【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104155.html
気持ちを言葉にするのが苦手な人の対処方法

気持ちを言葉にするのが苦手な人の対処方法 | LADYCO

LADYCO
気持ちを言葉にするのが苦手な人の対処方法

自分の気持ちを上手に言葉で表せない人は、男性にも女性にもいます。

そんな人を「無愛想だ」と決めつけず、上手くコミュニケーションを取るにはどうしたら良いでしょうか。

ポイントを見て行きましょう。

  • 自分をさらけ出すのが苦手
  • 話はあなたがリードして
  • 話を続けているなら嫌われていない
  • 笑顔を絶やさずに
  • 時には助け舟を
  • 内気な人も多い
  • 常に相手の気持ちを察する余裕を
  • 相手の気持ちを上手に引き出して
  • 聞き上手でも無い事も察して上げて
  • まとめ

1. 自分をさらけ出すのが苦手

自分をさらけ出すのが苦手

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な人は、無口な上に、自分をさらけ出すことが苦手な事が多いです。

ただ、弱気で無口なのではなく、必要以上に自分のプライベートを話したくないという人もいます。

ですから、こちらから心を許して、「あなたにはここまで話してもいいワ」という気持ちで自分の話をすると、相手は段々と自分の事も話す様になります。

2. 話はあなたがリードして

話はあなたがリードして

自分の気持ちを上手に言葉に出来ない人を質問攻めにするのは、逆効果ですね。

相手は益々自分の中に籠ってしまいます。

こういうタイプの人には、会話はあなたがリードする形で進めましょう。

最初は相手が「はい」「いいえ」で答えられる様な会話になるでしょう。

それから徐々に相手があなたとの会話を楽しむ様になるのを待ちましょう。

3. 話を続けているなら嫌われていない

話を続けているなら嫌われていない

なかなか話が進むと言う状態にならないからと言って、相手があなたの事を嫌っているとはすぐに決めつけない事です。

相手があなたの話に頷いたり笑ったりしているなら、それはあなたの事を、あなたの話を楽しんでいると思って大丈夫です。

4. 笑顔を絶やさずに

笑顔を絶やさずに

相手が打てば響くように返事をしてくれない時は、相手の気持ちを察して上げましょう。

あなたはゆっくり構えて話を続けましょう。

その為には、会話に間を置く事が大切です。

若いと早口になってしまいがちですが、相手はおっとりした人だと理解して普段よりもおっとりと間を上手く取って話を進める事が大切です。

その為には笑顔は洋の東西を問わず、人間関係をスムーズにする必要不可欠な要素です。

5. 時には助け舟を

時には助け舟を

相手が重い口を開いて話し始めても、言葉に詰まってしまう事もあります。

そんな時はあなたが相手の言葉を補う事も良いでしょう。

但し、矢継ぎ早に助け舟を出すと、却って嫌われてしまいますから、ここは明らかにこう思っているだろうという時に、相手の代わりに「こういう事ね」と声を掛けて上げるのも有効です。

