【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095135.html
幸せな結婚をできる人の特徴

幸せな結婚をできる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
幸せな結婚をできる人の特徴

近年は晩婚化が進んでいるらしいですが、中には幸せな結婚をできている人もいます。

そうした人に見られる共通点はどのようなものでしょうか。

幸せな結婚をできる人の特徴を大まかに見ていきたいと思います。

  • 相手を尊重できる
  • 相手に依存しない
  • 豊富な話題がある
  • ルックスや年収にこだわらない
  • 自分の分をわきまえている
  • 「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている
  • 前向きな姿勢である
  • 夫婦双方の親と良好な関係を築ける
  • 自分の両親も幸せな結婚関係を維持している
  • 計画的に行動できる
  • 激しい恋愛感情をあまり持たない
  • 見栄っ張りでない
  • パートナーと、きちんと喧嘩できる
  • まとめ

1. 相手を尊重できる

相手を尊重できる

婚姻関係というのは夫婦双方が尊重し合う関係のことです。

そうすると、普段から他人を尊重できるような人でなければ幸せな結婚をできる見込みは薄いと言えます。

他人の悪口ばかり言っていたり、他人の顔をつぶすような言動を繰り返している人は幸せな結婚をしにくいでしょう。

2. 相手に依存しない

相手に依存しない

経済的な意味でも、精神的な意味でも、相手に依存するような依存体質の人は継続的に幸福な結婚を維持していくのは難しいです。

そうではなく互いに独立した人格として支え合っていくような関係を築ける人が幸せな結婚をできるのです。

3. 豊富な話題がある

豊富な話題がある

当然ですが、結婚すると夫婦二人きりの時間が飛躍的に増えます。

また喧嘩をした時などに、まったく関係のない話題で会話できればおのずと関係が修復されていくこともあるのです。

その意味で豊富な話題を持ち、パートナーと共通の話題で会話できるような引き出しのある人が幸せな結婚をできる傾向にあります。

4. ルックスや年収にこだわらない

ルックスや年収にこだわらない

テレビを付ければ、美男美女がスタジオに並び、多くの資産をもつ富豪の、庶民とは段違いの豪奢な生活がクローズアップされています。

結婚相手を探す際もルックスや年収が高ければ高いほど魅力的に思えるのは自然なことです。

しかしながら上には上がいますし、それなりのルックス、年収を持った人と付き合えても、どうしてもさらなる高みを目指して目移りしてしまうものです。

そして目移りしているうちに二兎を追う者は一兎をも得ずといわれるように誰からも相手をされなくなってしまうのです。

その意味でルックスや年収にこだわらないほうが幸せな結婚をできるのです。

5. 自分の分をわきまえている

自分の分をわきまえている

結婚した友達の、ハイスペックなパートナーを目の当たりにしたり、雑誌などで特集されている幸せな結婚の例を見ているとついつい自分の分を忘れて高望みしてしまうものです。

しかしながら結婚適齢期というのはタイムリミットがありますし、結婚には縁という不確実なものがあります。

そのため自分の分を忘れてパートナー探しをしていると結婚をできずに終わってしまうことがあります。

その意味で自分の分をわきまえているというのは重要な要素です。

6. 「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている

「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている

「幸せ」のモノサシを自分の外に置いてしまうと、場面場面でコロコロと変わってしまいますし、最初魅力的だと思えたパートナーも魅力的でなく思えてくる時があります。

しかし「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている人はブレずにその基準で最初から最後までパートナーを探せるので、幸せな結婚をできる確率が高いです。

