【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114334.html
借金する人の特徴

借金する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
借金する人の特徴

借金する人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 整理整頓ができない
  • ギャンブルが趣味
  • 八方美人
  • うそつき
  • 見栄っ張り
  • 依存心が強い
  • 買い物依存症
  • 自分は特別だと思っている
  • キャッシング枠を自分のお金と思いこんでいる
  • 大金を知らない

1. 整理整頓ができない

整理整頓ができない

借金をするということは、自分でお金の管理ができないということですから、身の回りの整理整頓ができない表れです。

こういっただらしない人というのは、人からお金を借りることも、悪いことだとは思っていません。

2. ギャンブルが趣味

ギャンブルが趣味

パチンコや競馬などのギャンブルが好きな人というのは、友人や親からお金を借りてまで、ギャンブルをしようとし、中毒になっています。

通常なら、何百万円もギャンブルにつぎ込むことはありませんが、中毒になっている場合には、負けを取り戻そうとさらにギャンブルにつぎ込み、借金で首が回らなくなってしまいます。

消費者金融1社から借り入れをすると、徐々に2社3社と増えて、雪だるま方式に借金が膨れ上がってしまいます。

はじめは軽い気持ちで始めたギャンブルも、だんだんはまってしまい借金してまでお金をつぎ込んでしまい、結局借りたお金を返すことができずに、夜逃げをしてしまうというケースも少なくありません。

本来なら、ギャンブルは自分のお小遣いや余ったお金で楽しむものですが、借金をしてまで続けるのは、ギャンブル依存症といえます。

3. 八方美人

八方美人

お金を借りることに躊躇しない人というのは、社交的であることが少なくありません。

社交的な人は、コミュニケーション能力が高く、上手い口調で他人からお金を借りることができます。

こういった思考の人というのは、その場を乗り切ることはできても、最終的に本当の友達を作ることは難しく、誰からの信頼されない人になってしまいます。

八方美人の人というのは、自分の本音を隠すことがあり、その場を乗り切れたとしても、最終的に自分の首を絞めることになってしまいます。

4. うそつき

うそつき

借金をする人の特徴として、うそつきがあります。

消費者金融などでお金を借りる人の多くは、嘘をついてお金を借りています。

特に、債務不履行を繰り返すような人は、いつも嘘をついて返済をしなかったり、返済が遅れてしまいます。

特に、借金を繰り返す人は、見栄を張ることが多く、お金がないのに見栄のために嘘をついてさらに借金をしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

こういった人は、嘘をつくことで周囲とのバランスをキープしていることが多いといえます。

5. 見栄っ張り

見栄っ張り

自分の身の丈にあった生活をしている人というのは、きちんとお金の管理を行い借金をすることはありませんが、良いところを見せたいという見栄っ張りの人というのは、自分を大きく見せようとしてしまい、借金をして外車に乗ったり、高級な時計やスーツを着て収入以上に自分を着飾ることに一生懸命になっています。

こういった人は、男性だけではなく、女性にも多く、最近では主婦でも見栄を張るために借金をする人も増えてきています。

こういった背伸びをした生活というのは、思っている以上に早く身を滅ぼしてしまい、家庭も崩壊してしまいますから、早く気づいて見栄を張るのをやめることが大切です。

人から良く思われたい、うらやましがられたいという見栄を張ると、いつのまにか借金をしてまでそうありたいと思うようになってしまいます。

実態を伴っていない見栄っ張りな人というのは、借り入れがどんどんエスカレートしてしまい、借金の督促状が届くたびに、後悔の念を抱いてしまいます。

ただ、後悔をしてもいったん見栄をはると問題の解決へ向けて反省をするというより、その場から逃げ出すためにさらに借金をしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

6. 依存心が強い

依存心が強い

何事も自分で決めることができず、依存心が強い人というのは、優柔不断で自分で決めることができませんから、彼氏にお金を貢いでしまったり、連帯保証人になってしまったり、飲み会などのつきあいを断れないなど、自分には必要がないものであっても、しっかり断ることができず、どんどんお金を使ってしまい、結局借金に陥ってしまうケースが少なくありません。

7. 買い物依存症

買い物依存症

借金をする人の中には、ただ散財することで満足してしまう人もいます。

特に欲しいとは思っていないものでも、お金を使って物を購入することで満足する買い物依存症の人といのは、散財を繰り返して自分を満たしてくことが多く、いつのまにか消費者金融でお金を借りることになります。

8. 自分は特別だと思っている

自分は特別だと思っている

借金をする人は、自分が特別な存在だと思いこむ傾向にあります。

お金を借りることができるということは、自分が信用を得ているということで、他人とは違う特別な存在だと自意識することがあります。

ただ、自分には信用があるという自意識から、過剰に借金を繰り返してしまい、最終的に返済が滞ってしまうことにもつながります。

こういった人は、自分は決して特別な人間でもなく、みんなと同じだという感覚を持つことが大切です。

9. キャッシング枠を自分のお金と思いこんでいる

キャッシング枠を自分のお金と思いこんでいる

キャッシング枠のお金も自分が自由に使えるお金だと無意識に思いこんでいる場合、自分の貯金のように使ってしまう場合があります。

10. 大金を知らない

金銭感覚が普通の人とは正反対の人というのは、いきなり大金を手にしてしまったら、使い方がわからず、一度に高額な物を買ってしまうこともあり、現実味を失ってしまい借金をしてしまうことがあります。

