【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114446.html
頼りになる人の特徴

頼りになる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
頼りになる人の特徴

仕事でもプライベートでも、悩みというものはいつでも尽きないものです。

何か思い詰まった時、困った時、身の回りに頼りになる人がいればとても心強いですし、それに甘えてそれこそがっつり頼ってしまうことも多いはず。

今回はどんな人が頼りになると思われるのか、頼りになる人の特徴をみていきましょう。

  • 計画性がある
  • 冷静である
  • 器用である
  • 思いやりがある
  • 頭の回転が速い
  • マナーや常識を知っている
  • 明るくて前向きである
  • リーダーシップがある
  • TPOに気遣い、空気が読める
  • 体力や気力に満ちている
  • 忍耐力がある
  • 生活力がある
  • 自分の弱点や欠点を理解している
  • 決断力がある
  • 問題点を指摘してくれる
  • 物事の先を見通すことができる。
  • 芯がある
  • 自分に自信がある
  • 悩んでいる時、背中を押してくれる
  • 物事の考え方がポジティブ
  • 経験が豊富である
  • 適切なアドバイスをしてくれる
  • 堂々としている
  • ネガティブなことを言わない
  • 豊富な知識を持っている
  • まとめ

1. 計画性がある

計画性がある

計画性のある人は頼りになります。

何事も猪突猛進で、無計画に行動されると、不安で心配になるものです。

また、計画をして物事を進めた方が成功率も上がり、安定した行動ができます。

生活において仕事において、計画性のある人がパートナーだととても頼もしいのです。

2. 冷静である

冷静である

冷静に判断できる人は、頼りになります。

感情的で、喜怒哀楽激しい人は、つい気分のままに行動してしまい失敗も多いです。

また、感情の激しさに振り回されて、疲れてしまうこともあります。

問題にぶつかったり、トラブルに逢った時は、冷静なアクションをとれる人に頼りましょう。

3. 器用である

器用である

器用な人もとても頼りになります。

たとえば、何かをみんなで創作する時、器用な人がいるととても助かります。

また、電気や水道などライフラインや、電化製品や生活用品が壊れた時に修理できる人がいると、とても頼りになるでしょう。

このような器用で技術力がある人が傍にいると、助かる場面が多いのです。

逆に不器用で、機械音痴の人がパートナーだと、すぐに物が壊れたり、上手く使いこなせなかったりと弊害も多いのです。

4. 思いやりがある

思いやりがある

思いやりがある人も頼りになります。

誰かが困っている時に、すぐに手を貸して助けられる人や、多くの人に気を配った行動ができる人、ボランティアなどの慈善活動にいつも参加する人など、優しさがあり配慮ができる人も、とても頼もしいのです。

