【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104146.html
ストレスをためやすい人の対処方法

ストレスをためやすい人の対処方法 | LADYCO

LADYCO
ストレスをためやすい人の対処方法

ストレス社会と呼ばれる現代、多くの方がストレスを多大に抱えながら日々仕事に取り組まれております。

  • ストレスをためやすい人の12の原因や性格
  • ストレスをためやすい人の12の対処方法
  • まとめ

そんなストレスに対しての処理が上手な人もいれば、うまく付き合うことのできない不器用な方もいらっしゃいます。

今回はストレスをためやすい人に焦点を当て、ストレスをためやすい人の原因や性格を見つつ、その対処方法についての考察を進めていきます。

ストレスをためやすい人の12の原因や性格

ストレスをためやすい人の12の原因や性格

1. 気にしすぎる

どんな些細な失敗も気になってしまって、勝手に自分で自分を追い込んでいくとどんどん負のスパイラルにハマっていきます。

周りの人は何も気にしておらず大丈夫だと言ってくれたとしても、なかなか自分を許すことができず、引きずれば引きずるほどストレスを抱えることになります。

2. 自信がない

何をするにも自分に自信がないため、大きな不安に包まれてしまうことになります。

最終的にやってみれば案外とうまくいくのに、次何かに挑戦する時も必ず大きな不安に包まれるのです。

成功体験をうまく自信に繋げられないと、何か行動を起こそうとする度に負荷がかかってしまいます。

3. 神経質すぎる

普通であれば全く気にしないような小さなことも、神経質な方には目についてしまって、ストレスを感じてしまいます。

神経質であるが故にストレスを感じる機会があまりに多く、普通の人と比べるとストレスをため込むスピードも速いものになってしまうのです。

4. 潔癖症

神経質な方に共通する点が多いですね。

潔癖症な方にとって、汚れの一つ、ほこりの一つ、ばい菌がいそう等、普通の方が何も気にしないことでも許せないことが数多くあります。

けれども、ほとんどの事柄が生活をしていく上でどうしようもないことであるがため、結局本人にとって大きなストレスとなってしまいます。

5. こだわりが強い

これも上記二点と少し似ているかもしれません。

こだわりが強いということは、普通であれば問題なくOKなことでも許すことができないということです。

何もなければすんなりといくことに対して徹底的にやらなければ気が済まないが、強いこだわりを満たすことは困難であることが多いため、ストレスの要因となってしまいます。

6. 人付き合いが苦手

この世の中では人と人とが支えあって生きています。

すなわち、人とのお付き合いは必須であり逃れることのできない運命だということです。

人との付き合いが苦手でできればやりたくないという人にとって、この世の中で生活をしていかなければならないということ自体が、すでにストレスとなっているのです。

7. 嫌いなものが多い

嫌いなものと接するのは誰でも嫌で、それでも我慢しなければならない時が多々あります。

嫌いなものが多い方はそれだけ接する機会も多いということであり、我慢をする回数も多いということです。

すなわち、それだけストレスを感じる機会も多くあるということが言えます。

8. 人と比べてしまう

他人と比べて自分は、なんて考えてしまう方もストレスをため込みやすいです。

