【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114531.html
自慢ばかりする人の特徴

自慢ばかりする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自慢ばかりする人の特徴

聞いててウンザリする自慢話。

では自慢話ばかりする人はどういった特徴があるのでしょうか。

13項目にまとめてみました。

  • 承認欲求が強い
  • ナルシスト
  • 人の話を聞かない
  • 誇大表現する
  • 相手を下に見ている
  • 嫉妬しやすい
  • 称賛を求めている
  • 劣等感を抱えている
  • ストレスを溜めている
  • 否定癖がある
  • 自分の事に関してポジティブ
  • 洗脳されやすい
  • プライドが高い
  • まとめ

1. 承認欲求が強い

承認欲求が強い

自慢話ばかりする人は、承認欲求がとても強いという特徴があります。

自分を知ってほしいという欲求がとても強い為、自慢話といった形でアピールをしているのです。

自慢話は自分の良い所を集中的に話すことになるので、自分をアピールしやすいと考えている場合が多いです。

2. ナルシスト

ナルシスト

自慢話をする人はナルシストなところが多い傾向にあります。

自分が好きだったり、自惚れが強かったりする人がとても多く、自分に酔っているところが少なからずあるようです。

自慢話をするときは特に酔っているので、周りの反応を正しく見る事が出来ず、自分の話ばかりをグイグイと話してしまうようですね。

3. 人の話を聞かない

人の話を聞かない

自慢話ばかりする人と感じる時は、大抵人の話を聞いていないと思う時ではないでしょうか。

というのも、自慢話ばかりする人は、人の話を遮ってでも自慢話をしてくるところがあるからです。

また、どんな話題でも自分の自慢話につなげてしまうと言う事も多く、総じて人の話を聞いていないという特徴があるようですね。

4. 誇大表現する

誇大表現する

誰しも自分の有能なところを認めてほしいという欲求は持っているものですが、自慢話ばかりする人はそれが顕著に表れているといえます。

承認欲求と似ていますが、これは自分を知ってほしいのではなく、自分の凄さを見せつけたい、知らしめたいといった心理から来ているので、自慢話の中に嘘が紛れ込んでいる事が多くあるようです。

自分の凄さを誇大表現する事で、大きく見せたいと思っている人がとても多いようです。

5. 相手を下に見ている

相手を下に見ている

相手を下に見ているというのも自慢話をする人の特徴の1つです。

自慢話をする人の話を聞いていると、「あなたはそうだったけど、私は違う」といった風に、相手を下に見た上から目線の話し方をしている人を多く見かけます。

相手より優れているということをアピールしたがる人がとても多く、酷い時には小馬鹿にしているような言い方をしている人も多く、この特徴のせいで嫌われていると言っても過言ではないでしょう。

6. 嫉妬しやすい

嫉妬しやすい

自慢ばかりする人は、少しの事でも嫉妬してしまう傾向にあります。

自慢話をしているのに「ああ、それ私もやったよ」と同調する人に対して攻撃的になったり、いや私はもっと凄いんだと張り合ってみたりと、相手の功績を嫉妬する人がとても多いです。

その人より自分を見てほしいという承認欲求が強まった結果ともいえる特徴ですが、自慢話ばかりする人が煙たがられてしまう理由の大きな1つになっているようです。

7. 称賛を求めている

称賛を求めている

自慢話を何故するのかといえば、「すごいね」「えらいね」と言った称賛が欲しいからです。

ただ自慢話をしていて反応がもらえないのであれば、話している方も虚しさを感じてしまいます。

円満な人間関係を貴ぶのであれば、面倒だと思いつつも話をされたらリアクションするというのが当たり前になっていますので、例え棒読みでもすごいねと言う人が多いです。

自慢話ばかりする人はその棒読みの称賛でさえ求めている人がとても多いのです。

8. 劣等感を抱えている

劣等感を抱えている

誰しも自分より優れた人を見たら劣等感を感じます。

自慢話ばかりする人は、その劣等感を人より強く感じてしまう人が多いようです。

劣等感を抱えた人は卑屈になったり、気にしないようにしたりといった自己防衛をしますが、自慢話ばかりする人は、自慢話をするという自分の良さや凄さを他者に見せつけることで劣等感を紛らわしていると言えます。

9. ストレスを溜めている

ストレスを溜めている

ストレスを発散する方法は人それぞれです。

趣味に没頭してみたり、仕事に打ち込んだり、誰かに思いっきり愚痴ってみたりと方法は様々ありますが、自慢話ばかりする人は、自慢話をすることでストレスを発散している事が多いです。

