【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114405.html
旦那と価値観が合わない時の解決方法10選

旦那と価値観が合わない時の解決方法10選 | LADYCO

LADYCO
旦那と価値観が合わない時の解決方法10選

旦那と価値観が合わない時の解決方法を考えてみました。

  • 話し合いをする。
  • あまり行動に干渉しない
  • 自分の時間を大切にする
  • 共通の趣味も持つ
  • 歩み寄れる部分は歩み寄る
  • ささいな話で盛り上がる
  • 言いたいことは言う
  • 記念日は大切にする
  • 謙虚になる
  • 無関心になる

1. 話し合いをする。

話し合いをする。

他人同士なのでぴったりと価値観が合う夫婦というのも少ないかもしれません。

お付き合いしていた時と結婚とは違うので大丈夫と思っていてもいざ結婚してみたら生活習慣などが違ったりすることはよくあります。

特に金銭感覚の違いや価値観は結婚生活でも大切な事です。

また子供を持つ持たないなどは本来であれば結婚する前にするべきですが,価値観が変わることもあります。

またあなたが仕事を続ける,また続けることによって二人の家事の分担なども変わってきます。

またあなたが専業主婦をしたいという場合もあると思います。

結婚生活において大事と思う事項については徹底的に話し合うべきです。

2. あまり行動に干渉しない

あまり行動に干渉しない

結婚生活においてそれほど大事ではない事についての相手の行動や生活習慣については,あまりこだわらないでお互いに認め合うことが大事です。

旦那の行動をいちいちチェックしたりまたチェックされるのはストレスになるので,あまり気にしないようにするのが大切です。

お互いに「大目に見る」という姿勢は大事です。

旦那をコントロールしようとしたりコントロールされるのはお互いにストレスが溜まってしまうのですぐにやめましょう。

労力の無駄です。

3. 自分の時間を大切にする

自分の時間を大切にする

冷めた夫婦のように思うかもしれませんが,長く結婚生活では自分の時間というのは夫婦それぞれ大切です。

自分なりの趣味を持ったり,自分一人でいる時間や空間は大切です。

可能ならば夫婦それぞれの専用の部屋やブースのようなものを作るのも良いかもしれません。

あなたも自分の世界を大事にするのです。

4. 共通の趣味も持つ

共通の趣味も持つ

歩みよれる趣味であれば共通の趣味を持つことは大切かもしれません。

他の事で価値観が合わないと感じても共通の趣味を持つと話が弾みます。

テニスやジョギングなどでもいいかもしれません。

もっと手軽なものではウォーキングや映画鑑賞などでも良いかもしれません。

共通の趣味を持つことは夫婦の絆を強めることもあります。

趣味の話から色々広がりが持てるかもしれません。

価値観が合わないと思うことがあっても共通の趣味を持つというのはそれをカバーするかもしれません。

5. 歩み寄れる部分は歩み寄る

歩み寄れる部分は歩み寄る

旦那の生活習慣に合わせられる部分は合わせてみるのもいいかもしれません。

少なくとも合わせて貰った旦那は気分が悪くなることはありません。

合わせて貰うことで旦那もあなたに歩み寄ろうという気持ちが湧いてくるかもしれません。

食事の好みなどもある程度譲歩するのも大切です。

また何時に何を食べたいか,こんなことを聞かれるのは嫌だとか生活しているうちにわかってくることもあります。

旦那の好みや嫌な事を把握しておいてそれに表面的にでも合わせることは些細な事ですが積み重ねが大切だったりします。

ストレスにならない程度にしましょう。

6. ささいな話で盛り上がる

ささいな話で盛り上がる

普段の生活で価値観が合わないとストレスばかり抱えていてもしょうがありません。

離婚に一直線になってしまいます。

また再婚して価値観がぴったりな人を探すというのは困難を極めるでしょう。

価値観が合わないと感じる時に結婚生活を円滑に過ごす為には,どうでもいい話をしたりささいな事で盛り上がることは大切です。

旦那と笑いが同じであったり,好きな食べ物が同じだったり,好きなテレビ番組が同じだったり,少しでも同じと思うことがあればそれで話を膨らませて,楽しい雰囲気にすることはあなたにとっても幸せなはずです。

