【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144504.html
ネットのデマ情報を直ぐ信じる人の特徴

ネットのデマ情報を直ぐ信じる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ネットのデマ情報を直ぐ信じる人の特徴

ネットのデマ情報を直ぐ信じる人に共通する8の特徴をまとめました。

  • 物事を深く考えない人
  • 面倒臭がり屋
  • 自分にとって都合よく考える
  • 占いなどの不確かな情報も信じる。
  • 純粋な人
  • 年寄り
  • 暇な人、趣味が余り無い人
  • 自分に優位性を持ちたい人

1. 物事を深く考えない人

物事を深く考えない人

そもそも物事を調べるとか、情報を得るというのは自分自身にその情報が無いからである訳ですが、啓蒙的な事が故に書いてある事がそれっぽいと、”なんでそう言えるのか?

”と考察する事があまり得意じゃない。

考察不足とは日頃から、自分で考えるという行動をあまりしてない。

あるいはそもそも好きじゃない。

そういう意味では、ネットで調べるというのは手軽な訳だけどそのネットの情報には、信憑性がどの程度あるものなのかというのは、文面の内容と事件であれば背景などを、自分なりに調べるというのを結果怠っている。

2. 面倒臭がり屋

面倒臭がり屋

1のつながりですが、結果的に面倒臭がり屋ではないだろうか。

色々調べて結論を出すという発想は、結果当人にとっては”手間のかかる作業”なのかもしれない。

3. 自分にとって都合よく考える

自分にとって都合よく考える

私は政治のやり取りをよくしますが、自分の好きな政治家あるいは政党について相手に批判的な事を言うと激昂する人もおり、その主張している信憑性を指摘する訳ですが、答えられなくなると中傷行為や黙り込むなどの、社会性に乏しい行動を臆面もなしに取ります。

注意してもそうした素行をやめる事もありませんし、むしろ当人にとっては説明が出来ないにもかかわらずこちらがなんか因縁や屁理屈を言っているという解釈をしたり、はたまた自分は負けてないという根拠の無い自身を自分の心の中で呪文のように説きふせ満足している人もいるかもしれません。

情報が自分にとって、”利益になる事”であれば1で書いたように、”これはなんでそう言えるのか?