しかし自慢話は多少なら良いかもしれませんが、しすぎてしまうと反応する方も疲れてしまい、欲しい反応がもらえないと言う事がしばしばあります。

ストレス発散をするつもりが反応がもらえないと言う事でまたストレスを抱えてしまうといった悪循環に陥りやすいのです。

10. 否定癖がある

否定癖がある

人の話を聞かないといったところでも少し触れましたが、自慢話ばかりする人は人を否定する癖があります。

嫉妬しやすいというのと相まって、他人の凄さや良さを認める事が悔しくて耐えられないのです。

そのため、自衛の為に私の方が、と自慢話をしてしまう事が多くあるようです。

負けず嫌いでもあるため、負けたと思う事は極端に嫌います。

11. 自分の事に関してポジティブ

自分の事に関してポジティブ

自慢話をする人は、自分の行いに対してとても好意的に捉えるポジティブなところがある人が多いです。

自分を凄いと思ってもらうというのは、当然何か褒められるようなことをしていなければ話す事が出来ません。

そのため、人にアピールできる自慢探しをするのです。

しかし、そんな自慢できる行いが出来る機会など限られています。

そのため、自分が日頃やっている事をポジティブにとらえ、自慢話にするといった特徴があるようです。

12. 洗脳されやすい

洗脳されやすい

自慢話ばかりする人は、実は洗脳されやすいといった特徴があります。

自慢話ばかりする人は、誰かに認められたい、称賛されたい、自分より称賛されてる人が妬ましいといった暗い一面を抱えています。

その暗い所を払拭するために自慢話をするといった防衛策をとっているのですが、それだけでは自分の心が守り切れない時があります。

そんな時、自慢話ばかりする人は、自己暗示によって自分を凄い人だと思い込むことがあります。

13. プライドが高い

プライドが高い

自慢話ばかりする人は総じてプライドが山のように高いです。

他人を認める事が難しく、自分の事を誇示し続けます。

自慢話ばかりする人は自分に自信がなく、見栄っ張りなところがある という特徴もあり、それを隠したり自分を守ったりするために自然とプライドが高くなってしまうようですね。

まとめ

いかがでしたか?

自慢話ばかりする人の特徴は褒められたものではないものが多いですが、その特徴に含まれる心理は子供じみた承認欲求であったり、自分を誇示したいというプライドの現れであったりすることが多いようです。

自慢話をすることで様々なものを保っているとも言えますので、一朝一夕には直らない事が多いです。

もう限界だと思ったら思い切って離れてみるのも良いかもしれませんね。

聞いててウンザリする自慢話。

では自慢話ばかりする人はどういった特徴があるのでしょうか。

13項目にまとめてみました。


承認欲求が強い

自慢話ばかりする人は、承認欲求がとても強いという特徴があります。

自分を知ってほしいという欲求がとても強い為、自慢話といった形でアピールをしているのです。

自慢話は自分の良い所を集中的に話すことになるので、自分をアピールしやすいと考えている場合が多いです。

ナルシスト

自慢話をする人はナルシストなところが多い傾向にあります。

自分が好きだったり、自惚れが強かったりする人がとても多く、自分に酔っているところが少なからずあるようです。

自慢話をするときは特に酔っているので、周りの反応を正しく見る事が出来ず、自分の話ばかりをグイグイと話してしまうようですね。

人の話を聞かない

自慢話ばかりする人と感じる時は、大抵人の話を聞いていないと思う時ではないでしょうか。

というのも、自慢話ばかりする人は、人の話を遮ってでも自慢話をしてくるところがあるからです。

また、どんな話題でも自分の自慢話につなげてしまうと言う事も多く、総じて人の話を聞いていないという特徴があるようですね。

誇大表現する

誰しも自分の有能なところを認めてほしいという欲求は持っているものですが、自慢話ばかりする人はそれが顕著に表れているといえます。

承認欲求と似ていますが、これは自分を知ってほしいのではなく、自分の凄さを見せつけたい、知らしめたいといった心理から来ているので、自慢話の中に嘘が紛れ込んでいる事が多くあるようです。

