達が少ない人の特徴をみていきましょう。


家にこもりがちである

これに関しては友達がいないのが当然といえば当然のことですね。

家にこもりがちなひとはまず人に出会って関わる機会が著しく少ないはずです。

最近はSNSなどのツールが発達しているので人と連絡を取ることはできます。

しかしやはり人に会う絶対数が少ないので、まず友達になる前に知り合いになる機会もほとんどありません。

返信が遅い、もしくは返信しない

友達が少ない人は、メールやLINEの返信が遅いのも特徴です。

相手からメールやLINEを送られてくるということは、少なくとも相手からは関係を保っていたい、もっとお近付きになりたいと思われているということです。

そうなると逆に返信が遅い、返信しないということはそれほど相手のことを気にしていないという風に思われることも考えられなくはありません。

いくら相手が友達になりたいと思っていても、こちらがその気がないと感じられてしまえば相手もその気が失せてしまうのです。

自分から話しかけることができない

自分から話しかけないというのは積極性がないということです。

友達とは相手からの一方的な関わり合いではなく、こちらからの関わり合いもあって初めて成立するものです。

自分から話しかけることができなければ、よほど相手からの気持ちがない限りはフェードアウトしていってしまうのです。

反応が薄い

もし相手がこちらと関わりたいと思って話しかけてきた時、反応が薄いと相手も面白くはありません。

自分に興味がないのだと感じられてしまいます。

そうすると相手も関わろうとすることをやめてしまうのは当然でしょう。

無理に大げさな反応をする必要はありませんが、相手の気分を害さない程度の対応が必要です。

趣味や好きなことがあまりない

友人関係を築く上で、趣味や好きなことが同じだったことによって話が盛り上がり、友達になるのはとても多いことです。

つまりそれらの話をとっかかりとしての友達ができるのです。

しかし、趣味や好きなことがなければそのとっかかりがないことになります。

きっかけがなければ、なかなか友達になることは難しいでしょう。

空気が読めない

空気が読めない人も友達は多くありません。

なぜなら空気が読めない人とは一緒にいるのが億劫になってしまうからです。

他の友達と一緒にいるときに空気が読めない人がいても話がギクシャクしてしまい、お互いにきまずい思いをするはずです。

そうすると、その後その人と関わろうとする回数が減ることも少なくはないはず。

空気が読めないということも、人を遠ざける一つの原因なのです。

利害勘定で動く

例えば自分との約束があったのに、関わると有利だと思われる他の人の約束を優先されてしまった、なんてとき。

仕事関係なら仕方ないところはあるかもしれませんが、もしそうでもなければ、された側は気分は良くないはずです。

そういった友人関係の中でも利害勘定で動いていると感じられると白けてしまい、友達として関わろうと思えなくなることは当然です。

人の悪口が多い

友達でいるということは、その人といると楽しい、愉快な気分になれるということが多いはずです。

しかし、相手が人に対しての悪口が多いとネガティブな気持ちになってしまい、ともすれば不愉快な気分になってしまいます。

わざわざネガティブな気持ちになるためにその人と関わっていこうと思う人は少ないはずです。

言葉が汚い、口が悪い

これも人を遠ざけ、友達ができずらい要因になります。

言葉というものは人とコミュニケーションをとる上で最も大切といっても過言ではありません。

その言葉が汚かったり極端に口が悪かったりすると、人間性を無意識のうちにでも疑われてしまうことは少なくないのです。

そうすると友達でいたい、と思われなくなってしまいます。

人の気持ちを考えられない

相手がどんな気持ちでいるのか、を想像するのは友達との関係を保つ上でとても重要なことです。

友達といる時は、仕事や学業から離れてリラックスしたいと思う人は多いはず。

ある程度でも気持ちを汲み取ってくれない人といるとストレスが溜まりますし、億劫になってしまいます。

一緒にいることにストレスが溜まるようであれば、友達は離れていってしまうでしょう。

お金にだらしない

これも友達として気になるところではあります。

例えばお金を貸して欲しいと言われて、貸したらいつまで経っても返ってこない。

こうなるとその人に対しての信頼がなくなりますし、不信感が募ります。

お金というものが絡んでくると、その人の人間性が顕著に表れるものです。

そこで人間性を疑われてしまえば、それ以上に関わってもいいことはないので、相手も離れていくのです。

無口である

やはり無口である人は、一緒にいる時間が他の人と同じでもコミュニケーションをとる回数が少なくなるため、意志の疎通が難しくなってしまいます。

そうすると近づきにくいと思われてしまいます。

無口は欠点ではありません。

しかし無口でも大切なことは押さえている、考えていると思われればそれはプラスになりますが、無口で何を考えているかわからない、と思われてしまうと近寄りがたくなってしまうのです。

