【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517163953.html
浮気性を治す方法

浮気性を治す方法 | LADYCO

LADYCO
浮気性を治す方法

どうして何度も浮気をしてしまうんだろう…という浮気性な人、いますよね。

浮気をよくしてしまう人にばかり良い出会いがあるというわけではなく、やはり浮気性の人には共通する特徴があるようです。

付き合っている相手の浮気性を治すためにはどうすればよいのでしょうか?

浮気性の人の特徴から、浮気性を治す方法を考えてみたいと思います。

  • どこからが浮気かをはっきりさせておく
  • 付き合い方を新鮮に保つ
  • 相手を許さない
  • 相手のいる場所に突然行く
  • 異性で仲のよい友達がいることをアピールする
  • 恋人の友達と親しくなる
  • 自分を磨く
  • 大したことでは泣かない
  • まとめ

1. どこからが浮気かをはっきりさせておく

どこからが浮気かをはっきりさせておく

まず、浮気性の人の特徴として「これぐらいなら浮気とは言わないだろう」という感覚の違いを持っている可能性があります。

一般的な感覚では完全に浮気と思うことでも、浮気性の人にとっては浮気にはあたらないために、罪悪感なく浮気をしてしまうということがあります。

付き合っている相手から「これ以上は浮気」というラインをはっきりと示されていれば、それを破ることには罪悪感を感じ、控えようと思うのではないでしょうか。

2. 付き合い方を新鮮に保つ

付き合い方を新鮮に保つ

これは、付き合いが長くなるほどに難しいことではあるのですが、浮気性の人は異性と恋愛関係を築き始める最初の新鮮なドキドキ感を大切にしてしまう人と言えるでしょう。

そのため、付き合っている相手を大切に思う気持ちはあっても、目の前の新鮮なドキドキ感を優先してしまうのです。

なので、なるべく付き合いたてのような新鮮さのある付き合い方を考えると効果的かもしれません。

例えば、いつもお互いにベタベタと触れ合うのではなく、基本的に一定の距離を保ち、たまにふとした瞬間に相手に触れるなど、ドキッとする感覚を忘れないような付き合い方をすると、他の人にドキドキ感を求める気持ちが薄らぐかもしれません。

3. 相手を許さない

相手を許さない

付き合っている相手が浮気性ということは、何度も浮気をされても許してしまっているということになります。

それは、もちろん愛情ゆえのことだと思いますが、本当に浮気性を治してほしいと思うならば、容易に浮気を許すことはしない方がよいでしょう。

一度、許してしまうと、相手に浮気をしても真剣に謝れば許してくれるという安心感を与えてしまいます。

浮気をした時はすぐに別れる、というくらいの覚悟で接していれば、愛する恋人を失うリスクを背負ってまで浮気をしようとする人は少なくなるはずです。

4. 相手のいる場所に突然行く

相手のいる場所に突然行く

これは、相手の仕事などによってもできるかどうか分かれることになりますが、相手が今いるはずの場所を突然訪れてみると、浮気性の相手にプレッシャーを与えることができるでしょう。

浮気をする時、大抵は「仕事が入った」「友達と遊ぶ」などの嘘をつかなければなりません。

そんな時に前持った連絡もなく恋人が訪ねてくれば、その後、容易に嘘をついて出かけることはできなくなるでしょう。

5. 異性で仲のよい友達がいることをアピールする

異性で仲のよい友達がいることをアピールする

浮気性の人は、自分が浮気をしてしまうのですから、付き合っている相手に異性の友達がいて、二人で遊んでいても何も言えないはずです。

しかし、浮気をしてしまうからといって、付き合っている相手に浮気をされても平気という人は少ないでしょう。

少しやきもちを妬いてもられば、気持ちを自分の方に向けることができるかもしれません。

6. 恋人の友達と親しくなる

恋人の友達と親しくなる

恋人の浮気性がなかなか治らない時は、恋人の友達を味方につけるとよいかもしれません。

恋人本人に浮気癖を治してほしいと何度も訴えるのは、おかしな話ですが、相手をうんざりさせてしまうことが多いです。

しかし、恋人の親友から「ものすごい悲しんでたよ、かわいそうに」などと説得してもらえれば、自分の気持ちも伝わり、浮気性を治すきっかけになるかもしれません。

7. 自分を磨く

自分を磨く

浮気性の人は、当然間違ったことではあるのですが、付き合っている相手に足りない部分を浮気相手に求めている可能性が高いです。

浮気をされたら、自分では物足りないのか、と考えて自分磨きをしてみると浮気性を治すことに繋がるかもしれません。

浮気をされる人が悪いということは決してないのですが、浮気をされるたびにうじうじするよりも、今の自分じゃまだ物足りないのか、と考えて自分を高めることができれば、浮気性が治るだけでなく、あなた自身のレベルが高まっていき、一石二鳥ではないでしょうか。

8. 大したことでは泣かない

大したことでは泣かない

浮気性の人に泣いて怒っても、一向に浮気性が治らない、という時は、必死の訴えがきちんと相手に届いていない可能性があります。

普段、少し嫌なことがあったくらいでは、絶対に泣かないような強い人が、浮気を知った時だけは泣いてしまった、となると相手はさすがに深い罪悪感を感じるのではないでしょうか。

まとめ

以上のように、恋人の浮気性を治すには、自分自身が精神的に強くなることが効果的だと思われます。

浮気なんてする暇もないくらい相手を自分に惚れさせることができれば、こっちのものですね。

どうして何度も浮気をしてしまうんだろう…という浮気性な人、いますよね。

浮気をよくしてしまう人にばかり良い出会いがあるというわけではなく、やはり浮気性の人には共通する特徴があるようです。

付き合っている相手の浮気性を治すためにはどうすればよいのでしょうか?

