【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105228.html
空間デザイナーに向いている人の特徴

空間デザイナーに向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
空間デザイナーに向いている人の特徴

住宅のリノベーション、カフェや居酒屋のデザインなど、さまざまな面で活躍する空間デザイナーに向いている人の特徴についてまとめてみました。

  • 観察力がある
  • 深視力にすぐれ、奥行きや立体感を掴みやすい
  • 数値や計算などの細かい点を苦とせず、正確に設計する
  • 五感にすぐれている
  • 光の使い方が上手い
  • 美的、芸術的センスがある
  • 時代の流れを読み、流行に敏感
  • 様々な知識がある
  • コミュケーションが得意
  • 体力がある

1. 観察力がある

観察力がある

空間デザイナー必要なものは、鋭い観察眼です。

部屋やお店の間取りや、配置などを見て、どこをどのように変えれば、より快適に、より印象的な空間になるのか、様々な観点から考えなければなりません。

多くの発想や知識を得るためにも、一見、空間デザインとは関係ないものにも興味を持ち、観察することも大切です。

2. 深視力にすぐれ、奥行きや立体感を掴みやすい

深視力にすぐれ、奥行きや立体感を掴みやすい

空間デザイナーは、深視力、つまり、奥行きや立体感を掴む能力に長けていなければなりません。

デザインの対象の部屋を見た時、全体の空間を感じとり、どのように変えていくか考える時に、深視力はとても大切になります。

平面的にしか感じとれない人は、デザインや美術関係の仕事は向いていません。

3. 数値や計算などの細かい点を苦とせず、正確に設計する

数値や計算などの細かい点を苦とせず、正確に設計する

空間デザイナーには細やかな設計力や計画力も必要です。

与えられた空間、時間、予算の中で、最も、対象の空間が輝く、そして依頼のコンセプトにあったものを作らなければなりません。

計算も必要なので、数値的なことを嫌がらず、正確に行える人が向いています。

細やかな調整や、配置ができることが大切なのです。

4. 五感にすぐれている

五感にすぐれている

五感に優れていることも、空間デザイナーには大切なことです。

家具をどう配置するか、空調や間取りはどうするか、照明は何を使うかなど、様々な環境によって、その空間は大きく変わります。

空気流れの肌ざわり、ニオイの感じ方、色彩感覚や、音の感じ方など、五感が繊細で、細かいことに気付く人が、より快適で魅力的な空間を作ることができるのです。

5. 光の使い方が上手い

光の使い方が上手い

空間デザイナーは、色彩感覚と共に、明暗の感覚に優れ光と影の扱い方が上手な人が向いています。

間取りや、カーテン、照明などの使い方によって、空間の印象はガラリと変化するものです。

居酒屋は暗めに、リラックスできるようなオレンジの光を使い、部屋は明るく、でも夏は涼しくしたいから青く落ち着いた光を使い、冬は暖かくすごせるように黄色の柔らかい光を使う、というように、光の取り方や、扱い方で、空間の雰囲気を操り、より快適な環境にするのです。

6. 美的、芸術的センスがある

美的、芸術的センスがある

空間デザイナーには芸術的センスも必要です。

細やかな計算力ももちろん大切ですが、感覚的なものに優れ、美しさやデザイン性を追求できることも必要です。

美術館などに赴き、様々な絵画や彫刻などに触れ、美的な感覚を育むのも大切です。

また、デザイナーズインテリアを見た時は、どのように配置すれば、よりその家具が美しく、そして快適に使えるか考えることも必要になるでしょう。

つね日ごろから、空間と芸術について調べ、学ぶことが大切なのです。

7. 時代の流れを読み、流行に敏感

時代の流れを読み、流行に敏感

空間デザイナーになるには、流行に敏感なことも大切です。

時代の流れを読み、次は何が流行るのか、どんなトレンドになるのか考え、時に発信することも大切です。

たとえば、北欧調のデザインが流行るのであれば、木の温かみある空間や、柔らかい光の使い方、黄色やブルー、赤など、ビビットでありながらも雰囲気を壊さないデザイン性など、様々な面で、それらの知識を学び、駆使していかなければなりません。

また、家具や部屋だけではなく、食器や小物との相性も考える必要もあります。

このように、新たなジャンルやトレンドを発掘し、先駆けて学習し、世に売り込む技が大切なのです。

8. 様々な知識がある

様々な知識がある

空間デザイナーには様々な知識も必要です。

設計士の知識、大工の知識など、デザイナーの知識など多くの職人や専門家と連携して、その空間をプロデュースしなければならないので、付け焼刃の素人知識では、現場を監督することはできません。

