【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114520.html
のんびりしてる人の特徴

のんびりしてる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
のんびりしてる人の特徴

世の中には多種多様な方がいらっしゃいます。

いつでも楽しそうな方もいればいつも怒っている方、いつでも悲しそうな方まで、本当に様々な方が同じ社会で生活をしております。

その中から今回は、のんびりしている人について、その特徴を見ていきます。

  • いつも楽しそう
  • 人に合わせる
  • 笑顔が多い
  • 口ごたえをしない
  • 可愛がられるタイプ
  • 会話のテンポが違う
  • 雰囲気が独特
  • 陰口を言わない
  • たまに上の空になっている
  • 自己主張をしない
  • ゆるい感じの服装
  • 付き合いがいい
  • 声のトーンが一定
  • 愚痴を言わない
  • 人に甘えるのが苦手
  • 人に怒らない
  • 何を考えているかわからない
  • クヨクヨと引きずらない
  • 人を疑わない
  • グループラインで反応がない
  • 特定のものに強い興味を示す
  • 心が豊か
  • まとめ

1. いつも楽しそう

いつも楽しそう

のんびりマイペースな方は、なぜか普段から楽しそうなオーラを放っています。

仕事に追われるサラリーマンのような余裕のない人と比べると、一目瞭然です。

特に何があったわけでもないけれでも、不思議と良いオーラを放って周りを和ませます。

2. 人に合わせる

人に合わせる

人と会話をしている時に、自然と聞き手になり、そして相手の話を否定することなく聞いてくれます。

特に計算をして行っているわけではありませんが、自分が共感をできなかったことでも、この人はこう考えるんだなー程度に解釈し、うんうんと相槌を打ってくれます。

3. 笑顔が多い

笑顔が多い

のんびりされている方は、普段から何かに縛られることなく自然体で人と接することができます。

いつでも自然に振る舞えるために、人といると必然的に笑顔が多くなり、魅力的な人に見えます。

そんな笑顔に周りの人は癒されて笑顔になり、その笑顔を見てまた笑顔になってくれるのです。

4. 口ごたえをしない

口ごたえをしない

仮に上司から理不尽な指導を受けたとしても、それをすべて聞き入れ、自分の意見を押し通そうとはしません。

私はこう思うけどこの人はこう思っているんだと相手の意向を尊重できるので、結果的に口ごたえをする必要がなくなります。

しかし、これの度が過ぎてくると、精神的に追い込まれてしまいかねないので、周りの方はうんうんと聞いているマイペースな人をフォローしてあげる必要があります。

5. 可愛がられるタイプ

可愛がられるタイプ

ふわふわと楽しそうな雰囲気の人はやはり魅力的で、不思議と人が周りに集まってきます。

またいつでも楽しそうに話をしてくれるのはとても嬉しいことで、特に目上や上司の方々から非常に可愛がってもらえる存在となれます。

6. 会話のテンポが違う

会話のテンポが違う

関西の方でしたら特に顕著ですが、会話にはリズムはテンポがあり、話していて気持ちのいいテンポというものがあります。

しかしのんびりしている人はそんなことを気にしません。

相手のテンポがあろうがなかろうが、自分は自分のテンポで普通に会話をするので、特に良いテンポで会話が弾んでいた場合にマイペースな方が発言すると、一瞬で場のテンポが元に戻るのです。

7. 雰囲気が独特

雰囲気が独特

例えば、受験シーズンの時の受験生は雰囲気が全く違います。

皆が第一志望を目指し、ピリピリした雰囲気をまとって受験勉強を進めます。

しかしのんびりした人は違います。

周りがどんなにピリピリしてようが、いつでもブレずにいつも通りの雰囲気のまま生活をしています。

そんな方は、周りの人からすると雰囲気が違って見え、独特であるように見えるのです。

8. 陰口を言わない

陰口を言わない

基本的には、自分は自分であり他人は他人である、といったような考えの下で行動をしています。

そのため、仮に他人に嫌なことを言われても、この人はこう考えているんだと捉え、それを真に受けて引きずることはしません。

結果的に、グチグチと陰で物を言うこともなく、また誰かの陰口を利かされたとしてもそれに対して一緒に陰口を言うということもない、ということです。

9. たまに上の空になっている

たまに上の空になっている

グループで会話をしている時に、急に別の世界に行ってしまったかのように、ボーッとします。

周りに合わせるようなことをわざわざしないため、例え会話の途中であっても、別に考え事が浮かんできたら、そのことで頭がいっぱいになり、周りからすると上の空になったように見えます。

