【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114501.html
うんざりする人の特徴

うんざりする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
うんざりする人の特徴

世間にはうんざりするタイプの人がいます。

そして往々にしてそういう人は他の人にもうんざりするな、と思われていたりします。

そうした人にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 他人の悪口ばかり言う
  • 愚痴ばかり言う
  • 非現実的な妄想ばかり口にする
  • 自分が不幸だと強調する
  • 他人を見下す
  • 話がつまらない
  • ノリが悪い
  • 空気が読めない
  • 他人の話をきちんと聞かない
  • 自慢ばかりする
  • 約束を守らない
  • 思ったことをすぐ口にする
  • すぐ根に持つ
  • まとめ

1. 他人の悪口ばかり言う

他人の悪口ばかり言う

学校や職場で他人の悪口を言いたくなることはありますが、悪口ばかり言う人にはうんざりしてしまいます。

ささいなことでも大げさに表現して悪口を延々言っているような人や、自分が直接体験していないことなのに、人から悪口のネタを仕入れてそれをずっと広めている人にはうんざりしてしまいます。

悪口ばかり言われるとその場が暗い雰囲気、ネガティヴな雰囲気になってしまうのです。

2. 愚痴ばかり言う

愚痴ばかり言う

学校や職場などでストレスがたまると誰かに愚痴の1つもいいたくなります。

そうしたガス抜きでストレス発散をするのも大切ですし、ある程度は世間で行われていることです。

しかしながら愚痴ばかり聞かされていると嫌な気分になりますし、「愚痴ばかり言わないで具体的な解決策を考えたらいいのに」と思ってしまいます。

その意味で愚痴ばかり言うひとはうんざりします。

3. 非現実的な妄想ばかり口にする

非現実的な妄想ばかり口にする

前向きな夢を語ったりリアリティのある目標を語ったりするのであればポジティブですし、聞いている方もワクワクするかもしれません。

しかしながら非現実的な妄想だと聞かされても楽しくありません。

「明日宝くじが当たったら○○する」「芸能人の××と結婚できたらこんなデートがしたい」など非現実的な妄想を吐いてくる人にはどうしてもうんざりしてしまうのです。

4. 自分が不幸だと強調する

自分が不幸だと強調する

世の中には色んな不幸があり不幸な人がいます。

しかしそれを周りに語り、さも「私って不幸でしょう」と言わんばかりに強調されると「あまり話したくないな」と思ってしまいます。

「たしかに不幸だろうけど世間にはもっと不幸な人もいるでしょう」と思ってしまいうんざりしてしまうのです。

そういう人は不幸自慢をし続けることで努力しない言い訳をしているのです。

5. 他人を見下す

他人を見下す

ルックス、頭の良さ、家柄など何で他人を見下すかは場合によりますが、他人を見下すような人にはうんざりしてしまいます。

そうした人は大抵自分より上のランクの人には卑屈になりますし、いつでも他人をランク付けしているような傾向があります。

どうしてもそれが鼻に付いてしまい他人をうんざりさせるのです。

6. 話がつまらない

話がつまらない

当然ですが、面白い話には自然と耳を傾けてしまうものです。

逆につまらない話を延々とする人にはうんざりしてしまいます。

これはお笑いの「オチ」があるかどうかということに限らず何かその話を聞いて、聞き手が役に立つ話であったり「へえー」と思える話だったらよいのです。

そうしたポイントもなく、ただただ起こったことを話し続けるような人や何回もした話を繰り返すような人はうんざりしてしまいます。

7. ノリが悪い

ノリが悪い

グループ内で、ちょっとしたきっかけで「○○へ行こう」という流れになった時一人だけ反対するような人、そしてクラスや職場のみんなで決めたことにあとで個人的な理由で従わないような人はノリが悪く、あまり付き合いたくないなと感じます。

すなわちうんざりしてしまうということです。

8. 空気が読めない

空気が読めない

空気が読めない人というのは当然ですが周りに嫌な思いをさせてしまいます。

場違いな発言をしてしまったり、ちょっとした振る舞いで雰囲気を悪くしてしまう人にはうんざりします。

大抵クラスや職場には空気が読めてうまくフォローしてくれる人がいたりして、雰囲気を改善してくれたりするのですが、空気が読めない人というのはそうした人にも感謝できないのでその点もうんざりします。