ありがとう、ごめんなさい、が言えない

ありがとう、ごめんなさいと言うのは簡単そうですがなかなかできない人も少なくありません。

まずは素直であることが必要条件です。

特に咄嗟に出るようなありがとう、は本当に感謝の気持ちを感じられないと出てきませんし、ごめんなさいは自分の非を認めることができなければ出てこないのです。

あれ、この人ありがとうが言えないな。

あの時、あの人から一言も謝られなかったな。

これらのことを思ったとき、不快に感じていることも多いはず。

そのような認識や違和感は不信感を与えることになり、相手も離れていってしまいます。

いじりがしつこい

相手のことをいじるのは友達同士では少なくないかもしれません。

しかしそれが度を超えてしまうと相手に不快感を与えたり、面倒臭いと思われてしまいます。

親しき中にも礼儀ありというように、ある程度で抑えておかないと、いくら相手に好意を持っていてやっていたとしても相手に嫌われてしまいます。

相手からすると嫌な気分になるためにその人と関わる必要はないのです。

人を馬鹿にしている

常に人を馬鹿にしている人とは一緒にいたいとは思わないはずです。

何を一緒にしていても、自分のことも馬鹿にしているのだと思ってしまうと、楽しいと思えなくなってしまいます。

さらに、人を馬鹿にしているということは貶しているということと同等です。

自分を貶しているような人と一緒にいたいと思う人はそうそういません。

上から目線である

友達というのはお互いが同等の立場であるというのが前提条件です。

つまり上も下も友達関係の中ではないのです。

しかし、相手が上から目線でいられると、常に自分のことを劣勢に感じることになります。

そうすると友達という感覚ではなくなってしまいますし、不快にも感じられます。

いくら自分が友達と思っていても、そのように扱っていれば離れていってしまうでしょう。

考え方が固い

考え方が固く、それを人に押し付けてくる人に友達は多くいません。

友達というのは、もし意見や考え方が全く違っても、柔軟にそれを許し合って溝を埋めていくというもの。

つまり、そのようにしてでもお互いの気持ちを近づけあって、関係を良くしようと思えるようなものです。

しかし自分の経験から固執した考えを持ち、それを他の人に強要してしまっては相手に対しての尊敬もありませんし、なにより相手がストレスを感じてしまいます。

一緒にいるのが苦に感じられてしまえば友達になれないのです。

自分の考え方や意思を曲げるということではなく、相手に対しての柔軟な姿勢をもつことが重要です。

異性にばかり興味がある

例えば異性とばっかり連絡を取っていたり、えこ贔屓していたり。

そのように異性にばかりあからさまに興味を示す人は、同性からしたら面白くはありませんし、異性からしても信用がなくなってしまいます。

同性の友達より異性の友達が多い人というのも、少なからずこのようなところがあるのでしょう。

自分のことしか考えていない

常に自分のことしか考えていない人は、やはり相手に対してよい印象を与えません。

自分のことしか考えていないということは、相手の状況などが見えていなかったり、そこまで考えが及んでいないということです。

つまり、協調性がないということになります。

学校や仕事場では共同作業というものも多いはずですが、協調性がなければその場の空気を乱すことにもなりますし、厄介者として扱われてしまうかもしれません。

プライドが高い

プライドが高くても、友達になるには弊害になることがあります。

プライドが高い人に対しては言葉を選ばなくてはいけませんし、気を使うことも多いです。

そのプライドが自分自身にたいしての厳しさからきているのか、それとも他の人よりも優位でいたいという意識からきているのか、によっても大きな違いがありますが、後者であれば相手に不快感を与えることは必須なので、友達はあまりできないでしょう。

いかがでしたか?

友達が少なくとも関係が濃い、と言う人もいますが、そういう人は大抵多くの相手から友達だと思われていたり、逆に友達関係が広く浅い、と言う人は意外と相手からは友達と思われていないこともあります。

友達というのは自分一人だけではなく相手の存在がいて初めて成立するものです。

自分にとっても相手にとっても良好な関係で友達でいられるといいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-