【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172331.html
告白ハラスメントの特徴

告白ハラスメントの特徴 | LADYCO

LADYCO
告白ハラスメントの特徴

タイミングが悪い、TPOをわきまえない、何度もしつこい、会って間もないのに告白してくるなど、告白ハラスメントの特徴についてまとめました。

  • 会って間もないのに告白してくる
  • 脅迫じみた告白をしてくる
  • いきなり結婚を前提に告白してくる
  • 高価なプレゼントを持参して告白してくる
  • 仕事中で忙しいのに告白してくる
  • 自宅に乗りこんで告白してくる
  • 勝手に自分の両親に紹介しながら告白してくる
  • 友人や同僚の前で告白してくる
  • 断ってもしつこく告白してくる
  • 自分のことしか考えず告白してくる
  • 勝手に運命をかたって告白してくる
  • 死をほのめかしながら告白してくる
  • まとめ

1. 会って間もないのに告白してくる

会って間もないのに告白してくる

会って間もないのに、好意を抱きいきなり告白してくるのは、かなり迷惑なアプローチです。

自分の思いを抑え、相手の気持ちを慮り、互いに好意を抱いた時、徐々に距離を詰めて行くのが大人の恋愛です。

一目ぼれして告白して成功するパターンなどほとんどありません。

また告白してから付き合うというのは、中高生の恋愛パターンであり、大人の恋愛では、食事をしたり出かけたりといったデートを重ねてから、ちゃんと付き合おう、付き合ってみようかという相手への意思確認として行うものです。

無邪気さが許されるのは子供の告白のみです。

勘違いをしないように気をつけましょう。

2. 脅迫じみた告白をしてくる

脅迫じみた告白をしてくる

「付き合ってくれなきゃ復讐をする、酷いことする」といった脅迫じみた告白も最低の行為です。

ストーカーや脅迫罪として立件されることもあるので、このような告白をしてはいけません。

相手の気持ちが分からない人に、告白する権利はないのです。

3. いきなり結婚を前提に告白してくる

いきなり結婚を前提に告白してくる

会って間もないのに、いきなり結婚を前提に告白してくるのも、迷惑な行為です。

運命を感じた、婚期を焦り切羽詰まっていた、という言い訳はできても、相手の気持ちを推し量れないのであれば、マナー違反でしょう。

いきなり結婚したい、家庭を持ちたい、子供が欲しいと言われて、困惑しない人はいません。

セクハラにもとられる場合も多いので、気をつけましょう。

4. 高価なプレゼントを持参して告白してくる

高価なプレゼントを持参して告白してくる

指輪やアクセサリー、バッグなど高価なものを持参して告白することも、時に迷惑がられます。

特に、数回しか会っておらず、まだ相手のことを知らないのに、プレゼント持参で告白されても困るのです。

指輪を持参してきたとなると、結婚を迫っているようにも感じられるでしょう。

もちろん、貢がれて喜ぶタイプの人もいます。

プレゼントを渡すことえお条件に強請るタイプの人もいるので、利用されないように気を付けるべきです。

時にはカモにされ、デート商法や、結婚詐欺に遭う場合もあるので、安易にプレゼントを渡すようなことは控えましょう。

5. 仕事中で忙しいのに告白してくる

仕事中で忙しいのに告白してくる

仕事中で忙しい時に告白してくるのも、空気が読めない迷惑な行為です。

タイミングや雰囲気も告白には大切です。

もちろん、一番大切なのはお互いの相性です。

会ったばかりの上司からいきなり告白されて困らない人はいないでしょう。

パワハラやセクハラと思われても仕方ありません。

せっかく仕事に集中したいのに、突然の告白で気まずくなった、仕事の連絡や話し合いをしなければならないのに、いちいちしんどい気持ちになるなど、特に上司からの告白は、部下にダメージを与えることが多いので、十二分に気をつけなければなりません。

