【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517155721.html
ストーカーになりやすい人の特徴

ストーカーになりやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ストーカーになりやすい人の特徴

ストーカーになりやすい人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個について取り上げます。

  • 思い込みが激しい
  • 一途すぎる
  • 特別な人になりたい
  • 恋愛経験が少ない
  • 感情がセーブできない
  • 相手の気持ちを考えられない
  • 正当化する
  • 嫉妬心が強い
  • 恋愛に大きすぎる期待を抱く
  • 愛情不足

1. 思い込みが激しい

思い込みが激しい

思い込みが激しい人はストーカーになりやすいと言えます。

ストーカーにはいくつかのパターンがありますが、その中の一つは「この人は自分のことが好きである」という思い込みです。

このような思い込みは相手の仕草や優しい言葉遣いによって生じてしまうことがあります。

そのため誰に対しても優しい人や、気遣いを示せる人がストーカーの被害者となることがあります。

2. 一途すぎる

一途すぎる

誰かのことを好きになり、この人しか自分にはないと思い込む人がいます。

このような人は他の異性にわき目も触れず、ただ一人の人を追いかけまわすのです。

このような感情が上手に働けば一人の恋人を愛する素晴らしい人間になることができますが、一歩間違えばストーカーになってしまうのです。

そのため一途な自分に気が付いた人は。

その気持ちが行き過ぎたものでないかどうかをチェックする必要があります。

3. 特別な人になりたい

特別な人になりたい

気になる相手がいるものの、その人が自分など相手にしないと感じる人がいます。

そのような人はせめて相手の特別な秘密を知り、自分だけのものとしたいという気持ちになることがあります。

このような気持ちがエスカレートすると対象者の後をつけるようになり、その人を常に見張るようになります。

そして場合によっては家の中に入り込むなどして犯罪行為に走ってしまうこともあるのです。

4. 恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない人も、ストーカーになってしまうことがあります。

このような人は誰かに好かれたいという気持ちが強く、それでいて1つ目の項目で述べたように勘違いしやすい傾向にあります。

そのため異性が何気なく行う動作が「好きです」もサインであると思い込んでしまうことがあるのです。

これまで恋愛経験がある人はどのような異性の行動が「好きです」のサインであるかどうかを理解できます。

しかしそうでない人はそのサインを理解できないために、単なる優しさを「好きです」のサインとみなしてしまうことがあるのです。

そしてそうしたサインを出していると思われる異性の後をつけまわすようになり、告白のチャンスを狙うのです。

5. 感情がセーブできない

感情がセーブできない

誰かを好きになる気持ちは全ての人に生じるものです。

そのためこのような感情を抱くことは決して間違いではないのです。

しかし自分のことを好きではいない異性に気持ちを無理やり押し付けたり、交際を断られた後もしつこくつけまわすなら、それはストーカー行為となります。

このような人は自分の感情をセーブできない人です。

6. 相手の気持ちを考えられない

相手の気持ちを考えられない

自分が気になる相手をつけまわすことをストーカー行為と言います。

このような行動を取る人の対象者は、好意を抱いている人です。

しかしストーカー行為を嬉しく感じる人はいないでしょう。

とりわけ女性であればストーカー行為に恐怖を感じることもあります。

このような感情を考慮せず。

とにかく好きな人を追いまわす人は相手のことを考えず、自分のことばかりを優先している人です。

7. 正当化する

正当化する

ストーカーとなる人は自分の行動を正当化します。

たとえば後をつけまわしている異性と同じ職場で働いていたり、比較的近くで生活している場合は何かと接点があることでしょう。

そのため「職場で微笑まれたかあの人は自分と話したがっている」とか「こっちをチラッと見たので、あれは今日会いたいというサインだ」というように相手の動作を自分の思うように解釈してしまうのです。

