【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114507.html
ケアレスミスが多い人の特徴

ケアレスミスが多い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ケアレスミスが多い人の特徴

人間であれば、誰でもミスはするもの。

人間工学ではケアレスミスのことを「ヒューマンエラー」と呼んでいて、これは防ぎようのないものとされています。

でも、よくミスをする人もいれば、あまりミスをしない人もいますよね。

特にうっかりや不注意によって起こるケアレスミスを、頻繁に引き起こしてしまう人は、日常生活にいろいろと支障をきたしてしまいます。

そんなケアレスミスの多い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

また、その心理や原因について、挙げていきます。

  • スケジュール管理が下手
  • 環境が整えられていない
  • 集中力を持続できない
  • 他のことに意識が向いている
  • 楽観的すぎる
  • 危機感をもっていない
  • 自信過剰
  • 開き直りの傾向がある
  • 事前準備ができていない
  • 人任せにする
  • 負の連鎖
  • 自省できていない
  • 癖がある
  • 全身を使えていない
  • メモをとらない
  • 寝不足状態である
  • 精神的に余裕がない状態
  • 連休明けにはケアレスミスが増える
  • 体調不良である
  • 満腹状態である
  • まとめ

1. スケジュール管理が下手

スケジュール管理が下手

何か作業をするときに、その作業の全体像が把握できてない状態で、手当たり次第で作業を進めようとしてしまう人であったり、スケジュールを上手く立てられない人はケアレスミスをしやすいです。

計画性を持って行動することで、自分の行うことの先読みもできますし、それでケアレスミスの予防もできます。

2. 環境が整えられていない

環境が整えられていない

勉強や仕事をする際に、大事なのは環境です。

片づけができてないデスクでは、注意散漫してしまい、ケアレスミスが多くなります。

ケアレスミスを防ぐためには、集中できる環境、つまり、整理された状態が必要です。

3. 集中力を持続できない

集中力を持続できない

集中力がなければ、仕事でミスをしやすくなります。

我慢することに慣れていなかったり、忍耐力がないがないと、集中力も切れやすく、ケアレスミスを起こしやすくなります。

4. 他のことに意識が向いている

他のことに意識が向いている

何か心配ごとがあったり、ストレスを抱えていたりと、他のことに気を取られていると、今目の前の意識を向けなければいけないことに意識を向けられずに、ケアレスミスを起こしてしまいます。

常に気にかかることがあると、無意識のうちに頭のどこかでそのことばかり考えてしまっていて、本人も気づかないうちに気の抜けた状態になっている場合もあります。

5. 楽観的すぎる

楽観的すぎる

楽観的なことは、良いことではありますが、それも度が過ぎてしまうと、ただの責任がない人になりますよね。

ケアレスミスを起こしてしまった場合に、楽観的に受け止めて、次に起こらないように気を付けようと思えるのであれば良いのですが、余りに楽観的すぎるのであれば、注意が必要です。

「ケアレスミスは誰でもあるものだから仕方がない」「ミスと言っても些細なケアレスミスだから大丈夫だろう」「この程度にケアレスミスくらいなんとかなるだろう」などと、楽観的すぎるあまりに軽く受け止めてしまうと、ケアレスミスが増えていきます。

6. 危機感をもっていない

危機感をもっていない

大きなミスであれば、それだけ大きな問題にもなりますし、責任も重く感じるものです。

しかし、これが些細なケアレスミスになってくると、重大なこととは受け止めず、軽く捉えてしまうことがあります。

「これくらいのことであればなんとかなるか」などと、そうした危機感のなさが、またケアレスミスを生み出してしまいます。

7. 自信過剰

自信過剰

ケアレスミスを防ぐための意識が低い人に多いのが、自身過剰であるということ。

自分に自信がない人であったり、慎重派な性格の人は、事前に自分の頭の中でよく考えたり、事前に下調べをしたりと、身構えて物事に挑みます。

それが、自身過剰な人となれは、事前の意識が欠けてしまい、ケアレスミスが多くなります。

8. 開き直りの傾向がある

開き直りの傾向がある

「どうしてもケアレスミスはやってしまうんだよな」「自分ってケアレスミスが多いタイプだから仕方ないんだよな」などと、自分のことをケアレスミスをしてしまっても仕方ないタイプの人間なのだと認めてしまっていると、治せるものも治せません。