多くを学び、理解することで、より円滑にそして深みのある空間作りができるのです。

9. コミュケーションが得意

コミュケーションが得意

前述の通り、空間デザイナーは、設計士や大工など、多くの職人たちと連携して空間を作り上げます。

ですから、コミュケーション能力が優れていないと、上手く交流したり、指示を出すことができません。

何度も、調整や話し合いをする必要があるので、口下手な人は向いていないかもしれません。

技術やセンスはもちろん必要ですが、他人の話を聞いて、自分の意見を話すという基本的な能力も大切なのです。

10. 体力がある

空間デザイナーには体力も必要です。

会社でデザインするだけではなく、現場に赴いて、デザインし、指示を出し、時に自分自身で作業もしなければなりません。

家具の配置や、照明の設置など、時には朝早くから夜中まで、作業に取り組まないといけないこともあります。

そういう点で体力勝負の仕事なのです。

また、空間デザイナーになっても、安定した収入が得られるわけではありません。

自分自身を売り込み、デザインを手がけることで、評価されるのです。

そうした売り込みの時の体力や身軽さというのも大切です。

待っているだけでは、仕事は来ないのです。

住宅のリノベーション、カフェや居酒屋のデザインなど、さまざまな面で活躍する空間デザイナーに向いている人の特徴についてまとめてみました。


観察力がある

空間デザイナー必要なものは、鋭い観察眼です。

部屋やお店の間取りや、配置などを見て、どこをどのように変えれば、より快適に、より印象的な空間になるのか、様々な観点から考えなければなりません。

多くの発想や知識を得るためにも、一見、空間デザインとは関係ないものにも興味を持ち、観察することも大切です。

深視力にすぐれ、奥行きや立体感を掴みやすい

空間デザイナーは、深視力、つまり、奥行きや立体感を掴む能力に長けていなければなりません。

デザインの対象の部屋を見た時、全体の空間を感じとり、どのように変えていくか考える時に、深視力はとても大切になります。

平面的にしか感じとれない人は、デザインや美術関係の仕事は向いていません。

数値や計算などの細かい点を苦とせず、正確に設計する

空間デザイナーには細やかな設計力や計画力も必要です。

与えられた空間、時間、予算の中で、最も、対象の空間が輝く、そして依頼のコンセプトにあったものを作らなければなりません。

計算も必要なので、数値的なことを嫌がらず、正確に行える人が向いています。

細やかな調整や、配置ができることが大切なのです。

五感にすぐれている

五感に優れていることも、空間デザイナーには大切なことです。

家具をどう配置するか、空調や間取りはどうするか、照明は何を使うかなど、様々な環境によって、その空間は大きく変わります。

空気流れの肌ざわり、ニオイの感じ方、色彩感覚や、音の感じ方など、五感が繊細で、細かいことに気付く人が、より快適で魅力的な空間を作ることができるのです。

光の使い方が上手い

空間デザイナーは、色彩感覚と共に、明暗の感覚に優れ光と影の扱い方が上手な人が向いています。

間取りや、カーテン、照明などの使い方によって、空間の印象はガラリと変化するものです。

居酒屋は暗めに、リラックスできるようなオレンジの光を使い、部屋は明るく、でも夏は涼しくしたいから青く落ち着いた光を使い、冬は暖かくすごせるように黄色の柔らかい光を使う、というように、光の取り方や、扱い方で、空間の雰囲気を操り、より快適な環境にするのです。

美的、芸術的センスがある

空間デザイナーには芸術的センスも必要です。

細やかな計算力ももちろん大切ですが、感覚的なものに優れ、美しさやデザイン性を追求できることも必要です。

美術館などに赴き、様々な絵画や彫刻などに触れ、美的な感覚を育むのも大切です。

また、デザイナーズインテリアを見た時は、どのように配置すれば、よりその家具が美しく、そして快適に使えるか考えることも必要になるでしょう。

つね日ごろから、空間と芸術について調べ、学ぶことが大切なのです。

時代の流れを読み、流行に敏感

空間デザイナーになるには、流行に敏感なことも大切です。

時代の流れを読み、次は何が流行るのか、どんなトレンドになるのか考え、時に発信することも大切です。

たとえば、北欧調のデザインが流行るのであれば、木の温かみある空間や、柔らかい光の使い方、黄色やブルー、赤など、ビビットでありながらも雰囲気を壊さないデザイン性など、様々な面で、それらの知識を学び、駆使していかなければなりません。

また、家具や部屋だけではなく、食器や小物との相性も考える必要もあります。

このように、新たなジャンルやトレンドを発掘し、先駆けて学習し、世に売り込む技が大切なのです。

様々な知識がある

空間デザイナーには様々な知識も必要です。

設計士の知識、大工の知識など、デザイナーの知識など多くの職人や専門家と連携して、その空間をプロデュースしなければならないので、付け焼刃の素人知識では、現場を監督することはできません。

多くを学び、理解することで、より円滑にそして深みのある空間作りができるのです。

コミュケーションが得意

前述の通り、空間デザイナーは、設計士や大工など、多くの職人たちと連携して空間を作り上げます。

ですから、コミュケーション能力が優れていないと、上手く交流したり、指示を出すことができません。

何度も、調整や話し合いをする必要があるので、口下手な人は向いていないかもしれません。

技術やセンスはもちろん必要ですが、他人の話を聞いて、自分の意見を話すという基本的な能力も大切なのです。

空間デザイナーには体力も必要です。

会社でデザインするだけではなく、現場に赴いて、デザインし、指示を出し、時に自分自身で作業もしなければなりません。

家具の配置や、照明の設置など、時には朝早くから夜中まで、作業に取り組まないといけないこともあります。

そういう点で体力勝負の仕事なのです。

また、空間デザイナーになっても、安定した収入が得られるわけではありません。

自分自身を売り込み、デザインを手がけることで、評価されるのです。

そうした売り込みの時の体力や身軽さというのも大切です。

待っているだけでは、仕事は来ないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-