7. 言いたいことは言う

言いたいことは言う

価値観が合わないなと感じてしまうことがあっても,見ないふりばかりをしていてはストレスが溜まります。

旦那の状況を見てから言いたい事は言った方が時には良いのではないでしょうか。

旦那が気付かなかったこともあるかもしれません。

但し相手が体調が悪かったり,仕事が忙しい時などはやめましょう。

旦那が穏やかな時に見計らって自分が思っていることを率直に話しましょう。

旦那も聞いてくれたり旦那の意見を言ってくれるかもしれません。

それが時には喧嘩になってしまっても多少は大丈夫です。

修正しながら夫婦生活は続くのです。

但し絶対に言ってはいけない言葉などは,感情的になっても絶対に言ってはいけません。

例:「離婚したい」「あなたと結婚しなければ良かった」「こんなはずじゃなかった」等です。

8. 記念日は大切にする

記念日は大切にする

旦那の誕生日や結婚記念日など小さなプレゼントや手紙だけでもいいので何かはしましょう。

大袈裟に高価なプレゼントなどでなくても大丈夫です。

大切に想っているという姿勢が大切なのです。

価値観が違うもの同士が一緒に生活をしているのですから,ストレスもそれなりにあると思います。

でも記念日に何かすることで,旦那の気持ちもあなたに寄り添ってくれるのではないでしょうか。

9. 謙虚になる

謙虚になる

旦那と価値観が合わないと感じている妻は多いと思いますが,旦那があなたと価値観が合うと思ってませんか?

