【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518114443.html
納得いかない人を説得する方法

納得いかない人を説得する方法 | LADYCO

LADYCO
納得いかない人を説得する方法

団体行動をする際などは、やろうとしていることに納得がいかない人はどうしても出てくるものです。

今回は、そのような納得いかない人を説得する方法についてまとめます。

  • 相手の考えをよく聞く
  • 話す口調や雰囲気を柔らかくする
  • 関係のない話題を出す
  • とにかく相手に同調する
  • 他の人から説得してみる
  • 話す場所を変える
  • 時間を置く
  • 既成事実をつくる
  • まとめ

1. 相手の考えをよく聞く

相手の考えをよく聞く

納得していない人は何かしら自分の考えを強く持っている場合が多いです。

まずはその話をよく聞く必要があります。

本人は話を聞いてくれたと思い、まずそこで少し安心します。

話している間に自分の考えが整理されてきて、冷静に考えられるようになります。

また、その本人の話を聞いてみると案外正論であることもあります。

話し合いで落としどころを見つけて、少しでも良い方向に持っていきたいものです。

2. 話す口調や雰囲気を柔らかくする

話す口調や雰囲気を柔らかくする

納得していない人は、自分の考えに意固地になっていることが多いです。

そこでその相手も意見をぶつけるようにしては、ますます場の雰囲気が悪くなります。

ぶつけるのではなく、説得する相手のことを柔らかく受け止めるよう、まずは雰囲気づくりに徹することです。

口調も意図的に穏やかにし、決して相手と喧嘩をしようとしているのではないことをアピールします。

そうして話しているうちに、納得いっていなかった相手も次第に軟化してくることでしょう。

ちゃんとした話し合いはそれからです。

3. 関係のない話題を出す

関係のない話題を出す

意見が割れた際は、そのことをずっと話していても話が一向に進まないこともあります。

どんどん皆の頭が凝り固まってきて、雰囲気は悪化する一方です。

そこで一旦閑話休題とし、関係のない話題で盛り上げます。

変に盛り上げすぎなくてもよいのですが、意見のぶつかりを一旦解消するのです。

ただし、納得がいかない人が、話が逸れたと思って不機嫌にならないように注意が必要です。

一旦、場の雰囲気をブレイクするという程度でよいでしょう。

4. とにかく相手に同調する

とにかく相手に同調する

説得しようとする相手の話をよく聞く際には、とにかく「そうですね」「なるほど」などと、肯定的な相槌を打つことです。

それにより、相手は自分の意見を話しやすくなり、次第に周りの意見も聞いてくれるようになります。

自分の意見を否定されるような話し合いでは、誰しも自分の意見を出そうとはしません。

まずは相手のことに同調しすぎるくらいに同調してみましょう。

次第にこちら側の意見を織り交ぜていくのです。

5. 他の人から説得してみる

他の人から説得してみる

同じ人からずっと話されると、相手のモードも変わりにくいものです。

説得する人を変えてみることをおすすめします。

できるならば、雰囲気が柔和で年上であり、よく話を聞くような相手がよいでしょう。

人生経験が豊富であれば言うことはありません。

納得いかない人も、この人ならと、話を前向きに進めるようになるかもしれません。

6. 話す場所を変える

話す場所を変える

時には話す場所を変えてみましょう。

天気のいい日の川辺、おしゃれなカフェなど、相手が話しやすい場所であればよいです。

はっきりとした効果は言葉にしにくいのですが、話す場所で話す内容が随分変わるものです。

周りの環境が与えてくれる効果を最大限利用してみて損はありません。

7. 時間を置く

時間を置く

納得いかない人は、頭に血がのぼっていて冷静に考えられない状況であることもあります。

そのような時は、怒っている人に対する場合と同様、時間を置くことをおすすめします。

お互いに一人で考える時間をつくるのです。

考えが変わるきっかけになることでしょう。

また、これまで挙げたような他の方法と組み合わせると相乗効果があります。

8. 既成事実をつくる

既成事実をつくる

少々強引な方法ですが、納得いかない人に対して、説得しようとしたことをもう強行しまうなどして、既成事実をつくることも考えられます。

納得いかない人は、説得されている内容の想像がついていないために、それに反対している場合もあるのです。

そのような場合には、既成事実を目の前に見せてみると、案外すんなり受け入れてもらえることもあります。

