【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135325.html
嫉妬する人の特徴

嫉妬する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
嫉妬する人の特徴

嫉妬する人にはいくつかの特徴がありますが、ここではそのうちの10個について述べています。

  • 独占欲が強い
  • 心配性
  • 怒りやすい
  • 自信がない
  • 打ち込めることがない
  • 対象者が近すぎる
  • ライバル心が強い
  • 執着心がある
  • 心の傷が引き金
  • 自分が一番だと思い込む

1. 独占欲が強い

独占欲が強い

独占欲が強い人は嫉妬する傾向にあります。

つまり自分と一番仲良くしてほしいと感じている人が他の人と仲良くしていたりすると独占欲が作用し、嫉妬してしまうのです。

もちろん異性に対してこのような感情が湧き起るのは自然なことかもしれませんが、中には同性の友達に対してもこうした気持ちを抱く人がいます。

2. 心配性

心配性

上記でも述べたように、独占欲の強い人は嫉妬心が芽生えます。

そして自分と一番仲良くあってほしいと感じる人にその点をはっきりと告げることで嫉妬心を解消することのできる人もいれば、その思いを溜め込んでしまう人もいます。

後者の場合、嫉妬心が大きな心配を生じさせることになります。

そのためストレスを抱えるようになり、眠らない日が続くという状況も生じえます。

3. 怒りやすい

怒りやすい

嫉妬心が生じると怒りの感情が湧き起ってきます。

その理由はいくつか存在します。

たとえば自分がどんなに頑張っても好意を抱いている人が振り向いてくれず、他の人に関心を示している場合などは、なぜこれほどまでに頑張っているのに自分の気持ちが伝わらないのだろうというフラストレーションが募り、それが爆発して怒りの気持ちが生じてしまうのです。