9. 他人の話をきちんと聞かない

他人の話をきちんと聞かない

自分の話は延々するのに、他人が話し出すと相槌もうたず、適当に聞く人がいます。

そういう人は自己中心的というか相手に配慮ができない人だといえます。

また他人が忠告してくれてもきちんとそれに耳を傾けず話半分にきいてしまう人も同様です。

そうした人は「こいつに話をしても無駄だ」と思わせてしまうので周りをうんざりさせてしまいます。

10. 自慢ばかりする

自慢ばかりする

自慢話というのは、「すごい!」と思えることもありますが、基本的には聞き手にとってつまらないものです。

発展性がない、というか自慢話を聞かされたからといって何か双方にとってプラスの要素がないのです。

そうした自慢話をずっとしてくる人というのはうんざりしてしまいます。

中には自分の自慢だけではなく、友達の自慢、家族の自慢をしてくる人までいます。

会ったこともない他人の自慢は余計うんざりしてしまいます。

11. 約束を守らない

約束を守らない

約束には些細なものから重要なものまでありますが、約束を守らない人というのはうんざりします。

なぜならその人は信用できないということですから、関わっているといつか嫌な思いをさせられる可能性が高いからです。

約束を守らない人は、あまり約束を真剣に捉えずにいることが多いですが、そうした態度もうんざりするのです。

12. 思ったことをすぐ口にする

思ったことをすぐ口にする

やはり一度口から出た言葉というのはもう戻すことはできません。

ですから、だれでも発言には常に気を配らなければなりません。

思ったことをすぐに口にする人は簡単に人を傷つけますし、人を不快にします。

その意味で思ったことをすぐ口にする人はうんざりします。

また、そういう人は無意識に行動しているので注意してもなかなか治らない点も厄介です。

13. すぐ根に持つ

すぐ根に持つ

他人に何かされて腹が立ったというのは誰でも1つや2つ記憶にあると思いますが、それをいつまでもグチグチと言ってくるような根に持つような人はうんざりします。

言われた方は、それを言われたからと言って今更どうしようもないこともあるからです。

他人に何かしてもらった恩を覚えているのだったら良いですが、ネガティヴなことをいつまでも覚えているような人は嫌気がさします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

うんざりする、というポイントにはそれぞれ個人差があると思いますが上記のようなポイントがうんざりすることに関しては賛成が得られるものと思います。

自分自身、知らず識らずに他人をうんざりさせることがないようにしたいです。

世間にはうんざりするタイプの人がいます。

そして往々にしてそういう人は他の人にもうんざりするな、と思われていたりします。

そうした人にはどんな特徴があるのでしょうか。


他人の悪口ばかり言う

学校や職場で他人の悪口を言いたくなることはありますが、悪口ばかり言う人にはうんざりしてしまいます。

ささいなことでも大げさに表現して悪口を延々言っているような人や、自分が直接体験していないことなのに、人から悪口のネタを仕入れてそれをずっと広めている人にはうんざりしてしまいます。

