【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144355.html
友達と合わない時の対処方法

友達と合わない時の対処方法 | LADYCO

LADYCO
友達と合わない時の対処方法

友達と合わない時の対処方法を11選まとめました。

  • 話しを合わせる
  • 批判しない
  • 理解する努力をする
  • 目標に焦点をあてる
  • 性格が違うということを楽しむ
  • 価値観が一致しないのは当然だと考える
  • お互い刺激し合って向上できる相手だと思う
  • 友達の良いところを探す
  • 思い切って一緒に旅行に行ってみる
  • 受け流す
  • 最後の手段はお別れしましょう

1. 話しを合わせる

話しを合わせる

自分の意見と友達の意見が合わないことはよくあります。

友達はイタリアンのお店にパスタを食べに行こうと言うけれど、私は和食でご飯が食べたいなと思ったりしますよね。

そんな時は、よほど納得できない内容ではない限り相手に合わせてしまいましょう。

どちらかが譲らないと、衝突したままでは疲れるだけで終わります。

あなたが楽に付き合う為にも、自分が折れるということはとても大切です。

2. 批判しない

批判しない

相手の行動や意見が、自分の価値観と違った時、ついつい強い口調で指摘したり理論的に冷たく批判してしまったりすることもあると思います。

そんな時でも冷静になって相手の人格を否定するようなことは言わないようにしましょう。

友達のタバコのポイ捨てを目撃したとして、それが嫌だったらあなたがこそっと拾って捨てるのです。

自分の価値観や世間一般の常識を押し付けないようにしましょう。

3. 理解する努力をする

理解する努力をする

友達と考えが合わないとき、どうしてそういう行動をとったのか、どうしてそう思ったのか、一度友達に聞いてみてはいかがでしょう。

いつも自分では片付けをしない友達に「何で片付けるのが嫌いなの?」と聞いてみましょう。

「え、十分片付いてない?」とか「片付いていると落ち着かないんだよね」とか、意外な答えが返ってくるかもしれません。

そしてどうしてそう思うのか、さらに追求して聞いてみると、意外な発見があるかもしれません。

4. 目標に焦点をあてる

目標に焦点をあてる

合わない相手でも一緒にいるということは、自分にとっても何かしらメリットがあるということ。

どうして自分はこの友達と一緒にいるのか、一度考えてみましょう。

好きなアーティストが同じだからとか、何でも言い合える友達だからとか、何か理由があるはず。

その理由が分かったら、そのためだけに一緒にいれば良いのです。

好きなアーティストのライブに一緒に行くということや、思ったことを何でも言い合うという関係を目標に一緒にいるのです。

5. 性格が違うということを楽しむ

性格が違うということを楽しむ

自分と違う考えにイライラすることはよくあります。

そんなとき、ひと呼吸置いて、「そう言う考えもあるんだ」「そんな行動私には到底出来ない」という自分と相手との違いを面白いと感じて楽しみましょう。

だってあなたには思いもつかなかったことが友達には思いついて、あなたができないことを友達は難なく行ってしまうのですから、とても凄いと思いませんか。

6. 価値観が一致しないのは当然だと考える

価値観が一致しないのは当然だと考える

人は一人一人みんな違います。

例え一卵性の双子だったとしても、誰一人として全く同じ人間なんていません。

それが当たり前で、価値観が一致しない、全くの真逆だったとしても何らおかしいことではありません。

それが普通なのです。

そう思うと、友達と価値観が違うことは、そんなに問題ではないように思いませんか。

問題は、価値観が違った時にどんな行動を起こすかということ。

自分と友達は違うということを前提に付き合うと、今までイライラしていたことや思い詰めていたことがなくなり、心が軽くなって良い付き合いができるようになります。

7. お互い刺激し合って向上できる相手だと思う

お互い刺激し合って向上できる相手だと思う

合わない友達は、自分とは全く違う発想や行動をしますよね。

それは自分には思いつかないことやできない行動だったりして、「自分もそんな性格だったらな」って思うことありませんか。

そんな時は「友達を見習って、自分ももう少し大胆になろう」とか「これくらい大雑把でもいいのかもしれない」とか「自分は決して友達のようにはならないようにしよう」と、自分を向上させるきっかけにしてしまいましょう。