”という発想は、自分の中ではどうでもよくむしろ自分以外でもそう思っている。

あるいはある意味、承認欲をみたされすがすがしい満足感をここで得ているのかもしれません。

4. 占いなどの不確かな情報も信じる。

占いなどの不確かな情報も信じる。

3で都合よく考えるというのは、自分にもある事であるとは思います。

占いでおかしな結果が出た場合、所詮は占いと考えるしいい結果が出ればなんとなく高揚感みたいのを感じるのは自分もそうです。

そういう意味では自分は勝手な人間だと思ってしまう訳ですが、占いそのものにはそもそも根拠なんてないし、最近じゃネット占いも沢山ありますね。

ある意味、”根拠のない商売”である。

ある意味個人とその占い師のデマにお金を費やしている、とも言えなくはないですね。

科学的根拠とかそうした学術的な部分は皆無です。

5. 純粋な人

純粋な人

なんでも信じてしまう人の典型なのかもしれません。

ある意味、人間的には素晴らしいとは思います。

6. 年寄り

年寄り

5の対象者はこの年齢ではないでしょうか。

詐欺などにひっかかる人は残念ながら、取り分け女性の老人に多いように思います。

若い時程判断力は無いかもしれません。

ただ、この年齢がネットを使っているとは必ずしも限らないとは思いますが。

7. 暇な人、趣味が余り無い人

暇な人、趣味が余り無い人

興味を引くものが、自分の中に無くある情報が突然自分の興味を引いてしまってそこで覚醒?してしまったり、ある意味道端でばったりぶつかってしまった、という結論の人。

8. 自分に優位性を持ちたい人

他では知りえないような情報は、なんだか自分は他の人とは違って英邁になった気分にかられる。

これは、情報が仮にデマじゃなくても誰にでもあるのではないでしょうか。

まして自分だけが得をするなんて事は、他の人より優遇された気分で浅ましくもこれが人間の差がではないだろうか。

自分が実は騙されているという発想は、この差がという人間の自分だけが得をしたいとか優遇されたいとかの秘められた感情からきているとは思います。

誰にもある事ですが、自己愛の強い人はこれが一層際立ち結果、騙されたことにすら気がつかないのかもしれません。

ネットのデマ情報を直ぐ信じる人に共通する8の特徴をまとめました。


物事を深く考えない人

そもそも物事を調べるとか、情報を得るというのは自分自身にその情報が無いからである訳ですが、啓蒙的な事が故に書いてある事がそれっぽいと、”なんでそう言えるのか?

”と考察する事があまり得意じゃない。

考察不足とは日頃から、自分で考えるという行動をあまりしてない。

あるいはそもそも好きじゃない。

そういう意味では、ネットで調べるというのは手軽な訳だけどそのネットの情報には、信憑性がどの程度あるものなのかというのは、文面の内容と事件であれば背景などを、自分なりに調べるというのを結果怠っている。

面倒臭がり屋

1のつながりですが、結果的に面倒臭がり屋ではないだろうか。

色々調べて結論を出すという発想は、結果当人にとっては”手間のかかる作業”なのかもしれない。

自分にとって都合よく考える

私は政治のやり取りをよくしますが、自分の好きな政治家あるいは政党について相手に批判的な事を言うと激昂する人もおり、その主張している信憑性を指摘する訳ですが、答えられなくなると中傷行為や黙り込むなどの、社会性に乏しい行動を臆面もなしに取ります。

注意してもそうした素行をやめる事もありませんし、むしろ当人にとっては説明が出来ないにもかかわらずこちらがなんか因縁や屁理屈を言っているという解釈をしたり、はたまた自分は負けてないという根拠の無い自身を自分の心の中で呪文のように説きふせ満足している人もいるかもしれません。

情報が自分にとって、”利益になる事”であれば1で書いたように、”これはなんでそう言えるのか?

”という発想は、自分の中ではどうでもよくむしろ自分以外でもそう思っている。

あるいはある意味、承認欲をみたされすがすがしい満足感をここで得ているのかもしれません。

占いなどの不確かな情報も信じる。

3で都合よく考えるというのは、自分にもある事であるとは思います。

占いでおかしな結果が出た場合、所詮は占いと考えるしいい結果が出ればなんとなく高揚感みたいのを感じるのは自分もそうです。

そういう意味では自分は勝手な人間だと思ってしまう訳ですが、占いそのものにはそもそも根拠なんてないし、最近じゃネット占いも沢山ありますね。

ある意味、”根拠のない商売”である。

ある意味個人とその占い師のデマにお金を費やしている、とも言えなくはないですね。

科学的根拠とかそうした学術的な部分は皆無です。

純粋な人

なんでも信じてしまう人の典型なのかもしれません。

ある意味、人間的には素晴らしいとは思います。

年寄り

5の対象者はこの年齢ではないでしょうか。

詐欺などにひっかかる人は残念ながら、取り分け女性の老人に多いように思います。

若い時程判断力は無いかもしれません。

ただ、この年齢がネットを使っているとは必ずしも限らないとは思いますが。

暇な人、趣味が余り無い人

興味を引くものが、自分の中に無くある情報が突然自分の興味を引いてしまってそこで覚醒?してしまったり、ある意味道端でばったりぶつかってしまった、という結論の人。

他では知りえないような情報は、なんだか自分は他の人とは違って英邁になった気分にかられる。

これは、情報が仮にデマじゃなくても誰にでもあるのではないでしょうか。

まして自分だけが得をするなんて事は、他の人より優遇された気分で浅ましくもこれが人間の差がではないだろうか。

自分が実は騙されているという発想は、この差がという人間の自分だけが得をしたいとか優遇されたいとかの秘められた感情からきているとは思います。

誰にもある事ですが、自己愛の強い人はこれが一層際立ち結果、騙されたことにすら気がつかないのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-