少し、お人よしで、八方美人とらえられる時もありますが、誰にでも優しくできる人はとても貴重で、素晴らしい人なのです。

5. 頭の回転が速い

頭の回転が速い

頭の回転が速い人も頼りになります。

計画を立てる時、作戦を練る時、とっさの行動をとる時などに、頭の回転が速く、さまざまな側面から思考し、最良の方法をとれる人がいる助かります。

チームにおいて、参謀役やサポート役に回るととても頼もしいでしょう。

また、頭の回転が速いということは、危険回避力が高いともいえます。

さまざまなリスクや問題に対処しつつ、危険を避けることができるので、パートナーにいるととても助かるのです。

6. マナーや常識を知っている

マナーや常識を知っている

マナーや常識を知っている人も、頼りになります。

冠婚葬祭の場において、いざ行動しようとしても、上手くいかなかったり、戸惑ってしまうことも多いです。

そんな時に、マナーを知っている友人やパートナーがいると、様々な場面で教えてもらったり、指摘してもらえるのでとても助かります。

大切な場で失敗したり、恥をかいたりしなくなり、周囲の評価も上がり安くなるでしょう。

逆に、常識知らずの人が近しい人だと困ることも多いのです。

人前で、マナーに違反する行為をされた時、いたたまれなくなったり、申し訳ない気持ちでいっぱいになったりしてしまいます。

7. 明るくて前向きである

明るくて前向きである

明るくて前向きな正確な人は、頼りがいがあります。

失敗するたびに、くよくよされ、落ち込んだ気持ちが続いていると、周囲の人間も引きずられ、組織やチーム全体が暗くなりがちです。

反省することはもちろん必要ですが、切り替えの早さも時には大切です。

明るく前向きに振る舞い、全体を鼓舞し盛り上げられる人がいると、組織の雰囲気も良くなるのです。

8. リーダーシップがある

リーダーシップがある

リーダーシップがある人も頼りになります。

周囲を見渡し、何をすべきか、何を考えるべきかが分かり、全体を引っ張っていける人に、多くの人はついていきます。

また、さまざまな意見を聞いてまとめ、組織の指針を決められる人も大切です。

思いやりを持ちながらも、最後には決断できるリーダーを皆が求めているのです。

9. TPOに気遣い、空気が読める

TPOに気遣い、空気が読める

TPOに気を遣い、空気が読める人も頼りになります。

TPOに合った行動ができない人は、迷惑になりがちです。

また、空気の読めない行動や、言動をしてしまう人も、周囲を白けさせたり、顰蹙を買うことが多いでしょう。

特に、成人してから、こうしたTPOを考えた行動は常識です。

その常識に反する人は、社会評価が下がり、信用をなくしやすいのです。

10. 体力や気力に満ちている

体力や気力に満ちている

体力や気力に満ちている人も、頼りがいがあります。

いくら知識を持っていて、常識を知っていても、体力がなく、体が弱い人はあまり頼りになりません。

体力面でも安心でき、バイタリティ溢れる人に、他者は惹かれるのです。

体が丈夫で体力がある人の方が、成し遂げることが大きいことも事実です。

そして体を鍛えることで、精神的にも成長し、頑強な人になることが多いのです。

また、見た目の逞しさから、頼りなる印象が出ることも多いでしょう。

11. 忍耐力がある

忍耐力がある

忍耐力がある人は頼りになります。

いくら行動力に溢れる人でも、我慢弱い人は失敗することが多いです。

時に待つこと選び、辛いことや苦しいことに耐え、好機を逃さない人こそが成功するのです。

また、忍耐力があるということは、感情も自制ができるということです。

我慢できずに、すぐキレてしまう人からは、周囲の人間が離れていってしまいます。

耐え忍ぶ力があるからこそ、さまざまなことを継続することができ、多くの目標を達成できるのです。

そんな我慢強い人だからこそ、多くの人が頼るのです。

12. 生活力がある

生活力がある

生活力がある人は頼りになります。

いくら常識を知っていて、成功者であっても、生活力が皆無な人はあまり頼れません。

経済力だけではなく、料理ができる、掃除ができる、洗濯ができる、などの家事力が高く、一人でも生きられる人の方が、頼れるのです。

家事は女子の仕事と言うのはもう古いです。

男女関係なく、生活力があり、自立心の高い人に、多くの人が集まるのです。

13. 自分の弱点や欠点を理解している

自分の弱点や欠点を理解している

頼りなるといっても、完璧で万能な人など存在しません。

誰しも、弱点や欠点をもっています。

自分に足りないものや、反省すべき点を知っている人こそが、自分の長所や得意分野を理解し、生かすことができるのです。

逆に、何事に対しても自信満々な人が、実は虚勢を張っていたなんてこともあるでしょう。

また、自分の欠点を受け入れられるということは、相手の欠点や弱点、痛みや苦しみを理解できるということです。

優秀な指導者というのは、どこかで挫折している人が多いです。

完璧な天才型の自信家の人は、相手の苦労や苦手なことを理解できず、適切な指示をだせないことが多いのです。

14. 決断力がある

決断力がある

自分は決断力がある、と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

何と言っても頼りになる人には決断力があります。

決断力はその強さによっては、他の人をも無意識に従わせるものでもあります。

その人の意思の強さなどを見て、この人についていけば間違いがない、と周りは思うので、その結果頼られることが多いのです。

15. 問題点を指摘してくれる

問題点を指摘してくれる

誰でも、問題点を面と向かって指摘するのは意外と難しかったりします。

仕事関係でもプライベートでも、もしかしたら当事者を不愉快な気にさせてしまうかもしれない、当事者からしたらほんの小さなことなのかもしれない、と身構えてしまうからです。

