【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104213.html
自分の思ったことをうまく表現するコツ

自分の思ったことをうまく表現するコツ | LADYCO

LADYCO
自分の思ったことをうまく表現するコツ

自分の思ったことをうまく表現するためのコツを身につけたいと思いませんか?

こんな方法なら口下手な人や不器用な人もできそうな気がします。

  • 身振り手振りでイメージさせる
  • 相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝える
  • 感情を表情に出す
  • ゆっくり語りかけるように話す
  • 他の人がいないところで二人きりで話す
  • 頭の中で整理してから話すようにする
  • 本を読んだり話し上手な人との付き合いを大切にする
  • 自分の良き理解者を交えて話し合う
  • 絵に描いたりたとえ話でも伝えることができる
  • まとめ

1. 身振り手振りでイメージさせる

身振り手振りでイメージさせる

話術だけではうまく伝わらなくても身振り手振りを加えることで相手もイメージしやすくなります。

それによっていかに伝えたいかもわかってもらえるので相手も集中して聞いてくれるという効果もありますね。

ジェスチャーを使って言葉で足りない部分を補うように意識してみてください。

2. 相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝える

相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝える

一度軽く話しただけではすぐに伝わらないこともありますので、相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝えて確実に伝わるようにしてみましょう。

子供や理解力の低い人には根気さも大切です。

ただ繰り返し伝えるだけではなく言い方を変えてみるだけで急に伝わり始めることもあります。

3. 感情を表情に出す

感情を表情に出す

表情に出さないまま話すとぴんとこないことでも感情を出すことでイメージがわきやすくなるので、いい話は楽しそうに悪い話は悲しそうになどという意識で顔を見てもらいながら話を聞いてもらってください。

楽しい気分で聞くことで相手の喜びもよくわかりますし、深刻な話だとわかれば集中できて話も入ってきやすくなります。

4. ゆっくり語りかけるように話す

ゆっくり語りかけるように話す

早口だと聞き逃してしまうこともあるのでゆっくり語りかけるように話してみましょう。

ゆっくり話すと自分も言葉を選んで話すことができ、回り道せずに相手に伝えられるようにもなります。

時間をかけたくないからといって急ぐよりも結果的に早く伝わるということも多いでしょう。

5. 他の人がいないところで二人きりで話す

他の人がいないところで二人きりで話す

周りに人がいると会話に集中できませんしよく聞こえないこともあります。

大切な話は二人きりで話すようにすると思ったことも上手く表現する余裕もうまれてきますよ。

人が見ている前では恥ずかしさもありますから、自分を出すためにも集中できる環境は大切です。

6. 頭の中で整理してから話すようにする

頭の中で整理してから話すようにする

思ったことがあってもすぐに言葉にせず、一度頭の中で整理してから話すようにすると誤解されない言葉で伝えたり表現できたりします。

紙に書き出してから要点を選んで話したり、日にちをあけて話すということもいいことです。

7. 本を読んだり話し上手な人との付き合いを大切にする

本を読んだり話し上手な人との付き合いを大切にする

本を読む人は表現方法をよく学んでいるため、話術も自然と身に付くでしょう。

同じように話し上手な人との付き合いを大切にしておくことでも話し方を学ぶことができます。

こんな伝え方がぴんときたという経験を生かし、自分のものとして使っていきましょう。

8. 自分の良き理解者を交えて話し合う

自分の良き理解者を交えて話し合う

自分だけではうまく表現できないなら自分の良き理解者である人を交えて話し合いを持つようにします。

そうすると思いを代弁してもらったり、こういう言い方がいいのかと知ることもできます。

自分では何もしていないように思うかもしれませんが、表現するために自分で行動したことには変わりません。

9. 絵に描いたりたとえ話でも伝えることができる

絵に描いたりたとえ話でも伝えることができる

話すだけでは伝わらないなら状況を絵に書いてみたり、たとえ話を交えながら話すようにすると相手も聞きやすくなります。

紙芝居もそうですし、勉強における例題も同じことですね。

上手く表現する方法は言葉だけではないのです。

まとめ

自分の思ったことをうまく表現するには恥ずかしさを捨てることも大切なことです。

伝えたいという思いと伝えようとする工夫があれば相手は聞こうとしてくれますし、普段から良い付き合いをしておくことでも耳を向けてもらえます。

決して理解できない相手のせいだなんていう考えは持たないようにしてください。

自分の思ったことをうまく表現するためのコツを身につけたいと思いませんか?