ただし危険な方法ではあるので、相手の状況などをよく考えてからでないと、おすすめできない方法です。

まとめ

いかがでしたか。

納得いかない人を説得することは、説得する内容の軽重はあっても、人生を歩む上で誰しも経験することです。

事を荒立てず、なるべくスムーズに説得し、人生の障害を乗り越えていきましょう。

団体行動をする際などは、やろうとしていることに納得がいかない人はどうしても出てくるものです。

今回は、そのような納得いかない人を説得する方法についてまとめます。


相手の考えをよく聞く

納得していない人は何かしら自分の考えを強く持っている場合が多いです。

まずはその話をよく聞く必要があります。

本人は話を聞いてくれたと思い、まずそこで少し安心します。

話している間に自分の考えが整理されてきて、冷静に考えられるようになります。

また、その本人の話を聞いてみると案外正論であることもあります。

話し合いで落としどころを見つけて、少しでも良い方向に持っていきたいものです。

話す口調や雰囲気を柔らかくする

納得していない人は、自分の考えに意固地になっていることが多いです。

そこでその相手も意見をぶつけるようにしては、ますます場の雰囲気が悪くなります。

ぶつけるのではなく、説得する相手のことを柔らかく受け止めるよう、まずは雰囲気づくりに徹することです。

口調も意図的に穏やかにし、決して相手と喧嘩をしようとしているのではないことをアピールします。

そうして話しているうちに、納得いっていなかった相手も次第に軟化してくることでしょう。

ちゃんとした話し合いはそれからです。

関係のない話題を出す

意見が割れた際は、そのことをずっと話していても話が一向に進まないこともあります。

どんどん皆の頭が凝り固まってきて、雰囲気は悪化する一方です。

そこで一旦閑話休題とし、関係のない話題で盛り上げます。

変に盛り上げすぎなくてもよいのですが、意見のぶつかりを一旦解消するのです。

ただし、納得がいかない人が、話が逸れたと思って不機嫌にならないように注意が必要です。

一旦、場の雰囲気をブレイクするという程度でよいでしょう。

とにかく相手に同調する

説得しようとする相手の話をよく聞く際には、とにかく「そうですね」「なるほど」などと、肯定的な相槌を打つことです。

それにより、相手は自分の意見を話しやすくなり、次第に周りの意見も聞いてくれるようになります。

自分の意見を否定されるような話し合いでは、誰しも自分の意見を出そうとはしません。

まずは相手のことに同調しすぎるくらいに同調してみましょう。

次第にこちら側の意見を織り交ぜていくのです。

他の人から説得してみる

同じ人からずっと話されると、相手のモードも変わりにくいものです。

説得する人を変えてみることをおすすめします。

できるならば、雰囲気が柔和で年上であり、よく話を聞くような相手がよいでしょう。

人生経験が豊富であれば言うことはありません。

納得いかない人も、この人ならと、話を前向きに進めるようになるかもしれません。

話す場所を変える

時には話す場所を変えてみましょう。

天気のいい日の川辺、おしゃれなカフェなど、相手が話しやすい場所であればよいです。

はっきりとした効果は言葉にしにくいのですが、話す場所で話す内容が随分変わるものです。

周りの環境が与えてくれる効果を最大限利用してみて損はありません。

時間を置く

納得いかない人は、頭に血がのぼっていて冷静に考えられない状況であることもあります。

そのような時は、怒っている人に対する場合と同様、時間を置くことをおすすめします。

お互いに一人で考える時間をつくるのです。

考えが変わるきっかけになることでしょう。

また、これまで挙げたような他の方法と組み合わせると相乗効果があります。

既成事実をつくる

少々強引な方法ですが、納得いかない人に対して、説得しようとしたことをもう強行しまうなどして、既成事実をつくることも考えられます。

納得いかない人は、説得されている内容の想像がついていないために、それに反対している場合もあるのです。

そのような場合には、既成事実を目の前に見せてみると、案外すんなり受け入れてもらえることもあります。

ただし危険な方法ではあるので、相手の状況などをよく考えてからでないと、おすすめできない方法です。

いかがでしたか。

納得いかない人を説得することは、説得する内容の軽重はあっても、人生を歩む上で誰しも経験することです。

事を荒立てず、なるべくスムーズに説得し、人生の障害を乗り越えていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-