このような方は自分のいいところを見ようとせず、他人と比べ劣っていると感じる部分に対して引け目ばかりを感じ、勝手にストレスをため込んでいきます。

逆に自分は凄い人間だくらいに人と比べることができればいいのですが、なぜか自分のことは悲観的にしか見ることのできない、という方が多いですね。

9. 趣味がない

趣味は楽しいものであり、楽しいことをするのはストレス解消につながります。

問題なのは、趣味がない方です。

趣味がなく楽しみのない人は、ストレスを解消できる機会が少ないということになってしまいます。

週末に趣味を楽しむことによってまた一週間頑張れる、なんてこともできないため、日に日にストレスだけを溜めてしまうことに繋がります。

10. 一人暮らし

話相手がいるということは、ストレスを解消する上で非常に重要なポイントです。

一人暮らしの方はそれができず、またどれだけ疲れていても炊事洗濯等の家事をすべて自分でしなければなりません。

しっかりとストレスを解消できる環境を作っておかなければ、仕事等でストレスを溜め自宅でまでストレスを溜めかねない事態に陥ってしまいます。

11. SNSが苦手

最近ではSNSでのコミュニケーションが必須となりつつあります。

本当はしたくないけど、していないと友達の輪に入れないから、なんて理由でSNSを義務感でやっている人も少なくないはずです。

そんな人にとって、SNSは辞めたくても辞めることのできないものとなってしまい、本当は楽しいはずの友達とのコミュニケーションがストレス要因となってしまうのです。

12. 短気

些細なことでもすぐにイラついてしまいしまいには怒ってしまう人は、怒られる人や一緒にいる人にストレスを与えているように見えますが、実は本人も大きなストレスを感じています。

怒るということはある意味ストレスに対する爆発行動でありますが、怒ったからといってそのストレスが解消されることはありません。

小さな出来事に対してすぐに怒ってしまうことは、それだけストレスを敏感に感じ、またため込みやすいということです。

ストレスをためやすい人の12の対処方法

ストレスをためやすい人の12の対処方法

1. 話を聞いてもらう

誰かと話をすることは本当にいいことで、自分のことを理解してくれる人がいるということは、それだけで安心をすることができます。

また我慢していたことや言いたいことを、言いたいように言いたいだけ言うことで、自分の頭の中をすっきり整理することもできます。

話をすることで抱えている問題等が解決することは少ないですが、ストレスを解消することで、結局はそのストレス要因を取り除くためのエネルギーを得ることができるのです。

2. 多少のお酒を飲む

アルコールを摂取すると、神経の働きが鈍くなります。

ストレスを感じやすい人は、神経の働きによって何かしらに異常に敏感であることや、考えすぎていることが多くあります。

たまにはお酒を飲んで神経を鈍らせて、そんな敏感な感覚や考えすぎな自分から解放されてリラックスすることも必要です。

3. 好きなことをする

好きなことをするのが嫌いな人はいません。

好きなことは、嫌なことを忘れて夢中になって取り組むことができ、また楽しいために心が前向きになっていきます。

落ち込んでいる時に何を考えても良い方向に考えられないことの逆で、好きなことをして楽しんだ後であればまた違った視点から物事を捉えることができ、意外に簡単に解決案を導き出すことができるものです。

