【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135343.html
人を信用できない人の特徴

人を信用できない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人を信用できない人の特徴

人を信用できない人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 過去に裏切られた経験がある
  • 身近な人に裏切られてしまった過去がある
  • 簡単に自分の本性を見せたくないと思っている
  • 相手のことをちゃんと知らないと信用できない
  • メリットやデメリットについて考えてしまう
  • 説得力がなく信用できなくなっている
  • 他の人にも同じことを言っているとわかったとき
  • テンプレートな言葉を聞いてしまったとき
  • 言葉に重みがないと思っている
  • 信用すると最終的に嫌なことが起きると思っている

1. 過去に裏切られた経験がある

過去に裏切られた経験がある

人を信用できない人に共通する特徴で、過去に裏切られた経験を持っていることが人を信用できなくさせていることが特徴として挙げられます。

信じていたのにもかかわらず裏切られたらショックからトラウマになってしまいます。

2. 身近な人に裏切られてしまった過去がある

身近な人に裏切られてしまった過去がある

人を信用できない人に共通する特徴で、身近な人に裏切られてしまった過去がある、トラウマレベルになってしまいます。

恋人や友達、家族など身近な存在だからこそ絶対に裏切らないと信用してしまいます。

しかし絶対とは限らず、身近な存在に裏切られてしまったときに身近な存在さえも裏切るのだから、他の人だって裏切るに決まっていると思ってしまうのです。

3. 簡単に自分の本性を見せたくないと思っている

簡単に自分の本性を見せたくないと思っている

人を信用できない人に共通する特徴で、簡単に自分の本性を見せたくないと思っていることが特徴として挙げられます。

人の話を素直に聞いて信じるのではなく、その人がいつ裏切ってもいいように、自分の本性を見せないようにするのです。

そうすることで表向きは信用しているように見せかけて、いつ裏切られでも対応できるようにしておくため、心の中では人を信用することができないのです。

4. 相手のことをちゃんと知らないと信用できない

相手のことをちゃんと知らないと信用できない

人を信用できない人に共通する特徴で、相手をちゃんと知らないと信用できないと思っている人が特徴として挙げられます。

いきなりちょ対面の人に信じてほしいと言われても、その人がどんな人か分からないのであれば、簡単に信用することができないのと同じで、相手に対して心を開くまでは簡単に信じたくないと言う気持ちが強くなるのです。

5. メリットやデメリットについて考えてしまう

メリットやデメリットについて考えてしまう

人を信用できない人に共通する特徴で、メリットやデメリットについて考えてしまうことが特徴として挙げられます。

人を信用した場合、自分にはどんなデメリットやメリットを待っているだろうと考えてしまうために、簡単に人を信用することができなくなってしまうんです。

もしかしたら自分は利用されてしまうのではないかと思っているため、相手のことを信用することができなくなってしまいます。

6. 説得力がなく信用できなくなっている

説得力がなく信用できなくなっている

人を信用できない人に共通する特徴で、相手の話に説得力がなくて信用できなくなっていることが特徴として挙げられます。

信用できるような話をしているのであれば素直に信じることができるものの、どこか嘘っぽくて揚げ足を取られても仕方がないようなことばかりを言っているような場合は、使用することが難しくなってしまいます。

7. 他の人にも同じことを言っているとわかったとき

他の人にも同じことを言っているとわかったとき

人を信用できない人に共通する特徴で、他の人にも同じこと言ってると分かった時は信用できなくなってしまうことが多いです。

これは恋愛面で多く見られることであり、自分のことを好きと言っているにもかかわらず、他の人にもまるで好きなような素振りを見せていると、女性は信じることが難しくなってしまいます。

自分だけにしか伝えていないような話をしてくれるような人には、心を開いて相手のことを信用することができるのですが、そうでもない人に関しては信じることが難しくなってしまいます。

8. テンプレートな言葉を聞いてしまったとき

テンプレートな言葉を聞いてしまったとき

人を信用できない人に共通する特徴で、テンプレートな言葉ばかりを伝えてくるような人も信用することができません。

自分の頭で考えた言葉をストレートに伝えてくれるのなら良いのですが、どこかの紙に書いてあったかのような発言ばかりする人は、信用することが難しくなってしまいます。

結局のところ信憑性につながってしまい、不信感が生まれてしまうために信用することができなくなってしまうのです。

9. 言葉に重みがないと思っている

言葉に重みがないと思っている

人を信用できない人に共通する特徴で、言葉に重みがなくて、話してくる言葉の一つ一つが胡散臭く感じてしまうのです。

説得力のあるような重みのある言葉を伝えてきた場合は、しっかりと信じることができるのですが、信じることができないような薄っぺらい言葉を伝えてくると、絶対に信用しなくなります。

