【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144501.html
したたかな人の特徴

したたかな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
したたかな人の特徴

したたかな人に共通する8の特徴をまとめました。

  • 自分にとって都合の悪い事は、聞いているふりをしている。
  • 目的や狙った獲物はどんな手を使ってもかまわないという思考
  • ずうずうしい
  • 人当たりが実はいい
  • 状況を読み取るのが上手い
  • 自己愛である。
  • 根回しが上手い。
  • 話術がすごい。
  • まとめ

1. 自分にとって都合の悪い事は、聞いているふりをしている。

自分にとって都合の悪い事は、聞いているふりをしている。

話のやりとりというのは、そのつど何かメモを取っているわけではないし、言った言わないは所詮は水掛け論です。

そこで互いの"記憶違い"というのは、何か利害が生じた時以外でも、往々に発生する訳ですが利害が衝突した際この言った言わないに持ち込み、真実を有耶無耶にしてその時の義務や生じている問題についてとぼけるという手法を、巧みに使ってくるのが非常に上手いです

2. 目的や狙った獲物はどんな手を使ってもかまわないという思考

目的や狙った獲物はどんな手を使ってもかまわないという思考

話のやり取りで、勝手に1の状況になった時言った言わないの状況は、結果"自分は言った"という根拠は自分の記憶が正しいからと、それこそ声を荒げて主張し相手を萎縮させる術を得意としていると思います。

時期的にかなり過去のものであるなら尚で、誠実な人であれば不確かな事を断言する事は避けるのでしょうが、したたかな人はそこにつけいってくる事があります。

3. ずうずうしい

ずうずうしい

相手のものもいつかは自分の物になるとか、普通の人では考えない事を考えているのも特徴ではないだろうか。

大阪の人に多いのかもしれないですが、どう考えても割引出来ないだろうと関東人は思う事でも、不可能を可能に出来る根拠の無い自信がなぜかありますよね。

言ったもん勝ちというのがこうした心境にあるのかもしれません。

4. 人当たりが実はいい

人当たりが実はいい

これは会社でもよくいるとは思いますが、相手にゴマをすって何かあった時に自分の見方になってもらえる人を作っておき、窮地に立たされれば自分以外の人を使って闘いを挑む思考があると思います。