6. 内気な人も多い

内気な人も多い

自分の気持ちを言葉にするのが下手な人でも、自分と言う物はしっかり持っている、芯が強い人もいます。

ですから、何よりも大切なのは、相手を尊敬する気持ちです。

別の友達や知り合いと同じ様に、相手の言う事を尊重する気持は忘れないで下さい。

7. 常に相手の気持ちを察する余裕を

常に相手の気持ちを察する余裕を

自分の気持ちを上手に言葉に出来ない人は、その事を誰よりも自分が一番わかっています。

それをもう少し治したいと思っている人も、このままで良いと思っている人もいます。

こういうタイプの人を相手にする時には、相手の気持ちを汲む余裕がこちらには必要になります。

打てば響くような返事が返ってこなくても、それは相手の問題では無く、あなたの過剰な期待です。

ですから、相手の性格を考慮して話をするようにしましょう。

8. 相手の気持ちを上手に引き出して

相手の気持ちを上手に引き出して

相手の気持ちを引き出すには、まずあなたの方から心を開いて相手に接する事が大切です。

「こんな事まで話してくれるんだ」と思えば、男女を問わず自然と2人の中は近づいていきます。

何でもかんでも話す必要はありませんが、ラフな感じで自分の事を話した上で、「あなたはどう」と聞くのも良いでしょう。

9. 聞き上手でも無い事も察して上げて

聞き上手でも無い事も察して上げて

自分の気持ちを上手く言葉に出来ない人は、自分が進んで話さなくても気にしません。

しかし、だからと言って聞き上手と言う訳でもありません。

その点は強く意識して、自分だけがベラベラ喋る事の無い様に気を付けましょう。

相手の方が口数が少ないだけで、あくまで会話をしている事を忘れない様にしましょう。

まとめ

気持ちを言葉にする事が苦手な人は、どうしても無口に見えてしまいます。

しかし、中には自分の考えはしっかり持っている人もいるので、相手を年下扱いするような事は止めましょう。

対等にゆっくり構えて話す、という事が、相手の心を開くコツとなるでしょう。

自分の気持ちを上手に言葉で表せない人は、男性にも女性にもいます。

そんな人を「無愛想だ」と決めつけず、上手くコミュニケーションを取るにはどうしたら良いでしょうか。

ポイントを見て行きましょう。


自分をさらけ出すのが苦手

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な人は、無口な上に、自分をさらけ出すことが苦手な事が多いです。

ただ、弱気で無口なのではなく、必要以上に自分のプライベートを話したくないという人もいます。

ですから、こちらから心を許して、「あなたにはここまで話してもいいワ」という気持ちで自分の話をすると、相手は段々と自分の事も話す様になります。

話はあなたがリードして

自分の気持ちを上手に言葉に出来ない人を質問攻めにするのは、逆効果ですね。

相手は益々自分の中に籠ってしまいます。

こういうタイプの人には、会話はあなたがリードする形で進めましょう。

最初は相手が「はい」「いいえ」で答えられる様な会話になるでしょう。

それから徐々に相手があなたとの会話を楽しむ様になるのを待ちましょう。

話を続けているなら嫌われていない

なかなか話が進むと言う状態にならないからと言って、相手があなたの事を嫌っているとはすぐに決めつけない事です。

相手があなたの話に頷いたり笑ったりしているなら、それはあなたの事を、あなたの話を楽しんでいると思って大丈夫です。

笑顔を絶やさずに

相手が打てば響くように返事をしてくれない時は、相手の気持ちを察して上げましょう。

あなたはゆっくり構えて話を続けましょう。

その為には、会話に間を置く事が大切です。

若いと早口になってしまいがちですが、相手はおっとりした人だと理解して普段よりもおっとりと間を上手く取って話を進める事が大切です。

その為には笑顔は洋の東西を問わず、人間関係をスムーズにする必要不可欠な要素です。

時には助け舟を

相手が重い口を開いて話し始めても、言葉に詰まってしまう事もあります。

そんな時はあなたが相手の言葉を補う事も良いでしょう。

但し、矢継ぎ早に助け舟を出すと、却って嫌われてしまいますから、ここは明らかにこう思っているだろうという時に、相手の代わりに「こういう事ね」と声を掛けて上げるのも有効です。

内気な人も多い

自分の気持ちを言葉にするのが下手な人でも、自分と言う物はしっかり持っている、芯が強い人もいます。

ですから、何よりも大切なのは、相手を尊敬する気持ちです。

別の友達や知り合いと同じ様に、相手の言う事を尊重する気持は忘れないで下さい。

常に相手の気持ちを察する余裕を

自分の気持ちを上手に言葉に出来ない人は、その事を誰よりも自分が一番わかっています。

それをもう少し治したいと思っている人も、このままで良いと思っている人もいます。

こういうタイプの人を相手にする時には、相手の気持ちを汲む余裕がこちらには必要になります。

打てば響くような返事が返ってこなくても、それは相手の問題では無く、あなたの過剰な期待です。

ですから、相手の性格を考慮して話をするようにしましょう。

相手の気持ちを上手に引き出して

相手の気持ちを引き出すには、まずあなたの方から心を開いて相手に接する事が大切です。

「こんな事まで話してくれるんだ」と思えば、男女を問わず自然と2人の中は近づいていきます。

何でもかんでも話す必要はありませんが、ラフな感じで自分の事を話した上で、「あなたはどう」と聞くのも良いでしょう。

聞き上手でも無い事も察して上げて

自分の気持ちを上手く言葉に出来ない人は、自分が進んで話さなくても気にしません。

しかし、だからと言って聞き上手と言う訳でもありません。

その点は強く意識して、自分だけがベラベラ喋る事の無い様に気を付けましょう。

相手の方が口数が少ないだけで、あくまで会話をしている事を忘れない様にしましょう。

気持ちを言葉にする事が苦手な人は、どうしても無口に見えてしまいます。

しかし、中には自分の考えはしっかり持っている人もいるので、相手を年下扱いするような事は止めましょう。

対等にゆっくり構えて話す、という事が、相手の心を開くコツとなるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-