7. 前向きな姿勢である

前向きな姿勢である

やはり同じ状況でも前向きな姿勢でいる人のほうが「付き合いたい」「結婚したい」と思ってもらえるものです。

結婚はゴールではなく、その先何十年もの道のりを二人三脚で歩まなければいけません。

そうすると困難な状況で前向きな姿勢を保てるかどうか、を異性は必ずチェックしています。

その意味で、前向きな姿勢でいられる人は素敵な異性から好きになってもらいやすいです。

ひいては幸せな結婚をできるのです。

8. 夫婦双方の親と良好な関係を築ける

夫婦双方の親と良好な関係を築ける

夫婦は二人だけで生きていくわけではなく、多くの場合、それぞれの親と密接に関わりながら生きていくものです。

そうするとパートナーとの良好な関係だけでなく、その親と良好な関係を築けなければ幸せな結婚をできません。

その意味で自分の親との関係はもちろんですが、パートナーの親とも良好な関係を築けるコミュニケーション力が不可欠となるのです。

9. 自分の両親も幸せな結婚関係を維持している

自分の両親も幸せな結婚関係を維持している

やはり人間は幼少期に親から多くの影響を受けているものです。

どうしても幼少期に両親が和やかに、協力し合うような家庭で育った人の方が幸せな結婚をできる確率が高いです。

心のどこかで親の姿を手本にできるというのは大きなポイントとなるのです。

10. 計画的に行動できる

計画的に行動できる

男女二人が恋愛関係にある間はどこか行き当たりばったりの面もありますが、それが婚姻関係にまで進むと家計のことや子作り、家事の分担など計画的に行動する必要が生じてきます。

その意味で、学校生活や仕事の中で計画的に行動してこれた人が幸せな結婚をできる見込みが大きいです。

11. 激しい恋愛感情をあまり持たない

激しい恋愛感情をあまり持たない

ドラマのような燃え上がる恋愛は成就するととても幸せな気持ちになります。

しかしながら、そうした情熱的な恋愛をしてきた人は、どうしても平坦な結婚生活というものに退屈してしまう傾向にあります。

そして最悪の場合浮気をして結婚生活にヒビが入ってしまうのです。

その意味で激しい恋愛感情をあまり持たないような人の方が幸せな結婚をできます。

12. 見栄っ張りでない

見栄っ張りでない

結婚というのは対外的にパートナーとの関係を大っぴらにするものなので、どうしても周りからどう見られているかを意識してしまいます。

しかしながら見栄っ張りをしてしまうと、パートナーのちょっとした短所などを非難することになったり、周りからのイメージを気にして二人で無理をしてしまい破綻するようなこともありえます。

その意味で見栄っ張りではなく自然体で生活できるような人こそ幸せな結婚をできます。

13. パートナーと、きちんと喧嘩できる

パートナーと、きちんと喧嘩できる

雨降って地固まる、と言いますがパートナーときちんと喧嘩をして雨を降らせることで適切な関係の地盤を堅固なものにしていけるのです。

相手に嫌われたくない、という思いからあまり喧嘩をできずに我慢をため込むようなタイプの人は、恋愛関係の間はなんとか関係を継続できたとしても結婚してからいずれ行き詰ってしまうのです。

その意味できちんとパートナーと喧嘩できる人こそ幸せな結婚をできます。

まとめ

幸せな結婚をしたいと思う人は多いですが、どうしても幻想的というかロマンチックな理想を思い描きがちです。

現実的に幸せな結婚をするためには少しずつでよいので自分を日々見返ることが必要になってきます。

近年は晩婚化が進んでいるらしいですが、中には幸せな結婚をできている人もいます。

そうした人に見られる共通点はどのようなものでしょうか。

幸せな結婚をできる人の特徴を大まかに見ていきたいと思います。


相手を尊重できる

婚姻関係というのは夫婦双方が尊重し合う関係のことです。

そうすると、普段から他人を尊重できるような人でなければ幸せな結婚をできる見込みは薄いと言えます。

他人の悪口ばかり言っていたり、他人の顔をつぶすような言動を繰り返している人は幸せな結婚をしにくいでしょう。

相手に依存しない

経済的な意味でも、精神的な意味でも、相手に依存するような依存体質の人は継続的に幸福な結婚を維持していくのは難しいです。

そうではなく互いに独立した人格として支え合っていくような関係を築ける人が幸せな結婚をできるのです。

豊富な話題がある

当然ですが、結婚すると夫婦二人きりの時間が飛躍的に増えます。

また喧嘩をした時などに、まったく関係のない話題で会話できればおのずと関係が修復されていくこともあるのです。

その意味で豊富な話題を持ち、パートナーと共通の話題で会話できるような引き出しのある人が幸せな結婚をできる傾向にあります。

ルックスや年収にこだわらない

テレビを付ければ、美男美女がスタジオに並び、多くの資産をもつ富豪の、庶民とは段違いの豪奢な生活がクローズアップされています。

結婚相手を探す際もルックスや年収が高ければ高いほど魅力的に思えるのは自然なことです。

しかしながら上には上がいますし、それなりのルックス、年収を持った人と付き合えても、どうしてもさらなる高みを目指して目移りしてしまうものです。

そして目移りしているうちに二兎を追う者は一兎をも得ずといわれるように誰からも相手をされなくなってしまうのです。

その意味でルックスや年収にこだわらないほうが幸せな結婚をできるのです。

自分の分をわきまえている

結婚した友達の、ハイスペックなパートナーを目の当たりにしたり、雑誌などで特集されている幸せな結婚の例を見ているとついつい自分の分を忘れて高望みしてしまうものです。