6. 自宅に乗りこんで告白してくる

自宅に乗りこんで告白してくる

想いが抑えきれなくなって、相手の家に乗りこんで告白してくるのも迷惑です。

そんな風に突然告白を受けたら、ストーカーだと思われても仕方ないでしょう。

顔見知りであっても非常に対応に困ります。

もし家族が見ていたら、説明や弁明するのにも、心や時間を割かなければなりません。

相手の気持ちを考えるのであれば、家へ押し掛ける行為は絶対止めましょう。

7. 勝手に自分の両親に紹介しながら告白してくる

勝手に自分の両親に紹介しながら告白してくる

勝手に両親に紹介しながら告白してくる人も迷惑です。

自分はその気なんてこれっぽっちもないのに、結婚を前提でお付き合いしたい、お付き合いしていると 相手に紹介されたら、恐怖しか感じません。

いったいこの人は何を妄想しているのだと、一刻も早く逃げたくなるでしょう。

勘違いや妄想が行きすぎた、サイコパスなモラハラタイプの人はこのようなこともしてきます。

身の危険を感じたら、すぐに距離を置くことが大切です。

8. 友人や同僚の前で告白してくる

友人や同僚の前で告白してくる

友人や同僚の前で告白してくる人も迷惑です。

せっかく楽しい会話をしていたのに白けることは間違いないですし、あらぬ疑いや好奇の視線に曝されることも回避できないので、かなり困ってしまう行為なのです。

学校や職場にいづらくなることもあるでしょう。

TPOをわきまえない告白をしてはいけないのです。

9. 断ってもしつこく告白してくる

断ってもしつこく告白してくる

何度断ってもしつこく連絡をし告白してくるタイプの人も迷惑です。

LINEにしろ、メールにしろ、電話にしろ、直接的であっても、いずれにせよしつこい告白は、ストーカー行為として訴えられます。

警察や役所に連絡され警告を受けることもあるでしょう。

場合によっては捕まり、法的な措置を受けることもあるでしょう。

断られたら潔く諦めるのが大人の処世術であり、大切なマナーです。

10. 自分のことしか考えず告白してくる

自分のことしか考えず告白してくる

断られてもいいから告白したかった、自分の気持ちにけじめをつけたかった、という理由であっても、相手の気持ちを考えられなければ、告白ハラスメントになります。

本当に相手を思いやって行動できるのであれば、安易に告白などせず、自分の内に秘めたまま恋を終えるべきです。

いきなり告白されてショックだった、気まずかったという人もたくさんいるのです。

11. 勝手に運命をかたって告白してくる

勝手に運命をかたって告白してくる

この出会いは運命だ、神様に与えられたものだから結婚しなくてはならない。

そんなスピリチュアルな思い込みで告白してくる人も迷惑です。

実際、運命的な出会いというはそんなにありません。

お互いを理解し、受け入れ、妥協し、譲り合う、そうしたすり合わせを何度もして、時にぶつかりながらも、続けて行くのが、恋愛関係であり、夫婦関係です。

いきなり運命論を語り自分に酔った告白をしてくる人に、うんざりする人も多いでしょう。

12. 死をほのめかしながら告白してくる

死をほのめかしながら告白してくる

「○○がいないと死ぬ」「付き合ってくれなきゃ生きていけない」といった、メンヘラじみた告白もかなり迷惑です。

自分の命を盾に告白するのは、一番卑怯で最低な行為です。

相手を不安にさせ、困惑させ、傷つける行為でしかないのです。

こうした告白をされて、ずっとトラウマを抱いて生きている人もいます。

心を病んでいる人が、恋愛をしてはいけないということではありません。

しかし、思いの伝え方によっては、相手を苦しめる呪いようになってしまうのです。

まとめ

告白ハラスメントは自分勝手な考えが主な原因です。

相手を思いやり、自分の気持ちをコントロールしながら、関係を少しずつ詰めていくのが、大人の恋愛のあるべき姿です。

マナーやモラルを守ってお付き合いしましょう。

タイミングが悪い、TPOをわきまえない、何度もしつこい、会って間もないのに告白してくるなど、告白ハラスメントの特徴についてまとめました。


会って間もないのに告白してくる

会って間もないのに、好意を抱きいきなり告白してくるのは、かなり迷惑なアプローチです。

自分の思いを抑え、相手の気持ちを慮り、互いに好意を抱いた時、徐々に距離を詰めて行くのが大人の恋愛です。

一目ぼれして告白して成功するパターンなどほとんどありません。

また告白してから付き合うというのは、中高生の恋愛パターンであり、大人の恋愛では、食事をしたり出かけたりといったデートを重ねてから、ちゃんと付き合おう、付き合ってみようかという相手への意思確認として行うものです。

