【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095202.html
約束を破りやすい人の特徴

約束を破りやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
約束を破りやすい人の特徴

約束を破りやすい人に共通する8の特徴をまとめました。

  • 罪悪感がない
  • 家族も約束にルーズ
  • 叱ってくれる人がいない
  • 物忘れがひどい
  • 優しいタイプが多い
  • 暖かい地方出身
  • 時計を持っていない
  • 自由人
  • まとめ

1. 罪悪感がない

罪悪感がない

約束を破りやすい人は、罪悪感に乏しく、自分が悪いことをしている感覚がありません。

相手が困るという想像力が欠落した状態なので、平気で約束を破ってしまうのです。

生まれつき、自己中心的な感性を有しているので、このタイプは矯正するのが難しいです。

他者に対する想像力を意識して持つ必要があります。

2. 家族も約束にルーズ

家族も約束にルーズ

家庭環境的に、家族全員が約束にルーズだと、それが当たり前の世界観を持ちます。

おのずと、親を真似して約束を破るのも厭わない性格になってしまいます。

第三者にたしなめられても、家族に自分が間違っているのかと問うと、肯定されていまします。

そうすると、自分は間違っていなかったと自己を正当化してしまうのです。

親元から離れると、次第に常識的になる人も多いので、そこが救いです。

3. 叱ってくれる人がいない

叱ってくれる人がいない

いくら約束を破っても、叱ってくれる人がいなければ、反省する事がないままです。

野放しにされて成長し社会に出て、はじめて上司などから指摘される人がいます。

もっと早い段階で、きつく叱られたら、変わっていたかもしれません。

約束を破る事を常としている人物を観察してみると、周囲が甘いという事が多々あります。

もし、叱られたら素直に聞く耳を持てば、約束に対する感受性は伸ばしていけます。

4. 物忘れがひどい

物忘れがひどい

故意ではないにしても、物忘れがひどくて約束自体を忘れてしまう人もいます。

あとで気付き、大幅に遅れて約束の場所に現れたりします。

うっかりミスが多い人は、物忘れによる約束破りが非常に多いです。

大事な約束は紙にメモしましょう。

またはスマホに記録して置いたほうが安全です。

5. 優しいタイプが多い

優しいタイプが多い

おっとりして自分にも他人にも優しいタイプの中に、約束を破りやすい人がいます。

決して人にも厳しくないのですが、なぜか自分にも激甘なのです。

大切な約束も、悪いと思いつつ、これくらいいいじゃないかと自分を許してしまいます。

自分を甘やかすことによって、他人から距離を置かれてしまうので、良いことはありません。

6. 暖かい地方出身

暖かい地方出身

統計的にも出ているのですが、沖縄の人は約束の時間に遅れても、平気な方が多いそうです。

また周りも、遅れてきたとしても過剰に責めないそうです。

温暖な気候に生まれ育つことにより、ゆったりした気質になってしまうのでしょう。

居住地が変われば、少しずつその土地のルールに馴染んで行きますので、矯正可能です。

7. 時計を持っていない

時計を持っていない

腕時計を持っていないと、時間が大雑把にしか把握できません。

また、家に置時計や掛け時計がなくても同じことです。

時間を守ることができません。

約束を破りやすい人は時計を重要視していない人が多いです。

スマホがあるから大丈夫と思っているのかもしれません。

しかし、時計はルール守り、自分を良い意味で縛る必須アイテムなので、持った方がいいです。

時計を意識して生活をすると約束に対しても敏感になります。

8. 自由人

自由人

なにものにも縛られず、自由な場所に自分を置いておきたい。

そんな人もいます。

自分ではそれが、カッコイイつもりなのかもしれませんが、周囲はたまったものではないです。

ただし、他人が注意すると、自由人を気取る人は頑なになります。

自分から気付くしかなにので放っておくしかないのです。

まとめ

約束を守れる人は信用されます。

信用されたくば、約束事は最大限守るべきです。