嫉妬心が強い人はこうした状況に度々直面するために、怒りを爆発することが多々あるのです。

4. 自信がない

自信がない

自分が好意を抱いている人が他に人に対して好意を抱いてしまう場合、嫉妬心が芽生えます。

そしてこのような状況に陥ったのは自分には魅力がなく、好意を抱く人の心を掴むことができなかったからだと思い込んでしまい、自信を無くしてしまうのです。

このようなことが続くとどんどん自信を失うことになり、物事を行う気力がうせてしまいます。

そのため気分転換によてストレスを解消することが必要です。

5. 打ち込めることがない

打ち込めることがない

これまで考えてきたように嫉妬心を抱きやすい人は怒りの感情を抑えきれなくなったり、自信を失ってしまう傾向にあります。

そもそも嫉妬心が生じるのはある特定の人に対して強い思いを抱いていることが原因です。

そのため何か他のことに打ち込むことができれば、それを解消することが可能なのです。

しかし打ち込める趣味や仕事がないという人は、それが難しいでしょう。

そのためそうしたものがないという人は嫉妬心がますます強くなってしまうことがあります。

6. 対象者が近すぎる

対象者が近すぎる

この人のことは自分が一番よく知っていると思っていたものの、実はそうではなかったという状況が生じることがあります。

このような場合に嫉妬心が芽生えることがあります。

こうしたケースでの嫉妬心は対象者との距離が近すぎることが原因であることがあります。

いつも一緒にいるとこの人のことは自分が一番よく知っていると思い込んでしまうことがあるのです。

そのため対象者との距離を程よいものに保つことで、そのような嫉妬心を解消できることもあります。

7. ライバル心が強い

ライバル心が強い

ライバル心が強い人も嫉妬心を抱きやすい傾向にあります。

これまで考えてきたように、嫉妬心は自分がこの人のことを一位番よく知っているという思いや、好意を抱いている人が自分ではなく他の人に関心を示すときに生じます。

そしてライバル心が強い人はそこであきらめの気持ちを抱くのではなく、どうにかして自分が一番になろうとします。

そしてそれが上手くいかないときに嫉妬心が強くなります。

8. 執着心がある

執着心がある

一つのことに何かと執着する人がいます。

このような人も嫉妬心を抱きやすい人であると言えます。

自分が好意を抱いている人や仲の良い人が自分ではなく他の人に関心を示したときにすぐに諦めるのではなく、いつまでも執着してしまうのです。

このような性格は7つ目の項目で述べたライバル心が強い人とは少し異なります。

誰かに勝とうという意識が強いのではなく、とにかく一つのことが自分の思い通りになるまで行いたいという強い気持ちがあるのです。

9. 心の傷が引き金

心の傷が引き金

実のところ、全ての人がもともとの性格が原因で嫉妬心が強くなるわけではありません。

過去の経験が知らず識らずのうちに嫉妬心を芽生えさせることがあるのです。

たとえば幸せな生活を送っていたのに突然それに変化が生じた場合、心に大きな傷を負うことになります。

このような状況を経験した人は幸せな生活を送っている人を見ると嫉妬心を抱いてしまうことがあるのです。

10. 自分が一番だと思い込む

自分が一番だと思い込んでいる人がいます。

このような人も嫉妬心を抱くことがあります。

自分が好意を抱いていた人が他の人に関心を示したとき、「自分の方が優れているのに、あの人はなぜ他の人に関心を示すのだろう」と思ってしまうのです。

このような感情は容易に嫉妬心を生じさせるために、この性格の人は要注意です。

このような思い込みはある種の才能に秀でている人や、これまで成功を収めてきた人たちに見られるものです。

そのためそのような人は自分のその傾向がないかどうかを確かめてみることができます。

嫉妬する人にはいくつかの特徴がありますが、ここではそのうちの10個について述べています。


独占欲が強い

独占欲が強い人は嫉妬する傾向にあります。

つまり自分と一番仲良くしてほしいと感じている人が他の人と仲良くしていたりすると独占欲が作用し、嫉妬してしまうのです。

もちろん異性に対してこのような感情が湧き起るのは自然なことかもしれませんが、中には同性の友達に対してもこうした気持ちを抱く人がいます。

心配性

上記でも述べたように、独占欲の強い人は嫉妬心が芽生えます。

そして自分と一番仲良くあってほしいと感じる人にその点をはっきりと告げることで嫉妬心を解消することのできる人もいれば、その思いを溜め込んでしまう人もいます。

後者の場合、嫉妬心が大きな心配を生じさせることになります。

そのためストレスを抱えるようになり、眠らない日が続くという状況も生じえます。

怒りやすい

嫉妬心が生じると怒りの感情が湧き起ってきます。

その理由はいくつか存在します。

たとえば自分がどんなに頑張っても好意を抱いている人が振り向いてくれず、他の人に関心を示している場合などは、なぜこれほどまでに頑張っているのに自分の気持ちが伝わらないのだろうというフラストレーションが募り、それが爆発して怒りの気持ちが生じてしまうのです。

嫉妬心が強い人はこうした状況に度々直面するために、怒りを爆発することが多々あるのです。

自信がない

自分が好意を抱いている人が他に人に対して好意を抱いてしまう場合、嫉妬心が芽生えます。

そしてこのような状況に陥ったのは自分には魅力がなく、好意を抱く人の心を掴むことができなかったからだと思い込んでしまい、自信を無くしてしまうのです。

このようなことが続くとどんどん自信を失うことになり、物事を行う気力がうせてしまいます。

そのため気分転換によてストレスを解消することが必要です。

打ち込めることがない

これまで考えてきたように嫉妬心を抱きやすい人は怒りの感情を抑えきれなくなったり、自信を失ってしまう傾向にあります。

そもそも嫉妬心が生じるのはある特定の人に対して強い思いを抱いていることが原因です。

そのため何か他のことに打ち込むことができれば、それを解消することが可能なのです。

しかし打ち込める趣味や仕事がないという人は、それが難しいでしょう。

そのためそうしたものがないという人は嫉妬心がますます強くなってしまうことがあります。

対象者が近すぎる

この人のことは自分が一番よく知っていると思っていたものの、実はそうではなかったという状況が生じることがあります。

このような場合に嫉妬心が芽生えることがあります。

こうしたケースでの嫉妬心は対象者との距離が近すぎることが原因であることがあります。

いつも一緒にいるとこの人のことは自分が一番よく知っていると思い込んでしまうことがあるのです。

そのため対象者との距離を程よいものに保つことで、そのような嫉妬心を解消できることもあります。

ライバル心が強い

ライバル心が強い人も嫉妬心を抱きやすい傾向にあります。

これまで考えてきたように、嫉妬心は自分がこの人のことを一位番よく知っているという思いや、好意を抱いている人が自分ではなく他の人に関心を示すときに生じます。

そしてライバル心が強い人はそこであきらめの気持ちを抱くのではなく、どうにかして自分が一番になろうとします。

そしてそれが上手くいかないときに嫉妬心が強くなります。

執着心がある

一つのことに何かと執着する人がいます。

このような人も嫉妬心を抱きやすい人であると言えます。

自分が好意を抱いている人や仲の良い人が自分ではなく他の人に関心を示したときにすぐに諦めるのではなく、いつまでも執着してしまうのです。

このような性格は7つ目の項目で述べたライバル心が強い人とは少し異なります。

誰かに勝とうという意識が強いのではなく、とにかく一つのことが自分の思い通りになるまで行いたいという強い気持ちがあるのです。

心の傷が引き金

実のところ、全ての人がもともとの性格が原因で嫉妬心が強くなるわけではありません。

過去の経験が知らず識らずのうちに嫉妬心を芽生えさせることがあるのです。

たとえば幸せな生活を送っていたのに突然それに変化が生じた場合、心に大きな傷を負うことになります。

このような状況を経験した人は幸せな生活を送っている人を見ると嫉妬心を抱いてしまうことがあるのです。

自分が一番だと思い込んでいる人がいます。

このような人も嫉妬心を抱くことがあります。

自分が好意を抱いていた人が他の人に関心を示したとき、「自分の方が優れているのに、あの人はなぜ他の人に関心を示すのだろう」と思ってしまうのです。

このような感情は容易に嫉妬心を生じさせるために、この性格の人は要注意です。

このような思い込みはある種の才能に秀でている人や、これまで成功を収めてきた人たちに見られるものです。

そのためそのような人は自分のその傾向がないかどうかを確かめてみることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-