【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517155839.html
クリエイティブな人の特徴

クリエイティブな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
クリエイティブな人の特徴

クリエイティブじゃない人とそうでない人は何が違うのでしょうか。

クリエイティブな人には独特の行動パターンや生き方などの特徴があるので見ていきましょう。

  • 朝の時間を大切にする
  • 自分で考える時間を持つ
  • 行動力がある
  • 本を読む
  • 周囲の人間に左右されない
  • 思考が自由
  • 好きなこと、興味のあることに没頭する
  • 自分の能力を発揮できる環境に身を置いている
  • まとめ

1. 朝の時間を大切にする

朝の時間を大切にする

クリエイティブな人は早起きな人に多いです。

それは朝が生産的な時間で、何かを考えたり、仕事や勉強をする時間に最適だということを知っている、もしくは本能的にわかっているからです。

人間の脳は夜には疲れ切っています。

疲れた夜に考えたり、何かを頑張ろうとしても、あまり良い結果を生みません。

朝は休んでスッキリ目覚めた後なので、脳が一番元気です。

クリエイティブな人はその時間を無駄にしません。

2. 自分で考える時間を持つ

自分で考える時間を持つ

早起きをして仕事をしたり、運動をする人はいても、一人で何かを考える時間を持つ人は実は少数です。

パソコンも本も持たず、コーヒーを片手にただ想像力を働かせ、考える。

もし何か思いついたらメモに残し、それを吟味して実行に移す。

仕事をしていたり、誰かと一緒にいる時にそれはできません。

別の方向に意識が向かっているからです。

ただ自分と向き合う時間が創造的で自由なアイデアを生みます。

3. 行動力がある

行動力がある

クリエイティブな人ほど、まずは行動力があります。

一定のところまでアイディアが出たら、まずやってみるのです。

その上で検証し、再び行動に移します。

アイディアに行動が伴うことで、どんどん新しい結果が出るので、生産的です。

頭でっかちな人はよく考えるのですが、考えてばかりでやってみるところまでいきません。

それでは結果が出ないのです。

4. 本を読む

本を読む

自分で考えることは大事ですが、自分の経験はたかが知れています。

本を読むことで他の人の考え方、経験を自らのものとすることができます。

その上で自分で考えることで、立体感のあるアイディアが生まれます。

5. 周囲の人間に左右されない

周囲の人間に左右されない

自分の考えがあっても、それを簡単に曲げてしまっては、形になりません。

アイディアを形にして結果を出せるからクリエイティブな人になるのです。

周囲の人に批判されて簡単に屈してばかりでは自分の創造性は発揮できません。

自分の信念と強く持ち、周囲の人に左右されない人が結果を出せるのです。

6. 思考が自由

思考が自由

例えばサラリーマンだと自分の組織に何ができるか、その中で自分は何をするのかという枠で考えがちです。

それは企業に利益を生み出すことが目的だからです。

フリーランスだとこれは違ったりします。

もちろん自分がどんな利益を出せるかを考えますが、あくまで自分もしくは自分の組織で、という考えを持たず、思考が自由なので、何かを思いついた時に、企業の枠を超えた範囲で考えようとしたり、今までにない新しい考えを生み出そうとしたりします。

