【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135340.html
心の弱い人の特徴

心の弱い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
心の弱い人の特徴

失敗するとすぐに落ち込む、臆病で新しいことをするのが苦手、など心の弱い人に共通する特徴をまとめてみました。

  • 誘惑に負けやすい
  • 継続力がなく三日坊主で終わってしまう
  • 難しいことや新しいことには挑戦しない
  • 失敗すると落ち込みやすく立ち直りが遅い
  • 誰かに責任をおしつけたがる
  • 土壇場に弱く、緊張しやすい
  • 自分の気持ちや意見を伝えられない
  • すぐに感情的になってしまう
  • 優しすぎる
  • 友人や恋人を作るのが苦手

1. 誘惑に負けやすい

誘惑に負けやすい

心の弱い人は誘惑に負けやすいです。

不快なことから逃げ、すぐに快楽に走ってしまいます。

三大欲求に素直で、我慢することが得意ではありません。

仕事や勉強を放り出して、好きなことに熱中してしまうことも多いです。

また、ダイエットでは、美味しいものの誘惑に負け、すぐに挫折してしまうことがよくあります。

欲求のコントロールができず、問題行動をしてしまうこともあるので気をつけましょう。

2. 継続力がなく三日坊主で終わってしまう

継続力がなく三日坊主で終わってしまう

心の弱い人は継続力や持続力がありません。

目標や計画を立てても、すぐに諦めたり、飽きてしまって、三日坊主で終わってしまうことが多いです。

大きな夢や目標を持って、長期的に行うことよりも、毎日小さな目標を作って、実行することの方が向いているのです。

3. 難しいことや新しいことには挑戦しない

難しいことや新しいことには挑戦しない

心弱い人は臆病です。

難しいことや、新しいことは避けようとし、挑戦しようとはしません。

得られるものよりも、リスクを恐れる傾向にあるからです。

慎重であるとも言えますが、臆病すぎて一歩も前に出られない時もあります。

また、食わず嫌いな人も多く、美味しいものに出会うチャンスを失っていることも多いのです。

4. 失敗すると落ち込みやすく立ち直りが遅い

失敗すると落ち込みやすく立ち直りが遅い

心の弱い人は、失敗すると落ち込みやすく、立ち直りが遅いです。

ネガティブな性格なので、失敗を引きずる傾向にあります。

再挑戦するまで、様々なことを考え過ぎて、時間がかかってしまいます。

そのまま諦めてしまうことも多いでしょう。

落ち込んでからの鬱鬱とした気持ちも続きやすいです。

気分転換の方法や、ストレスコーピングなどを覚え、自分の悲しみや苦しみをコントロールできるように、訓練しなければなりません。

5. 誰かに責任をおしつけたがる

誰かに責任をおしつけたがる

心が弱い人は、自分が責められることや、責任を負うことに耐えられません。

それゆえに、周囲の人に責任を押し付けがちで、自分は逃げてしまう傾向にあります。

最後まで何か責任をもって行うことができず、嫌になると、企画や計画を丸投げしてしまうこともあるでしょう。

ストレス耐性が弱く、重圧に押しつぶされやすい性格でもあり、上の役職に立つと、心はおろか体まで壊してしまうことも多いのです。

6. 土壇場に弱く、緊張しやすい

土壇場に弱く、緊張しやすい

心の弱い人は、緊張しやすく、土壇場に弱いです。

何かハプニングが起こると、思考が停止し固まってしまいます。

とっさの対応ができず、予定通りでないと、失敗することが多いです。

アドリブが利かず、パフォーマンス力も低いので、演技やスポーツにもあまり向いていません。

車の運転も苦手な人が多く、いざ道路に出るとパニックなりやすい人が多いです。

事故やトラブルに巻き込まれないように気をつけなければなりません。

7. 自分の気持ちや意見を伝えられない

自分の気持ちや意見を伝えられない