悪口ばかり言われるとその場が暗い雰囲気、ネガティヴな雰囲気になってしまうのです。

愚痴ばかり言う

学校や職場などでストレスがたまると誰かに愚痴の1つもいいたくなります。

そうしたガス抜きでストレス発散をするのも大切ですし、ある程度は世間で行われていることです。

しかしながら愚痴ばかり聞かされていると嫌な気分になりますし、「愚痴ばかり言わないで具体的な解決策を考えたらいいのに」と思ってしまいます。

その意味で愚痴ばかり言うひとはうんざりします。

非現実的な妄想ばかり口にする

前向きな夢を語ったりリアリティのある目標を語ったりするのであればポジティブですし、聞いている方もワクワクするかもしれません。

しかしながら非現実的な妄想だと聞かされても楽しくありません。

「明日宝くじが当たったら○○する」「芸能人の××と結婚できたらこんなデートがしたい」など非現実的な妄想を吐いてくる人にはどうしてもうんざりしてしまうのです。

自分が不幸だと強調する

世の中には色んな不幸があり不幸な人がいます。

しかしそれを周りに語り、さも「私って不幸でしょう」と言わんばかりに強調されると「あまり話したくないな」と思ってしまいます。

「たしかに不幸だろうけど世間にはもっと不幸な人もいるでしょう」と思ってしまいうんざりしてしまうのです。

そういう人は不幸自慢をし続けることで努力しない言い訳をしているのです。

他人を見下す

ルックス、頭の良さ、家柄など何で他人を見下すかは場合によりますが、他人を見下すような人にはうんざりしてしまいます。

そうした人は大抵自分より上のランクの人には卑屈になりますし、いつでも他人をランク付けしているような傾向があります。

どうしてもそれが鼻に付いてしまい他人をうんざりさせるのです。

話がつまらない

当然ですが、面白い話には自然と耳を傾けてしまうものです。

逆につまらない話を延々とする人にはうんざりしてしまいます。

これはお笑いの「オチ」があるかどうかということに限らず何かその話を聞いて、聞き手が役に立つ話であったり「へえー」と思える話だったらよいのです。

そうしたポイントもなく、ただただ起こったことを話し続けるような人や何回もした話を繰り返すような人はうんざりしてしまいます。

ノリが悪い

グループ内で、ちょっとしたきっかけで「○○へ行こう」という流れになった時一人だけ反対するような人、そしてクラスや職場のみんなで決めたことにあとで個人的な理由で従わないような人はノリが悪く、あまり付き合いたくないなと感じます。

すなわちうんざりしてしまうということです。

空気が読めない

空気が読めない人というのは当然ですが周りに嫌な思いをさせてしまいます。

場違いな発言をしてしまったり、ちょっとした振る舞いで雰囲気を悪くしてしまう人にはうんざりします。

大抵クラスや職場には空気が読めてうまくフォローしてくれる人がいたりして、雰囲気を改善してくれたりするのですが、空気が読めない人というのはそうした人にも感謝できないのでその点もうんざりします。

他人の話をきちんと聞かない

自分の話は延々するのに、他人が話し出すと相槌もうたず、適当に聞く人がいます。

そういう人は自己中心的というか相手に配慮ができない人だといえます。

また他人が忠告してくれてもきちんとそれに耳を傾けず話半分にきいてしまう人も同様です。

そうした人は「こいつに話をしても無駄だ」と思わせてしまうので周りをうんざりさせてしまいます。

自慢ばかりする

自慢話というのは、「すごい!」と思えることもありますが、基本的には聞き手にとってつまらないものです。

発展性がない、というか自慢話を聞かされたからといって何か双方にとってプラスの要素がないのです。

そうした自慢話をずっとしてくる人というのはうんざりしてしまいます。

中には自分の自慢だけではなく、友達の自慢、家族の自慢をしてくる人までいます。

会ったこともない他人の自慢は余計うんざりしてしまいます。

約束を守らない

約束には些細なものから重要なものまでありますが、約束を守らない人というのはうんざりします。

なぜならその人は信用できないということですから、関わっているといつか嫌な思いをさせられる可能性が高いからです。

約束を守らない人は、あまり約束を真剣に捉えずにいることが多いですが、そうした態度もうんざりするのです。

思ったことをすぐ口にする

やはり一度口から出た言葉というのはもう戻すことはできません。

ですから、だれでも発言には常に気を配らなければなりません。

思ったことをすぐに口にする人は簡単に人を傷つけますし、人を不快にします。

その意味で思ったことをすぐ口にする人はうんざりします。

また、そういう人は無意識に行動しているので注意してもなかなか治らない点も厄介です。

すぐ根に持つ

他人に何かされて腹が立ったというのは誰でも1つや2つ記憶にあると思いますが、それをいつまでもグチグチと言ってくるような根に持つような人はうんざりします。

言われた方は、それを言われたからと言って今更どうしようもないこともあるからです。

他人に何かしてもらった恩を覚えているのだったら良いですが、ネガティヴなことをいつまでも覚えているような人は嫌気がさします。

いかがだったでしょうか。

うんざりする、というポイントにはそれぞれ個人差があると思いますが上記のようなポイントがうんざりすることに関しては賛成が得られるものと思います。

自分自身、知らず識らずに他人をうんざりさせることがないようにしたいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-