自分は今ひとつ、周りから軽く見られている。

違和感を感じるという人は、考えてみてください。

もしかしたら、約束を破りやすいところがあったのではないでしょうか。

そのような傾向性があったときには、速やかに改善を模索したいものです。

約束を守れるだけで、人生が軽やかになります。

空気を読むことができるようになります。

約束を破りやすい人に共通する8の特徴をまとめました。


罪悪感がない

約束を破りやすい人は、罪悪感に乏しく、自分が悪いことをしている感覚がありません。

相手が困るという想像力が欠落した状態なので、平気で約束を破ってしまうのです。

生まれつき、自己中心的な感性を有しているので、このタイプは矯正するのが難しいです。

他者に対する想像力を意識して持つ必要があります。

家族も約束にルーズ

家庭環境的に、家族全員が約束にルーズだと、それが当たり前の世界観を持ちます。

おのずと、親を真似して約束を破るのも厭わない性格になってしまいます。

第三者にたしなめられても、家族に自分が間違っているのかと問うと、肯定されていまします。

そうすると、自分は間違っていなかったと自己を正当化してしまうのです。

親元から離れると、次第に常識的になる人も多いので、そこが救いです。

叱ってくれる人がいない

いくら約束を破っても、叱ってくれる人がいなければ、反省する事がないままです。

野放しにされて成長し社会に出て、はじめて上司などから指摘される人がいます。

もっと早い段階で、きつく叱られたら、変わっていたかもしれません。

約束を破る事を常としている人物を観察してみると、周囲が甘いという事が多々あります。

もし、叱られたら素直に聞く耳を持てば、約束に対する感受性は伸ばしていけます。

物忘れがひどい

故意ではないにしても、物忘れがひどくて約束自体を忘れてしまう人もいます。

あとで気付き、大幅に遅れて約束の場所に現れたりします。

うっかりミスが多い人は、物忘れによる約束破りが非常に多いです。

大事な約束は紙にメモしましょう。

またはスマホに記録して置いたほうが安全です。

優しいタイプが多い

おっとりして自分にも他人にも優しいタイプの中に、約束を破りやすい人がいます。

決して人にも厳しくないのですが、なぜか自分にも激甘なのです。

大切な約束も、悪いと思いつつ、これくらいいいじゃないかと自分を許してしまいます。

自分を甘やかすことによって、他人から距離を置かれてしまうので、良いことはありません。

暖かい地方出身

統計的にも出ているのですが、沖縄の人は約束の時間に遅れても、平気な方が多いそうです。

また周りも、遅れてきたとしても過剰に責めないそうです。

温暖な気候に生まれ育つことにより、ゆったりした気質になってしまうのでしょう。

居住地が変われば、少しずつその土地のルールに馴染んで行きますので、矯正可能です。

時計を持っていない

腕時計を持っていないと、時間が大雑把にしか把握できません。

また、家に置時計や掛け時計がなくても同じことです。

時間を守ることができません。

約束を破りやすい人は時計を重要視していない人が多いです。

スマホがあるから大丈夫と思っているのかもしれません。

しかし、時計はルール守り、自分を良い意味で縛る必須アイテムなので、持った方がいいです。

時計を意識して生活をすると約束に対しても敏感になります。

自由人

なにものにも縛られず、自由な場所に自分を置いておきたい。

そんな人もいます。

自分ではそれが、カッコイイつもりなのかもしれませんが、周囲はたまったものではないです。

ただし、他人が注意すると、自由人を気取る人は頑なになります。

自分から気付くしかなにので放っておくしかないのです。

約束を守れる人は信用されます。

信用されたくば、約束事は最大限守るべきです。

自分は今ひとつ、周りから軽く見られている。

違和感を感じるという人は、考えてみてください。

もしかしたら、約束を破りやすいところがあったのではないでしょうか。

そのような傾向性があったときには、速やかに改善を模索したいものです。

約束を守れるだけで、人生が軽やかになります。

空気を読むことができるようになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-