【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105253.html
浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいい理由10選

浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいい理由10選 | LADYCO

LADYCO
浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいい理由10選

浮気しているのは確実、でも確たる証拠がない!こういう場合は自力で調べようとするよりはプロに依頼する方が賢明です。 その理由を説明します。

  • パートナーのことは常に警戒しているから
  • 素人の尾行はばれやすい
  • 裁判、慰謝料請求など有利に進めるため
  • 仕事や家事をしながら証拠集めは厳しい
  • プロ仕様の機材など持っていない
  • プロの仕事にはかなわない
  • 探っていることがばれると一気に証拠隠滅されてしまう
  • いざとなったら動転してしまうから
  • 感情的になって修羅場になる可能性がある
  • 家族や友人など巻き込みたくないから
  • まとめ

1. パートナーのことは常に警戒しているから

パートナーのことは常に警戒しているから

浮気をしている者が一番警戒する相手とは、配偶者です。 つまり、自分で探ろうとしても、相手から逆に警戒されて様子を探られている立場でもあるのです。 疑うそぶりを見せてはダメです。 しっかりとした証拠のためには演技も必要。

何も知らないふりをしていつも通りに生活をするのです。 そして証拠集めはプロの探偵さんに任せるのが賢いやり方です。 もちろんお金はかかります。 ですが確実な証拠を押さえるには自分が安易に動くのは控えましょう。

2. 素人の尾行はばれやすい

素人の尾行はばれやすい

浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいい理由に、素人の尾行なんてたかが知れているということ。 大抵はばれます。 顔の知られていない友人、知人を使って尾行させても同じことです。 後ろからつけることは誰でもできます。

でももし、つけている相手が急に立ち止まったらどうしますか?振り向いてじっと見てきたら? または「ずっとついてきている」と交番に駆け込まれたらどうしますか? こういった想定外のことが起こったら冷静に対応できる素人がどれほどいるでしょうか。 プロの探偵ならばこういった事態にもちゃんと対応できる術を心得ているのです。 そもそも簡単にばれるような尾行はしません。

3. 裁判、慰謝料請求など有利に進めるため

裁判、慰謝料請求など有利に進めるため

浮気の証拠がないと、後々苦労するのは自分です。 慰謝料請求も、離婚に向けた話し合いでも必要となるのは証拠だけです。 お互いの気持ちなんて周りからしたら単なる痴話げんかであり感情に走っているだけと思われるだけです。 客観的に誰が見ても不貞の証拠となるものを持っていなければいくら浮気がクロであっても「言いがかり」「でっち上げ」で終り。

ですから、早い段階から証拠集めをしなくてはならないのです。 プロの探偵さんは有利になる証拠をしっかり集めてくれます。 個人の判断で集めた証拠は証拠として使えない、弱いものだってあるのです。

4. 仕事や家事をしながら証拠集めは厳しい

仕事や家事をしながら証拠集めは厳しい

実際、浮気の証拠集めは個人でもやれないかと言えば、やろうと思えばできます。 相手が間が抜けていたら大して努力もせずに不貞の証拠が手に入る場合もあります。 ただそんな棚ぼたは早々ないものです。

証拠集めは主に地道な張り込み、尾行になります。 普段、家事や仕事に忙しい立場で、まとまった時間をとれる人は少ないでしょう。 ですから、お金を払ってプロを雇ってかわりに尾行をして証拠を突き止めてもらった方がいいのです。

5. プロ仕様の機材など持っていない

プロ仕様の機材など持っていない

浮気が行われる時間というのは大体夜が多いのではないでしょうか。 ホテルの出入りなど写真か映像が証拠となるわけで、そういった場面を上手に押さえたいものです。

が、遠くから相手方にばれないようにくっきり映す機材をどれだけの人が持っているでしょうか。 はっきりと顔がわからなければ「自分ではない」と言い逃れされてしまうのです。 プロはそういった面も含めてしっかりとした道具を持っています。