重い言葉を伝えて信用させるために演技をしている場合は、気づかないで信用してしまう可能性もあります。

言葉に嘘がないか判断することはとても難しいことです。

10. 信用すると最終的に嫌なことが起きると思っている

人を信用できない人に共通する特徴で、人のことを信用してしまうと最終的に嫌なことが起きると思ってしまうことが特徴として挙げられます。

本当は信用したいのだけれど、信用してしまった場合、最終的には自分に嫌なことが降りかかるような気がして踏み出すことができずに、信用できない状態になってしまいます。

相手のことを思いやるのであれば信用したいのだけれど、結局のところ自分のことしか考えられなくなってしまうために、このような決断をしてしまいます。

誰でも裏切られたり嫌な思いはしたくないはずです。

人を信用できない人に共通する10の特徴をまとめました。


過去に裏切られた経験がある

人を信用できない人に共通する特徴で、過去に裏切られた経験を持っていることが人を信用できなくさせていることが特徴として挙げられます。

信じていたのにもかかわらず裏切られたらショックからトラウマになってしまいます。

身近な人に裏切られてしまった過去がある

人を信用できない人に共通する特徴で、身近な人に裏切られてしまった過去がある、トラウマレベルになってしまいます。

恋人や友達、家族など身近な存在だからこそ絶対に裏切らないと信用してしまいます。

しかし絶対とは限らず、身近な存在に裏切られてしまったときに身近な存在さえも裏切るのだから、他の人だって裏切るに決まっていると思ってしまうのです。

簡単に自分の本性を見せたくないと思っている

人を信用できない人に共通する特徴で、簡単に自分の本性を見せたくないと思っていることが特徴として挙げられます。

人の話を素直に聞いて信じるのではなく、その人がいつ裏切ってもいいように、自分の本性を見せないようにするのです。

そうすることで表向きは信用しているように見せかけて、いつ裏切られでも対応できるようにしておくため、心の中では人を信用することができないのです。

相手のことをちゃんと知らないと信用できない

人を信用できない人に共通する特徴で、相手をちゃんと知らないと信用できないと思っている人が特徴として挙げられます。

いきなりちょ対面の人に信じてほしいと言われても、その人がどんな人か分からないのであれば、簡単に信用することができないのと同じで、相手に対して心を開くまでは簡単に信じたくないと言う気持ちが強くなるのです。

メリットやデメリットについて考えてしまう

人を信用できない人に共通する特徴で、メリットやデメリットについて考えてしまうことが特徴として挙げられます。

人を信用した場合、自分にはどんなデメリットやメリットを待っているだろうと考えてしまうために、簡単に人を信用することができなくなってしまうんです。

もしかしたら自分は利用されてしまうのではないかと思っているため、相手のことを信用することができなくなってしまいます。

説得力がなく信用できなくなっている

人を信用できない人に共通する特徴で、相手の話に説得力がなくて信用できなくなっていることが特徴として挙げられます。

信用できるような話をしているのであれば素直に信じることができるものの、どこか嘘っぽくて揚げ足を取られても仕方がないようなことばかりを言っているような場合は、使用することが難しくなってしまいます。

他の人にも同じことを言っているとわかったとき

人を信用できない人に共通する特徴で、他の人にも同じこと言ってると分かった時は信用できなくなってしまうことが多いです。

これは恋愛面で多く見られることであり、自分のことを好きと言っているにもかかわらず、他の人にもまるで好きなような素振りを見せていると、女性は信じることが難しくなってしまいます。

自分だけにしか伝えていないような話をしてくれるような人には、心を開いて相手のことを信用することができるのですが、そうでもない人に関しては信じることが難しくなってしまいます。

テンプレートな言葉を聞いてしまったとき

人を信用できない人に共通する特徴で、テンプレートな言葉ばかりを伝えてくるような人も信用することができません。

自分の頭で考えた言葉をストレートに伝えてくれるのなら良いのですが、どこかの紙に書いてあったかのような発言ばかりする人は、信用することが難しくなってしまいます。

結局のところ信憑性につながってしまい、不信感が生まれてしまうために信用することができなくなってしまうのです。

言葉に重みがないと思っている

人を信用できない人に共通する特徴で、言葉に重みがなくて、話してくる言葉の一つ一つが胡散臭く感じてしまうのです。

説得力のあるような重みのある言葉を伝えてきた場合は、しっかりと信じることができるのですが、信じることができないような薄っぺらい言葉を伝えてくると、絶対に信用しなくなります。

重い言葉を伝えて信用させるために演技をしている場合は、気づかないで信用してしまう可能性もあります。

言葉に嘘がないか判断することはとても難しいことです。

人を信用できない人に共通する特徴で、人のことを信用してしまうと最終的に嫌なことが起きると思ってしまうことが特徴として挙げられます。

本当は信用したいのだけれど、信用してしまった場合、最終的には自分に嫌なことが降りかかるような気がして踏み出すことができずに、信用できない状態になってしまいます。

相手のことを思いやるのであれば信用したいのだけれど、結局のところ自分のことしか考えられなくなってしまうために、このような決断をしてしまいます。

誰でも裏切られたり嫌な思いはしたくないはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-