浮気性の人の特徴から、浮気性を治す方法を考えてみたいと思います。


どこからが浮気かをはっきりさせておく

まず、浮気性の人の特徴として「これぐらいなら浮気とは言わないだろう」という感覚の違いを持っている可能性があります。

一般的な感覚では完全に浮気と思うことでも、浮気性の人にとっては浮気にはあたらないために、罪悪感なく浮気をしてしまうということがあります。

付き合っている相手から「これ以上は浮気」というラインをはっきりと示されていれば、それを破ることには罪悪感を感じ、控えようと思うのではないでしょうか。

付き合い方を新鮮に保つ

これは、付き合いが長くなるほどに難しいことではあるのですが、浮気性の人は異性と恋愛関係を築き始める最初の新鮮なドキドキ感を大切にしてしまう人と言えるでしょう。

そのため、付き合っている相手を大切に思う気持ちはあっても、目の前の新鮮なドキドキ感を優先してしまうのです。

なので、なるべく付き合いたてのような新鮮さのある付き合い方を考えると効果的かもしれません。

例えば、いつもお互いにベタベタと触れ合うのではなく、基本的に一定の距離を保ち、たまにふとした瞬間に相手に触れるなど、ドキッとする感覚を忘れないような付き合い方をすると、他の人にドキドキ感を求める気持ちが薄らぐかもしれません。

相手を許さない

付き合っている相手が浮気性ということは、何度も浮気をされても許してしまっているということになります。

それは、もちろん愛情ゆえのことだと思いますが、本当に浮気性を治してほしいと思うならば、容易に浮気を許すことはしない方がよいでしょう。

一度、許してしまうと、相手に浮気をしても真剣に謝れば許してくれるという安心感を与えてしまいます。

浮気をした時はすぐに別れる、というくらいの覚悟で接していれば、愛する恋人を失うリスクを背負ってまで浮気をしようとする人は少なくなるはずです。

相手のいる場所に突然行く

これは、相手の仕事などによってもできるかどうか分かれることになりますが、相手が今いるはずの場所を突然訪れてみると、浮気性の相手にプレッシャーを与えることができるでしょう。

浮気をする時、大抵は「仕事が入った」「友達と遊ぶ」などの嘘をつかなければなりません。

そんな時に前持った連絡もなく恋人が訪ねてくれば、その後、容易に嘘をついて出かけることはできなくなるでしょう。

異性で仲のよい友達がいることをアピールする

浮気性の人は、自分が浮気をしてしまうのですから、付き合っている相手に異性の友達がいて、二人で遊んでいても何も言えないはずです。

しかし、浮気をしてしまうからといって、付き合っている相手に浮気をされても平気という人は少ないでしょう。

少しやきもちを妬いてもられば、気持ちを自分の方に向けることができるかもしれません。

恋人の友達と親しくなる

恋人の浮気性がなかなか治らない時は、恋人の友達を味方につけるとよいかもしれません。

恋人本人に浮気癖を治してほしいと何度も訴えるのは、おかしな話ですが、相手をうんざりさせてしまうことが多いです。

しかし、恋人の親友から「ものすごい悲しんでたよ、かわいそうに」などと説得してもらえれば、自分の気持ちも伝わり、浮気性を治すきっかけになるかもしれません。

自分を磨く

浮気性の人は、当然間違ったことではあるのですが、付き合っている相手に足りない部分を浮気相手に求めている可能性が高いです。

浮気をされたら、自分では物足りないのか、と考えて自分磨きをしてみると浮気性を治すことに繋がるかもしれません。

浮気をされる人が悪いということは決してないのですが、浮気をされるたびにうじうじするよりも、今の自分じゃまだ物足りないのか、と考えて自分を高めることができれば、浮気性が治るだけでなく、あなた自身のレベルが高まっていき、一石二鳥ではないでしょうか。

大したことでは泣かない

浮気性の人に泣いて怒っても、一向に浮気性が治らない、という時は、必死の訴えがきちんと相手に届いていない可能性があります。

普段、少し嫌なことがあったくらいでは、絶対に泣かないような強い人が、浮気を知った時だけは泣いてしまった、となると相手はさすがに深い罪悪感を感じるのではないでしょうか。

以上のように、恋人の浮気性を治すには、自分自身が精神的に強くなることが効果的だと思われます。

浮気なんてする暇もないくらい相手を自分に惚れさせることができれば、こっちのものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-