【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105259.html
モンスターチルドレンの特徴

モンスターチルドレンの特徴 | LADYCO

LADYCO
モンスターチルドレンの特徴

モンスターチルドレンに振り回されるのは教師だけではありません、クラスメイトやその保護者までもが対応に困ってしまうこともあります。

そんなモンスターチルドレンの特徴を見ていきましょう。

  • きまり、ルールを守るという概念がない
  • ワガママで自分の要求を通そうとする
  • 相手を選んで態度を変える
  • 反抗的だったり暴言を吐く
  • 都合が悪くなると無視を貫く
  • 親が高学歴で教師を見下している
  • 親も常識が欠如している場合が多い
  • 親の立場が強い
  • 親の愛情が不足している
  • 成績はいい

1. きまり、ルールを守るという概念がない

きまり、ルールを守るという概念がない

モンスターチルドレンに接したことのある人はわかると思いますが、きまりやルールといったことを言い聞かせても理解しようとしませんし、守らなければならないという概念もないことが多いです。

道路を歩く時にはしっこを歩くように注意しても、注意した大人に反抗すべくわざとに真ん中を歩こうとしたりなど大人を馬鹿にしているのも特徴です。

2. ワガママで自分の要求を通そうとする

ワガママで自分の要求を通そうとする

モンスターチルドレンはとにかくワガママです。

感情をストレートに表現します。

嫌なことは絶対嫌だと言いますし、相手の言い分を聞くことはなくその場から走り去って逃げたりなど基本的にやりたい放題です。

過度に甘やかす大人の存在が一人、二人といることが多く、甘やかされ慣れしています。

3. 相手を選んで態度を変える

相手を選んで態度を変える

モンスターチルドレン、子供ながらに相手を選んで態度を変えるということが自然とできるのが特徴的です。

学校においては、言う事を聞いておいた方がいいと思う教師と、適当にあしらっておく教師と態度は全然違いますし、普段は馬鹿にしている友達の親にも教師などの目がある時は礼儀正しく接したりと使いわけが上手です。

モンスターチルドレンは問題児といった印象がある中、優等生タイプもいます。

隠れモンスターチルドレンで正体を隠している場合もあるので冷静な観察が必要。

4. 反抗的だったり暴言を吐く

反抗的だったり暴言を吐く

モンスターチルドレンは、大人に対してものおじすることがありません。

積極的に話しかけることもできますし、大人を騙すことも上手です。

影響力のある教師、大人の前では品行方正に振舞っていますが、そこまで自分に関係がないと思った場合は反抗的だったり、暴言を吐いたりと態度が悪いのです。

5. 都合が悪くなると無視を貫く

都合が悪くなると無視を貫く

頭のいいモンスターチルドレンといってもやはり子供っぽいところはあります。

つじつまが合わない理屈を言ったり、嘘をついたり、悪さをしたことが明るみに出ることもあります。

そんな時に通常の子供であれば渋々非を認める、謝るなど少しは改善が見られるものです。

モンスターチルドレンは頑固なところがあり、非を認めるのは苦手です。

都合が悪い話になると、下を向いたり、聞こえないふりをしたりと徹底的にスルーという手で逃げようとすることが多いです。

ふてくされているともいえます。

6. 親が高学歴で教師を見下している

親が高学歴で教師を見下している

モンスターチルドレンは常にやりたい放題です。

大人や教師が手を出せないのをわかった上で暴言を吐いたり、言うことに従わなかったりするのです。

実は家庭内に問題があることが多く、その一つに親が高学歴で教師のことを見下していることが考えられます。

また保護者のことはさらに下に見ています。

自分の親が一番優れている、他の大人は馬鹿だと自然とそういう考え方になり、他の大人に対する敬意などが全くないのです。

7. 親も常識が欠如している場合が多い

親も常識が欠如している場合が多い

モンスターチルドレンのふるまいに困った教師は、最終的な手段として親に現状を伝えて指導してもらうように伝えます。

ところがそれで解決することはほとんどありません。

というのも、モンスターチルドレンの親というのは常識が欠如しているタイプが多いからです。

皆が迷惑しているから何とかしてほしいと注意をしたら、通常は迷惑をかけたことに対するお詫びを言うのがマナーです。

ところがモンスターチルドレンの親は謝るということができません。

「家庭内で頑張ってやっていきます」と全く見当はずれな返答をしたり、「どこが悪いのか考えてもわからない、不当に責められている」など被害者ぶったりとさらに面倒なことになることが多く、結果として何も解決しないことが多いです。

8. 親の立場が強い

親の立場が強い

モンスターチルドレンとわかっていても、教師も周りの大人もあえて厳しいことは言えない場合があります。

それは親や親せきなどに力がある人がいて立場上言いにくいということがあるからです。

モンスターチルドレンは親の力をバックにつけて周りを従わせようとしているのです。

なぜか問題児なのにあの子だけは叱られない、みんなは叱られたのに一人だけお咎めなしだったなんて場合がありますよね。

こういう場合は残念ながら関わらないこと、何かあっても我慢するしかありません。

9. 親の愛情が不足している

親の愛情が不足している

モンスターチルドレンが、問題行動を起こすのは実は親の愛情不足、構って欲しいというサインだったりもします。

特に親が仕事人間で、子供のことよりも自分の仕事、キャリアアップに励んでいるような家庭の場合、どうしても子供と触れ合う時間が少なくなりますし、子供としては甘えたいけど甘えられないという不満が溜まります。