6. プロの仕事にはかなわない

プロの仕事にはかなわない

プロの探偵さんにつけられて、浮気を押さえられた人の話を聞いたことがあります。 つけられていることも、撮られたことも一切気がつかなかったと言います。 つまり全く警戒していない状態だったそうで、探偵さんは不倫旅行についてきたというわけです。 自分たちの存在を感じさせずに、しっかりと証拠をとる、まさにプロの仕事です。

7. 探っていることがばれると一気に証拠隠滅されてしまう

探っていることがばれると一気に証拠隠滅されてしまう

浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいいのは、自分で探っているとそれは大抵相手にも気がつかれてしまうからです。

どうも配偶者が浮気を疑っているらしい・・・そう思ったら一気に証拠を隠滅してしまう可能性が高いです。 浮気相手とも一時的につきあいを止めてしまうことも。 そうなったらお手上げ。 相手の素性も探れなくなりますし、証拠どころか浮気はしていないと開き直られてしまいます。

8. いざとなったら動転してしまうから

いざとなったら動転してしまうから

プロに依頼したいけどお金がないし、自分で何とかすると頑張る人もいます。 ですが、いざ浮気の現場を見るとショックで震えてしまって、何もできないまま。

せっかくの証拠を押さえることができなくなることもあります。 また思いのほかショックが大きくて病んでしまう可能性もあります。 自分が傷つくのを防ぐためにもプロの依頼した方が精神的にいいでしょう。

9. 感情的になって修羅場になる可能性がある

感情的になって修羅場になる可能性がある

浮気の証拠がない時は探偵にお願いした方がいいのは、探偵は第三者だからです。 当事者はもちろんのこと、関係者であれば、やはり人間ですから感情が入ってしまいます。

思わずかっとなって責め立てたり、暴力的な行動に出てしまうかもしれません。 そうなれば不利になるのは自分です。 余計な感情が入らない探偵さんにお願いした方がそのようなリスクは避けられるのです。

10. 家族や友人など巻き込みたくないから

家族や友人など巻き込みたくないから

浮気の証拠がない時は自分で探り回らず探偵さんに依頼した方が、おだやかでいられます。 相手を疑って探り回る行為は、他の家族や、友人から見たら心配や不安もありますし、やはりショックなものです。

まとめ

浮気は悪い事ですが、当事者同士でしか解決できない問題でもあります。 助けてあげたいけど何もしてあげられない、これは周りからしたら辛いことです。 余計な心配をさせないためにもプロに依頼して自分はいつも通りに生活する方がいいのです。

浮気しているのは確実、でも確たる証拠がない!こういう場合は自力で調べようとするよりはプロに依頼する方が賢明です。 その理由を説明します。


パートナーのことは常に警戒しているから

浮気をしている者が一番警戒する相手とは、配偶者です。 つまり、自分で探ろうとしても、相手から逆に警戒されて様子を探られている立場でもあるのです。 疑うそぶりを見せてはダメです。 しっかりとした証拠のためには演技も必要。

何も知らないふりをしていつも通りに生活をするのです。 そして証拠集めはプロの探偵さんに任せるのが賢いやり方です。 もちろんお金はかかります。 ですが確実な証拠を押さえるには自分が安易に動くのは控えましょう。

素人の尾行はばれやすい

浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいい理由に、素人の尾行なんてたかが知れているということ。 大抵はばれます。 顔の知られていない友人、知人を使って尾行させても同じことです。 後ろからつけることは誰でもできます。

でももし、つけている相手が急に立ち止まったらどうしますか?振り向いてじっと見てきたら? または「ずっとついてきている」と交番に駆け込まれたらどうしますか? こういった想定外のことが起こったら冷静に対応できる素人がどれほどいるでしょうか。 プロの探偵ならばこういった事態にもちゃんと対応できる術を心得ているのです。 そもそも簡単にばれるような尾行はしません。