ただ、頼りになる人はそんなところもしっかり指摘してくれる人が多いです。

なぜなら指摘することでより良くなることを知っているからです。

そしてその結果が良くなることで、またその人への信頼が上がり、頼りにされるのです。

16. 物事の先を見通すことができる。

物事の先を見通すことができる。

頼りになる人はその時その時で先を見越して行動しています。

見通しを持って行動ができるのです。

なのですることに間違いや不備も少なく、もし物事が少し目的から外れた場合に軌道修正もきちんとできるので、周りからの信頼を得ることができます。

さらに先を見通すことで行動がしっかりとした意味を持っているので、その行動力を見て他の人はついていくことに安心感を覚え、頼りたくなってしまうのです。

17. 芯がある

芯がある

頼りになるひとには、人としてのブレない芯がしっかりとあります。

他の人に流されることはほとんどなく、自分のしたいこと、やらなければならないことをしっかりと頭で理解できていて、それを行動で示すことができている為です。

意見をころころと変えることもほぼないので、そのブレない芯に安定感を感じ、他の人から頼りにされることも多いといえるでしょう。

18. 自分に自信がある

自分に自信がある

自分の決定にも自信がなく自分自身で疑うようでは、誰もついてきませんし、頼りにされるはずがありません。

頼りになる人は自分にある程度の自信がしっかりとありますし、自分が頼られていると自覚していれば尚のこと自信も大きいはず。

そうするとその行動にも自信が現れてくるので、とてもたくましく感じられ、周りから頼りになる人、と認識されることが多いのです。

19. 悩んでいる時、背中を押してくれる

悩んでいる時、背中を押してくれる

もしこちらが、何かやりたいことややらなくちゃいけないことに対して、踏み込むのを恐れている時、勇気が必要な時、誰か頼りになる人からのアドバイスや一言を欲するのは当然です。

頼りになる人は、例えその気がなくとも、元気づけるのも含め、その物事に踏み込むために安心感を与え、そっと前に進めるように背中を押してくれるのです。

20. 物事の考え方がポジティブ

物事の考え方がポジティブ

もしも何かネガティブな物事が生じた時でも、頼りになる人はそれを成長する糧として捉えることができます。

きっとこれを乗り越えれば得られるものがある、とポジティブに言われれば、悩んでいることも意味のあることのように思えるはずです。

また、このような気持ちにさせてくれる人ならば、一緒にいたいと思われることも多いので、自然と関わる機会も増え、頼りにされることも多いのです。

21. 経験が豊富である

経験が豊富である

経験が豊富であると、どんな行動や言動をとればいいかが瞬時にわかるようになってきます。

なぜなら多くの場数を踏んでいるからです。

頼りになる人の行動や言動には、経験に裏打ちされた確かなものがあるので、周りの人はそこに安心感を覚え、頼りにしてしまうのです。

22. 適切なアドバイスをしてくれる

適切なアドバイスをしてくれる

頼りになる人は、何か悩み事や困りごとに対して適切なアドバイスをしてくれます。

周りも納得するような適切なアドバイスをしてくれると、できる人間と思われ、その結果意見を求めたり頼られる場面が多くなります。

23. 堂々としている

堂々としている

頼られる人はおどおどとすることは決してありません。

常に俯瞰的に物事を見ることができ、堂々としているのです。

何事にも応じないような、堂々としている姿は、この人なら大丈夫だ、というように周りの人に思わせるので、頼られることが多いのです。

24. ネガティブなことを言わない

ネガティブなことを言わない

ネガティブなことをいう人とは一緒にいるのも億劫になっていきます。

頼りになる人は周りの人を不安な気持ちや不快な気持ちにすることはありません。

人を頼りたいときは、気持ちがネガティブに偏っているときがほとんどです。

そんな時ネガティブなことを言うのではなく、問題を解決する方向に向かえる人が頼りにされます。

25. 豊富な知識を持っている

豊富な知識を持っている

豊富な知識を持っていると、何か起こった時、最善の対応などを考えてくれます。

他の人からは、あの人に聞けば何か知っているかもしれない、何か教えてくれるかもしれない、と思われるのです。

さらに、何か咄嗟のことがあった時、その豊富な知識を駆使してスピーディーな対応をすることができるので、それを知っている人たちからは真っ先に頼られることが多いのです。