問題を起こせば、教師や友達の親などに迷惑がられることはわかっているのです。

でも相手にしてもらえます。

親が仕事で忙しい時期に限って友達をいじめたりして相手の親に構ってもらおうとするタイプもいます。

10. 成績はいい

モンスターチルドレンは学校で問題行動を起こすことがあるのですが、成績自体は問題なくて頭がいいことも多いです。

教育熱心な家庭で塾や習い事で平日は全部うまっているという子も少なくはありません。

何らかの形でストレスが溜まってしまってそれを問題行動という形で発散させているのです。

モンスターチルドレンに振り回されるのは教師だけではありません、クラスメイトやその保護者までもが対応に困ってしまうこともあります。

そんなモンスターチルドレンの特徴を見ていきましょう。


きまり、ルールを守るという概念がない

モンスターチルドレンに接したことのある人はわかると思いますが、きまりやルールといったことを言い聞かせても理解しようとしませんし、守らなければならないという概念もないことが多いです。

道路を歩く時にはしっこを歩くように注意しても、注意した大人に反抗すべくわざとに真ん中を歩こうとしたりなど大人を馬鹿にしているのも特徴です。

ワガママで自分の要求を通そうとする

モンスターチルドレンはとにかくワガママです。

感情をストレートに表現します。

嫌なことは絶対嫌だと言いますし、相手の言い分を聞くことはなくその場から走り去って逃げたりなど基本的にやりたい放題です。

過度に甘やかす大人の存在が一人、二人といることが多く、甘やかされ慣れしています。

相手を選んで態度を変える

モンスターチルドレン、子供ながらに相手を選んで態度を変えるということが自然とできるのが特徴的です。

学校においては、言う事を聞いておいた方がいいと思う教師と、適当にあしらっておく教師と態度は全然違いますし、普段は馬鹿にしている友達の親にも教師などの目がある時は礼儀正しく接したりと使いわけが上手です。

モンスターチルドレンは問題児といった印象がある中、優等生タイプもいます。

隠れモンスターチルドレンで正体を隠している場合もあるので冷静な観察が必要。

反抗的だったり暴言を吐く

モンスターチルドレンは、大人に対してものおじすることがありません。

積極的に話しかけることもできますし、大人を騙すことも上手です。

影響力のある教師、大人の前では品行方正に振舞っていますが、そこまで自分に関係がないと思った場合は反抗的だったり、暴言を吐いたりと態度が悪いのです。

都合が悪くなると無視を貫く

頭のいいモンスターチルドレンといってもやはり子供っぽいところはあります。

つじつまが合わない理屈を言ったり、嘘をついたり、悪さをしたことが明るみに出ることもあります。

そんな時に通常の子供であれば渋々非を認める、謝るなど少しは改善が見られるものです。

モンスターチルドレンは頑固なところがあり、非を認めるのは苦手です。

都合が悪い話になると、下を向いたり、聞こえないふりをしたりと徹底的にスルーという手で逃げようとすることが多いです。

ふてくされているともいえます。

親が高学歴で教師を見下している

モンスターチルドレンは常にやりたい放題です。

大人や教師が手を出せないのをわかった上で暴言を吐いたり、言うことに従わなかったりするのです。

実は家庭内に問題があることが多く、その一つに親が高学歴で教師のことを見下していることが考えられます。

また保護者のことはさらに下に見ています。

自分の親が一番優れている、他の大人は馬鹿だと自然とそういう考え方になり、他の大人に対する敬意などが全くないのです。

親も常識が欠如している場合が多い

モンスターチルドレンのふるまいに困った教師は、最終的な手段として親に現状を伝えて指導してもらうように伝えます。

ところがそれで解決することはほとんどありません。

というのも、モンスターチルドレンの親というのは常識が欠如しているタイプが多いからです。

皆が迷惑しているから何とかしてほしいと注意をしたら、通常は迷惑をかけたことに対するお詫びを言うのがマナーです。

ところがモンスターチルドレンの親は謝るということができません。

「家庭内で頑張ってやっていきます」と全く見当はずれな返答をしたり、「どこが悪いのか考えてもわからない、不当に責められている」など被害者ぶったりとさらに面倒なことになることが多く、結果として何も解決しないことが多いです。

親の立場が強い

モンスターチルドレンとわかっていても、教師も周りの大人もあえて厳しいことは言えない場合があります。

それは親や親せきなどに力がある人がいて立場上言いにくいということがあるからです。

モンスターチルドレンは親の力をバックにつけて周りを従わせようとしているのです。

なぜか問題児なのにあの子だけは叱られない、みんなは叱られたのに一人だけお咎めなしだったなんて場合がありますよね。

こういう場合は残念ながら関わらないこと、何かあっても我慢するしかありません。

親の愛情が不足している

モンスターチルドレンが、問題行動を起こすのは実は親の愛情不足、構って欲しいというサインだったりもします。

特に親が仕事人間で、子供のことよりも自分の仕事、キャリアアップに励んでいるような家庭の場合、どうしても子供と触れ合う時間が少なくなりますし、子供としては甘えたいけど甘えられないという不満が溜まります。

問題を起こせば、教師や友達の親などに迷惑がられることはわかっているのです。

でも相手にしてもらえます。

親が仕事で忙しい時期に限って友達をいじめたりして相手の親に構ってもらおうとするタイプもいます。

モンスターチルドレンは学校で問題行動を起こすことがあるのですが、成績自体は問題なくて頭がいいことも多いです。

教育熱心な家庭で塾や習い事で平日は全部うまっているという子も少なくはありません。

何らかの形でストレスが溜まってしまってそれを問題行動という形で発散させているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-