心の弱い人は、自分の気持ちをまとめたり、表現したりすることが苦手です。

嫌われるのではないか、間違っているのではないか、などといろいろ考え過ぎて、周囲に意見を伝えることに臆病になってしまうことも多いのです。

相手の顔を伺ってばかりいるので、悩みや問題を抱え込みがちです。

それらが発覚する時は、事の次第が大きくなってしまった時でしょう。

借金などのお金に絡む問題は大きくなればなるほど、手に負えないので、周囲の人のチェックも大切です。

8. すぐに感情的になってしまう

すぐに感情的になってしまう

心の弱い人は、感情を理性でコントロールすることが苦手です。

喜怒哀楽の制御ができず、その表現力は稚拙です。

言葉を知っていても、理性が働かないため、すぐ直情的な反応をしてしまいます。

ものや人に当たってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

口で伝えるのが苦手な場合は、文章にして伝えるなどの工夫が必要です。

誤解を生まないためにも、コミュニケーションは大切にしましょう。

9. 優しすぎる

優しすぎる

心の弱い人は優しすぎる所があります。

馬鹿にされたり、詰られても、相手を無条件に許してしまい、我慢することが多いです。

理論的に相手を攻撃することができず、また、軋轢や擦れ違いを生みたくないので、自分から折れてしまうこと方が多いのです。

それゆえに我慢しきれなくなった時の心の爆発は物凄いエネルギーです。

優しすぎるゆえに、他者につけこまれたり侮られたりすることもあるので、ある程度のプライドや自信を持つことも大切なのです。

10. 友人や恋人を作るのが苦手

心の弱い人は、コミュニケーション能力が低く、友人や恋人を作るのが苦手です。

人見知りでもあるので、新学期や入社時はひどく不安で憂鬱な気持ちになります。

異性に対しての不信感が強い人も多く、恋人を作らない人も多いです。

また、相手に何か不快なことを言われると、すぐに落ち込んだり、怒ったりしてしまいます。

妥協や譲歩ができないので、喧嘩や仲違になりやすく、友達をうまく作ることができません。

周囲から孤立することも多くなってしまい、引きこもりになる場合もあります。

心が弱いとさまざまな問題が発生します。

しかしながらそれは、優しさや繊細さ、敏感さゆえの問題でもあるのです。

すぐに心が強くなる方法はありません。

しかし、自分の弱さや個性を受け入れ、そして他者を認めることによって、心は豊かになり、しなやかさを手にすることができるのです。

失敗するとすぐに落ち込む、臆病で新しいことをするのが苦手、など心の弱い人に共通する特徴をまとめてみました。


誘惑に負けやすい

心の弱い人は誘惑に負けやすいです。

不快なことから逃げ、すぐに快楽に走ってしまいます。

三大欲求に素直で、我慢することが得意ではありません。

仕事や勉強を放り出して、好きなことに熱中してしまうことも多いです。

また、ダイエットでは、美味しいものの誘惑に負け、すぐに挫折してしまうことがよくあります。

欲求のコントロールができず、問題行動をしてしまうこともあるので気をつけましょう。

継続力がなく三日坊主で終わってしまう

心の弱い人は継続力や持続力がありません。

目標や計画を立てても、すぐに諦めたり、飽きてしまって、三日坊主で終わってしまうことが多いです。

大きな夢や目標を持って、長期的に行うことよりも、毎日小さな目標を作って、実行することの方が向いているのです。

難しいことや新しいことには挑戦しない

心弱い人は臆病です。

難しいことや、新しいことは避けようとし、挑戦しようとはしません。

得られるものよりも、リスクを恐れる傾向にあるからです。

慎重であるとも言えますが、臆病すぎて一歩も前に出られない時もあります。

また、食わず嫌いな人も多く、美味しいものに出会うチャンスを失っていることも多いのです。

失敗すると落ち込みやすく立ち直りが遅い

心の弱い人は、失敗すると落ち込みやすく、立ち直りが遅いです。

