【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114414.html
自分の話ばかりする人の特徴

自分の話ばかりする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分の話ばかりする人の特徴

他人の話を聞かない、自慢話ばかりするなど、自分の話ばかりする人に共通する特徴についてまとめてみました。

  • 同じ話を何度もする
  • 自慢話が多い
  • 他人の話を聞かない
  • 話題探しが苦手で会話に困りがち
  • コミュニケーション能力が低い
  • 自己中心的でわがまま
  • さびしがり屋で構ってほしい
  • 甘えん坊で子供っぽい性格
  • 友達が少ない、あるいは友達をつくらなくてもいい
  • 物事に没頭しやすい

1. 同じ話を何度もする

同じ話を何度もする

自分の話ばかりする人は、何度も同じ話をする傾向が強いです。

自分についての出来事や、自慢話など、何でもいいので他者に聞いてほしい願望が強いのです。

そして、自分自身がその話について面白いと感じると何度も話したがります。

本人の自己満足でしかないのですが、自分について話しているだけで気分がよくなるので、ナルシストな性格とも言えるでしょう。

2. 自慢話が多い

自慢話が多い

自分の話ばかりする人は自慢話が多いです。

自己紹介=自慢話というような感覚で、すぐに自分の経歴や成績などを話したがります。

自分に自信がある一方で、臆病な面もあり、そうした肩書きや能力を鎧にして安心したい性格なのです。

3. 他人の話を聞かない

他人の話を聞かない

自分の話ばかりする人は、他人の話を聞かない傾向にあります。

友人と会話中にも、何か自分についてのワード耳にすると、自分の話へと会話の流れを持って行こうとします。

また、このタイプの人は人の悩みを聞くのが上手ではありません。

すぐに自分と比べて「私よりマシだよ」「私だってこんな悩みがある」 と、自分の話へすり替え、不幸自慢へと会話をシフトしていくのです。

まともなアドバイスも期待できないので、あまり相談はしないようにしましょう。

4. 話題探しが苦手で会話に困りがち

話題探しが苦手で会話に困りがち

自分の話ばかりする人は、話題探しが苦手で、会話に困ることが多い人も多いです。

特に初対面の人との会話は苦手で、つい自分についての話ばかり話してしまいます。

自己紹介としてなら良いのですが、自慢話も多くなってしまうので、鼻につく性格の人だ、調子に乗っていると、思われてしまう人も多いのです。

第一印象で損をしてしまうタイプの人とも言えるでしょう。

5. コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力の低い人も、自分の話ばかりしてしまう傾向にあります。

他人の話が聞けない、上手い返しが浮かばない、目が合うと緊張してしまう、考えがまとまらない といった、悩みが多くあり、いざ話そうとしても、自分について相手の反応もみずにつらつらと話してしまう場合も多いのです。