無邪気さが許されるのは子供の告白のみです。

勘違いをしないように気をつけましょう。

脅迫じみた告白をしてくる

「付き合ってくれなきゃ復讐をする、酷いことする」といった脅迫じみた告白も最低の行為です。

ストーカーや脅迫罪として立件されることもあるので、このような告白をしてはいけません。

相手の気持ちが分からない人に、告白する権利はないのです。

いきなり結婚を前提に告白してくる

会って間もないのに、いきなり結婚を前提に告白してくるのも、迷惑な行為です。

運命を感じた、婚期を焦り切羽詰まっていた、という言い訳はできても、相手の気持ちを推し量れないのであれば、マナー違反でしょう。

いきなり結婚したい、家庭を持ちたい、子供が欲しいと言われて、困惑しない人はいません。

セクハラにもとられる場合も多いので、気をつけましょう。

高価なプレゼントを持参して告白してくる

指輪やアクセサリー、バッグなど高価なものを持参して告白することも、時に迷惑がられます。

特に、数回しか会っておらず、まだ相手のことを知らないのに、プレゼント持参で告白されても困るのです。

指輪を持参してきたとなると、結婚を迫っているようにも感じられるでしょう。

もちろん、貢がれて喜ぶタイプの人もいます。

プレゼントを渡すことえお条件に強請るタイプの人もいるので、利用されないように気を付けるべきです。

時にはカモにされ、デート商法や、結婚詐欺に遭う場合もあるので、安易にプレゼントを渡すようなことは控えましょう。

仕事中で忙しいのに告白してくる

仕事中で忙しい時に告白してくるのも、空気が読めない迷惑な行為です。

タイミングや雰囲気も告白には大切です。

もちろん、一番大切なのはお互いの相性です。

会ったばかりの上司からいきなり告白されて困らない人はいないでしょう。

パワハラやセクハラと思われても仕方ありません。

せっかく仕事に集中したいのに、突然の告白で気まずくなった、仕事の連絡や話し合いをしなければならないのに、いちいちしんどい気持ちになるなど、特に上司からの告白は、部下にダメージを与えることが多いので、十二分に気をつけなければなりません。

自宅に乗りこんで告白してくる

想いが抑えきれなくなって、相手の家に乗りこんで告白してくるのも迷惑です。

そんな風に突然告白を受けたら、ストーカーだと思われても仕方ないでしょう。

顔見知りであっても非常に対応に困ります。

もし家族が見ていたら、説明や弁明するのにも、心や時間を割かなければなりません。

相手の気持ちを考えるのであれば、家へ押し掛ける行為は絶対止めましょう。

勝手に自分の両親に紹介しながら告白してくる

勝手に両親に紹介しながら告白してくる人も迷惑です。

自分はその気なんてこれっぽっちもないのに、結婚を前提でお付き合いしたい、お付き合いしていると 相手に紹介されたら、恐怖しか感じません。

いったいこの人は何を妄想しているのだと、一刻も早く逃げたくなるでしょう。

勘違いや妄想が行きすぎた、サイコパスなモラハラタイプの人はこのようなこともしてきます。

身の危険を感じたら、すぐに距離を置くことが大切です。

友人や同僚の前で告白してくる

友人や同僚の前で告白してくる人も迷惑です。

せっかく楽しい会話をしていたのに白けることは間違いないですし、あらぬ疑いや好奇の視線に曝されることも回避できないので、かなり困ってしまう行為なのです。

学校や職場にいづらくなることもあるでしょう。

TPOをわきまえない告白をしてはいけないのです。

断ってもしつこく告白してくる

何度断ってもしつこく連絡をし告白してくるタイプの人も迷惑です。

LINEにしろ、メールにしろ、電話にしろ、直接的であっても、いずれにせよしつこい告白は、ストーカー行為として訴えられます。

警察や役所に連絡され警告を受けることもあるでしょう。

場合によっては捕まり、法的な措置を受けることもあるでしょう。

断られたら潔く諦めるのが大人の処世術であり、大切なマナーです。

自分のことしか考えず告白してくる

断られてもいいから告白したかった、自分の気持ちにけじめをつけたかった、という理由であっても、相手の気持ちを考えられなければ、告白ハラスメントになります。

本当に相手を思いやって行動できるのであれば、安易に告白などせず、自分の内に秘めたまま恋を終えるべきです。

いきなり告白されてショックだった、気まずかったという人もたくさんいるのです。

勝手に運命をかたって告白してくる

この出会いは運命だ、神様に与えられたものだから結婚しなくてはならない。

そんなスピリチュアルな思い込みで告白してくる人も迷惑です。

実際、運命的な出会いというはそんなにありません。

お互いを理解し、受け入れ、妥協し、譲り合う、そうしたすり合わせを何度もして、時にぶつかりながらも、続けて行くのが、恋愛関係であり、夫婦関係です。

いきなり運命論を語り自分に酔った告白をしてくる人に、うんざりする人も多いでしょう。

死をほのめかしながら告白してくる

「○○がいないと死ぬ」「付き合ってくれなきゃ生きていけない」といった、メンヘラじみた告白もかなり迷惑です。

自分の命を盾に告白するのは、一番卑怯で最低な行為です。

相手を不安にさせ、困惑させ、傷つける行為でしかないのです。

こうした告白をされて、ずっとトラウマを抱いて生きている人もいます。

心を病んでいる人が、恋愛をしてはいけないということではありません。

しかし、思いの伝え方によっては、相手を苦しめる呪いようになってしまうのです。

告白ハラスメントは自分勝手な考えが主な原因です。

相手を思いやり、自分の気持ちをコントロールしながら、関係を少しずつ詰めていくのが、大人の恋愛のあるべき姿です。

マナーやモラルを守ってお付き合いしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-