9. 事前準備ができていない

事前準備ができていない

一般人にはできないようなすごいことを成し遂げてしまうプロであっても、基礎練習やウォーミングアップは必ず行いますよね。

それと同じで、ケアレスミスを防ぐための対策をしていない状態で何かに挑むと、ケアレスミスは多くなるものです。

事前にしっかりと準備してから、物事に取り掛かることで、ケアレスミスは防ぐこともできます。

10. 人任せにする

人任せにする

ケアレスミスが多い人は、それカバーしてくる同僚であったり、フォローしてくれる上司に甘えてしまっているという人もいます。

自分が多少ミスをしても、他の人の力によって結果的には問題がないということになれば、その状況にも慣れてしまいます。

このように人任せにすることが身についてしまうと、ケアレスミスはどんどん増えていきます。

誰かに頼ることももちろん必要ですが、最終チェックなどのダブルチェックなど必要最低限のことを依頼するようにして、基本的には自分の力でミスを見直すことで、ケアレスミスを防ぎましょう。

11. 負の連鎖

負の連鎖

ケアレスミスを起こしてしまった際に、上司から指摘されて落ち込んでしまったり、怒られるのが怖くてビクビクしていると、またケアレスミスが増えてしまいます。

ケアレスミスを起こしてしまったことによってまた余計な仕事を増やしてしまったりして、負の連鎖が続いてしまいます。

マイナスなことばかり考えてしまうと、仕事に身が入らず、ケアレスミスが増えてしまいますので、気持ちをうまく切り替えることも大切です。

12. 自省できていない

自省できていない

ケアレスミスを起こしてしまったあとに、きちんとそのミスを見直して、自身で反省することによって、また同じようなケアレスミスを防ぐことに繋がります。

そうした見直しや反省ができていない人は、また同じようなケアレスミスを繰り返して連発させてしまいます。

13. 癖がある

癖がある

ルーチンワークであったり、普段からやり慣れたことに対しては、いい加減になってしまったり、意識的に行うのではなく、慣れで作業を行うことがあります。

そうした中で、自分では気づいていない癖がついてしまっていると、なかなか治せない上に、いつまでもケアレスミスを犯してしまいます。

いつも繰り返して行っている作業で、自覚のない癖がついてしまっていないかどうか、一度確認してみてはどうでしょうか。

ケアレスミスを減らすには、自分のパターンを把握することが重要です。

14. 全身を使えていない

全身を使えていない

例えば、何かを見直すなど、自分でチェックを行うとき、ただ単に目で追うだけよりも、口に出して読み上げる方が、より意識的に確認することができますよね。

電車の運転手や、工場での機械点検など、専門的に安全確認を行われる際にも、指差し確認と言って、確認すべき点を指差しして意識を高められます。

このように、声に出すことや、指差しをするなど、全身を使って確認をすることでケアレスミスを減らすことができます。

15. メモをとらない

メモをとらない

あまりメモを取ったり、記録に残さないタイプの人は、ケアレスミスが多い傾向にあります。

後から見直すことをせず、やりっぱなしである人はメモを取ったりしません。

そういう人は、同じミスを繰り返したりと、ケアレスミスが多くなります。

16. 寝不足状態である

寝不足状態である

前の晩に夜更かしをしたりと、睡眠が十分にとれていない状態では、授業に集中できなくて居眠りしそうになったり、眠気がひどく睡魔が襲って来てぼーっとしてしまったりと、頭が働かない状態にあります。