10. 自己主張をしない

自己主張をしない

のんびりしている人は、自分の話を進んでしません。

基本的には一緒にいる人に合わせて行動をするため、会話も一緒にいる人が主体となって進みます。

それに対してこうしたい、ああしたいということも特に考えはしないので、聞き手になって会話が進み、自己主張の乏しいような印象となります。

11. ゆるい感じの服装

ゆるい感じの服装

服装に関して、例えば流行りの服が着たいとか、可愛い服が着たいとか、そういった気持ちよりも、着たい服を着るという気持ちの方が強いです。

ここで言う着たい服というものが、基本的には動きやすい服であることが多いため、ゆるい楽な格好に落ち着くことになります。

12. 付き合いがいい

付き合いがいい

いつも気の向くままに生活をしているため、誘った日の予定が空いていれば、二つ返事で来てくれます。

かと言って逆に誘ってくれることはほとんどないのですが、こちらから誘った時に楽しそうだと思ってもらえればすぐに来てくれる、非常にありがたい存在であります。

13. 声のトーンが一定

声のトーンが一定

感情に振り回されることなく、常に自分のペースで行動することができるため、普通なら感情に合わせて変わる声のトーンも、他の人と比べあまり変わりません。

良く言えばいつでも冷静であり、悪く言うと感情の起伏に乏しい、ということです。

ただトーンが変わらないからといって感情がないわけではありませんので、嫌な思いをさせてしまったと感じた時はしっかりと謝ることが重要です。

14. 愚痴を言わない

愚痴を言わない

いくらのんびりしていてマイペースだといっても、人間生きている以上、辛い時や泣きたい時は必ずあります。

そんな時でも、人は人であり自分は自分であると考えて、飲み込むことができるので、引きずって愚痴をこぼすようなこともしません。

一見とても強い人でかっこよく見えもしますが、人間である以上飲み込み続けると必ず限界がきますから、そこは周りに人間が助けてあげてください。

15. 人に甘えるのが苦手

人に甘えるのが苦手

上記に共通しますが、辛いことがあっても基本的には飲み込んで愚痴をこぼしたりはしません。

また自分主体で会話を進めることは少なく、大体は周りに合わせて会話をします。

ですので、仮に本当に辛くてしんどくて仕方ない時でも、他の人への甘え方がわからず、結果的に自分からは相談ができません。

いつでも楽しそうなのんびりしている人でも、辛い時は必ず何かしらのサインを発しているものですので、周りの人が積極的に話を聞いて、愚痴を聞き出し、力になってあげる必要があります。

そうしなければ、本当に限界がきて潰れてしまいかねません。

16. 人に怒らない

人に怒らない

何を指摘されても反論しないことと同じように、逆に何か他人のミスや迷惑をかけられたことがあったとしても、それを指摘して怒るようなことはしません。

この人は自分なりに考えてやってるんだから仕方ないよねと解釈し、相手の意思を尊重します。

17. 何を考えているかわからない

何を考えているかわからない

世の中、良いことがあったら見るからに上機嫌になる人や、嫌なことがあったら不機嫌を振りまく人等、何を考えているのかとてもわかりやすい人が多くいらっしゃいます。

しかしマイペースな人はそのような一時の感情に捉われることがないため、いつも一定のテンションで生活をします。

例え良いことがあっても悪いことがあってもいつもと変わらないテンションで行動をするため、周りからすると何を考えているのかがわからないミステリアスな印象となります。

18. クヨクヨと引きずらない

クヨクヨと引きずらない

上記で何度か触れていますが、基本的に一時の感情に支配されることなく、いつも自分のペースを守って行動をしているため、何か嫌なことがあったとしてもそれを引きずることはありません。

