【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517155818.html
ネットリテラシーが低い人の特徴

ネットリテラシーが低い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ネットリテラシーが低い人の特徴

インターネットでの交流は現実世界での交流とは違った側面があるので、持っておくべき常識、注意事項があります。

それがネットリテラシーです。

それが低い人というのはどんな人なのでしょうか。

  • ネットが世界と繋がっていることを理解していない
  • ウイルスやマルウェアについての知識が不足している
  • ネットに書いた内容がずっと消えないことを理解していない
  • 狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用している
  • 法律に疎い
  • コミュニティによってマナーも変わってくることを理解しない
  • 勢いで書き込んだり投稿したりする
  • 自己顕示欲が強い
  • まとめ

1. ネットが世界と繋がっていることを理解していない

ネットが世界と繋がっていることを理解していない

ネットは全世界と繋がっているので不用意に書き込んだ内容などから思わぬ反応があったりバッシングを受けたりすることがあります。

日本語で書き込んでいても海外から自動翻訳機能を介して閲覧していたりしますのでそのことを意識するべきです。

それができていない人はネットリテラシーが低いと言われても仕方ありません。

2. ウイルスやマルウェアについての知識が不足している

ウイルスやマルウェアについての知識が不足している

ネットリテラシーが低い人はウイルスやマルウェアなど危険なものについての知識が不足しています。

インターネットは便利なものが無料で色々手に入る手軽な場所だと思っているのです。

それはやはりインターネットの利便性や効率性などプラスの面ばかり注目されてきたからかもしれません。

ともかく、ネットリテラシーが低い人はネットセキュリティなどを考えずに安易にあれこれソフトをダウンロードしたりインストールしたりしてしまうのでPCが壊れたりします。