借金する人に共通する10の特徴をまとめました。


整理整頓ができない

借金をするということは、自分でお金の管理ができないということですから、身の回りの整理整頓ができない表れです。

こういっただらしない人というのは、人からお金を借りることも、悪いことだとは思っていません。

ギャンブルが趣味

パチンコや競馬などのギャンブルが好きな人というのは、友人や親からお金を借りてまで、ギャンブルをしようとし、中毒になっています。

通常なら、何百万円もギャンブルにつぎ込むことはありませんが、中毒になっている場合には、負けを取り戻そうとさらにギャンブルにつぎ込み、借金で首が回らなくなってしまいます。

消費者金融1社から借り入れをすると、徐々に2社3社と増えて、雪だるま方式に借金が膨れ上がってしまいます。

はじめは軽い気持ちで始めたギャンブルも、だんだんはまってしまい借金してまでお金をつぎ込んでしまい、結局借りたお金を返すことができずに、夜逃げをしてしまうというケースも少なくありません。

本来なら、ギャンブルは自分のお小遣いや余ったお金で楽しむものですが、借金をしてまで続けるのは、ギャンブル依存症といえます。

八方美人

お金を借りることに躊躇しない人というのは、社交的であることが少なくありません。

社交的な人は、コミュニケーション能力が高く、上手い口調で他人からお金を借りることができます。

こういった思考の人というのは、その場を乗り切ることはできても、最終的に本当の友達を作ることは難しく、誰からの信頼されない人になってしまいます。

八方美人の人というのは、自分の本音を隠すことがあり、その場を乗り切れたとしても、最終的に自分の首を絞めることになってしまいます。

うそつき

借金をする人の特徴として、うそつきがあります。

消費者金融などでお金を借りる人の多くは、嘘をついてお金を借りています。

特に、債務不履行を繰り返すような人は、いつも嘘をついて返済をしなかったり、返済が遅れてしまいます。

特に、借金を繰り返す人は、見栄を張ることが多く、お金がないのに見栄のために嘘をついてさらに借金をしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

こういった人は、嘘をつくことで周囲とのバランスをキープしていることが多いといえます。

見栄っ張り

自分の身の丈にあった生活をしている人というのは、きちんとお金の管理を行い借金をすることはありませんが、良いところを見せたいという見栄っ張りの人というのは、自分を大きく見せようとしてしまい、借金をして外車に乗ったり、高級な時計やスーツを着て収入以上に自分を着飾ることに一生懸命になっています。

こういった人は、男性だけではなく、女性にも多く、最近では主婦でも見栄を張るために借金をする人も増えてきています。

こういった背伸びをした生活というのは、思っている以上に早く身を滅ぼしてしまい、家庭も崩壊してしまいますから、早く気づいて見栄を張るのをやめることが大切です。

人から良く思われたい、うらやましがられたいという見栄を張ると、いつのまにか借金をしてまでそうありたいと思うようになってしまいます。

実態を伴っていない見栄っ張りな人というのは、借り入れがどんどんエスカレートしてしまい、借金の督促状が届くたびに、後悔の念を抱いてしまいます。

ただ、後悔をしてもいったん見栄をはると問題の解決へ向けて反省をするというより、その場から逃げ出すためにさらに借金をしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

依存心が強い

何事も自分で決めることができず、依存心が強い人というのは、優柔不断で自分で決めることができませんから、彼氏にお金を貢いでしまったり、連帯保証人になってしまったり、飲み会などのつきあいを断れないなど、自分には必要がないものであっても、しっかり断ることができず、どんどんお金を使ってしまい、結局借金に陥ってしまうケースが少なくありません。

買い物依存症

借金をする人の中には、ただ散財することで満足してしまう人もいます。

特に欲しいとは思っていないものでも、お金を使って物を購入することで満足する買い物依存症の人といのは、散財を繰り返して自分を満たしてくことが多く、いつのまにか消費者金融でお金を借りることになります。

自分は特別だと思っている

借金をする人は、自分が特別な存在だと思いこむ傾向にあります。

お金を借りることができるということは、自分が信用を得ているということで、他人とは違う特別な存在だと自意識することがあります。

ただ、自分には信用があるという自意識から、過剰に借金を繰り返してしまい、最終的に返済が滞ってしまうことにもつながります。

こういった人は、自分は決して特別な人間でもなく、みんなと同じだという感覚を持つことが大切です。

キャッシング枠を自分のお金と思いこんでいる

キャッシング枠のお金も自分が自由に使えるお金だと無意識に思いこんでいる場合、自分の貯金のように使ってしまう場合があります。

金銭感覚が普通の人とは正反対の人というのは、いきなり大金を手にしてしまったら、使い方がわからず、一度に高額な物を買ってしまうこともあり、現実味を失ってしまい借金をしてしまうことがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-