そんな状態で何かを行っても、ケアレスミスが多くなってしまいます。

17. 精神的に余裕がない状態

精神的に余裕がない状態

やることが多すぎて 仕事に追われていたり、明日までに課題を提出しなければならないのに前日になっても全く手をつけられていないなど、余裕がなく焦った状態で行うと、ケアレスミスも増えてしまいます。

ゆとりをもって、見直しまでちゃんと行える時間の確保と気持ちのゆとりは大切です。

18. 連休明けにはケアレスミスが増える

連休明けにはケアレスミスが増える

連休明けや長休暇を取った後に、久しぶり現場に戻ってみると、ケアレスミスが多いなんてことを感じる人もいるのではないでしょうか。

正月休みのダラダラした気分が抜けずにいることを正月ボケなんて表現したりしますが、いつもよりも多く休みをとって、リラックスした状態から戻って来た時にはいつもよりもより注意が必要です。

19. 体調不良である

体調不良である

体調管理は社会人の基本なんてよく言われていますが、これは、急に休むことになって仕事に支障をきたしたり、周囲に迷惑をかけてはいけないという意味でよく使われますが、体調不良はケアレスミスが増える原因でもあります。

せきやくしゃみをすることでも、ほんの一瞬だけですが作業が一時停止されますし、そのせきやくしゃみが頻繁に出るとなると、ケアレスミスに繋がります。

鼻水だって気になり出すと、意識がそちら傾いてしまいますし、腹痛や頭痛が起こってしまうと、自分でコントロールすることが難しくなります。

そんな状態で何かに取り組んでも、100%の力を発揮することができないだけでなく、ケアレスミスが多くなりむしろマイナスですね。

20. 満腹状態である

満腹状態である

満腹すぎると、食べたものを消化するために体中の血液が消化器官に集まって消化作業にあてられるので、脳に血液が回らず、集中力が低下してしまいます。

お昼ごはんを食べた後、午後から眠たくなるというのも、このような要因があります。

一度に食べる量をコントロールすることによって、適度な満腹感を得るようにしましょう。

まとめ

ケアレスミスは、要因が些細な不注意ということが多く、発生ベースでは軽視されがちですが、塵も積もれば山となるというように、ケアレスミスが多くなると、簡単に見過ごしてはいけなくなります。

ケアレスミスをしてしまうことはあったとして、ケアレスミスが多くなってしまうことは、それは欠点になります。

ケアレスミスの多い人に共通するのが、自己管理ができていないという点ではないでしょうか。

まずは、自分のことをよく知るということが大事です。

セルフマネジメント能力を身に着けることにとって、日々の生活の中でもケアレスミスを減らすことにも繋がります。

人間であれば、誰でもミスはするもの。

人間工学ではケアレスミスのことを「ヒューマンエラー」と呼んでいて、これは防ぎようのないものとされています。

でも、よくミスをする人もいれば、あまりミスをしない人もいますよね。

特にうっかりや不注意によって起こるケアレスミスを、頻繁に引き起こしてしまう人は、日常生活にいろいろと支障をきたしてしまいます。

そんなケアレスミスの多い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

また、その心理や原因について、挙げていきます。


スケジュール管理が下手

何か作業をするときに、その作業の全体像が把握できてない状態で、手当たり次第で作業を進めようとしてしまう人であったり、スケジュールを上手く立てられない人はケアレスミスをしやすいです。

計画性を持って行動することで、自分の行うことの先読みもできますし、それでケアレスミスの予防もできます。

環境が整えられていない

勉強や仕事をする際に、大事なのは環境です。

片づけができてないデスクでは、注意散漫してしまい、ケアレスミスが多くなります。

ケアレスミスを防ぐためには、集中できる環境、つまり、整理された状態が必要です。

集中力を持続できない

集中力がなければ、仕事でミスをしやすくなります。

我慢することに慣れていなかったり、忍耐力がないがないと、集中力も切れやすく、ケアレスミスを起こしやすくなります。

他のことに意識が向いている

何か心配ごとがあったり、ストレスを抱えていたりと、他のことに気を取られていると、今目の前の意識を向けなければいけないことに意識を向けられずに、ケアレスミスを起こしてしまいます。