まとめ

頼りになり人は、人間的に素晴らしい人が多いです。

しかしながらパーフェクトな人はいません。

自分の弱さや欠点を理解し、相手の痛みや苦しみに寄り添える人こそが、頼りになる人と言えるでしょう。

仕事でもプライベートでも、悩みというものはいつでも尽きないものです。

何か思い詰まった時、困った時、身の回りに頼りになる人がいればとても心強いですし、それに甘えてそれこそがっつり頼ってしまうことも多いはず。

今回はどんな人が頼りになると思われるのか、頼りになる人の特徴をみていきましょう。


計画性がある

計画性のある人は頼りになります。

何事も猪突猛進で、無計画に行動されると、不安で心配になるものです。

また、計画をして物事を進めた方が成功率も上がり、安定した行動ができます。

生活において仕事において、計画性のある人がパートナーだととても頼もしいのです。

冷静である

冷静に判断できる人は、頼りになります。

感情的で、喜怒哀楽激しい人は、つい気分のままに行動してしまい失敗も多いです。

また、感情の激しさに振り回されて、疲れてしまうこともあります。

問題にぶつかったり、トラブルに逢った時は、冷静なアクションをとれる人に頼りましょう。

器用である

器用な人もとても頼りになります。

たとえば、何かをみんなで創作する時、器用な人がいるととても助かります。

また、電気や水道などライフラインや、電化製品や生活用品が壊れた時に修理できる人がいると、とても頼りになるでしょう。

このような器用で技術力がある人が傍にいると、助かる場面が多いのです。

逆に不器用で、機械音痴の人がパートナーだと、すぐに物が壊れたり、上手く使いこなせなかったりと弊害も多いのです。

思いやりがある

思いやりがある人も頼りになります。

誰かが困っている時に、すぐに手を貸して助けられる人や、多くの人に気を配った行動ができる人、ボランティアなどの慈善活動にいつも参加する人など、優しさがあり配慮ができる人も、とても頼もしいのです。