枠を決めず、思考が自由だからクリエイティブなのです。

7. 好きなこと、興味のあることに没頭する

好きなこと、興味のあることに没頭する

興味のないことをいくら考えたり、頑張ってやろうとしても無駄です。

言われたことをやるだけ、というのはその最たる例です。

人は好きだから努力し、工夫するのです。

その中で生まれる自由なアイディアが斬新さを生むので、嫌いなことをしているうちはクリエイティブにはなれません。

8. 自分の能力を発揮できる環境に身を置いている

自分の能力を発揮できる環境に身を置いている

自分の好きな分野でこそ能力を発揮できるのです。

成功している人は必ず自分の得意分野に自分の身を置きます。

それがクリエイティブになる方法だとわかっているからです。

そのために必要な道具、人、環境を揃え得るための努力は惜しみません。

まとめ

クリエイティブな思考を持っている人たちは、才能が元々あるからクリエイティブなのではなく、才能を開花させるための工夫が極めて上手な人です。

そう言った人たちの特徴を学ぶことで、自分たちもクリエイティブになる糸口を見つけることができます。

クリエイティブじゃない人とそうでない人は何が違うのでしょうか。

クリエイティブな人には独特の行動パターンや生き方などの特徴があるので見ていきましょう。


朝の時間を大切にする

クリエイティブな人は早起きな人に多いです。

それは朝が生産的な時間で、何かを考えたり、仕事や勉強をする時間に最適だということを知っている、もしくは本能的にわかっているからです。

人間の脳は夜には疲れ切っています。

疲れた夜に考えたり、何かを頑張ろうとしても、あまり良い結果を生みません。

朝は休んでスッキリ目覚めた後なので、脳が一番元気です。

クリエイティブな人はその時間を無駄にしません。

自分で考える時間を持つ

早起きをして仕事をしたり、運動をする人はいても、一人で何かを考える時間を持つ人は実は少数です。

パソコンも本も持たず、コーヒーを片手にただ想像力を働かせ、考える。

もし何か思いついたらメモに残し、それを吟味して実行に移す。

仕事をしていたり、誰かと一緒にいる時にそれはできません。

別の方向に意識が向かっているからです。

ただ自分と向き合う時間が創造的で自由なアイデアを生みます。

行動力がある

クリエイティブな人ほど、まずは行動力があります。

一定のところまでアイディアが出たら、まずやってみるのです。

その上で検証し、再び行動に移します。

アイディアに行動が伴うことで、どんどん新しい結果が出るので、生産的です。

頭でっかちな人はよく考えるのですが、考えてばかりでやってみるところまでいきません。

それでは結果が出ないのです。

本を読む

自分で考えることは大事ですが、自分の経験はたかが知れています。

本を読むことで他の人の考え方、経験を自らのものとすることができます。

その上で自分で考えることで、立体感のあるアイディアが生まれます。

周囲の人間に左右されない

自分の考えがあっても、それを簡単に曲げてしまっては、形になりません。

アイディアを形にして結果を出せるからクリエイティブな人になるのです。

周囲の人に批判されて簡単に屈してばかりでは自分の創造性は発揮できません。

自分の信念と強く持ち、周囲の人に左右されない人が結果を出せるのです。

思考が自由

例えばサラリーマンだと自分の組織に何ができるか、その中で自分は何をするのかという枠で考えがちです。

それは企業に利益を生み出すことが目的だからです。

フリーランスだとこれは違ったりします。

もちろん自分がどんな利益を出せるかを考えますが、あくまで自分もしくは自分の組織で、という考えを持たず、思考が自由なので、何かを思いついた時に、企業の枠を超えた範囲で考えようとしたり、今までにない新しい考えを生み出そうとしたりします。

枠を決めず、思考が自由だからクリエイティブなのです。

好きなこと、興味のあることに没頭する

興味のないことをいくら考えたり、頑張ってやろうとしても無駄です。

言われたことをやるだけ、というのはその最たる例です。

人は好きだから努力し、工夫するのです。

その中で生まれる自由なアイディアが斬新さを生むので、嫌いなことをしているうちはクリエイティブにはなれません。

自分の能力を発揮できる環境に身を置いている

自分の好きな分野でこそ能力を発揮できるのです。

成功している人は必ず自分の得意分野に自分の身を置きます。

それがクリエイティブになる方法だとわかっているからです。

そのために必要な道具、人、環境を揃え得るための努力は惜しみません。

クリエイティブな思考を持っている人たちは、才能が元々あるからクリエイティブなのではなく、才能を開花させるための工夫が極めて上手な人です。

そう言った人たちの特徴を学ぶことで、自分たちもクリエイティブになる糸口を見つけることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-