ネガティブな性格なので、失敗を引きずる傾向にあります。

再挑戦するまで、様々なことを考え過ぎて、時間がかかってしまいます。

そのまま諦めてしまうことも多いでしょう。

落ち込んでからの鬱鬱とした気持ちも続きやすいです。

気分転換の方法や、ストレスコーピングなどを覚え、自分の悲しみや苦しみをコントロールできるように、訓練しなければなりません。

誰かに責任をおしつけたがる

心が弱い人は、自分が責められることや、責任を負うことに耐えられません。

それゆえに、周囲の人に責任を押し付けがちで、自分は逃げてしまう傾向にあります。

最後まで何か責任をもって行うことができず、嫌になると、企画や計画を丸投げしてしまうこともあるでしょう。

ストレス耐性が弱く、重圧に押しつぶされやすい性格でもあり、上の役職に立つと、心はおろか体まで壊してしまうことも多いのです。

土壇場に弱く、緊張しやすい

心の弱い人は、緊張しやすく、土壇場に弱いです。

何かハプニングが起こると、思考が停止し固まってしまいます。

とっさの対応ができず、予定通りでないと、失敗することが多いです。

アドリブが利かず、パフォーマンス力も低いので、演技やスポーツにもあまり向いていません。

車の運転も苦手な人が多く、いざ道路に出るとパニックなりやすい人が多いです。

事故やトラブルに巻き込まれないように気をつけなければなりません。

自分の気持ちや意見を伝えられない

心の弱い人は、自分の気持ちをまとめたり、表現したりすることが苦手です。

嫌われるのではないか、間違っているのではないか、などといろいろ考え過ぎて、周囲に意見を伝えることに臆病になってしまうことも多いのです。

相手の顔を伺ってばかりいるので、悩みや問題を抱え込みがちです。

それらが発覚する時は、事の次第が大きくなってしまった時でしょう。

借金などのお金に絡む問題は大きくなればなるほど、手に負えないので、周囲の人のチェックも大切です。

すぐに感情的になってしまう

心の弱い人は、感情を理性でコントロールすることが苦手です。

喜怒哀楽の制御ができず、その表現力は稚拙です。

言葉を知っていても、理性が働かないため、すぐ直情的な反応をしてしまいます。

ものや人に当たってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

口で伝えるのが苦手な場合は、文章にして伝えるなどの工夫が必要です。

誤解を生まないためにも、コミュニケーションは大切にしましょう。

優しすぎる

心の弱い人は優しすぎる所があります。

馬鹿にされたり、詰られても、相手を無条件に許してしまい、我慢することが多いです。

理論的に相手を攻撃することができず、また、軋轢や擦れ違いを生みたくないので、自分から折れてしまうこと方が多いのです。

それゆえに我慢しきれなくなった時の心の爆発は物凄いエネルギーです。

優しすぎるゆえに、他者につけこまれたり侮られたりすることもあるので、ある程度のプライドや自信を持つことも大切なのです。

心の弱い人は、コミュニケーション能力が低く、友人や恋人を作るのが苦手です。

人見知りでもあるので、新学期や入社時はひどく不安で憂鬱な気持ちになります。

異性に対しての不信感が強い人も多く、恋人を作らない人も多いです。

また、相手に何か不快なことを言われると、すぐに落ち込んだり、怒ったりしてしまいます。

妥協や譲歩ができないので、喧嘩や仲違になりやすく、友達をうまく作ることができません。

周囲から孤立することも多くなってしまい、引きこもりになる場合もあります。

心が弱いとさまざまな問題が発生します。

しかしながらそれは、優しさや繊細さ、敏感さゆえの問題でもあるのです。

すぐに心が強くなる方法はありません。

しかし、自分の弱さや個性を受け入れ、そして他者を認めることによって、心は豊かになり、しなやかさを手にすることができるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-