自分の凄さを誇大表現する事で、大きく見せたいと思っている人がとても多いようです。

相手を下に見ている

相手を下に見ているというのも自慢話をする人の特徴の1つです。

自慢話をする人の話を聞いていると、「あなたはそうだったけど、私は違う」といった風に、相手を下に見た上から目線の話し方をしている人を多く見かけます。

相手より優れているということをアピールしたがる人がとても多く、酷い時には小馬鹿にしているような言い方をしている人も多く、この特徴のせいで嫌われていると言っても過言ではないでしょう。

嫉妬しやすい

自慢ばかりする人は、少しの事でも嫉妬してしまう傾向にあります。

自慢話をしているのに「ああ、それ私もやったよ」と同調する人に対して攻撃的になったり、いや私はもっと凄いんだと張り合ってみたりと、相手の功績を嫉妬する人がとても多いです。

その人より自分を見てほしいという承認欲求が強まった結果ともいえる特徴ですが、自慢話ばかりする人が煙たがられてしまう理由の大きな1つになっているようです。

称賛を求めている

自慢話を何故するのかといえば、「すごいね」「えらいね」と言った称賛が欲しいからです。

ただ自慢話をしていて反応がもらえないのであれば、話している方も虚しさを感じてしまいます。

円満な人間関係を貴ぶのであれば、面倒だと思いつつも話をされたらリアクションするというのが当たり前になっていますので、例え棒読みでもすごいねと言う人が多いです。

自慢話ばかりする人はその棒読みの称賛でさえ求めている人がとても多いのです。

劣等感を抱えている

誰しも自分より優れた人を見たら劣等感を感じます。

自慢話ばかりする人は、その劣等感を人より強く感じてしまう人が多いようです。

劣等感を抱えた人は卑屈になったり、気にしないようにしたりといった自己防衛をしますが、自慢話ばかりする人は、自慢話をするという自分の良さや凄さを他者に見せつけることで劣等感を紛らわしていると言えます。

ストレスを溜めている

ストレスを発散する方法は人それぞれです。

趣味に没頭してみたり、仕事に打ち込んだり、誰かに思いっきり愚痴ってみたりと方法は様々ありますが、自慢話ばかりする人は、自慢話をすることでストレスを発散している事が多いです。

しかし自慢話は多少なら良いかもしれませんが、しすぎてしまうと反応する方も疲れてしまい、欲しい反応がもらえないと言う事がしばしばあります。

ストレス発散をするつもりが反応がもらえないと言う事でまたストレスを抱えてしまうといった悪循環に陥りやすいのです。

否定癖がある

人の話を聞かないといったところでも少し触れましたが、自慢話ばかりする人は人を否定する癖があります。

嫉妬しやすいというのと相まって、他人の凄さや良さを認める事が悔しくて耐えられないのです。

そのため、自衛の為に私の方が、と自慢話をしてしまう事が多くあるようです。

負けず嫌いでもあるため、負けたと思う事は極端に嫌います。

自分の事に関してポジティブ

自慢話をする人は、自分の行いに対してとても好意的に捉えるポジティブなところがある人が多いです。

自分を凄いと思ってもらうというのは、当然何か褒められるようなことをしていなければ話す事が出来ません。

そのため、人にアピールできる自慢探しをするのです。

しかし、そんな自慢できる行いが出来る機会など限られています。

そのため、自分が日頃やっている事をポジティブにとらえ、自慢話にするといった特徴があるようです。

洗脳されやすい

自慢話ばかりする人は、実は洗脳されやすいといった特徴があります。

自慢話ばかりする人は、誰かに認められたい、称賛されたい、自分より称賛されてる人が妬ましいといった暗い一面を抱えています。

その暗い所を払拭するために自慢話をするといった防衛策をとっているのですが、それだけでは自分の心が守り切れない時があります。

そんな時、自慢話ばかりする人は、自己暗示によって自分を凄い人だと思い込むことがあります。

プライドが高い

自慢話ばかりする人は総じてプライドが山のように高いです。

他人を認める事が難しく、自分の事を誇示し続けます。

自慢話ばかりする人は自分に自信がなく、見栄っ張りなところがある という特徴もあり、それを隠したり自分を守ったりするために自然とプライドが高くなってしまうようですね。

いかがでしたか?

自慢話ばかりする人の特徴は褒められたものではないものが多いですが、その特徴に含まれる心理は子供じみた承認欲求であったり、自分を誇示したいというプライドの現れであったりすることが多いようです。

自慢話をすることで様々なものを保っているとも言えますので、一朝一夕には直らない事が多いです。

もう限界だと思ったら思い切って離れてみるのも良いかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-