仮に上司からの指導を受けたとしても、次の瞬間から普段通りに振る舞うことができます。

19. 人を疑わない

人を疑わない

マイペースな人は、人に悪いことをしてやろうとかこの人は何が目的なんだろうかとか、そういった打算や計算の中には生きていません。

他人がこうだから自分はこうしておこうと言った計算をして行動することはなく、その時に自分がいいと思ったように行動をします。

ですので、他人を疑うこともなく、その人の言っていることがいいと思ったらその通りにする、というようにフットワークの軽い行動を取ることができます。

20. グループラインで反応がない

グループラインで反応がない

現代的な特徴として、ラインでのグループトークにて、既読はついても反応がない人が多く見られます。

翌日会った時に返事してよと声を掛けると、本人はみんなの会話を見ているだけて楽しく、それで満足をしているからわざわざ会話に入ることもない、と言います。

のんびりした方は、普通の人とは違ったところで会話を楽しんでくれているものです。

21. 特定のものに強い興味を示す

特定のものに強い興味を示す

のんびりしている方に何かを進めても、基本的には反応が薄いことが多いです。

しかし一度興味を示すと誰よりもどっぷりとハマり込み、気付けば周りの誰よりものめり込んで取り組みます。

そして自分の興味を持った分野に関して、誰も追いつけないレベルにまで達する天才的な部分も持ち合わせています。

22. 心が豊か

心が豊か

上記でも幾度と書きましたが、結局計算や打算のない、自然体で普段から行動をしています。

そのため、心が荒むことがなく、また感情に振り回されて消耗することもなく、純粋な気持ちで人々と接することができます。

普通、大多数の人間は大人になればなるほど、清濁を合わせ飲まなければならない状況にぶつかります。

そうやってどんどん心が荒んで疲れていきます。

そんな社会のなかで、荒んでいない清らかな心を持ち続けることのできるマイペースな人は、一際輝き、心が豊かな魅力的な人に見えるのです。

まとめ

のんびりしている人は魅力的に見えることが多いです。

特に大人になってものんびりマイペースに生きることのできている人は、一際目立って輝いて見えることでしょう。

それだけ、現代社会は自分のペースでのんびり生きていくことが難しいのです。

そんなのんびりしている人も辛くて逃げたくなってしまうこともありますが、周りに頼ることができないことも特徴です。

現代社会において非常に珍しくまた魅力的な存在である人を潰してしまわないためにも、周りの人間がしっかりとフォローして助けてあげて、そしてのんびりとした雰囲気に癒されて、共に支えながら生きていくことが非常に重要です。

