【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517155836.html
誤解を招きやすい人の特徴

誤解を招きやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
誤解を招きやすい人の特徴

人との関わりの中で誤解を招くというのは決して良い意味ではありません。

もちろん人それぞれ考え方は違うので誤解は生じますが、誤解をよく招いてしまう人はどんな特徴があるか考えていきます。

  • 言葉が足りない
  • 相手の気持ちにたって考えていない
  • 第一印象がよくない
  • 表情
  • 自分の意見を言わない
  • 自分の意見を言い過ぎる
  • 言葉にとげがある
  • 柔軟性がない
  • 反省できない
  • まとめ

1. 言葉が足りない

言葉が足りない

一番の原因は言葉が足りないということです。

自分の中でしっかりとした考えがあるのにそれをきちんと相手に伝えられていない場合が多いです。

言わなくてもわかってくれると買い被りすぎるのは良くないです。

親しい相手でも相手に分かりやすく言葉に出した方が誤解を招くことを防げるでしょう。

また手紙やメール、ラインで伝える場合には特に顔が見えないので気を付けないといけません。

2. 相手の気持ちにたって考えていない

相手の気持ちにたって考えていない

もちろん他人ですのですべての気持ちを理解するのは不可能に近いです。

ただ相手だったらこの発言をしたら、どう受け取るのか考えることが大事です。

信頼関係によっても違ってきます。

あなたのことをある程度理解してくれている場合ならいいですが、初対面の人などの場合に何も考えず話していると、発言を誤解されてしまうことがあるでしょう。

3. 第一印象がよくない

第一印象がよくない

先ほど初対面の人に対してのことをお話しましたが、人は第一印象でその人のイメージを決めてしまいがちです。

第一印象で無愛想であったり、ボソボソと話す、言葉遣いがよくなかったりすると、その人に対して悪いイメージがついてしまいます。

第一印象がよくないと、ちょっといした発言であってもマイナスに捉えられてしまったりします。

発言だけでなく第一印象にも気を遣うことが大事です。

4. 表情

表情

話している時の表情を意識したことはありますか?

例えば悲しい話をしている時なのに、顔が笑っていたりすると相手からすると本当は悲しくないのではないか、と思われてしまうかもしれません。

真剣な話をしているのに顔が真剣な表情でないのも同じです。

きちんとした言葉選びをしていても表情も意識しておかないと、相手に誤解されることがあります。

5. 自分の意見を言わない

自分の意見を言わない

相手の気持ちを考えすぎて、気にしすぎて自分の意見を言わない、発言しないというのも何も考えてない、あの人は何を考えているのか分からないと思われてしまいます。

相手の気持ちを考える、言葉選びをするのも大事ですが、自分の意見を相手にしっかり伝えるのも誤解を招かないためには必要です。

6. 自分の意見を言い過ぎる

自分の意見を言い過ぎる

自分の意見を言わないのも誤解されますが、自己主張が激しい人もこの人は自己中心的、こちらの意見を受け入れてくれないというイメージを持たれてしまうので、発言したことをマイナスな方に捉えられ、誤解されてしまうでしょう。

相手の意見もきちんと聞いた上で自分の意見を言いましょう。

7. 言葉にとげがある

言葉にとげがある

相手の気持ちにたって考えることに通じるものがありますが、言葉にとげがあるとやはり誤解をされがちです。

また直接的に言葉にとげがなくても話し方がきつかったりすると、怒っている、否定的に考えていると思われます。

話し方を変えるのはなかなか難しいですが、少し気を付けるだけでだいぶ変わってくると思います。

8. 柔軟性がない

柔軟性がない

固定観念が強すぎるのも誤解を招く原因になるでしょう。

人との関わりに正解というものはないですし、いくら相手の気持ちにたってもうまくいかないこともありでしょう。

そこで自分はこう思っているのに、相手に指摘されたとしても自分は間違っていないと凝り固まった固定観念を持っているのもよくありません。

9. 反省できない

反省できない

柔軟性と同じように大事なのが、反省することです。

自分がこう思っているという認識と周囲の認識が違う場合はそれを素直に認め、誤解の原因が自分にある、反省し行動を正す、相手に謝罪するなど、周囲に自分から歩み寄ることが大事です。

大人になるとそんなことできない、恥ずかしい、プライドがあるとは思いますがこちらがきちんと反省し、歩み寄る努力をすれば周囲も必ず歩み寄ってくれます。

まとめ

いかかでしたか?