緊張と興奮と恐怖で、自分が何を話しているかわからないという人もいるでしょう。

6. 自己中心的でわがまま

自己中心的でわがまま

自分の話ばかりする人は、自己中心的でわがままな人も多いです。

自分が一番で、いつも自分の話を聞いて欲しいと、誰も求めていないのに語り出すこともあります。

そして、自分の話を聞かない人がいると、憤慨して攻撃します。

一方的な自慢話も多く、横柄で高慢な性格なので、友人も減りやすいです。

いるとしても、取り巻きのようなもので、本心から好いてくれる人は少ないのです。

7. さびしがり屋で構ってほしい

さびしがり屋で構ってほしい

自分の話ばかりする人はさびしがり屋です。

自分について聞いてほしい、知って欲しい気持ちが強く、常に不安感抱いて生活しています。

友人や恋人、家族にはLINEを連発したり、メールを大量に送ったりと、時間や場所をわきまえずにしてしまうこともあるでしょう。

自分の話を聞いてくれないと感じると、無視されたのでは、嫌いになったのではないかと疑ってしまいます。

中には少々いじられてもいいので、構って欲しいというタイプの人もいるのです。

8. 甘えん坊で子供っぽい性格

甘えん坊で子供っぽい性格

自分の話ばかりする人は、甘えん坊で子供っぽい性格の人も多いです。

自立心が弱く、すぐに誰かに頼ってしまう局面も多いでしょう。

自分の話を聞いてくれないと、怒ったり、駄々をこねたりと、子供のように振る舞うことも多いです。

喜怒哀楽が激しく、感情の変化に他人を巻き込んでしまうことも多いでしょう。

また、ピュアな性格でもあるので、すぐに他人の嘘を信じてしまうこともあります。

自分の話をして気分が良い時は、他人に乗せられたり、足元をすくわれることもあるので、注意が必要です。

9. 友達が少ない、あるいは友達をつくらなくてもいい

友達が少ない、あるいは友達をつくらなくてもいい

自分の話ばかりする人は友達が少ないです。

相手の話を聞こうとしない人が多いので、信用や信頼に欠け、人が離れていってしまうタイプです。

そして、誰かと話す時は、友人について話すことが少ないので、結局自分の話ばかりになってしまいます。

あるいは友人を作らなくてもいい、自分の好きなことさえできればいい、と考えている人も多いです。

ですから、いざ誰かと話す時も、会話をして仲良くなろうという手段をとろうとしません。

話のやりとりではなく、自分の話ばかり発言し、初対面の人から顰蹙を買ってしまうこともあるのです。

10. 物事に没頭しやすい

自分の話ばかりする人は、何かに集中したり熱中したりする傾向があります。

仕事は誰かと協力して成し遂げるものよりも、一人で取り組み一人で完成させるような仕事の方が向いています。

パートナーというよりは、援助者、協力者、補助者がいると仕事がスムーズに進みやすいです。

また、趣味に没頭しやすい性格でもあります。

こだわりが強く、好きになったものに対しては飽きずに続けられる持続力があるので、様々な大作を作りだしたり、成果生みだすこともできます。

専門家や研究者に向いている性格ともいえるでしょう。

自分の話ばかりする人は、他者とのコミュケーションにおいて擦れ違いが生まれやすいです。

しかしながら、自分の好きなものに対しては並々ならぬ集中力を発揮する面もあります。

友人はできにくいですが、その道のプロや専門家になれる可能性を秘めているのです。

他人の話を聞かない、自慢話ばかりするなど、自分の話ばかりする人に共通する特徴についてまとめてみました。


同じ話を何度もする

自分の話ばかりする人は、何度も同じ話をする傾向が強いです。

自分についての出来事や、自慢話など、何でもいいので他者に聞いてほしい願望が強いのです。

そして、自分自身がその話について面白いと感じると何度も話したがります。

本人の自己満足でしかないのですが、自分について話しているだけで気分がよくなるので、ナルシストな性格とも言えるでしょう。

自慢話が多い

自分の話ばかりする人は自慢話が多いです。

自己紹介=自慢話というような感覚で、すぐに自分の経歴や成績などを話したがります。

自分に自信がある一方で、臆病な面もあり、そうした肩書きや能力を鎧にして安心したい性格なのです。

他人の話を聞かない

自分の話ばかりする人は、他人の話を聞かない傾向にあります。

友人と会話中にも、何か自分についてのワード耳にすると、自分の話へと会話の流れを持って行こうとします。

また、このタイプの人は人の悩みを聞くのが上手ではありません。

すぐに自分と比べて「私よりマシだよ」「私だってこんな悩みがある」 と、自分の話へすり替え、不幸自慢へと会話をシフトしていくのです。

まともなアドバイスも期待できないので、あまり相談はしないようにしましょう。

話題探しが苦手で会話に困りがち

自分の話ばかりする人は、話題探しが苦手で、会話に困ることが多い人も多いです。

特に初対面の人との会話は苦手で、つい自分についての話ばかり話してしまいます。

自己紹介としてなら良いのですが、自慢話も多くなってしまうので、鼻につく性格の人だ、調子に乗っていると、思われてしまう人も多いのです。

第一印象で損をしてしまうタイプの人とも言えるでしょう。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力の低い人も、自分の話ばかりしてしまう傾向にあります。

他人の話が聞けない、上手い返しが浮かばない、目が合うと緊張してしまう、考えがまとまらない といった、悩みが多くあり、いざ話そうとしても、自分について相手の反応もみずにつらつらと話してしまう場合も多いのです。

緊張と興奮と恐怖で、自分が何を話しているかわからないという人もいるでしょう。

自己中心的でわがまま

自分の話ばかりする人は、自己中心的でわがままな人も多いです。

自分が一番で、いつも自分の話を聞いて欲しいと、誰も求めていないのに語り出すこともあります。

そして、自分の話を聞かない人がいると、憤慨して攻撃します。

一方的な自慢話も多く、横柄で高慢な性格なので、友人も減りやすいです。

いるとしても、取り巻きのようなもので、本心から好いてくれる人は少ないのです。

さびしがり屋で構ってほしい

自分の話ばかりする人はさびしがり屋です。

自分について聞いてほしい、知って欲しい気持ちが強く、常に不安感抱いて生活しています。

友人や恋人、家族にはLINEを連発したり、メールを大量に送ったりと、時間や場所をわきまえずにしてしまうこともあるでしょう。

自分の話を聞いてくれないと感じると、無視されたのでは、嫌いになったのではないかと疑ってしまいます。

中には少々いじられてもいいので、構って欲しいというタイプの人もいるのです。

甘えん坊で子供っぽい性格

自分の話ばかりする人は、甘えん坊で子供っぽい性格の人も多いです。

自立心が弱く、すぐに誰かに頼ってしまう局面も多いでしょう。

自分の話を聞いてくれないと、怒ったり、駄々をこねたりと、子供のように振る舞うことも多いです。

喜怒哀楽が激しく、感情の変化に他人を巻き込んでしまうことも多いでしょう。

また、ピュアな性格でもあるので、すぐに他人の嘘を信じてしまうこともあります。

自分の話をして気分が良い時は、他人に乗せられたり、足元をすくわれることもあるので、注意が必要です。

友達が少ない、あるいは友達をつくらなくてもいい

自分の話ばかりする人は友達が少ないです。

相手の話を聞こうとしない人が多いので、信用や信頼に欠け、人が離れていってしまうタイプです。

そして、誰かと話す時は、友人について話すことが少ないので、結局自分の話ばかりになってしまいます。

あるいは友人を作らなくてもいい、自分の好きなことさえできればいい、と考えている人も多いです。

ですから、いざ誰かと話す時も、会話をして仲良くなろうという手段をとろうとしません。

話のやりとりではなく、自分の話ばかり発言し、初対面の人から顰蹙を買ってしまうこともあるのです。

自分の話ばかりする人は、何かに集中したり熱中したりする傾向があります。

仕事は誰かと協力して成し遂げるものよりも、一人で取り組み一人で完成させるような仕事の方が向いています。

パートナーというよりは、援助者、協力者、補助者がいると仕事がスムーズに進みやすいです。

また、趣味に没頭しやすい性格でもあります。

こだわりが強く、好きになったものに対しては飽きずに続けられる持続力があるので、様々な大作を作りだしたり、成果生みだすこともできます。

専門家や研究者に向いている性格ともいえるでしょう。

自分の話ばかりする人は、他者とのコミュケーションにおいて擦れ違いが生まれやすいです。

しかしながら、自分の好きなものに対しては並々ならぬ集中力を発揮する面もあります。

友人はできにくいですが、その道のプロや専門家になれる可能性を秘めているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-