常に気にかかることがあると、無意識のうちに頭のどこかでそのことばかり考えてしまっていて、本人も気づかないうちに気の抜けた状態になっている場合もあります。

楽観的すぎる

楽観的なことは、良いことではありますが、それも度が過ぎてしまうと、ただの責任がない人になりますよね。

ケアレスミスを起こしてしまった場合に、楽観的に受け止めて、次に起こらないように気を付けようと思えるのであれば良いのですが、余りに楽観的すぎるのであれば、注意が必要です。

「ケアレスミスは誰でもあるものだから仕方がない」「ミスと言っても些細なケアレスミスだから大丈夫だろう」「この程度にケアレスミスくらいなんとかなるだろう」などと、楽観的すぎるあまりに軽く受け止めてしまうと、ケアレスミスが増えていきます。

危機感をもっていない

大きなミスであれば、それだけ大きな問題にもなりますし、責任も重く感じるものです。

しかし、これが些細なケアレスミスになってくると、重大なこととは受け止めず、軽く捉えてしまうことがあります。

「これくらいのことであればなんとかなるか」などと、そうした危機感のなさが、またケアレスミスを生み出してしまいます。

自信過剰

ケアレスミスを防ぐための意識が低い人に多いのが、自身過剰であるということ。

自分に自信がない人であったり、慎重派な性格の人は、事前に自分の頭の中でよく考えたり、事前に下調べをしたりと、身構えて物事に挑みます。

それが、自身過剰な人となれは、事前の意識が欠けてしまい、ケアレスミスが多くなります。

開き直りの傾向がある

「どうしてもケアレスミスはやってしまうんだよな」「自分ってケアレスミスが多いタイプだから仕方ないんだよな」などと、自分のことをケアレスミスをしてしまっても仕方ないタイプの人間なのだと認めてしまっていると、治せるものも治せません。

事前準備ができていない

一般人にはできないようなすごいことを成し遂げてしまうプロであっても、基礎練習やウォーミングアップは必ず行いますよね。

それと同じで、ケアレスミスを防ぐための対策をしていない状態で何かに挑むと、ケアレスミスは多くなるものです。

事前にしっかりと準備してから、物事に取り掛かることで、ケアレスミスは防ぐこともできます。

人任せにする

ケアレスミスが多い人は、それカバーしてくる同僚であったり、フォローしてくれる上司に甘えてしまっているという人もいます。

自分が多少ミスをしても、他の人の力によって結果的には問題がないということになれば、その状況にも慣れてしまいます。

このように人任せにすることが身についてしまうと、ケアレスミスはどんどん増えていきます。

誰かに頼ることももちろん必要ですが、最終チェックなどのダブルチェックなど必要最低限のことを依頼するようにして、基本的には自分の力でミスを見直すことで、ケアレスミスを防ぎましょう。