そのため普段から自分の非を認めず、正当化しようとする人はストーカーになる可能性があると言えます。

8. 嫉妬心が強い

嫉妬心が強い

嫉妬心が強い人もストーカーになりやすいと言えます。

嫉妬心は自分が大切にしているものを失うかもしれないという状況に直面したときに生じるものです。

そしてこの状況をどうにか打開しようと、突飛な行動をすることがあります。

そのため自分が好意を抱いている人が自分ではない誰かに振り向くかもしれないという状況に直面すると、ストーカー行為に走ってしまうことがあるのです。

9. 恋愛に大きすぎる期待を抱く

恋愛に大きすぎる期待を抱く

恋愛に大きすぎる期待を抱いている人も、ストーカーになってしまうことがあります。

このような人はこの人となら幸せになれると感じると、その相手を追いまわすことがあります。

この人を絶対に失いたくないという不安やいつも一緒にいたいという強い気持ちから、相手を必要以上に追いまわしてしまうのです。

恋愛がうまくいっているカップルの中にもどちらかがストーカー行為に走るという状況が生じることがあります。

このようなケースでは恋愛に大きな期待を抱いている方の行き過ぎた行動が引き金となることがあるのです。

10. 愛情不足

幼い頃から愛情不足に悩んでいる人がいます。

このような人は付き合った彼氏や彼女を失いたくないという強い気持ちを抱くようになります。

その結果ストーカー行為に走ってしまうことがあるのです。

付き合っているからと言ってストーカー行為に悩まされることはないと感じる人がいますが、実のところそのような保証はないのです。

ストーカーになりやすい人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個について取り上げます。


思い込みが激しい

思い込みが激しい人はストーカーになりやすいと言えます。

ストーカーにはいくつかのパターンがありますが、その中の一つは「この人は自分のことが好きである」という思い込みです。

このような思い込みは相手の仕草や優しい言葉遣いによって生じてしまうことがあります。

そのため誰に対しても優しい人や、気遣いを示せる人がストーカーの被害者となることがあります。

一途すぎる

誰かのことを好きになり、この人しか自分にはないと思い込む人がいます。

このような人は他の異性にわき目も触れず、ただ一人の人を追いかけまわすのです。

このような感情が上手に働けば一人の恋人を愛する素晴らしい人間になることができますが、一歩間違えばストーカーになってしまうのです。

そのため一途な自分に気が付いた人は。

その気持ちが行き過ぎたものでないかどうかをチェックする必要があります。

特別な人になりたい

気になる相手がいるものの、その人が自分など相手にしないと感じる人がいます。

そのような人はせめて相手の特別な秘密を知り、自分だけのものとしたいという気持ちになることがあります。

このような気持ちがエスカレートすると対象者の後をつけるようになり、その人を常に見張るようになります。

そして場合によっては家の中に入り込むなどして犯罪行為に走ってしまうこともあるのです。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない人も、ストーカーになってしまうことがあります。

このような人は誰かに好かれたいという気持ちが強く、それでいて1つ目の項目で述べたように勘違いしやすい傾向にあります。

そのため異性が何気なく行う動作が「好きです」もサインであると思い込んでしまうことがあるのです。

これまで恋愛経験がある人はどのような異性の行動が「好きです」のサインであるかどうかを理解できます。

しかしそうでない人はそのサインを理解できないために、単なる優しさを「好きです」のサインとみなしてしまうことがあるのです。

そしてそうしたサインを出していると思われる異性の後をつけまわすようになり、告白のチャンスを狙うのです。

感情がセーブできない

誰かを好きになる気持ちは全ての人に生じるものです。

そのためこのような感情を抱くことは決して間違いではないのです。

しかし自分のことを好きではいない異性に気持ちを無理やり押し付けたり、交際を断られた後もしつこくつけまわすなら、それはストーカー行為となります。

このような人は自分の感情をセーブできない人です。

相手の気持ちを考えられない

自分が気になる相手をつけまわすことをストーカー行為と言います。

このような行動を取る人の対象者は、好意を抱いている人です。

しかしストーカー行為を嬉しく感じる人はいないでしょう。

とりわけ女性であればストーカー行為に恐怖を感じることもあります。

このような感情を考慮せず。

とにかく好きな人を追いまわす人は相手のことを考えず、自分のことばかりを優先している人です。

正当化する

ストーカーとなる人は自分の行動を正当化します。

たとえば後をつけまわしている異性と同じ職場で働いていたり、比較的近くで生活している場合は何かと接点があることでしょう。

そのため「職場で微笑まれたかあの人は自分と話したがっている」とか「こっちをチラッと見たので、あれは今日会いたいというサインだ」というように相手の動作を自分の思うように解釈してしまうのです。

そのため普段から自分の非を認めず、正当化しようとする人はストーカーになる可能性があると言えます。

嫉妬心が強い

嫉妬心が強い人もストーカーになりやすいと言えます。

嫉妬心は自分が大切にしているものを失うかもしれないという状況に直面したときに生じるものです。

そしてこの状況をどうにか打開しようと、突飛な行動をすることがあります。

そのため自分が好意を抱いている人が自分ではない誰かに振り向くかもしれないという状況に直面すると、ストーカー行為に走ってしまうことがあるのです。

恋愛に大きすぎる期待を抱く

恋愛に大きすぎる期待を抱いている人も、ストーカーになってしまうことがあります。

このような人はこの人となら幸せになれると感じると、その相手を追いまわすことがあります。

この人を絶対に失いたくないという不安やいつも一緒にいたいという強い気持ちから、相手を必要以上に追いまわしてしまうのです。

恋愛がうまくいっているカップルの中にもどちらかがストーカー行為に走るという状況が生じることがあります。

このようなケースでは恋愛に大きな期待を抱いている方の行き過ぎた行動が引き金となることがあるのです。

幼い頃から愛情不足に悩んでいる人がいます。

このような人は付き合った彼氏や彼女を失いたくないという強い気持ちを抱くようになります。

その結果ストーカー行為に走ってしまうことがあるのです。

付き合っているからと言ってストーカー行為に悩まされることはないと感じる人がいますが、実のところそのような保証はないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-