こんな方法なら口下手な人や不器用な人もできそうな気がします。


身振り手振りでイメージさせる

話術だけではうまく伝わらなくても身振り手振りを加えることで相手もイメージしやすくなります。

それによっていかに伝えたいかもわかってもらえるので相手も集中して聞いてくれるという効果もありますね。

ジェスチャーを使って言葉で足りない部分を補うように意識してみてください。

相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝える

一度軽く話しただけではすぐに伝わらないこともありますので、相手の反応がイマイチな時は繰り返し伝えて確実に伝わるようにしてみましょう。

子供や理解力の低い人には根気さも大切です。

ただ繰り返し伝えるだけではなく言い方を変えてみるだけで急に伝わり始めることもあります。

感情を表情に出す

表情に出さないまま話すとぴんとこないことでも感情を出すことでイメージがわきやすくなるので、いい話は楽しそうに悪い話は悲しそうになどという意識で顔を見てもらいながら話を聞いてもらってください。

楽しい気分で聞くことで相手の喜びもよくわかりますし、深刻な話だとわかれば集中できて話も入ってきやすくなります。

ゆっくり語りかけるように話す

早口だと聞き逃してしまうこともあるのでゆっくり語りかけるように話してみましょう。

ゆっくり話すと自分も言葉を選んで話すことができ、回り道せずに相手に伝えられるようにもなります。

時間をかけたくないからといって急ぐよりも結果的に早く伝わるということも多いでしょう。

他の人がいないところで二人きりで話す

周りに人がいると会話に集中できませんしよく聞こえないこともあります。

大切な話は二人きりで話すようにすると思ったことも上手く表現する余裕もうまれてきますよ。

人が見ている前では恥ずかしさもありますから、自分を出すためにも集中できる環境は大切です。

頭の中で整理してから話すようにする

思ったことがあってもすぐに言葉にせず、一度頭の中で整理してから話すようにすると誤解されない言葉で伝えたり表現できたりします。

紙に書き出してから要点を選んで話したり、日にちをあけて話すということもいいことです。

本を読んだり話し上手な人との付き合いを大切にする

本を読む人は表現方法をよく学んでいるため、話術も自然と身に付くでしょう。

同じように話し上手な人との付き合いを大切にしておくことでも話し方を学ぶことができます。

こんな伝え方がぴんときたという経験を生かし、自分のものとして使っていきましょう。

自分の良き理解者を交えて話し合う

自分だけではうまく表現できないなら自分の良き理解者である人を交えて話し合いを持つようにします。

そうすると思いを代弁してもらったり、こういう言い方がいいのかと知ることもできます。

自分では何もしていないように思うかもしれませんが、表現するために自分で行動したことには変わりません。

絵に描いたりたとえ話でも伝えることができる

話すだけでは伝わらないなら状況を絵に書いてみたり、たとえ話を交えながら話すようにすると相手も聞きやすくなります。

紙芝居もそうですし、勉強における例題も同じことですね。

上手く表現する方法は言葉だけではないのです。

自分の思ったことをうまく表現するには恥ずかしさを捨てることも大切なことです。

伝えたいという思いと伝えようとする工夫があれば相手は聞こうとしてくれますし、普段から良い付き合いをしておくことでも耳を向けてもらえます。

決して理解できない相手のせいだなんていう考えは持たないようにしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-