4. 運動して汗を流す

人間は生活の中でさまざまな運動を行っております。

普段は汗なんてかきたくないと思われる方が多いでしょうが、体を動かして汗を流すことは健康に良いことであります。

へとへとになるまで運動して汗を流すことで心が前向きになり、そして運動後の飲み物やご飯はまた格別においしいですから、非常に良い気分転換となります。

5. おいしいご飯を食べる

人間にとって、食べるという行動は切っても切れない生理行動です。

食べ物を食べるということが嫌いな人間はおらず、おいしいご飯を食べて不幸に感じる人もおりません。

おいしいご飯を食べることは、全人間にとって幸せなことであり、ストレスの解消に繋がります。

6. しっかりと寝る

上記の食べることと共通しますが、寝るという行動も人間にとっての必須行動であります。

人間にとって睡眠をとるということは脳を休ませることでもあり、ストレスをためやすい人にとって脳を休ませてあげることは非常に重要なことです。

しっかりと休息をとることで初めて、物事に対して前向きに取り組むエネルギーを発揮することができるのです。

7. 旅行へ行く

人は皆日常生活の中でストレスを感じながら生きています。

そんな人にとって、日常を忘れることはストレス要因を忘れることに繋がります。

旅行へ行って非日常の中に飛び込むことで、普段のことを忘れて思いっきり楽しむことができ、ため込んだストレスをすべて吐き出すことができます。

8. 泣く

大人になると感情を表に出すことが恥ずかしいことであるのが通説となります。

泣くということは感情を整理する行動であり、本来はいいことなのですが、大人は人前で泣くことも許されず我慢せざるを得ません。

誰か信頼のできる人に話を聞いてもらい、気が済むまで思いっきり泣いて感情を整理すると、泣き終えた後は今まで見えなかった様々なものが見えるようになっています。

9. 新しい服を買う

新しい服を着ると、今まではいなかった新しい自分になれた気がします。

服を変えるだけで案外と気分も変えることができ、そして好きな服を着ることで楽しい前向きな気持ちになれ、ストレスの解消に繋がります。

10. 美容室へ行く

上記に似ていますが、今までの自分から生まれ変わってより魅力的になることで、自分に対しての自信につながり、前向きに物事に取り組むことができます。

また髪型を変えると過去の自分から変わったように感じ、今までストレスを抱えていた自分から生まれ変わったように思えるものです。

ただ髪を切るのも効果的ではありますが、思い切って今までしたことのない髪型にしてみるのもいいかもしれません。

11. 友達と遊ぶ

ストレスを解消する上で、楽しいことをするのは簡単で非常に効果的なことです。

例えば高校時代の友達で集まれば、大人になっても高校時代と変わらない関係性で遊ぶことができます。

そうやってストレス要因を忘れ、昔に戻って夢中になって遊ぶことで、一気にストレスを解消し、また前向きなエネルギーを蓄えることができます。

12. 一人にならない

人は一人では生きていけません。

ストレスに押し潰されそうな時、一人で解決できることはまずありません。

そんな時に一人でなんとかしようとしても、悪循環にハマり悪化してしまう一方です。

電話でもラインでもいいので、誰かに頼って下さい。

それがストレスから抜け出す突破口となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレスというものは、生きている限り必ず付きまとってきます。

