【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105256.html
モンスターペアレントの特徴

モンスターペアレントの特徴 | LADYCO

LADYCO
モンスターペアレントの特徴

モンスターペアレントに共通する10の特徴をまとめてみました。

  • 責任感がない
  • 思いやりがない
  • 自己中心的
  • 人を見下す
  • 想像力に乏しい
  • 子どもの言いなり
  • 自分の意見を通したい
  • 保護者同士の人間関係ができない
  • 子どもに対する偏った愛情がある
  • 自分が正しいと思っている

今や社会的な問題となっているモンスターペアレント。

モンスターペアレントとは学校やその他子どもが参加する機関に理不尽な要求や批判非難をする親の総称です。

以下ではモンスターペアレントの10の特徴をまとめます。

対処には大きな労力が必要ですので、予防策を張っておくことも有効です。

モンスターペアレントも様々なタイプがありますが、共通する特徴がありますので、ご紹介します。

1. 責任感がない

責任感がない

モンスターペアレントの一番の特徴は責任感がないことです。

自己責任を負わず、学校の先生や教育委員会のような組織などに責任を添加して理不尽な要求や批判をします。

教育のすべてを教育機関に任せているというような感覚で放任主義だと主張することもあるそうです。

責任転嫁能力が非常に高いことも特徴の一つです。

全く責任感のない反応をする場合には、モンスターペアレントであることを疑った方がよいかもしれません。

2. 思いやりがない

思いやりがない

自己中心的な考えを持つ彼らは、他人への配慮がありません。

自分や自分の子供さえよかったらそれで良いというわけです。

自分の子供さえよければ、他の子どもはどうなってもよいという価値観を持っています。

子ども自身にも思いやりや協調性が欠けるという場合は、注意して言動を見てあげることで、家庭環境が垣間見えます。

3. 自己中心的

自己中心的

上記2つの特徴にも関係しますが、とにかく自分や自分の子供が一番です。

なんでも思い通りにならないと気が済まず、その結果として理不尽なクレームにつながります。

例えば体操服は学校で洗濯してほしいという要求の事例は、まさに自己中心的な発想そのものですね。

4. 人を見下す

人を見下す

モンスターペアレントの特徴として自分以外は全てダメだと思っていたり、取るに足らないと思っている場合が多いです。

そのため自分以外に対して責任をなすりつけるということになります。

またその特徴から、他の家の子どもを見下すこともあります。

そういった価値観から他の子供や周りの人間に配慮に欠けたキャラクターを形成していきます。

5. 想像力に乏しい

想像力に乏しい

彼らモンスターペアレントはその要求により相手がどうなるのか、周りの人がどんな気持ちになるのか全く想像できません。

そのため理不尽な要求で教員を精神的・時間的に追い込めるということが平気で出来るわけです。

例えば学校の先生は授業の他に、書類整理やクラブ活動、学校行事の準備などかなり多忙なことが一般的です。

土日行われるクラブ活動はほぼボランティアです。

そんな中でも平気で何時間も非常識で理不尽なクレームで時間をかけます。

如何にモンスターペアレントが想像力に乏しいかわかりますね。

6. 子どもの言いなり

子どもの言いなり

モンスターペアレントのタイプの中には、子供から嫌われたくないからという理由で子供の言いなりになっている場合もあります。

この場合も善悪の判断がつかない子供要求をそのまま学校側につきだすということになります。

子供に何と言われても黙って聞いているような親ならモンスターペアレントに潜在的になる可能性があります。

7. 自分の意見を通したい

自分の意見を通したい

自分本位のモンスターペアレントはどうしても自分の意見を通そうとします。

思い通りにならないと気が済まないのです。

8. 保護者同士の人間関係ができない

保護者同士の人間関係ができない

モンスターペアレントとなる人は人間関係が下手で、保護者同士の知り合いもほとんどいないということが多いようです。

上記でも紹介したように性格的に自己中心的な一面がありますので当然です。

また事例として親同士の中が悪いので子供同士も別のクラスにしてほしいと要求した事例もあるそうです。

保護者のなかでも浮いてる人は要注意ですね。

9. 子どもに対する偏った愛情がある

子どもに対する偏った愛情がある

もっとも典型的なモンスターペアレントは自分の子供が完璧だと思っているタイプの親です。

子供が完璧であると思っているので、当然悪いのは周りのすべてということになります。

子供を溺愛しすぎるこのタイプは「うちの子に限って」とかなり子供を過信する傾向にあります。

10. 自分が正しいと思っている

