【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105302.html
ユーチューバに向いている人の特徴

ユーチューバに向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ユーチューバに向いている人の特徴

ユーチューバーに向いている人の特徴とはどんな事柄が挙げられるのでしょうか。

  • ユーモアがある
  • 顔を出すのに抵抗がない
  • アイデアがどんどん浮かんでくる
  • パソコンが得意
  • プライベートもしっかり出来る
  • 飽きっぽくない
  • 流行りのものをキャッチしやすい
  • 人脈が広い
  • 感謝の言葉がきちんと言える
  • 悪いことは悪いと理解できる

1. ユーモアがある

ユーモアがある

小さい頃から面白いと友達に言われたり、人を笑顔にさせるのが好きな人です。

楽しませたいという気持ちが無い人はユーチューバーには向いていません。

役に立ちたい、目に見える形で喜びの声を聞きたいという人は向いています。

人と何処か変わったタイプの人もユーチューブでは尊重されやすいです。

芸人さんのようにコントネタを覚えなくても大丈夫、数分の動画の中で自分の面白さをアピール出来ればそれだけでもっと見たいと感じてくれる視聴者さんがいます。

短い時間の中でどれだけ個性を出せるかが勝負です。

2. 顔を出すのに抵抗がない

顔を出すのに抵抗がない

ユーチューバーは顔を動画内で出している人がほとんどであり、引退してもネットに顔が残る可能性もあります。

顔を出すことに抵抗がない人こそ、一番向いているといえるでしょう。

抵抗がある人の意見として、失敗したら一生指を差される、家族に迷惑がかかるかもしれないという思いを抱えています。

常に前向き思考な人こそ大物になりやすいです。

リスクを考えた上でユーチューバーになるか、一度じっくり考えた上で決めて見るのも一つの手でしょう。

3. アイデアがどんどん浮かんでくる

アイデアがどんどん浮かんでくる

どんな動画を撮ろうか、唯一無二のアイデアがどんどん浮かんでくる人です。

人と同じ事をするようであれば、目にかけてもらいにくいですが、面白いアイデアを取り入れた動画は無名ユーチューバーであっても再生回数が上がります。

お題を出された時に、的確な答えが直ぐに出てくる人は素質があるでしょう。

無難なアイデアを出す人は動画投稿を続けていくにつれ、アイデア切れとなってしまう可能性が高いです。

4. パソコンが得意

パソコンが得意

自分で動画を撮った後は見やすいように編集をする必要があります。

パソコン音痴であれば自分で編集する事が難しいので、時間がかかってしまうでしょう。

昔からパソコンに触れていて編集の仕方も大体わかっているようであれば、より良いです。

動画編集にパソコンは不可欠なのでカメラだけを揃えても、投稿する事が出来ません。

5. プライベートもしっかり出来る

プライベートもしっかり出来る

人気のユーチューバーになれば、テレビの芸能人のような扱い方をされやすいです。

視聴者の中には有名になればなるほど、ボロが出ないかと企んでいる人たちもいて、プライベートに目をつけられます。

プライベートがだらしなかったりすると、何かの拍子でバレてしまう事があるので気をつける必要があるでしょう。

バレてしまうと印象がぐんと悪くなってしまうので、プライベートもプロ意識を持って行動する必要があります。

どう見られているのか意識しながら行動を取るようにしましょう。

6. 飽きっぽくない

飽きっぽくない

人によっては毎日動画投稿を行なっているユーチューバーもいます。

飽きっぽい人は毎日投稿することに嫌気がさしてしまい、放棄してしまいがちです。

そんなことにならないように強い意志を持つ必要があります。

飽きっぽい性格であれば誰かと組んでユーチューバーになるなど工夫を入れることで、続けやすくもなります。

7. 流行りのものをキャッチしやすい

流行りのものをキャッチしやすい

流行りのものに敏感で動画のネタとしても使用できる人です。

めまぐるしく情報が流れる中、流行りに飛びついていくことで動画も再生されやすくなります。

新しい人だと視聴者さんにも気に入られやすいです。

ポリシーを持って同じネタで動画を投稿するのも良いですが、話題に飛びつくことで新たな視聴者層もゲットすることが出来ます。

8. 人脈が広い

人脈が広い

知り合いが多く、困った時でも手伝ってくれる顔の広い人が向いています。

動画内にも登場させることで話題にもなりますし、一人でユーチューバーになる事は難しい傾向もあります。

自分をメインにして撮影する場合、セルフ撮影は難しい部分があるのでカメラを持っててくれる人が最低でも必要です。

人気者になりたいからといって一人でユーチューバーを始めても、質の良い動画が取れにくい部分があるでしょう。

9. 感謝の言葉がきちんと言える

感謝の言葉がきちんと言える

当たり前のことですが言えない人が多い世の中です。

動画は子供も見るのでお手本となる大人像を見せる必要があります。

何かしてもらったらありがとうと咄嗟に出てくる、敬いの心を持つようにしましょう。

好感度アップにも繋がります。

10. 悪いことは悪いと理解できる

冗談と悪いことの区別がついていない人はユーチューバーには向いていません。

炎上もありえるネットの世界なので、行動一つで悪目立ちしてしまいがちです。