少し、お人よしで、八方美人とらえられる時もありますが、誰にでも優しくできる人はとても貴重で、素晴らしい人なのです。

頭の回転が速い

頭の回転が速い人も頼りになります。

計画を立てる時、作戦を練る時、とっさの行動をとる時などに、頭の回転が速く、さまざまな側面から思考し、最良の方法をとれる人がいる助かります。

チームにおいて、参謀役やサポート役に回るととても頼もしいでしょう。

また、頭の回転が速いということは、危険回避力が高いともいえます。

さまざまなリスクや問題に対処しつつ、危険を避けることができるので、パートナーにいるととても助かるのです。

マナーや常識を知っている

マナーや常識を知っている人も、頼りになります。

冠婚葬祭の場において、いざ行動しようとしても、上手くいかなかったり、戸惑ってしまうことも多いです。

そんな時に、マナーを知っている友人やパートナーがいると、様々な場面で教えてもらったり、指摘してもらえるのでとても助かります。

大切な場で失敗したり、恥をかいたりしなくなり、周囲の評価も上がり安くなるでしょう。

逆に、常識知らずの人が近しい人だと困ることも多いのです。

人前で、マナーに違反する行為をされた時、いたたまれなくなったり、申し訳ない気持ちでいっぱいになったりしてしまいます。

明るくて前向きである

明るくて前向きな正確な人は、頼りがいがあります。

失敗するたびに、くよくよされ、落ち込んだ気持ちが続いていると、周囲の人間も引きずられ、組織やチーム全体が暗くなりがちです。

反省することはもちろん必要ですが、切り替えの早さも時には大切です。

明るく前向きに振る舞い、全体を鼓舞し盛り上げられる人がいると、組織の雰囲気も良くなるのです。

リーダーシップがある

リーダーシップがある人も頼りになります。

周囲を見渡し、何をすべきか、何を考えるべきかが分かり、全体を引っ張っていける人に、多くの人はついていきます。

また、さまざまな意見を聞いてまとめ、組織の指針を決められる人も大切です。

思いやりを持ちながらも、最後には決断できるリーダーを皆が求めているのです。

TPOに気遣い、空気が読める

TPOに気を遣い、空気が読める人も頼りになります。

TPOに合った行動ができない人は、迷惑になりがちです。

また、空気の読めない行動や、言動をしてしまう人も、周囲を白けさせたり、顰蹙を買うことが多いでしょう。

特に、成人してから、こうしたTPOを考えた行動は常識です。

その常識に反する人は、社会評価が下がり、信用をなくしやすいのです。

体力や気力に満ちている

体力や気力に満ちている人も、頼りがいがあります。

いくら知識を持っていて、常識を知っていても、体力がなく、体が弱い人はあまり頼りになりません。

体力面でも安心でき、バイタリティ溢れる人に、他者は惹かれるのです。

体が丈夫で体力がある人の方が、成し遂げることが大きいことも事実です。

そして体を鍛えることで、精神的にも成長し、頑強な人になることが多いのです。

また、見た目の逞しさから、頼りなる印象が出ることも多いでしょう。

忍耐力がある

忍耐力がある人は頼りになります。

いくら行動力に溢れる人でも、我慢弱い人は失敗することが多いです。

時に待つこと選び、辛いことや苦しいことに耐え、好機を逃さない人こそが成功するのです。

また、忍耐力があるということは、感情も自制ができるということです。

我慢できずに、すぐキレてしまう人からは、周囲の人間が離れていってしまいます。

耐え忍ぶ力があるからこそ、さまざまなことを継続することができ、多くの目標を達成できるのです。

そんな我慢強い人だからこそ、多くの人が頼るのです。

生活力がある

生活力がある人は頼りになります。

いくら常識を知っていて、成功者であっても、生活力が皆無な人はあまり頼れません。

経済力だけではなく、料理ができる、掃除ができる、洗濯ができる、などの家事力が高く、一人でも生きられる人の方が、頼れるのです。

家事は女子の仕事と言うのはもう古いです。

男女関係なく、生活力があり、自立心の高い人に、多くの人が集まるのです。

自分の弱点や欠点を理解している

頼りなるといっても、完璧で万能な人など存在しません。

誰しも、弱点や欠点をもっています。

自分に足りないものや、反省すべき点を知っている人こそが、自分の長所や得意分野を理解し、生かすことができるのです。

逆に、何事に対しても自信満々な人が、実は虚勢を張っていたなんてこともあるでしょう。

また、自分の欠点を受け入れられるということは、相手の欠点や弱点、痛みや苦しみを理解できるということです。

優秀な指導者というのは、どこかで挫折している人が多いです。

完璧な天才型の自信家の人は、相手の苦労や苦手なことを理解できず、適切な指示をだせないことが多いのです。

決断力がある

自分は決断力がある、と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

何と言っても頼りになる人には決断力があります。

決断力はその強さによっては、他の人をも無意識に従わせるものでもあります。

その人の意思の強さなどを見て、この人についていけば間違いがない、と周りは思うので、その結果頼られることが多いのです。

問題点を指摘してくれる

誰でも、問題点を面と向かって指摘するのは意外と難しかったりします。

仕事関係でもプライベートでも、もしかしたら当事者を不愉快な気にさせてしまうかもしれない、当事者からしたらほんの小さなことなのかもしれない、と身構えてしまうからです。