口論や喧嘩も、お互いを成長させるきっかけだと思って、受け入れてください。

きっと何か友達から得られる物があるはずです。

8. 友達の良いところを探す

友達の良いところを探す

誰にでも良いところと悪いところは必ずあります。

良い面と悪い面は背中合わせで、誰にでも優しい人は逆を言うと誰にでも甘いという見る人によって表裏一体の性質を持ちます。

友達の性格が人の話しを聞かず何でも自分の意見を押し通すから合わないと思っている人は、この人は芯が強くぶれない人なんだと逆に考え、良い面に転換してみましょう。

優柔不断で物事を決められない友達なら、いつも自分に決めさせてくれる優しい人と転換しましょう。

9. 思い切って一緒に旅行に行ってみる

思い切って一緒に旅行に行ってみる

合わないなと思っている友達でも、思い切って長時間一緒に過ごしてみましょう。

すると今まで見えなかったことが沢山見えてくるはずです。

例えば、自分は観光がしたいのに友達はご当地グルメばかり気にしている。

そんなときは自分は観光地のピックアップを担当し、友達には美味しいお店のピックアップを頼むなど、合わないなりに上手く付き合える方法が見つかったりします。

そうすると、自然と相手の良いところも目につくようになるかもしれません。

10. 受け流す

受け流す

嫌悪感を抱くほどのどうしても受け入れられない意見や価値観は、聞き流したりして受け流しましょう。

聞かなかったこと、見なかったことにしてしまうのです。

上手く付き合って行くには、毎回全力で相手と向き合っていると疲れてしまいます。

ほどほどにスルーすることも大切です。

11. 最後の手段はお別れしましょう

自分としては頑張ってみたけれど、それでもどうしても気に入らない、一緒にいるとストレスが溜まるだけ、そんな時はもうお別れするしかありません。

なるべく自然に、少しずつ距離をとるようにしてお別れしましょう。

いなくなることで友達の大切さが分かり、もしかするとまた友達に戻って以前とは違う付き合い方ができるかもしれません。

友達と合わない時の対処方法を11選まとめました。


話しを合わせる

自分の意見と友達の意見が合わないことはよくあります。

友達はイタリアンのお店にパスタを食べに行こうと言うけれど、私は和食でご飯が食べたいなと思ったりしますよね。

そんな時は、よほど納得できない内容ではない限り相手に合わせてしまいましょう。

どちらかが譲らないと、衝突したままでは疲れるだけで終わります。

あなたが楽に付き合う為にも、自分が折れるということはとても大切です。

批判しない

相手の行動や意見が、自分の価値観と違った時、ついつい強い口調で指摘したり理論的に冷たく批判してしまったりすることもあると思います。

そんな時でも冷静になって相手の人格を否定するようなことは言わないようにしましょう。

友達のタバコのポイ捨てを目撃したとして、それが嫌だったらあなたがこそっと拾って捨てるのです。

自分の価値観や世間一般の常識を押し付けないようにしましょう。

理解する努力をする

友達と考えが合わないとき、どうしてそういう行動をとったのか、どうしてそう思ったのか、一度友達に聞いてみてはいかがでしょう。

いつも自分では片付けをしない友達に「何で片付けるのが嫌いなの?」と聞いてみましょう。

「え、十分片付いてない?」とか「片付いていると落ち着かないんだよね」とか、意外な答えが返ってくるかもしれません。

そしてどうしてそう思うのか、さらに追求して聞いてみると、意外な発見があるかもしれません。

目標に焦点をあてる

合わない相手でも一緒にいるということは、自分にとっても何かしらメリットがあるということ。

どうして自分はこの友達と一緒にいるのか、一度考えてみましょう。

好きなアーティストが同じだからとか、何でも言い合える友達だからとか、何か理由があるはず。

その理由が分かったら、そのためだけに一緒にいれば良いのです。

好きなアーティストのライブに一緒に行くということや、思ったことを何でも言い合うという関係を目標に一緒にいるのです。

性格が違うということを楽しむ

自分と違う考えにイライラすることはよくあります。

そんなとき、ひと呼吸置いて、「そう言う考えもあるんだ」「そんな行動私には到底出来ない」という自分と相手との違いを面白いと感じて楽しみましょう。

だってあなたには思いもつかなかったことが友達には思いついて、あなたができないことを友達は難なく行ってしまうのですから、とても凄いと思いませんか。

価値観が一致しないのは当然だと考える

人は一人一人みんな違います。

例え一卵性の双子だったとしても、誰一人として全く同じ人間なんていません。

それが当たり前で、価値観が一致しない、全くの真逆だったとしても何らおかしいことではありません。

それが普通なのです。

そう思うと、友達と価値観が違うことは、そんなに問題ではないように思いませんか。

問題は、価値観が違った時にどんな行動を起こすかということ。

自分と友達は違うということを前提に付き合うと、今までイライラしていたことや思い詰めていたことがなくなり、心が軽くなって良い付き合いができるようになります。

お互い刺激し合って向上できる相手だと思う

合わない友達は、自分とは全く違う発想や行動をしますよね。

それは自分には思いつかないことやできない行動だったりして、「自分もそんな性格だったらな」って思うことありませんか。

そんな時は「友達を見習って、自分ももう少し大胆になろう」とか「これくらい大雑把でもいいのかもしれない」とか「自分は決して友達のようにはならないようにしよう」と、自分を向上させるきっかけにしてしまいましょう。

口論や喧嘩も、お互いを成長させるきっかけだと思って、受け入れてください。

きっと何か友達から得られる物があるはずです。

友達の良いところを探す

誰にでも良いところと悪いところは必ずあります。

良い面と悪い面は背中合わせで、誰にでも優しい人は逆を言うと誰にでも甘いという見る人によって表裏一体の性質を持ちます。

友達の性格が人の話しを聞かず何でも自分の意見を押し通すから合わないと思っている人は、この人は芯が強くぶれない人なんだと逆に考え、良い面に転換してみましょう。

優柔不断で物事を決められない友達なら、いつも自分に決めさせてくれる優しい人と転換しましょう。

思い切って一緒に旅行に行ってみる

合わないなと思っている友達でも、思い切って長時間一緒に過ごしてみましょう。

すると今まで見えなかったことが沢山見えてくるはずです。

例えば、自分は観光がしたいのに友達はご当地グルメばかり気にしている。

そんなときは自分は観光地のピックアップを担当し、友達には美味しいお店のピックアップを頼むなど、合わないなりに上手く付き合える方法が見つかったりします。

そうすると、自然と相手の良いところも目につくようになるかもしれません。

受け流す

嫌悪感を抱くほどのどうしても受け入れられない意見や価値観は、聞き流したりして受け流しましょう。

聞かなかったこと、見なかったことにしてしまうのです。

上手く付き合って行くには、毎回全力で相手と向き合っていると疲れてしまいます。

ほどほどにスルーすることも大切です。

自分としては頑張ってみたけれど、それでもどうしても気に入らない、一緒にいるとストレスが溜まるだけ、そんな時はもうお別れするしかありません。

なるべく自然に、少しずつ距離をとるようにしてお別れしましょう。

いなくなることで友達の大切さが分かり、もしかするとまた友達に戻って以前とは違う付き合い方ができるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-