冗談のつもりだった事が大ごとになって、人を不快にさせていることも中にはあります。

動画を投稿する前に、一度自分で確認しておかしなところはないか、不愉快な場面はないか、をじっくり確認する事が大切です。

気分が高まりすぎていると区別がつきにくい部分があるので、第三者に一度見せて意見を貰うのも良いでしょう。

ネットに載せた動画は誰かの手によりダウンロードされることも十分にあるので、判断はしっかり持つように気をつけます。

ユーチューバーに向いている人の特徴とはどんな事柄が挙げられるのでしょうか。


ユーモアがある

小さい頃から面白いと友達に言われたり、人を笑顔にさせるのが好きな人です。

楽しませたいという気持ちが無い人はユーチューバーには向いていません。

役に立ちたい、目に見える形で喜びの声を聞きたいという人は向いています。

人と何処か変わったタイプの人もユーチューブでは尊重されやすいです。

芸人さんのようにコントネタを覚えなくても大丈夫、数分の動画の中で自分の面白さをアピール出来ればそれだけでもっと見たいと感じてくれる視聴者さんがいます。

短い時間の中でどれだけ個性を出せるかが勝負です。

顔を出すのに抵抗がない

ユーチューバーは顔を動画内で出している人がほとんどであり、引退してもネットに顔が残る可能性もあります。

顔を出すことに抵抗がない人こそ、一番向いているといえるでしょう。

抵抗がある人の意見として、失敗したら一生指を差される、家族に迷惑がかかるかもしれないという思いを抱えています。

常に前向き思考な人こそ大物になりやすいです。

リスクを考えた上でユーチューバーになるか、一度じっくり考えた上で決めて見るのも一つの手でしょう。

アイデアがどんどん浮かんでくる

どんな動画を撮ろうか、唯一無二のアイデアがどんどん浮かんでくる人です。

人と同じ事をするようであれば、目にかけてもらいにくいですが、面白いアイデアを取り入れた動画は無名ユーチューバーであっても再生回数が上がります。

お題を出された時に、的確な答えが直ぐに出てくる人は素質があるでしょう。

無難なアイデアを出す人は動画投稿を続けていくにつれ、アイデア切れとなってしまう可能性が高いです。

パソコンが得意

自分で動画を撮った後は見やすいように編集をする必要があります。

パソコン音痴であれば自分で編集する事が難しいので、時間がかかってしまうでしょう。

昔からパソコンに触れていて編集の仕方も大体わかっているようであれば、より良いです。

動画編集にパソコンは不可欠なのでカメラだけを揃えても、投稿する事が出来ません。

プライベートもしっかり出来る

人気のユーチューバーになれば、テレビの芸能人のような扱い方をされやすいです。

視聴者の中には有名になればなるほど、ボロが出ないかと企んでいる人たちもいて、プライベートに目をつけられます。

プライベートがだらしなかったりすると、何かの拍子でバレてしまう事があるので気をつける必要があるでしょう。

バレてしまうと印象がぐんと悪くなってしまうので、プライベートもプロ意識を持って行動する必要があります。

どう見られているのか意識しながら行動を取るようにしましょう。

飽きっぽくない

人によっては毎日動画投稿を行なっているユーチューバーもいます。

飽きっぽい人は毎日投稿することに嫌気がさしてしまい、放棄してしまいがちです。

そんなことにならないように強い意志を持つ必要があります。

飽きっぽい性格であれば誰かと組んでユーチューバーになるなど工夫を入れることで、続けやすくもなります。

流行りのものをキャッチしやすい

流行りのものに敏感で動画のネタとしても使用できる人です。

めまぐるしく情報が流れる中、流行りに飛びついていくことで動画も再生されやすくなります。

新しい人だと視聴者さんにも気に入られやすいです。

ポリシーを持って同じネタで動画を投稿するのも良いですが、話題に飛びつくことで新たな視聴者層もゲットすることが出来ます。

人脈が広い

知り合いが多く、困った時でも手伝ってくれる顔の広い人が向いています。

動画内にも登場させることで話題にもなりますし、一人でユーチューバーになる事は難しい傾向もあります。

自分をメインにして撮影する場合、セルフ撮影は難しい部分があるのでカメラを持っててくれる人が最低でも必要です。

人気者になりたいからといって一人でユーチューバーを始めても、質の良い動画が取れにくい部分があるでしょう。

感謝の言葉がきちんと言える

当たり前のことですが言えない人が多い世の中です。

動画は子供も見るのでお手本となる大人像を見せる必要があります。

何かしてもらったらありがとうと咄嗟に出てくる、敬いの心を持つようにしましょう。

好感度アップにも繋がります。

冗談と悪いことの区別がついていない人はユーチューバーには向いていません。

炎上もありえるネットの世界なので、行動一つで悪目立ちしてしまいがちです。

冗談のつもりだった事が大ごとになって、人を不快にさせていることも中にはあります。

動画を投稿する前に、一度自分で確認しておかしなところはないか、不愉快な場面はないか、をじっくり確認する事が大切です。

気分が高まりすぎていると区別がつきにくい部分があるので、第三者に一度見せて意見を貰うのも良いでしょう。

ネットに載せた動画は誰かの手によりダウンロードされることも十分にあるので、判断はしっかり持つように気をつけます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-