あてはまることがあった方も、ほんの少しの努力で解決できることばかりです。

人と人との支えがあってこそ生きていける社会です。

誤解を招いて悩むことももちろんありますが、より良い関係を築くためには必要なことです。

人との関わりの中で誤解を招くというのは決して良い意味ではありません。

もちろん人それぞれ考え方は違うので誤解は生じますが、誤解をよく招いてしまう人はどんな特徴があるか考えていきます。


言葉が足りない

一番の原因は言葉が足りないということです。

自分の中でしっかりとした考えがあるのにそれをきちんと相手に伝えられていない場合が多いです。

言わなくてもわかってくれると買い被りすぎるのは良くないです。

親しい相手でも相手に分かりやすく言葉に出した方が誤解を招くことを防げるでしょう。

また手紙やメール、ラインで伝える場合には特に顔が見えないので気を付けないといけません。

相手の気持ちにたって考えていない

もちろん他人ですのですべての気持ちを理解するのは不可能に近いです。

ただ相手だったらこの発言をしたら、どう受け取るのか考えることが大事です。

信頼関係によっても違ってきます。

あなたのことをある程度理解してくれている場合ならいいですが、初対面の人などの場合に何も考えず話していると、発言を誤解されてしまうことがあるでしょう。

第一印象がよくない

先ほど初対面の人に対してのことをお話しましたが、人は第一印象でその人のイメージを決めてしまいがちです。

第一印象で無愛想であったり、ボソボソと話す、言葉遣いがよくなかったりすると、その人に対して悪いイメージがついてしまいます。

第一印象がよくないと、ちょっといした発言であってもマイナスに捉えられてしまったりします。

発言だけでなく第一印象にも気を遣うことが大事です。

表情

話している時の表情を意識したことはありますか?

例えば悲しい話をしている時なのに、顔が笑っていたりすると相手からすると本当は悲しくないのではないか、と思われてしまうかもしれません。

真剣な話をしているのに顔が真剣な表情でないのも同じです。

きちんとした言葉選びをしていても表情も意識しておかないと、相手に誤解されることがあります。

自分の意見を言わない

相手の気持ちを考えすぎて、気にしすぎて自分の意見を言わない、発言しないというのも何も考えてない、あの人は何を考えているのか分からないと思われてしまいます。

相手の気持ちを考える、言葉選びをするのも大事ですが、自分の意見を相手にしっかり伝えるのも誤解を招かないためには必要です。

自分の意見を言い過ぎる

自分の意見を言わないのも誤解されますが、自己主張が激しい人もこの人は自己中心的、こちらの意見を受け入れてくれないというイメージを持たれてしまうので、発言したことをマイナスな方に捉えられ、誤解されてしまうでしょう。

相手の意見もきちんと聞いた上で自分の意見を言いましょう。

言葉にとげがある

相手の気持ちにたって考えることに通じるものがありますが、言葉にとげがあるとやはり誤解をされがちです。

また直接的に言葉にとげがなくても話し方がきつかったりすると、怒っている、否定的に考えていると思われます。

話し方を変えるのはなかなか難しいですが、少し気を付けるだけでだいぶ変わってくると思います。

柔軟性がない

固定観念が強すぎるのも誤解を招く原因になるでしょう。

人との関わりに正解というものはないですし、いくら相手の気持ちにたってもうまくいかないこともありでしょう。

そこで自分はこう思っているのに、相手に指摘されたとしても自分は間違っていないと凝り固まった固定観念を持っているのもよくありません。

反省できない

柔軟性と同じように大事なのが、反省することです。

自分がこう思っているという認識と周囲の認識が違う場合はそれを素直に認め、誤解の原因が自分にある、反省し行動を正す、相手に謝罪するなど、周囲に自分から歩み寄ることが大事です。

大人になるとそんなことできない、恥ずかしい、プライドがあるとは思いますがこちらがきちんと反省し、歩み寄る努力をすれば周囲も必ず歩み寄ってくれます。

いかかでしたか?

あてはまることがあった方も、ほんの少しの努力で解決できることばかりです。

人と人との支えがあってこそ生きていける社会です。

誤解を招いて悩むことももちろんありますが、より良い関係を築くためには必要なことです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-