逃げようにも絶対に逃れることのできない、ある意味でとても恐ろしい存在です。

そんなストレスとうまくお付き合いをする術を身に着け、共存をしていくことが、現代社会では必要となっています。

どんな人にも言えることですが、ストレスをためやすい方は特に、ストレスに対して真摯に向き合って生活をしていくことが非常に重要になります。

ストレス社会と呼ばれる現代、多くの方がストレスを多大に抱えながら日々仕事に取り組まれております。


そんなストレスに対しての処理が上手な人もいれば、うまく付き合うことのできない不器用な方もいらっしゃいます。

今回はストレスをためやすい人に焦点を当て、ストレスをためやすい人の原因や性格を見つつ、その対処方法についての考察を進めていきます。

ストレスをためやすい人の12の原因や性格

1. 気にしすぎる

どんな些細な失敗も気になってしまって、勝手に自分で自分を追い込んでいくとどんどん負のスパイラルにハマっていきます。

周りの人は何も気にしておらず大丈夫だと言ってくれたとしても、なかなか自分を許すことができず、引きずれば引きずるほどストレスを抱えることになります。

2. 自信がない

何をするにも自分に自信がないため、大きな不安に包まれてしまうことになります。

最終的にやってみれば案外とうまくいくのに、次何かに挑戦する時も必ず大きな不安に包まれるのです。

成功体験をうまく自信に繋げられないと、何か行動を起こそうとする度に負荷がかかってしまいます。

3. 神経質すぎる

普通であれば全く気にしないような小さなことも、神経質な方には目についてしまって、ストレスを感じてしまいます。

神経質であるが故にストレスを感じる機会があまりに多く、普通の人と比べるとストレスをため込むスピードも速いものになってしまうのです。

4. 潔癖症

神経質な方に共通する点が多いですね。

潔癖症な方にとって、汚れの一つ、ほこりの一つ、ばい菌がいそう等、普通の方が何も気にしないことでも許せないことが数多くあります。

けれども、ほとんどの事柄が生活をしていく上でどうしようもないことであるがため、結局本人にとって大きなストレスとなってしまいます。

5. こだわりが強い

これも上記二点と少し似ているかもしれません。

こだわりが強いということは、普通であれば問題なくOKなことでも許すことができないということです。

何もなければすんなりといくことに対して徹底的にやらなければ気が済まないが、強いこだわりを満たすことは困難であることが多いため、ストレスの要因となってしまいます。

6. 人付き合いが苦手

この世の中では人と人とが支えあって生きています。

すなわち、人とのお付き合いは必須であり逃れることのできない運命だということです。

人との付き合いが苦手でできればやりたくないという人にとって、この世の中で生活をしていかなければならないということ自体が、すでにストレスとなっているのです。

7. 嫌いなものが多い

嫌いなものと接するのは誰でも嫌で、それでも我慢しなければならない時が多々あります。

嫌いなものが多い方はそれだけ接する機会も多いということであり、我慢をする回数も多いということです。

すなわち、それだけストレスを感じる機会も多くあるということが言えます。

8. 人と比べてしまう

他人と比べて自分は、なんて考えてしまう方もストレスをため込みやすいです。

このような方は自分のいいところを見ようとせず、他人と比べ劣っていると感じる部分に対して引け目ばかりを感じ、勝手にストレスをため込んでいきます。

逆に自分は凄い人間だくらいに人と比べることができればいいのですが、なぜか自分のことは悲観的にしか見ることのできない、という方が多いですね。

9. 趣味がない

趣味は楽しいものであり、楽しいことをするのはストレス解消につながります。

問題なのは、趣味がない方です。

趣味がなく楽しみのない人は、ストレスを解消できる機会が少ないということになってしまいます。

週末に趣味を楽しむことによってまた一週間頑張れる、なんてこともできないため、日に日にストレスだけを溜めてしまうことに繋がります。

10. 一人暮らし

話相手がいるということは、ストレスを解消する上で非常に重要なポイントです。

一人暮らしの方はそれができず、またどれだけ疲れていても炊事洗濯等の家事をすべて自分でしなければなりません。

しっかりとストレスを解消できる環境を作っておかなければ、仕事等でストレスを溜め自宅でまでストレスを溜めかねない事態に陥ってしまいます。

11. SNSが苦手

最近ではSNSでのコミュニケーションが必須となりつつあります。

本当はしたくないけど、していないと友達の輪に入れないから、なんて理由でSNSを義務感でやっている人も少なくないはずです。

そんな人にとって、SNSは辞めたくても辞めることのできないものとなってしまい、本当は楽しいはずの友達とのコミュニケーションがストレス要因となってしまうのです。

12. 短気

些細なことでもすぐにイラついてしまいしまいには怒ってしまう人は、怒られる人や一緒にいる人にストレスを与えているように見えますが、実は本人も大きなストレスを感じています。

怒るということはある意味ストレスに対する爆発行動でありますが、怒ったからといってそのストレスが解消されることはありません。

小さな出来事に対してすぐに怒ってしまうことは、それだけストレスを敏感に感じ、またため込みやすいということです。

ストレスをためやすい人の12の対処方法

1. 話を聞いてもらう

誰かと話をすることは本当にいいことで、自分のことを理解してくれる人がいるということは、それだけで安心をすることができます。

また我慢していたことや言いたいことを、言いたいように言いたいだけ言うことで、自分の頭の中をすっきり整理することもできます。

話をすることで抱えている問題等が解決することは少ないですが、ストレスを解消することで、結局はそのストレス要因を取り除くためのエネルギーを得ることができるのです。

2. 多少のお酒を飲む

アルコールを摂取すると、神経の働きが鈍くなります。

ストレスを感じやすい人は、神経の働きによって何かしらに異常に敏感であることや、考えすぎていることが多くあります。

たまにはお酒を飲んで神経を鈍らせて、そんな敏感な感覚や考えすぎな自分から解放されてリラックスすることも必要です。

3. 好きなことをする

好きなことをするのが嫌いな人はいません。

好きなことは、嫌なことを忘れて夢中になって取り組むことができ、また楽しいために心が前向きになっていきます。

落ち込んでいる時に何を考えても良い方向に考えられないことの逆で、好きなことをして楽しんだ後であればまた違った視点から物事を捉えることができ、意外に簡単に解決案を導き出すことができるものです。