それにとどまらずウイルスを知らず識らずのうちに友人に拡散してしまったりするのです。

3. ネットに書いた内容がずっと消えないことを理解していない

ネットに書いた内容がずっと消えないことを理解していない

本来インターネットに書き込んだ内容は消しようがありません。

書き込んだ元々のページを削除できたとしても、それが複製されていたりするのです。

そのことから、一度彫ったら消せないタトゥーになぞらえて「デジタルタトゥー」などと言われています。

しかしネットリテラシーが低い人はそのことがわかっておらず、簡単に自分や自分の大切な人の個人情報やプライベートな写真、動画をアップロードしたりします。

中高生ならともかく成人でもそんなことをしてしまうのです。

4. 狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用している

狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用している

ネットリテラシーが低い人は狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用します。

あたかも中高生が放課後にファーストフード店で4,5人で駄弁っている感覚でネット上で雑談したりするのです。

そして個人情報を書いたり犯罪自慢をしたり、そこまでいかなくてもマナー違反行為自慢をしたりするのです。

しかしながら実際はネットは公開されているので予想外の第三者に書き込みが発見されて炎上につながったりします。

児童ポルノの拡散もありえます。

5. 法律に疎い

法律に疎い

インターネットが広まり始めた初期のころにはあまり法整備はされていませんでしたが、現在では不正アクセス禁止法などネット関連の法律が整備されています。

そのためちょっとしたイタズラが犯罪を構成したりします。

そうしたことはネットリテラシーを持っていればわかりますしニュースを聞いていれば法律違反で逮捕されたニュースなどが流れますのでわかるはずです。

しかしネットリテラシーが低い人はそういうことに注意を払わないのでネット犯罪に手を染めてしまうのです。

6. コミュニティによってマナーも変わってくることを理解しない

コミュニティによってマナーも変わってくることを理解しない

インターネット上にはいろんな掲示板やコミュニティ、ブログなどがあります。

それぞれ人の集まりですから、そのコミュニティなりの雰囲気、マナーなどがそれぞれあるのです。

そのためあるコミュニティでOKだった発言も、他のコミュニティでは失礼にあたったりします。

そのことを理解するのがネットリテラシーなのですが、それをせずに気軽に参加してしまうと問題になってしまうのです。

7. 勢いで書き込んだり投稿したりする

勢いで書き込んだり投稿したりする

ネットリテラシーが低い人はその場の勢いで悪口や誹謗、中傷を書き込んだりしてしまいます。

後で後悔するのですが、その時にはもう取り返しがつかなくなっており炎上したり、名誉棄損で通報されてしまったりするのです。

冷静な状態で考え直したら「これは書き込むべきではないな」とわかることでも頭に血が上って書き込んでしまったりします。

情報化社会においてはクリック1つで世界中に発信できてしまうのでそのことが仇となって問題となってしまうのです。

8. 自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

ネットリテラシーが低い=自己顕示欲が強いというわけではないのですが、ネットリテラシーが取りざたされるような事例に登場する人はほとんど自己顕示欲が強いです。

というのも自ら何か発信しない限りネットリテラシーの問題にはなりにくいからです。

ネットリテラシーが低い人は「発信したい」という思いから、個人情報や悪口を発信してしまい、それが炎上したりして問題となるのです。

まとめ

ネットリテラシーというのはネットを利用する限り必要なものですが、すぐに身につくものではないです。

とりあえず、何か書き込みたくなっても一旦深呼吸して考え直して、それでも大丈夫なら書き込むようにしたいです。

それだけでも問題は回避できます。

インターネットでの交流は現実世界での交流とは違った側面があるので、持っておくべき常識、注意事項があります。

それがネットリテラシーです。

それが低い人というのはどんな人なのでしょうか。


ネットが世界と繋がっていることを理解していない

ネットは全世界と繋がっているので不用意に書き込んだ内容などから思わぬ反応があったりバッシングを受けたりすることがあります。

日本語で書き込んでいても海外から自動翻訳機能を介して閲覧していたりしますのでそのことを意識するべきです。

それができていない人はネットリテラシーが低いと言われても仕方ありません。

ウイルスやマルウェアについての知識が不足している

ネットリテラシーが低い人はウイルスやマルウェアなど危険なものについての知識が不足しています。

インターネットは便利なものが無料で色々手に入る手軽な場所だと思っているのです。

それはやはりインターネットの利便性や効率性などプラスの面ばかり注目されてきたからかもしれません。

ともかく、ネットリテラシーが低い人はネットセキュリティなどを考えずに安易にあれこれソフトをダウンロードしたりインストールしたりしてしまうのでPCが壊れたりします。

それにとどまらずウイルスを知らず識らずのうちに友人に拡散してしまったりするのです。

ネットに書いた内容がずっと消えないことを理解していない

本来インターネットに書き込んだ内容は消しようがありません。

書き込んだ元々のページを削除できたとしても、それが複製されていたりするのです。

そのことから、一度彫ったら消せないタトゥーになぞらえて「デジタルタトゥー」などと言われています。

しかしネットリテラシーが低い人はそのことがわかっておらず、簡単に自分や自分の大切な人の個人情報やプライベートな写真、動画をアップロードしたりします。

中高生ならともかく成人でもそんなことをしてしまうのです。

狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用している

ネットリテラシーが低い人は狭い身内だけでつながっている感覚でネットを利用します。

あたかも中高生が放課後にファーストフード店で4,5人で駄弁っている感覚でネット上で雑談したりするのです。

そして個人情報を書いたり犯罪自慢をしたり、そこまでいかなくてもマナー違反行為自慢をしたりするのです。

しかしながら実際はネットは公開されているので予想外の第三者に書き込みが発見されて炎上につながったりします。

児童ポルノの拡散もありえます。

法律に疎い

インターネットが広まり始めた初期のころにはあまり法整備はされていませんでしたが、現在では不正アクセス禁止法などネット関連の法律が整備されています。

そのためちょっとしたイタズラが犯罪を構成したりします。

そうしたことはネットリテラシーを持っていればわかりますしニュースを聞いていれば法律違反で逮捕されたニュースなどが流れますのでわかるはずです。

しかしネットリテラシーが低い人はそういうことに注意を払わないのでネット犯罪に手を染めてしまうのです。

コミュニティによってマナーも変わってくることを理解しない

インターネット上にはいろんな掲示板やコミュニティ、ブログなどがあります。

それぞれ人の集まりですから、そのコミュニティなりの雰囲気、マナーなどがそれぞれあるのです。

そのためあるコミュニティでOKだった発言も、他のコミュニティでは失礼にあたったりします。

そのことを理解するのがネットリテラシーなのですが、それをせずに気軽に参加してしまうと問題になってしまうのです。

勢いで書き込んだり投稿したりする

ネットリテラシーが低い人はその場の勢いで悪口や誹謗、中傷を書き込んだりしてしまいます。

後で後悔するのですが、その時にはもう取り返しがつかなくなっており炎上したり、名誉棄損で通報されてしまったりするのです。

冷静な状態で考え直したら「これは書き込むべきではないな」とわかることでも頭に血が上って書き込んでしまったりします。

情報化社会においてはクリック1つで世界中に発信できてしまうのでそのことが仇となって問題となってしまうのです。

自己顕示欲が強い

ネットリテラシーが低い=自己顕示欲が強いというわけではないのですが、ネットリテラシーが取りざたされるような事例に登場する人はほとんど自己顕示欲が強いです。

というのも自ら何か発信しない限りネットリテラシーの問題にはなりにくいからです。

ネットリテラシーが低い人は「発信したい」という思いから、個人情報や悪口を発信してしまい、それが炎上したりして問題となるのです。

ネットリテラシーというのはネットを利用する限り必要なものですが、すぐに身につくものではないです。

とりあえず、何か書き込みたくなっても一旦深呼吸して考え直して、それでも大丈夫なら書き込むようにしたいです。

それだけでも問題は回避できます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-