しかしながら結婚適齢期というのはタイムリミットがありますし、結婚には縁という不確実なものがあります。

そのため自分の分を忘れてパートナー探しをしていると結婚をできずに終わってしまうことがあります。

その意味で自分の分をわきまえているというのは重要な要素です。

「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている

「幸せ」のモノサシを自分の外に置いてしまうと、場面場面でコロコロと変わってしまいますし、最初魅力的だと思えたパートナーも魅力的でなく思えてくる時があります。

しかし「幸せ」のモノサシを自分の中に持っている人はブレずにその基準で最初から最後までパートナーを探せるので、幸せな結婚をできる確率が高いです。

前向きな姿勢である

やはり同じ状況でも前向きな姿勢でいる人のほうが「付き合いたい」「結婚したい」と思ってもらえるものです。

結婚はゴールではなく、その先何十年もの道のりを二人三脚で歩まなければいけません。

そうすると困難な状況で前向きな姿勢を保てるかどうか、を異性は必ずチェックしています。

その意味で、前向きな姿勢でいられる人は素敵な異性から好きになってもらいやすいです。

ひいては幸せな結婚をできるのです。

夫婦双方の親と良好な関係を築ける

夫婦は二人だけで生きていくわけではなく、多くの場合、それぞれの親と密接に関わりながら生きていくものです。

そうするとパートナーとの良好な関係だけでなく、その親と良好な関係を築けなければ幸せな結婚をできません。

その意味で自分の親との関係はもちろんですが、パートナーの親とも良好な関係を築けるコミュニケーション力が不可欠となるのです。

自分の両親も幸せな結婚関係を維持している

やはり人間は幼少期に親から多くの影響を受けているものです。

どうしても幼少期に両親が和やかに、協力し合うような家庭で育った人の方が幸せな結婚をできる確率が高いです。

心のどこかで親の姿を手本にできるというのは大きなポイントとなるのです。

計画的に行動できる

男女二人が恋愛関係にある間はどこか行き当たりばったりの面もありますが、それが婚姻関係にまで進むと家計のことや子作り、家事の分担など計画的に行動する必要が生じてきます。

その意味で、学校生活や仕事の中で計画的に行動してこれた人が幸せな結婚をできる見込みが大きいです。

激しい恋愛感情をあまり持たない

ドラマのような燃え上がる恋愛は成就するととても幸せな気持ちになります。

しかしながら、そうした情熱的な恋愛をしてきた人は、どうしても平坦な結婚生活というものに退屈してしまう傾向にあります。

そして最悪の場合浮気をして結婚生活にヒビが入ってしまうのです。

その意味で激しい恋愛感情をあまり持たないような人の方が幸せな結婚をできます。

見栄っ張りでない

結婚というのは対外的にパートナーとの関係を大っぴらにするものなので、どうしても周りからどう見られているかを意識してしまいます。

しかしながら見栄っ張りをしてしまうと、パートナーのちょっとした短所などを非難することになったり、周りからのイメージを気にして二人で無理をしてしまい破綻するようなこともありえます。

その意味で見栄っ張りではなく自然体で生活できるような人こそ幸せな結婚をできます。

パートナーと、きちんと喧嘩できる

雨降って地固まる、と言いますがパートナーときちんと喧嘩をして雨を降らせることで適切な関係の地盤を堅固なものにしていけるのです。

相手に嫌われたくない、という思いからあまり喧嘩をできずに我慢をため込むようなタイプの人は、恋愛関係の間はなんとか関係を継続できたとしても結婚してからいずれ行き詰ってしまうのです。

その意味できちんとパートナーと喧嘩できる人こそ幸せな結婚をできます。

幸せな結婚をしたいと思う人は多いですが、どうしても幻想的というかロマンチックな理想を思い描きがちです。

現実的に幸せな結婚をするためには少しずつでよいので自分を日々見返ることが必要になってきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-