同じように価値観が合わないと旦那も感じているはずなのです。

相手も譲歩している部分は必ずあるはずです。

自分だけが相手に合わせたり歩みよったりしているわけではないということをしっかり頭に入れましょう。

そういう態度や考えは相手の態度も軟化させます。

10. 無関心になる

最終的に本当に旦那と価値観が合わないと感じても結婚生活を続ける場合は無関心になってしまうという手もあります。

無視するわけではありません。

相手が自分をどう思うかとか,これを言ったらどんな反応をするかなど考えることを一切やめることです。

無関心になるということはある種諦めに近いものがありますが,旦那と価値観が合わない時の対処法としては案外効果的なのです。

旦那と価値観が合わない時の解決方法を考えてみました。


話し合いをする。

他人同士なのでぴったりと価値観が合う夫婦というのも少ないかもしれません。

お付き合いしていた時と結婚とは違うので大丈夫と思っていてもいざ結婚してみたら生活習慣などが違ったりすることはよくあります。

特に金銭感覚の違いや価値観は結婚生活でも大切な事です。

また子供を持つ持たないなどは本来であれば結婚する前にするべきですが,価値観が変わることもあります。

またあなたが仕事を続ける,また続けることによって二人の家事の分担なども変わってきます。

またあなたが専業主婦をしたいという場合もあると思います。

結婚生活において大事と思う事項については徹底的に話し合うべきです。

あまり行動に干渉しない

結婚生活においてそれほど大事ではない事についての相手の行動や生活習慣については,あまりこだわらないでお互いに認め合うことが大事です。

旦那の行動をいちいちチェックしたりまたチェックされるのはストレスになるので,あまり気にしないようにするのが大切です。

お互いに「大目に見る」という姿勢は大事です。

旦那をコントロールしようとしたりコントロールされるのはお互いにストレスが溜まってしまうのですぐにやめましょう。

労力の無駄です。

自分の時間を大切にする

冷めた夫婦のように思うかもしれませんが,長く結婚生活では自分の時間というのは夫婦それぞれ大切です。

自分なりの趣味を持ったり,自分一人でいる時間や空間は大切です。

可能ならば夫婦それぞれの専用の部屋やブースのようなものを作るのも良いかもしれません。

あなたも自分の世界を大事にするのです。

共通の趣味も持つ

歩みよれる趣味であれば共通の趣味を持つことは大切かもしれません。

他の事で価値観が合わないと感じても共通の趣味を持つと話が弾みます。

テニスやジョギングなどでもいいかもしれません。

もっと手軽なものではウォーキングや映画鑑賞などでも良いかもしれません。

共通の趣味を持つことは夫婦の絆を強めることもあります。

趣味の話から色々広がりが持てるかもしれません。

価値観が合わないと思うことがあっても共通の趣味を持つというのはそれをカバーするかもしれません。

歩み寄れる部分は歩み寄る

旦那の生活習慣に合わせられる部分は合わせてみるのもいいかもしれません。

少なくとも合わせて貰った旦那は気分が悪くなることはありません。

合わせて貰うことで旦那もあなたに歩み寄ろうという気持ちが湧いてくるかもしれません。

食事の好みなどもある程度譲歩するのも大切です。

また何時に何を食べたいか,こんなことを聞かれるのは嫌だとか生活しているうちにわかってくることもあります。

旦那の好みや嫌な事を把握しておいてそれに表面的にでも合わせることは些細な事ですが積み重ねが大切だったりします。

ストレスにならない程度にしましょう。

ささいな話で盛り上がる

普段の生活で価値観が合わないとストレスばかり抱えていてもしょうがありません。

離婚に一直線になってしまいます。

また再婚して価値観がぴったりな人を探すというのは困難を極めるでしょう。

価値観が合わないと感じる時に結婚生活を円滑に過ごす為には,どうでもいい話をしたりささいな事で盛り上がることは大切です。

旦那と笑いが同じであったり,好きな食べ物が同じだったり,好きなテレビ番組が同じだったり,少しでも同じと思うことがあればそれで話を膨らませて,楽しい雰囲気にすることはあなたにとっても幸せなはずです。

言いたいことは言う

価値観が合わないなと感じてしまうことがあっても,見ないふりばかりをしていてはストレスが溜まります。

旦那の状況を見てから言いたい事は言った方が時には良いのではないでしょうか。

旦那が気付かなかったこともあるかもしれません。

但し相手が体調が悪かったり,仕事が忙しい時などはやめましょう。

旦那が穏やかな時に見計らって自分が思っていることを率直に話しましょう。

旦那も聞いてくれたり旦那の意見を言ってくれるかもしれません。

それが時には喧嘩になってしまっても多少は大丈夫です。

修正しながら夫婦生活は続くのです。

但し絶対に言ってはいけない言葉などは,感情的になっても絶対に言ってはいけません。

例:「離婚したい」「あなたと結婚しなければ良かった」「こんなはずじゃなかった」等です。

記念日は大切にする

旦那の誕生日や結婚記念日など小さなプレゼントや手紙だけでもいいので何かはしましょう。

大袈裟に高価なプレゼントなどでなくても大丈夫です。

大切に想っているという姿勢が大切なのです。

価値観が違うもの同士が一緒に生活をしているのですから,ストレスもそれなりにあると思います。

でも記念日に何かすることで,旦那の気持ちもあなたに寄り添ってくれるのではないでしょうか。

謙虚になる

旦那と価値観が合わないと感じている妻は多いと思いますが,旦那があなたと価値観が合うと思ってませんか?

同じように価値観が合わないと旦那も感じているはずなのです。

相手も譲歩している部分は必ずあるはずです。

自分だけが相手に合わせたり歩みよったりしているわけではないということをしっかり頭に入れましょう。

そういう態度や考えは相手の態度も軟化させます。

最終的に本当に旦那と価値観が合わないと感じても結婚生活を続ける場合は無関心になってしまうという手もあります。

無視するわけではありません。

相手が自分をどう思うかとか,これを言ったらどんな反応をするかなど考えることを一切やめることです。

無関心になるということはある種諦めに近いものがありますが,旦那と価値観が合わない時の対処法としては案外効果的なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-