【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144404.html
ファッション業界に向いている人の特徴

ファッション業界に向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ファッション業界に向いている人の特徴

多くの女性やオシャレな男性が憧れる職業のひとつであるファッション業界について考えます。

どんな特徴を持つ人に向いているのでしょうか?

  • オシャレが大好きな人
  • 流行に敏感な人
  • 人と話すのが好きな人
  • 相手を思いやって言葉を選べる人
  • 人から学べる謙虚な人
  • スタイルがいい人
  • 笑顔がステキな人
  • 適度な距離感が保てる人
  • まとめ

1. オシャレが大好きな人

オシャレが大好きな人

ファッション業界ですから当然オシャレに敏感な人には向いている職業です。

それはオシャレかどうかということだけではなく、オシャレに対して常に人一倍興味があり、探究心を持っている人のことを指します。

それくらい敏感な感覚がなければお客様や他の店員に一目置かれるような店員にはなれず、オシャレな店員の中で劣等感を感じて辛いだけになってしまいます。

仕事は好きであることが前向きに頑張れるポイントです。

2. 流行に敏感な人

流行に敏感な人

ファッション業界で輝くためにはめまぐるしい早さで移り変わる流行に対して敏感でいなくてはいけません。

自己流のファッションだけを追求するだけでは売り上げにも影響してしまいますし、幅が広がらないからです。

また、その流行によって新たに出てくる用語にも疎いとお客様の前で恥をかいてしまいます。

どの仕事においても言えることですが、常に新しいものを取り入れようとアンテナを張る気持ちはモチベーションを高めるためにも重要です。

3. 人と話すのが好きな人

人と話すのが好きな人

お客様に商品をおすすめする機会の多い業界ですから人と話すことが好きな人物でなくては勤まらない職業です。

恥ずかしがりやさんでも誠実さが伝われば十分気に入ってもらえることも期待できますが、話術があるとより売り上げに貢献することができます。

お店も明るい雰囲気となり、店外から様子を覗いている客足も呼び込めるでしょう。

明るすぎても威圧すぎると感じさせてしまうので心地よい話し上手が求められます。

4. 相手を思いやって言葉を選べる人

相手を思いやって言葉を選べる人

ファッション業界で関わるお客様は様々な体格の方がやってきます。

だからこそ失礼のない表現でふさわしい商品をおすすめするような、言葉を選べる能力も大切な部分です。

「太っている方には」とか「背が低い方には」などというような本人が気にしていそうなフレーズを使うのはタブーです。

また、安い商品ばかりをお得だからと勧めるのも貧乏人扱いをしているようで失礼にあたります。

相手が傷つかない言葉選びを学んでください。

5. 人から学べる謙虚な人

人から学べる謙虚な人

ファッション業界では他の店員からも学べる謙虚な姿勢の人物が理想的です。

自分だけで得た知識や自分の考えだけでやるよりも、できる店員のわざや知識を得て接客やディスプレイに生かすことがよりお店のためにもお客様のためにもなります。

自分流を貫くのではなく、店員同士刺激しないながら高めていくという意識を持ちましょう。

6. スタイルがいい人

スタイルがいい人

スタイルがいい人はお店の商品を身につけてもステキに見えるのでより売り出しやすくなります。

痩せていればいいということではなく、グラマーに見えるべきアイテムなら映えるような体型を目指したり、からだにフィットするようなアイテムならスリムさを強調したり、アイテムのタイプによって適したスタイルも変わってきます。

お店のコンセプトに合った体型維持も心がけましょう。

7. 笑顔がステキな人

笑顔がステキな人

接客業においてやはり大切なのは笑顔です。

意識しなくても見ていてほっとできる笑顔や愛らしい笑顔ができる人はファッション業界でもそれを生かすことができるでしょう。

話すのがそれほど得意ではなくとも笑顔でカバーできる時もあります。

ぜひ心地よい笑顔を研究してみてください。

8. 適度な距離感が保てる人

適度な距離感が保てる人

お客様によってはあまり声がけされるとマークされているように感じ、商品を選びにくいという意見もあります。

そのため、お客様がどんな接客を求めているかやどの程度の距離感を求めているかを見極められる能力も大切になってきます。

普段から友達付き合いにおいてもそんなことを意識しながら人と接していると練習にもなるのでぜひ試してみてください。

まとめ

ファッション業界はただオシャレなら良いというわけではなく、接客業のスキルや学ぼうとする向上心も重要になってきます。

ぜひ参考になさってみてください。

多くの女性やオシャレな男性が憧れる職業のひとつであるファッション業界について考えます。

どんな特徴を持つ人に向いているのでしょうか?