世の中には多種多様な方がいらっしゃいます。

いつでも楽しそうな方もいればいつも怒っている方、いつでも悲しそうな方まで、本当に様々な方が同じ社会で生活をしております。

その中から今回は、のんびりしている人について、その特徴を見ていきます。


いつも楽しそう

のんびりマイペースな方は、なぜか普段から楽しそうなオーラを放っています。

仕事に追われるサラリーマンのような余裕のない人と比べると、一目瞭然です。

特に何があったわけでもないけれでも、不思議と良いオーラを放って周りを和ませます。

人に合わせる

人と会話をしている時に、自然と聞き手になり、そして相手の話を否定することなく聞いてくれます。

特に計算をして行っているわけではありませんが、自分が共感をできなかったことでも、この人はこう考えるんだなー程度に解釈し、うんうんと相槌を打ってくれます。

笑顔が多い

のんびりされている方は、普段から何かに縛られることなく自然体で人と接することができます。

いつでも自然に振る舞えるために、人といると必然的に笑顔が多くなり、魅力的な人に見えます。

そんな笑顔に周りの人は癒されて笑顔になり、その笑顔を見てまた笑顔になってくれるのです。

口ごたえをしない

仮に上司から理不尽な指導を受けたとしても、それをすべて聞き入れ、自分の意見を押し通そうとはしません。

私はこう思うけどこの人はこう思っているんだと相手の意向を尊重できるので、結果的に口ごたえをする必要がなくなります。

しかし、これの度が過ぎてくると、精神的に追い込まれてしまいかねないので、周りの方はうんうんと聞いているマイペースな人をフォローしてあげる必要があります。

可愛がられるタイプ

ふわふわと楽しそうな雰囲気の人はやはり魅力的で、不思議と人が周りに集まってきます。

またいつでも楽しそうに話をしてくれるのはとても嬉しいことで、特に目上や上司の方々から非常に可愛がってもらえる存在となれます。

会話のテンポが違う

関西の方でしたら特に顕著ですが、会話にはリズムはテンポがあり、話していて気持ちのいいテンポというものがあります。

しかしのんびりしている人はそんなことを気にしません。

相手のテンポがあろうがなかろうが、自分は自分のテンポで普通に会話をするので、特に良いテンポで会話が弾んでいた場合にマイペースな方が発言すると、一瞬で場のテンポが元に戻るのです。

雰囲気が独特

例えば、受験シーズンの時の受験生は雰囲気が全く違います。

皆が第一志望を目指し、ピリピリした雰囲気をまとって受験勉強を進めます。

しかしのんびりした人は違います。

周りがどんなにピリピリしてようが、いつでもブレずにいつも通りの雰囲気のまま生活をしています。

そんな方は、周りの人からすると雰囲気が違って見え、独特であるように見えるのです。

陰口を言わない

基本的には、自分は自分であり他人は他人である、といったような考えの下で行動をしています。

そのため、仮に他人に嫌なことを言われても、この人はこう考えているんだと捉え、それを真に受けて引きずることはしません。

結果的に、グチグチと陰で物を言うこともなく、また誰かの陰口を利かされたとしてもそれに対して一緒に陰口を言うということもない、ということです。

たまに上の空になっている

グループで会話をしている時に、急に別の世界に行ってしまったかのように、ボーッとします。

周りに合わせるようなことをわざわざしないため、例え会話の途中であっても、別に考え事が浮かんできたら、そのことで頭がいっぱいになり、周りからすると上の空になったように見えます。

自己主張をしない

のんびりしている人は、自分の話を進んでしません。

基本的には一緒にいる人に合わせて行動をするため、会話も一緒にいる人が主体となって進みます。

それに対してこうしたい、ああしたいということも特に考えはしないので、聞き手になって会話が進み、自己主張の乏しいような印象となります。

ゆるい感じの服装

服装に関して、例えば流行りの服が着たいとか、可愛い服が着たいとか、そういった気持ちよりも、着たい服を着るという気持ちの方が強いです。

ここで言う着たい服というものが、基本的には動きやすい服であることが多いため、ゆるい楽な格好に落ち着くことになります。

付き合いがいい

いつも気の向くままに生活をしているため、誘った日の予定が空いていれば、二つ返事で来てくれます。

かと言って逆に誘ってくれることはほとんどないのですが、こちらから誘った時に楽しそうだと思ってもらえればすぐに来てくれる、非常にありがたい存在であります。

声のトーンが一定

感情に振り回されることなく、常に自分のペースで行動することができるため、普通なら感情に合わせて変わる声のトーンも、他の人と比べあまり変わりません。

良く言えばいつでも冷静であり、悪く言うと感情の起伏に乏しい、ということです。

ただトーンが変わらないからといって感情がないわけではありませんので、嫌な思いをさせてしまったと感じた時はしっかりと謝ることが重要です。

愚痴を言わない

いくらのんびりしていてマイペースだといっても、人間生きている以上、辛い時や泣きたい時は必ずあります。

そんな時でも、人は人であり自分は自分であると考えて、飲み込むことができるので、引きずって愚痴をこぼすようなこともしません。

一見とても強い人でかっこよく見えもしますが、人間である以上飲み込み続けると必ず限界がきますから、そこは周りに人間が助けてあげてください。

人に甘えるのが苦手

上記に共通しますが、辛いことがあっても基本的には飲み込んで愚痴をこぼしたりはしません。

また自分主体で会話を進めることは少なく、大体は周りに合わせて会話をします。

ですので、仮に本当に辛くてしんどくて仕方ない時でも、他の人への甘え方がわからず、結果的に自分からは相談ができません。

いつでも楽しそうなのんびりしている人でも、辛い時は必ず何かしらのサインを発しているものですので、周りの人が積極的に話を聞いて、愚痴を聞き出し、力になってあげる必要があります。

