【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517144349.html
媚びる人の特徴

媚びる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
媚びる人の特徴

人に気に入られようとして、ご機嫌取りをする人がいます。

そういう媚びる人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 自信がない
  • 孤独が怖い
  • 相手によって態度を変える
  • 飲み会やイベントには積極的に参加する
  • 相手の意見に同調する
  • まめ
  • ほめ上手
  • 他の人が媚びるのは許せない
  • 上昇志向が強い
  • コミュニケーション能力がある

1. 自信がない

自信がない

自分の能力や人間性に自信がある人は、人に媚びることはしません。

その必要がないからです。

真の実力者や、人間的な魅力のある人は、黙っていても人の方から寄ってくるでしょう。

媚びる人というのは、つまり、自分に自信がないのです。

自信がないため、じっと黙っていたのでは、人から気に入られることができないと考えます。

そのため、自分から人にアプローチして、なんとか好印象を与え、良い関係を作ろうとするわけです。

2. 孤独が怖い

孤独が怖い

人との関係性を重んじるのが媚びる人の特徴ですが、そこには、孤独を怖がるという心理が隠されていると考えていいでしょう。

たとえば、あるグループの中で、ほかのメンバーに媚びを売る人がいます。

それは、他のメンバーに気に入られることで、仲間外れにされることを防ごうとしているのです。

お世辞を言ったりして人にへつらうのは、ひとりぼっちになりたくないからに他なりません。

3. 相手によって態度を変える

相手によって態度を変える

媚びる人は、すべての相手に対して媚びを売るわけではありません。

たとえば、職場内で媚びる人は、上司や先輩に対しては、愛想良くふるまい、お世辞を言ったりして気に入られようとします。

しかし、後輩に対しては、媚びるということはあまりありません。

中には部下に媚びる上司もいますが、その上司も、すべての部下に対して媚びるということはないでしょう。

人を見て接し方を変え、相手によって態度を変えるのが、媚びる人に共通する特徴の一つなのです。

4. 飲み会やイベントには積極的に参加する

飲み会やイベントには積極的に参加する

人を持ち上げて気に入られようとする人にとって、飲み会やイベントは絶好のチャンスです。

そういうシーンで人のご機嫌を取ることができれば、気に入ってもらえるに違いありません。

ですから、職場の飲み会や、グループで催すイベントなどには、積極的に参加します。

そして、そういうシーンで立ち働いて、人に好印象を与えようとするのです。

そのため、幹事役を買って出ることも少なくありません。

いっしょうけんめい幹事役をつとめれば、立場の上の人や力のある人に良い印象を与えることができると考えるからです。

5. 相手の意見に同調する

相手の意見に同調する

媚びる人には、気に入られたいと思う相手と話している時、反対意見を言わないという特徴もあります。

相手が「こう思う」と発言した場合、たとえ自分は正反対の意見を持っていたとしても、けっしてその意見を口にすることはありません。

そんなことをすれば、相手が気を悪くしてしまうと考えるからです。

相手のごきげんを取るのが媚びる人の生き方なのですから、わざわざ違う意見を言って、きげんをそのこねるようなことはしません。

腹の中では反対のことを考えていても、人が「こう思う」と言えば、「私もそう思います」と同調するのが、媚びる人の会話の特徴ということになるでしょう。

6. まめ

まめ

「まめ」というのも、媚びる人の特徴です。

メールやLINEの返信は人一倍早いですし、相手から何か親切なことをされたり、気を使ってもらったら、すぐお礼をします。

口頭であれ、メールやLINEであれ、可能な限り迅速に、感謝の気持ちを伝えるのです。

相手の誕生日を覚えていてプレゼントをしたり、日常的にちょっとしたプチギフトを贈ることもめずらしくありません。

どこかへ行けばお土産を買ってくるなど、相手を喜ばせるために、まめに気配りをするのが、媚びる人の特徴なのです。

7. ほめ上手

ほめ上手

相手に気に入られるための有効な手段の一つが、「ほめる」ということでしょう。

人からほめられれば良い気持ちになるのが、自然な人間心理ですが。

ただし、ほめ方によっては、相手の気分を害してしまうことも少なくありません。

「ここをほめれば、相手が気持ちよくなる」というツボを心得ていて、その人に効果のあるほめ方をすること、つまり、ほめ上手というのが、媚びる人の特徴と言っていいでしょう。