上記すべての特徴に当てはまりますが、とにかく自分のことが正しいと思っています。

ある意味、完璧主義者で自分の非を認めるというよりも周りのせいにすることが得意です。

子供のことに関しても自分の意見が一番と思っています。

従って自分子供が例えばクラスの中でも中心的な存在でなくては気に入らないとか、お付き合いをしている他生徒と別れさせろというような理不尽な要求につながるわけです。

モンスターペアレントに共通する10の特徴をまとめてみました。


今や社会的な問題となっているモンスターペアレント。

モンスターペアレントとは学校やその他子どもが参加する機関に理不尽な要求や批判非難をする親の総称です。

以下ではモンスターペアレントの10の特徴をまとめます。

対処には大きな労力が必要ですので、予防策を張っておくことも有効です。

モンスターペアレントも様々なタイプがありますが、共通する特徴がありますので、ご紹介します。

責任感がない

モンスターペアレントの一番の特徴は責任感がないことです。

自己責任を負わず、学校の先生や教育委員会のような組織などに責任を添加して理不尽な要求や批判をします。

教育のすべてを教育機関に任せているというような感覚で放任主義だと主張することもあるそうです。

責任転嫁能力が非常に高いことも特徴の一つです。

全く責任感のない反応をする場合には、モンスターペアレントであることを疑った方がよいかもしれません。

思いやりがない

自己中心的な考えを持つ彼らは、他人への配慮がありません。

自分や自分の子供さえよかったらそれで良いというわけです。

自分の子供さえよければ、他の子どもはどうなってもよいという価値観を持っています。

子ども自身にも思いやりや協調性が欠けるという場合は、注意して言動を見てあげることで、家庭環境が垣間見えます。

自己中心的

上記2つの特徴にも関係しますが、とにかく自分や自分の子供が一番です。

なんでも思い通りにならないと気が済まず、その結果として理不尽なクレームにつながります。

例えば体操服は学校で洗濯してほしいという要求の事例は、まさに自己中心的な発想そのものですね。

人を見下す

モンスターペアレントの特徴として自分以外は全てダメだと思っていたり、取るに足らないと思っている場合が多いです。

そのため自分以外に対して責任をなすりつけるということになります。

またその特徴から、他の家の子どもを見下すこともあります。

そういった価値観から他の子供や周りの人間に配慮に欠けたキャラクターを形成していきます。

想像力に乏しい

彼らモンスターペアレントはその要求により相手がどうなるのか、周りの人がどんな気持ちになるのか全く想像できません。

そのため理不尽な要求で教員を精神的・時間的に追い込めるということが平気で出来るわけです。

例えば学校の先生は授業の他に、書類整理やクラブ活動、学校行事の準備などかなり多忙なことが一般的です。

土日行われるクラブ活動はほぼボランティアです。

そんな中でも平気で何時間も非常識で理不尽なクレームで時間をかけます。

如何にモンスターペアレントが想像力に乏しいかわかりますね。

子どもの言いなり

モンスターペアレントのタイプの中には、子供から嫌われたくないからという理由で子供の言いなりになっている場合もあります。

この場合も善悪の判断がつかない子供要求をそのまま学校側につきだすということになります。

子供に何と言われても黙って聞いているような親ならモンスターペアレントに潜在的になる可能性があります。

自分の意見を通したい

自分本位のモンスターペアレントはどうしても自分の意見を通そうとします。

思い通りにならないと気が済まないのです。

保護者同士の人間関係ができない

モンスターペアレントとなる人は人間関係が下手で、保護者同士の知り合いもほとんどいないということが多いようです。

上記でも紹介したように性格的に自己中心的な一面がありますので当然です。

また事例として親同士の中が悪いので子供同士も別のクラスにしてほしいと要求した事例もあるそうです。

保護者のなかでも浮いてる人は要注意ですね。

子どもに対する偏った愛情がある

もっとも典型的なモンスターペアレントは自分の子供が完璧だと思っているタイプの親です。

子供が完璧であると思っているので、当然悪いのは周りのすべてということになります。

子供を溺愛しすぎるこのタイプは「うちの子に限って」とかなり子供を過信する傾向にあります。

上記すべての特徴に当てはまりますが、とにかく自分のことが正しいと思っています。

ある意味、完璧主義者で自分の非を認めるというよりも周りのせいにすることが得意です。

子供のことに関しても自分の意見が一番と思っています。

従って自分子供が例えばクラスの中でも中心的な存在でなくては気に入らないとか、お付き合いをしている他生徒と別れさせろというような理不尽な要求につながるわけです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-