オシャレが大好きな人

ファッション業界ですから当然オシャレに敏感な人には向いている職業です。

それはオシャレかどうかということだけではなく、オシャレに対して常に人一倍興味があり、探究心を持っている人のことを指します。

それくらい敏感な感覚がなければお客様や他の店員に一目置かれるような店員にはなれず、オシャレな店員の中で劣等感を感じて辛いだけになってしまいます。

仕事は好きであることが前向きに頑張れるポイントです。

流行に敏感な人

ファッション業界で輝くためにはめまぐるしい早さで移り変わる流行に対して敏感でいなくてはいけません。

自己流のファッションだけを追求するだけでは売り上げにも影響してしまいますし、幅が広がらないからです。

また、その流行によって新たに出てくる用語にも疎いとお客様の前で恥をかいてしまいます。

どの仕事においても言えることですが、常に新しいものを取り入れようとアンテナを張る気持ちはモチベーションを高めるためにも重要です。

人と話すのが好きな人

お客様に商品をおすすめする機会の多い業界ですから人と話すことが好きな人物でなくては勤まらない職業です。

恥ずかしがりやさんでも誠実さが伝われば十分気に入ってもらえることも期待できますが、話術があるとより売り上げに貢献することができます。

お店も明るい雰囲気となり、店外から様子を覗いている客足も呼び込めるでしょう。

明るすぎても威圧すぎると感じさせてしまうので心地よい話し上手が求められます。

相手を思いやって言葉を選べる人

ファッション業界で関わるお客様は様々な体格の方がやってきます。

だからこそ失礼のない表現でふさわしい商品をおすすめするような、言葉を選べる能力も大切な部分です。

「太っている方には」とか「背が低い方には」などというような本人が気にしていそうなフレーズを使うのはタブーです。

また、安い商品ばかりをお得だからと勧めるのも貧乏人扱いをしているようで失礼にあたります。

相手が傷つかない言葉選びを学んでください。

人から学べる謙虚な人

ファッション業界では他の店員からも学べる謙虚な姿勢の人物が理想的です。

自分だけで得た知識や自分の考えだけでやるよりも、できる店員のわざや知識を得て接客やディスプレイに生かすことがよりお店のためにもお客様のためにもなります。

自分流を貫くのではなく、店員同士刺激しないながら高めていくという意識を持ちましょう。

スタイルがいい人

スタイルがいい人はお店の商品を身につけてもステキに見えるのでより売り出しやすくなります。

痩せていればいいということではなく、グラマーに見えるべきアイテムなら映えるような体型を目指したり、からだにフィットするようなアイテムならスリムさを強調したり、アイテムのタイプによって適したスタイルも変わってきます。

お店のコンセプトに合った体型維持も心がけましょう。

笑顔がステキな人

接客業においてやはり大切なのは笑顔です。

意識しなくても見ていてほっとできる笑顔や愛らしい笑顔ができる人はファッション業界でもそれを生かすことができるでしょう。

話すのがそれほど得意ではなくとも笑顔でカバーできる時もあります。

ぜひ心地よい笑顔を研究してみてください。

適度な距離感が保てる人

お客様によってはあまり声がけされるとマークされているように感じ、商品を選びにくいという意見もあります。

そのため、お客様がどんな接客を求めているかやどの程度の距離感を求めているかを見極められる能力も大切になってきます。

普段から友達付き合いにおいてもそんなことを意識しながら人と接していると練習にもなるのでぜひ試してみてください。

ファッション業界はただオシャレなら良いというわけではなく、接客業のスキルや学ぼうとする向上心も重要になってきます。

ぜひ参考になさってみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-