そうしなければ、本当に限界がきて潰れてしまいかねません。

人に怒らない

何を指摘されても反論しないことと同じように、逆に何か他人のミスや迷惑をかけられたことがあったとしても、それを指摘して怒るようなことはしません。

この人は自分なりに考えてやってるんだから仕方ないよねと解釈し、相手の意思を尊重します。

何を考えているかわからない

世の中、良いことがあったら見るからに上機嫌になる人や、嫌なことがあったら不機嫌を振りまく人等、何を考えているのかとてもわかりやすい人が多くいらっしゃいます。

しかしマイペースな人はそのような一時の感情に捉われることがないため、いつも一定のテンションで生活をします。

例え良いことがあっても悪いことがあってもいつもと変わらないテンションで行動をするため、周りからすると何を考えているのかがわからないミステリアスな印象となります。

クヨクヨと引きずらない

上記で何度か触れていますが、基本的に一時の感情に支配されることなく、いつも自分のペースを守って行動をしているため、何か嫌なことがあったとしてもそれを引きずることはありません。

仮に上司からの指導を受けたとしても、次の瞬間から普段通りに振る舞うことができます。

人を疑わない

マイペースな人は、人に悪いことをしてやろうとかこの人は何が目的なんだろうかとか、そういった打算や計算の中には生きていません。

他人がこうだから自分はこうしておこうと言った計算をして行動することはなく、その時に自分がいいと思ったように行動をします。

ですので、他人を疑うこともなく、その人の言っていることがいいと思ったらその通りにする、というようにフットワークの軽い行動を取ることができます。

グループラインで反応がない

現代的な特徴として、ラインでのグループトークにて、既読はついても反応がない人が多く見られます。

翌日会った時に返事してよと声を掛けると、本人はみんなの会話を見ているだけて楽しく、それで満足をしているからわざわざ会話に入ることもない、と言います。

のんびりした方は、普通の人とは違ったところで会話を楽しんでくれているものです。

特定のものに強い興味を示す

のんびりしている方に何かを進めても、基本的には反応が薄いことが多いです。

しかし一度興味を示すと誰よりもどっぷりとハマり込み、気付けば周りの誰よりものめり込んで取り組みます。

そして自分の興味を持った分野に関して、誰も追いつけないレベルにまで達する天才的な部分も持ち合わせています。

心が豊か

上記でも幾度と書きましたが、結局計算や打算のない、自然体で普段から行動をしています。

そのため、心が荒むことがなく、また感情に振り回されて消耗することもなく、純粋な気持ちで人々と接することができます。

普通、大多数の人間は大人になればなるほど、清濁を合わせ飲まなければならない状況にぶつかります。

そうやってどんどん心が荒んで疲れていきます。

そんな社会のなかで、荒んでいない清らかな心を持ち続けることのできるマイペースな人は、一際輝き、心が豊かな魅力的な人に見えるのです。

のんびりしている人は魅力的に見えることが多いです。

特に大人になってものんびりマイペースに生きることのできている人は、一際目立って輝いて見えることでしょう。

それだけ、現代社会は自分のペースでのんびり生きていくことが難しいのです。

そんなのんびりしている人も辛くて逃げたくなってしまうこともありますが、周りに頼ることができないことも特徴です。

現代社会において非常に珍しくまた魅力的な存在である人を潰してしまわないためにも、周りの人間がしっかりとフォローして助けてあげて、そしてのんびりとした雰囲気に癒されて、共に支えながら生きていくことが非常に重要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-