裁判、慰謝料請求など有利に進めるため

浮気の証拠がないと、後々苦労するのは自分です。 慰謝料請求も、離婚に向けた話し合いでも必要となるのは証拠だけです。 お互いの気持ちなんて周りからしたら単なる痴話げんかであり感情に走っているだけと思われるだけです。 客観的に誰が見ても不貞の証拠となるものを持っていなければいくら浮気がクロであっても「言いがかり」「でっち上げ」で終り。

ですから、早い段階から証拠集めをしなくてはならないのです。 プロの探偵さんは有利になる証拠をしっかり集めてくれます。 個人の判断で集めた証拠は証拠として使えない、弱いものだってあるのです。

仕事や家事をしながら証拠集めは厳しい

実際、浮気の証拠集めは個人でもやれないかと言えば、やろうと思えばできます。 相手が間が抜けていたら大して努力もせずに不貞の証拠が手に入る場合もあります。 ただそんな棚ぼたは早々ないものです。

証拠集めは主に地道な張り込み、尾行になります。 普段、家事や仕事に忙しい立場で、まとまった時間をとれる人は少ないでしょう。 ですから、お金を払ってプロを雇ってかわりに尾行をして証拠を突き止めてもらった方がいいのです。

プロ仕様の機材など持っていない

浮気が行われる時間というのは大体夜が多いのではないでしょうか。 ホテルの出入りなど写真か映像が証拠となるわけで、そういった場面を上手に押さえたいものです。

が、遠くから相手方にばれないようにくっきり映す機材をどれだけの人が持っているでしょうか。 はっきりと顔がわからなければ「自分ではない」と言い逃れされてしまうのです。 プロはそういった面も含めてしっかりとした道具を持っています。

プロの仕事にはかなわない

プロの探偵さんにつけられて、浮気を押さえられた人の話を聞いたことがあります。 つけられていることも、撮られたことも一切気がつかなかったと言います。 つまり全く警戒していない状態だったそうで、探偵さんは不倫旅行についてきたというわけです。 自分たちの存在を感じさせずに、しっかりと証拠をとる、まさにプロの仕事です。

探っていることがばれると一気に証拠隠滅されてしまう

浮気の証拠がない時は探偵にお願いするのがいいのは、自分で探っているとそれは大抵相手にも気がつかれてしまうからです。

どうも配偶者が浮気を疑っているらしい・・・そう思ったら一気に証拠を隠滅してしまう可能性が高いです。 浮気相手とも一時的につきあいを止めてしまうことも。 そうなったらお手上げ。 相手の素性も探れなくなりますし、証拠どころか浮気はしていないと開き直られてしまいます。

いざとなったら動転してしまうから

プロに依頼したいけどお金がないし、自分で何とかすると頑張る人もいます。 ですが、いざ浮気の現場を見るとショックで震えてしまって、何もできないまま。

せっかくの証拠を押さえることができなくなることもあります。 また思いのほかショックが大きくて病んでしまう可能性もあります。 自分が傷つくのを防ぐためにもプロの依頼した方が精神的にいいでしょう。

感情的になって修羅場になる可能性がある

浮気の証拠がない時は探偵にお願いした方がいいのは、探偵は第三者だからです。 当事者はもちろんのこと、関係者であれば、やはり人間ですから感情が入ってしまいます。

思わずかっとなって責め立てたり、暴力的な行動に出てしまうかもしれません。 そうなれば不利になるのは自分です。 余計な感情が入らない探偵さんにお願いした方がそのようなリスクは避けられるのです。

家族や友人など巻き込みたくないから

浮気の証拠がない時は自分で探り回らず探偵さんに依頼した方が、おだやかでいられます。 相手を疑って探り回る行為は、他の家族や、友人から見たら心配や不安もありますし、やはりショックなものです。

浮気は悪い事ですが、当事者同士でしか解決できない問題でもあります。 助けてあげたいけど何もしてあげられない、これは周りからしたら辛いことです。 余計な心配をさせないためにもプロに依頼して自分はいつも通りに生活する方がいいのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-