相手を孤立させる事が自分の利益や、 目的あるいは身分を補償する為にはきっと不可欠だと考えているとは思います。

5. 状況を読み取るのが上手い

状況を読み取るのが上手い

どちらの側につけばという、慧眼の凝らし方が実に上手い。

とにかく強い物に巻かれる方が、自分が生きていく為には不可欠なんだという思考。

この判断とは一見、他の人では気がつかない何かを見つけているのです。

そういう意味では、観察力が優れているのかもしれません。

しかも、その人が凋落する状況も先を読める力がないと出来ません。

6. 自己愛である。

自己愛である。

人をおだてたり、膾炙したりするのは実は最終的には自分の利益になるからやっているのです。

当然、自分の利益にならない事にはこうした行動を取らない。

自分以外には完全に冷たい態度を取ります。

勿論余計な労力は極力嫌います。

7. 根回しが上手い。

根回しが上手い。

何か問題が発生し対立している時でも、周りに色々風潮して事前にこちらの印象を悪くしておき、闘う際に有利に持っていく。

戦術としてはえげつないとは思いますが、結果それを信じきっている周りに事情を話しても中々この誤解を解くのは難しい。

信じきってますからね。

同情心を煽り、人がいい人はもはやこちらが悪と決め付けられている事も。

8. 話術がすごい。

話術がすごい。

頭の回転が早いのか、次から次へと言葉が出てきます。

なんら根拠がない事でも、それを納得させるだけのなんらかのコツを持っているとは思います。

ある意味天才です。

科学的根拠とか学術的な論理は全く無くとも、そうなんだと思ってしまいます。

まとめ

この手の人はやはり営業とか経営者に実は向いているのではと思います。

とっさの判断力がないとしたたかさは、要領よく立ち回るだけの力が無いと結局は出来ません。

まあそれを調子にのって墓穴を掘る事もありますが、この墓穴でも自分の機転で回避する事ができればある種才能だと私は思います。

まあ人からいい印象を与えられるものばかりではないとは思いますが、上手く回りがこれを使うように仕向けるのも会社組織では必要だとは思います。

したたかな人に共通する8の特徴をまとめました。


自分にとって都合の悪い事は、聞いているふりをしている。

話のやりとりというのは、そのつど何かメモを取っているわけではないし、言った言わないは所詮は水掛け論です。

そこで互いの"記憶違い"というのは、何か利害が生じた時以外でも、往々に発生する訳ですが利害が衝突した際この言った言わないに持ち込み、真実を有耶無耶にしてその時の義務や生じている問題についてとぼけるという手法を、巧みに使ってくるのが非常に上手いです

目的や狙った獲物はどんな手を使ってもかまわないという思考

話のやり取りで、勝手に1の状況になった時言った言わないの状況は、結果"自分は言った"という根拠は自分の記憶が正しいからと、それこそ声を荒げて主張し相手を萎縮させる術を得意としていると思います。

時期的にかなり過去のものであるなら尚で、誠実な人であれば不確かな事を断言する事は避けるのでしょうが、したたかな人はそこにつけいってくる事があります。

ずうずうしい

相手のものもいつかは自分の物になるとか、普通の人では考えない事を考えているのも特徴ではないだろうか。

大阪の人に多いのかもしれないですが、どう考えても割引出来ないだろうと関東人は思う事でも、不可能を可能に出来る根拠の無い自信がなぜかありますよね。

言ったもん勝ちというのがこうした心境にあるのかもしれません。

人当たりが実はいい

これは会社でもよくいるとは思いますが、相手にゴマをすって何かあった時に自分の見方になってもらえる人を作っておき、窮地に立たされれば自分以外の人を使って闘いを挑む思考があると思います。

相手を孤立させる事が自分の利益や、 目的あるいは身分を補償する為にはきっと不可欠だと考えているとは思います。

状況を読み取るのが上手い

どちらの側につけばという、慧眼の凝らし方が実に上手い。

とにかく強い物に巻かれる方が、自分が生きていく為には不可欠なんだという思考。

この判断とは一見、他の人では気がつかない何かを見つけているのです。

そういう意味では、観察力が優れているのかもしれません。

しかも、その人が凋落する状況も先を読める力がないと出来ません。

自己愛である。

人をおだてたり、膾炙したりするのは実は最終的には自分の利益になるからやっているのです。

当然、自分の利益にならない事にはこうした行動を取らない。

自分以外には完全に冷たい態度を取ります。

勿論余計な労力は極力嫌います。

根回しが上手い。

何か問題が発生し対立している時でも、周りに色々風潮して事前にこちらの印象を悪くしておき、闘う際に有利に持っていく。

戦術としてはえげつないとは思いますが、結果それを信じきっている周りに事情を話しても中々この誤解を解くのは難しい。

信じきってますからね。

同情心を煽り、人がいい人はもはやこちらが悪と決め付けられている事も。

話術がすごい。

頭の回転が早いのか、次から次へと言葉が出てきます。

なんら根拠がない事でも、それを納得させるだけのなんらかのコツを持っているとは思います。

ある意味天才です。

科学的根拠とか学術的な論理は全く無くとも、そうなんだと思ってしまいます。

この手の人はやはり営業とか経営者に実は向いているのではと思います。

とっさの判断力がないとしたたかさは、要領よく立ち回るだけの力が無いと結局は出来ません。

まあそれを調子にのって墓穴を掘る事もありますが、この墓穴でも自分の機転で回避する事ができればある種才能だと私は思います。

まあ人からいい印象を与えられるものばかりではないとは思いますが、上手く回りがこれを使うように仕向けるのも会社組織では必要だとは思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-