8. 他の人が媚びるのは許せない

他の人が媚びるのは許せない

自分は平気で人を媚びるくせに、自分以外の人間が媚びるのは許せないと思うのも、媚びる人の心理的特徴でしょう。

媚びる人には、自分は媚びているという自覚はありません。

ただ相手に気に入ってもらいたい一心で、人におもねるような言動をしているだけなのです。

そのため、媚びを売っている人を見ると、「なんてみっともないことをしてるんだ」と、自分のことは棚に上げて、蔑視するのです。

9. 上昇志向が強い

上昇志向が強い

会社内で上司に媚びる人は、出世欲があるという特徴をもっています。

上司に気に入られることで、自分も上に行きたいと思っているわけです。

特に、会社の上層部に媚びを売る人は、出世欲が強いと考えていいでしょう。

会社内の出世欲だけでなく、上昇志向が強いのが、媚びを売る人の特徴なのです。

10. コミュニケーション能力がある

人に媚びを売るためには、人と上手にコミュニケーションを取れなければなりません。

会話をする時、一方的に自分が話をするのではなく、相手の話を上手に聞く能力がないと、相手に気に入ってもらうことはできないのです。

つまり、コミュニケーション能力があるというのが、媚びる人の特徴ということになるでしょう。

人に気に入られようとして、ご機嫌取りをする人がいます。

そういう媚びる人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


自信がない

自分の能力や人間性に自信がある人は、人に媚びることはしません。

その必要がないからです。

真の実力者や、人間的な魅力のある人は、黙っていても人の方から寄ってくるでしょう。

媚びる人というのは、つまり、自分に自信がないのです。

自信がないため、じっと黙っていたのでは、人から気に入られることができないと考えます。

そのため、自分から人にアプローチして、なんとか好印象を与え、良い関係を作ろうとするわけです。

孤独が怖い

人との関係性を重んじるのが媚びる人の特徴ですが、そこには、孤独を怖がるという心理が隠されていると考えていいでしょう。

たとえば、あるグループの中で、ほかのメンバーに媚びを売る人がいます。

それは、他のメンバーに気に入られることで、仲間外れにされることを防ごうとしているのです。

お世辞を言ったりして人にへつらうのは、ひとりぼっちになりたくないからに他なりません。

相手によって態度を変える

媚びる人は、すべての相手に対して媚びを売るわけではありません。

たとえば、職場内で媚びる人は、上司や先輩に対しては、愛想良くふるまい、お世辞を言ったりして気に入られようとします。

しかし、後輩に対しては、媚びるということはあまりありません。

中には部下に媚びる上司もいますが、その上司も、すべての部下に対して媚びるということはないでしょう。

人を見て接し方を変え、相手によって態度を変えるのが、媚びる人に共通する特徴の一つなのです。

飲み会やイベントには積極的に参加する

人を持ち上げて気に入られようとする人にとって、飲み会やイベントは絶好のチャンスです。

そういうシーンで人のご機嫌を取ることができれば、気に入ってもらえるに違いありません。

ですから、職場の飲み会や、グループで催すイベントなどには、積極的に参加します。

そして、そういうシーンで立ち働いて、人に好印象を与えようとするのです。

そのため、幹事役を買って出ることも少なくありません。

いっしょうけんめい幹事役をつとめれば、立場の上の人や力のある人に良い印象を与えることができると考えるからです。

相手の意見に同調する

媚びる人には、気に入られたいと思う相手と話している時、反対意見を言わないという特徴もあります。

相手が「こう思う」と発言した場合、たとえ自分は正反対の意見を持っていたとしても、けっしてその意見を口にすることはありません。

そんなことをすれば、相手が気を悪くしてしまうと考えるからです。

相手のごきげんを取るのが媚びる人の生き方なのですから、わざわざ違う意見を言って、きげんをそのこねるようなことはしません。

腹の中では反対のことを考えていても、人が「こう思う」と言えば、「私もそう思います」と同調するのが、媚びる人の会話の特徴ということになるでしょう。

まめ

「まめ」というのも、媚びる人の特徴です。

メールやLINEの返信は人一倍早いですし、相手から何か親切なことをされたり、気を使ってもらったら、すぐお礼をします。

口頭であれ、メールやLINEであれ、可能な限り迅速に、感謝の気持ちを伝えるのです。

相手の誕生日を覚えていてプレゼントをしたり、日常的にちょっとしたプチギフトを贈ることもめずらしくありません。

どこかへ行けばお土産を買ってくるなど、相手を喜ばせるために、まめに気配りをするのが、媚びる人の特徴なのです。

ほめ上手

相手に気に入られるための有効な手段の一つが、「ほめる」ということでしょう。

人からほめられれば良い気持ちになるのが、自然な人間心理ですが。

ただし、ほめ方によっては、相手の気分を害してしまうことも少なくありません。

「ここをほめれば、相手が気持ちよくなる」というツボを心得ていて、その人に効果のあるほめ方をすること、つまり、ほめ上手というのが、媚びる人の特徴と言っていいでしょう。

他の人が媚びるのは許せない

自分は平気で人を媚びるくせに、自分以外の人間が媚びるのは許せないと思うのも、媚びる人の心理的特徴でしょう。

媚びる人には、自分は媚びているという自覚はありません。

ただ相手に気に入ってもらいたい一心で、人におもねるような言動をしているだけなのです。

そのため、媚びを売っている人を見ると、「なんてみっともないことをしてるんだ」と、自分のことは棚に上げて、蔑視するのです。

上昇志向が強い

会社内で上司に媚びる人は、出世欲があるという特徴をもっています。

上司に気に入られることで、自分も上に行きたいと思っているわけです。

特に、会社の上層部に媚びを売る人は、出世欲が強いと考えていいでしょう。

会社内の出世欲だけでなく、上昇志向が強いのが、媚びを売る人の特徴なのです。

人に媚びを売るためには、人と上手にコミュニケーションを取れなければなりません。

会話をする時、一方的に自分が話をするのではなく、相手の話を上手に聞く能力がないと、相手に気に入ってもらうことはできないのです。

つまり、コミュニケーション能力があるというのが、媚びる人の特徴ということになるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-