ただ、頼りになる人はそんなところもしっかり指摘してくれる人が多いです。

なぜなら指摘することでより良くなることを知っているからです。

そしてその結果が良くなることで、またその人への信頼が上がり、頼りにされるのです。

物事の先を見通すことができる。

頼りになる人はその時その時で先を見越して行動しています。

見通しを持って行動ができるのです。

なのですることに間違いや不備も少なく、もし物事が少し目的から外れた場合に軌道修正もきちんとできるので、周りからの信頼を得ることができます。

さらに先を見通すことで行動がしっかりとした意味を持っているので、その行動力を見て他の人はついていくことに安心感を覚え、頼りたくなってしまうのです。

芯がある

頼りになるひとには、人としてのブレない芯がしっかりとあります。

他の人に流されることはほとんどなく、自分のしたいこと、やらなければならないことをしっかりと頭で理解できていて、それを行動で示すことができている為です。

意見をころころと変えることもほぼないので、そのブレない芯に安定感を感じ、他の人から頼りにされることも多いといえるでしょう。

自分に自信がある

自分の決定にも自信がなく自分自身で疑うようでは、誰もついてきませんし、頼りにされるはずがありません。

頼りになる人は自分にある程度の自信がしっかりとありますし、自分が頼られていると自覚していれば尚のこと自信も大きいはず。

そうするとその行動にも自信が現れてくるので、とてもたくましく感じられ、周りから頼りになる人、と認識されることが多いのです。

悩んでいる時、背中を押してくれる

もしこちらが、何かやりたいことややらなくちゃいけないことに対して、踏み込むのを恐れている時、勇気が必要な時、誰か頼りになる人からのアドバイスや一言を欲するのは当然です。

頼りになる人は、例えその気がなくとも、元気づけるのも含め、その物事に踏み込むために安心感を与え、そっと前に進めるように背中を押してくれるのです。

物事の考え方がポジティブ

もしも何かネガティブな物事が生じた時でも、頼りになる人はそれを成長する糧として捉えることができます。

きっとこれを乗り越えれば得られるものがある、とポジティブに言われれば、悩んでいることも意味のあることのように思えるはずです。

また、このような気持ちにさせてくれる人ならば、一緒にいたいと思われることも多いので、自然と関わる機会も増え、頼りにされることも多いのです。

経験が豊富である

経験が豊富であると、どんな行動や言動をとればいいかが瞬時にわかるようになってきます。

なぜなら多くの場数を踏んでいるからです。

頼りになる人の行動や言動には、経験に裏打ちされた確かなものがあるので、周りの人はそこに安心感を覚え、頼りにしてしまうのです。

適切なアドバイスをしてくれる

頼りになる人は、何か悩み事や困りごとに対して適切なアドバイスをしてくれます。

周りも納得するような適切なアドバイスをしてくれると、できる人間と思われ、その結果意見を求めたり頼られる場面が多くなります。

堂々としている

頼られる人はおどおどとすることは決してありません。

常に俯瞰的に物事を見ることができ、堂々としているのです。

何事にも応じないような、堂々としている姿は、この人なら大丈夫だ、というように周りの人に思わせるので、頼られることが多いのです。

ネガティブなことを言わない

ネガティブなことをいう人とは一緒にいるのも億劫になっていきます。

頼りになる人は周りの人を不安な気持ちや不快な気持ちにすることはありません。

人を頼りたいときは、気持ちがネガティブに偏っているときがほとんどです。

そんな時ネガティブなことを言うのではなく、問題を解決する方向に向かえる人が頼りにされます。

豊富な知識を持っている

豊富な知識を持っていると、何か起こった時、最善の対応などを考えてくれます。

他の人からは、あの人に聞けば何か知っているかもしれない、何か教えてくれるかもしれない、と思われるのです。

さらに、何か咄嗟のことがあった時、その豊富な知識を駆使してスピーディーな対応をすることができるので、それを知っている人たちからは真っ先に頼られることが多いのです。

頼りになり人は、人間的に素晴らしい人が多いです。

しかしながらパーフェクトな人はいません。

自分の弱さや欠点を理解し、相手の痛みや苦しみに寄り添える人こそが、頼りになる人と言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-