4. 運動して汗を流す

人間は生活の中でさまざまな運動を行っております。

普段は汗なんてかきたくないと思われる方が多いでしょうが、体を動かして汗を流すことは健康に良いことであります。

へとへとになるまで運動して汗を流すことで心が前向きになり、そして運動後の飲み物やご飯はまた格別においしいですから、非常に良い気分転換となります。

5. おいしいご飯を食べる

人間にとって、食べるという行動は切っても切れない生理行動です。

食べ物を食べるということが嫌いな人間はおらず、おいしいご飯を食べて不幸に感じる人もおりません。

おいしいご飯を食べることは、全人間にとって幸せなことであり、ストレスの解消に繋がります。

6. しっかりと寝る

上記の食べることと共通しますが、寝るという行動も人間にとっての必須行動であります。

人間にとって睡眠をとるということは脳を休ませることでもあり、ストレスをためやすい人にとって脳を休ませてあげることは非常に重要なことです。

しっかりと休息をとることで初めて、物事に対して前向きに取り組むエネルギーを発揮することができるのです。

7. 旅行へ行く

人は皆日常生活の中でストレスを感じながら生きています。

そんな人にとって、日常を忘れることはストレス要因を忘れることに繋がります。

旅行へ行って非日常の中に飛び込むことで、普段のことを忘れて思いっきり楽しむことができ、ため込んだストレスをすべて吐き出すことができます。

8. 泣く

大人になると感情を表に出すことが恥ずかしいことであるのが通説となります。

泣くということは感情を整理する行動であり、本来はいいことなのですが、大人は人前で泣くことも許されず我慢せざるを得ません。

誰か信頼のできる人に話を聞いてもらい、気が済むまで思いっきり泣いて感情を整理すると、泣き終えた後は今まで見えなかった様々なものが見えるようになっています。

9. 新しい服を買う

新しい服を着ると、今まではいなかった新しい自分になれた気がします。

服を変えるだけで案外と気分も変えることができ、そして好きな服を着ることで楽しい前向きな気持ちになれ、ストレスの解消に繋がります。

10. 美容室へ行く

上記に似ていますが、今までの自分から生まれ変わってより魅力的になることで、自分に対しての自信につながり、前向きに物事に取り組むことができます。

また髪型を変えると過去の自分から変わったように感じ、今までストレスを抱えていた自分から生まれ変わったように思えるものです。

ただ髪を切るのも効果的ではありますが、思い切って今までしたことのない髪型にしてみるのもいいかもしれません。

11. 友達と遊ぶ

ストレスを解消する上で、楽しいことをするのは簡単で非常に効果的なことです。

例えば高校時代の友達で集まれば、大人になっても高校時代と変わらない関係性で遊ぶことができます。

そうやってストレス要因を忘れ、昔に戻って夢中になって遊ぶことで、一気にストレスを解消し、また前向きなエネルギーを蓄えることができます。

12. 一人にならない

人は一人では生きていけません。

ストレスに押し潰されそうな時、一人で解決できることはまずありません。

そんな時に一人でなんとかしようとしても、悪循環にハマり悪化してしまう一方です。

電話でもラインでもいいので、誰かに頼って下さい。

それがストレスから抜け出す突破口となります。

いかがでしたでしょうか。

ストレスというものは、生きている限り必ず付きまとってきます。

逃げようにも絶対に逃れることのできない、ある意味でとても恐ろしい存在です。

そんなストレスとうまくお付き合いをする術を身に着け、共存をしていくことが、現代社会では必要となっています。

どんな人にも言えることですが、ストレスをためやすい方は特に、ストレスに対して真摯に向き合って生活をしていくことが非常に重要になります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-