負の連鎖

ケアレスミスを起こしてしまった際に、上司から指摘されて落ち込んでしまったり、怒られるのが怖くてビクビクしていると、またケアレスミスが増えてしまいます。

ケアレスミスを起こしてしまったことによってまた余計な仕事を増やしてしまったりして、負の連鎖が続いてしまいます。

マイナスなことばかり考えてしまうと、仕事に身が入らず、ケアレスミスが増えてしまいますので、気持ちをうまく切り替えることも大切です。

自省できていない

ケアレスミスを起こしてしまったあとに、きちんとそのミスを見直して、自身で反省することによって、また同じようなケアレスミスを防ぐことに繋がります。

そうした見直しや反省ができていない人は、また同じようなケアレスミスを繰り返して連発させてしまいます。

癖がある

ルーチンワークであったり、普段からやり慣れたことに対しては、いい加減になってしまったり、意識的に行うのではなく、慣れで作業を行うことがあります。

そうした中で、自分では気づいていない癖がついてしまっていると、なかなか治せない上に、いつまでもケアレスミスを犯してしまいます。

いつも繰り返して行っている作業で、自覚のない癖がついてしまっていないかどうか、一度確認してみてはどうでしょうか。

ケアレスミスを減らすには、自分のパターンを把握することが重要です。

全身を使えていない

例えば、何かを見直すなど、自分でチェックを行うとき、ただ単に目で追うだけよりも、口に出して読み上げる方が、より意識的に確認することができますよね。

電車の運転手や、工場での機械点検など、専門的に安全確認を行われる際にも、指差し確認と言って、確認すべき点を指差しして意識を高められます。

このように、声に出すことや、指差しをするなど、全身を使って確認をすることでケアレスミスを減らすことができます。

メモをとらない

あまりメモを取ったり、記録に残さないタイプの人は、ケアレスミスが多い傾向にあります。

後から見直すことをせず、やりっぱなしである人はメモを取ったりしません。

そういう人は、同じミスを繰り返したりと、ケアレスミスが多くなります。

寝不足状態である

前の晩に夜更かしをしたりと、睡眠が十分にとれていない状態では、授業に集中できなくて居眠りしそうになったり、眠気がひどく睡魔が襲って来てぼーっとしてしまったりと、頭が働かない状態にあります。

そんな状態で何かを行っても、ケアレスミスが多くなってしまいます。

精神的に余裕がない状態

やることが多すぎて 仕事に追われていたり、明日までに課題を提出しなければならないのに前日になっても全く手をつけられていないなど、余裕がなく焦った状態で行うと、ケアレスミスも増えてしまいます。

ゆとりをもって、見直しまでちゃんと行える時間の確保と気持ちのゆとりは大切です。

連休明けにはケアレスミスが増える

連休明けや長休暇を取った後に、久しぶり現場に戻ってみると、ケアレスミスが多いなんてことを感じる人もいるのではないでしょうか。

正月休みのダラダラした気分が抜けずにいることを正月ボケなんて表現したりしますが、いつもよりも多く休みをとって、リラックスした状態から戻って来た時にはいつもよりもより注意が必要です。

体調不良である

体調管理は社会人の基本なんてよく言われていますが、これは、急に休むことになって仕事に支障をきたしたり、周囲に迷惑をかけてはいけないという意味でよく使われますが、体調不良はケアレスミスが増える原因でもあります。

せきやくしゃみをすることでも、ほんの一瞬だけですが作業が一時停止されますし、そのせきやくしゃみが頻繁に出るとなると、ケアレスミスに繋がります。

鼻水だって気になり出すと、意識がそちら傾いてしまいますし、腹痛や頭痛が起こってしまうと、自分でコントロールすることが難しくなります。

そんな状態で何かに取り組んでも、100%の力を発揮することができないだけでなく、ケアレスミスが多くなりむしろマイナスですね。

満腹状態である

満腹すぎると、食べたものを消化するために体中の血液が消化器官に集まって消化作業にあてられるので、脳に血液が回らず、集中力が低下してしまいます。

お昼ごはんを食べた後、午後から眠たくなるというのも、このような要因があります。

一度に食べる量をコントロールすることによって、適度な満腹感を得るようにしましょう。

ケアレスミスは、要因が些細な不注意ということが多く、発生ベースでは軽視されがちですが、塵も積もれば山となるというように、ケアレスミスが多くなると、簡単に見過ごしてはいけなくなります。

ケアレスミスをしてしまうことはあったとして、ケアレスミスが多くなってしまうことは、それは欠点になります。

ケアレスミスの多い人に共通するのが、自己管理ができていないという点ではないでしょうか。

まずは、自分のことをよく知るということが大事です。

セルフマネジメント能力を身に着けることにとって、日々の生活の中でもケアレスミスを減らすことにも繋がります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-