【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135331.html
愛情表現が苦手な人の特徴

愛情表現が苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
愛情表現が苦手な人の特徴

愛情表現が苦手な人と付き合うと、心配な気持ちになってしまいますよね。

何を考えてるかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

そこで愛情表現が苦手な人の特徴について考えてみたいと思います。

  • 自分に自信がない
  • 言葉よりも行動が大切だと思っている
  • 寡黙な方が男らしいと思っている
  • 自意識が強い
  • 異性と接するのが苦手
  • 責任感が強い
  • あがり症
  • 少し臆病

1. 自分に自信がない

自分に自信がない

愛情表現が苦手な人には、自分に自信が無い人が多いようです。

自分に自信が無いゆえに、愛情表現をしても否定されることを考えてしまうのです。

自信を与えてあげるように接すれば、少しずつ愛情表現をしてくれるようになるかもしれません。

2. 言葉よりも行動が大切だと思っている

言葉よりも行動が大切だと思っている

愛情表現が苦手な人は、愛情とは言葉にするものではなく、行動で示すものだと考えている人が多いようです。

言葉よりも行動が大切という価値観をもっているために、言葉にすることで思いが軽くなってしまうような気がしてしまうのでしょう。

たまには、言葉による愛情表現が大切なこともありますよね。

3. 寡黙な方が男らしいと思っている

寡黙な方が男らしいと思っている

愛情表現が苦手な男の人に多いのが、寡黙な方が男らしいと思っているという特徴です。

愛情表現をすることよりも、どっしりと構えて寡黙でいる方がかっこいいと思っている可能性があります。

それも確かにかっこいい姿ではありますが、たまには素直な愛情表現もしてほしいものですね。

4. 自意識が強い

自意識が強い

愛情表現が苦手な人には、自意識が強い人が多いようです。

自意識が強いゆえに、愛情表現をしている自分が非常に恥ずかしく感じられたり、相手にどう思われるかを過敏に考えすぎてしまうのでしょう。

実は、心の中では思っている以上に思いを巡らせている可能性があります。

5. 異性と接するのが苦手

異性と接するのが苦手

愛情表現が苦手な人は、元々異性への苦手意識を持っている人が多いです。

例えば、愛情表現が苦手な男性は、女性への苦手意識が強く、根本的に女性の考えはわからない、と考えている可能性があります。

そのため、自分なりに愛情表現をしても、相手に伝わらないのではないかと考えてしまう人が多いようです。

確かに男女で考え方は違う面もありますが、相手の思いを知りたいと思うことは男女共通の願いですよね。

6. 責任感が強い

責任感が強い

愛情表現が苦手な人は、責任感の強い人が多いようです。

感情のままに愛情表現をした結果、ちゃんとその言葉や行動に責任がとれるのかを考え、躊躇してしまうということがあるようです。

一度言ったことはそうそう覆してはならない、といった責任感の強さが、愛情表現を消極的にしてしまう原因となっているのではないでしょうか。

7. あがり症

あがり症

愛情表現が苦手な人には、あがり症な人が多いようです。

あがり症というと大勢の人の前で話すことが苦手、というような印象を受けますが、あがり症の人にとっては好きな人に思うがままに思いを伝えることも、十分緊張することにあげられます。

緊張が顔に出てしまう人も少なくないため、なるべく愛情表現をすることは避けようとしてしまうのかもしれません。

緊張しながらでも、思いを伝えてくれることはとても嬉しいことだということを繰り返し伝えて、自信をもってもらいたいですね。

8. 少し臆病

愛情表現が苦手な人は、少しだけ臆病という性質があるかもしれません。

人は愛情表現をする時、できることならば相手にも同じように思っていてほしいと期待してしまうものですが、愛情表現が苦手な人は、相手の胸の内を知ることを恐れている可能性があります。

愛情表現をしても、相手が同じように思ってくれていなかったらどうしよう、という気持ちがあり、自分の思いを伝えることよりも、相手の思いを聞かずに済むことを選んでしまうようです。

愛情表現が苦手な人と付き合うと、心配な気持ちになってしまいますよね。

何を考えてるかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

そこで愛情表現が苦手な人の特徴について考えてみたいと思います。


自分に自信がない

愛情表現が苦手な人には、自分に自信が無い人が多いようです。

自分に自信が無いゆえに、愛情表現をしても否定されることを考えてしまうのです。

自信を与えてあげるように接すれば、少しずつ愛情表現をしてくれるようになるかもしれません。

言葉よりも行動が大切だと思っている

愛情表現が苦手な人は、愛情とは言葉にするものではなく、行動で示すものだと考えている人が多いようです。

言葉よりも行動が大切という価値観をもっているために、言葉にすることで思いが軽くなってしまうような気がしてしまうのでしょう。

たまには、言葉による愛情表現が大切なこともありますよね。

寡黙な方が男らしいと思っている

愛情表現が苦手な男の人に多いのが、寡黙な方が男らしいと思っているという特徴です。

愛情表現をすることよりも、どっしりと構えて寡黙でいる方がかっこいいと思っている可能性があります。

それも確かにかっこいい姿ではありますが、たまには素直な愛情表現もしてほしいものですね。

自意識が強い

愛情表現が苦手な人には、自意識が強い人が多いようです。

自意識が強いゆえに、愛情表現をしている自分が非常に恥ずかしく感じられたり、相手にどう思われるかを過敏に考えすぎてしまうのでしょう。

実は、心の中では思っている以上に思いを巡らせている可能性があります。

異性と接するのが苦手

愛情表現が苦手な人は、元々異性への苦手意識を持っている人が多いです。

例えば、愛情表現が苦手な男性は、女性への苦手意識が強く、根本的に女性の考えはわからない、と考えている可能性があります。

そのため、自分なりに愛情表現をしても、相手に伝わらないのではないかと考えてしまう人が多いようです。

確かに男女で考え方は違う面もありますが、相手の思いを知りたいと思うことは男女共通の願いですよね。

責任感が強い

愛情表現が苦手な人は、責任感の強い人が多いようです。

感情のままに愛情表現をした結果、ちゃんとその言葉や行動に責任がとれるのかを考え、躊躇してしまうということがあるようです。

一度言ったことはそうそう覆してはならない、といった責任感の強さが、愛情表現を消極的にしてしまう原因となっているのではないでしょうか。

あがり症

愛情表現が苦手な人には、あがり症な人が多いようです。

あがり症というと大勢の人の前で話すことが苦手、というような印象を受けますが、あがり症の人にとっては好きな人に思うがままに思いを伝えることも、十分緊張することにあげられます。

緊張が顔に出てしまう人も少なくないため、なるべく愛情表現をすることは避けようとしてしまうのかもしれません。

緊張しながらでも、思いを伝えてくれることはとても嬉しいことだということを繰り返し伝えて、自信をもってもらいたいですね。

愛情表現が苦手な人は、少しだけ臆病という性質があるかもしれません。

人は愛情表現をする時、できることならば相手にも同じように思っていてほしいと期待してしまうものですが、愛情表現が苦手な人は、相手の胸の内を知ることを恐れている可能性があります。

愛情表現をしても、相手が同じように思ってくれていなかったらどうしよう、という気持ちがあり、自分の思いを伝えることよりも、相手の思いを聞かずに済むことを選んでしまうようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-