【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105201.html
ストレスを減らす方法や考え方10選

ストレスを減らす方法や考え方10選 | LADYCO

LADYCO
ストレスを減らす方法や考え方10選

ストレスを減らす方法や考え方を10選まとめました。

  • 周りと比較しない
  • 期待しない
  • 広い視野を身につける
  • 寛大になる
  • 完璧を求めない
  • 断ることも大切
  • アロマをたく
  • 好きな音楽を聴く
  • 泣く
  • 適度にカルシウムを摂取する
  • マメ知識

1. 周りと比較しない

周りと比較しない

自分よりも優れている人はたくさんいますが、どんな人でもほかの人のことはよく見えるものです。

そのため、周りと比較することをやめることで、ストレスを減らすことができます。

2. 期待しない

期待しない

仕事や恋愛などストレスをためていらいらするのは、過度な期待をしているからです。

期待することをやめれば、加点法へ変わりますから、いらいらすることもなくなり、ストレスを軽減することができます。

3. 広い視野を身につける

広い視野を身につける

恋愛がうまくいかないて悩んでいる場合には、自分の力ではどうしようもない悲恋をしていた人など、困難を抱えた人を考えることで、自由に恋愛をすることができる自分がいかに幸せかということを、前向きに考えることができます。

4. 寛大になる

寛大になる

友人や恋人と喧嘩したときや、上司や部下と意見がぶつかった時には、ストレスを感じてしまいますが、そんな時には、感情をいったん押さえ込んで、冷静になり、相手の心情理解に努めてみると、ストレスを軽減することができます。

5. 完璧を求めない

完璧を求めない

完璧主義の人は、一般的にストレスを感じやすくなっています。

ただ、多少のミスがある方が人間的で魅力的だと割り切れるようになると、ストレスを軽減させることができます。

6. 断ることも大切

断ることも大切

日本人は、嫌なことも断ることができず、引き受けてしまう人が少なくありません。

こういった自分がやる気がないことや、必要ないことなど、無理なことには、きちんとNOとはっきりと断ることが大切です。

7. アロマをたく

アロマをたく

アロマテラピーは、もともとヨーロッパで広がった、ストレス解消法で、病気の治療などにも用いられてきたものです。

アロマオイルをたいて香りをかぐことで、精神的なリラックス効果を得ることができ、精油の成分が、肌から体内に入ってきて、働きかけてくれます。

アロマオイルには、さまざまな種類がありますが、ストレス軽減に効果があるのは、ラベンダーで、リラックス効果があり、精神を穏やかにしてくれる働きが高いとされています。

また、アロマテラピーでは、心地よいと感じる香りは、その時々で変わり、体調やストレス状態によっては、心地よいと感じる香りは変わってきますから、アロマオイルは、その時に不足している部分を補う働きがあるといえます。

8. 好きな音楽を聴く

好きな音楽を聴く

好きな音楽を聴くと、集中しているときやリラックスしている時の脳波になります。

ストレスを解消するには、クラシック音楽が頭に浮かぶかもしれませんが、自分の好きな音楽でないと意味がありません。

9. 泣く

泣く

笑うよりも、泣く方がストレスを解消するには役に立つといわれています。

悲しい、うれしい、感動したといった感情が揺り動かされると、大脳が刺激されて、脳内にある視床下部に刺激が伝わります。

泣くことで、自律神経のバランスが副交感神経が優位な状態となり、ゆったりと体を休ませる状態となります。

交感神経は、体を活発に働かせる役割がありますが、副交感神経は、体をゆったりと休むモードへと切り替わります。

ストレスなどで、常に交感神経の状態が続いていると、いらいらしたり不眠になる、肩がこるなどさまざまな不調がでてしまいます。

泣くことで体のスイッチは副交感神経が優位の状態に切り替わり、リラックスモードえと体を切り替えることができます。

10. 適度にカルシウムを摂取する

適度にカルシウムを摂取する

カルシウムが不測すると、いらいらしたり、急に怒りっぽくなってしまうなど、精神状態が安定せず、ちょっとしたことで人とぶつかりあってしまうということがあります。

カルシウムは、骨を丈夫に形成する働きがあるということは知っている人も多いと思いますが、それ以外にも、生命維持のためにさまざまな役割を担っています。

体内のカルシウムのほとんどは、骨や歯に蓄えられていますが、残りの1%程度は、血液中に存在します。

この1%が、心臓を正常に動かし、筋肉を収縮させるなど、体の機能が順調に働くようにサポートしています。

また、神経の伝達をスムーズにするという働きもあります。

マメ知識

神経細胞というのは、完全につながっているわけではなく、中継の部分にシナプスという隙間があいています。

神経を伝わってきた信号が、神経の末端にまでくると、カルシウムイオンの刺激によって、シナプスの隙間に神経伝達物質が放出され、情報が神経細胞にまで伝わってきます。

そのため、カルシウムが不足すると、情報伝達がうまくいかなくなってしまい、記憶力が低下したり、感情をうまくコントロールすることができなくなってしまい、いらいらしてしまう結果となります。

ストレスを感じると、副腎皮質ホルモンを分泌して対応しようとしますが、このホルモンは、腸のカルシウム吸収を低下させてしまい、尿と一緒にカルシウムを体外に排出する作用があります。

そのため、ストレスを感じると、カルシウム不足になってしまい、ますますストレスを増やしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

安定した精神状態を保つためには、カルシウムを毎日摂取することが大切です。

ストレスを減らす方法や考え方を10選まとめました。


周りと比較しない

自分よりも優れている人はたくさんいますが、どんな人でもほかの人のことはよく見えるものです。

そのため、周りと比較することをやめることで、ストレスを減らすことができます。

期待しない

仕事や恋愛などストレスをためていらいらするのは、過度な期待をしているからです。

期待することをやめれば、加点法へ変わりますから、いらいらすることもなくなり、ストレスを軽減することができます。

広い視野を身につける

恋愛がうまくいかないて悩んでいる場合には、自分の力ではどうしようもない悲恋をしていた人など、困難を抱えた人を考えることで、自由に恋愛をすることができる自分がいかに幸せかということを、前向きに考えることができます。

寛大になる

友人や恋人と喧嘩したときや、上司や部下と意見がぶつかった時には、ストレスを感じてしまいますが、そんな時には、感情をいったん押さえ込んで、冷静になり、相手の心情理解に努めてみると、ストレスを軽減することができます。

完璧を求めない

完璧主義の人は、一般的にストレスを感じやすくなっています。

ただ、多少のミスがある方が人間的で魅力的だと割り切れるようになると、ストレスを軽減させることができます。

断ることも大切

日本人は、嫌なことも断ることができず、引き受けてしまう人が少なくありません。

こういった自分がやる気がないことや、必要ないことなど、無理なことには、きちんとNOとはっきりと断ることが大切です。

アロマをたく

アロマテラピーは、もともとヨーロッパで広がった、ストレス解消法で、病気の治療などにも用いられてきたものです。

アロマオイルをたいて香りをかぐことで、精神的なリラックス効果を得ることができ、精油の成分が、肌から体内に入ってきて、働きかけてくれます。

アロマオイルには、さまざまな種類がありますが、ストレス軽減に効果があるのは、ラベンダーで、リラックス効果があり、精神を穏やかにしてくれる働きが高いとされています。

また、アロマテラピーでは、心地よいと感じる香りは、その時々で変わり、体調やストレス状態によっては、心地よいと感じる香りは変わってきますから、アロマオイルは、その時に不足している部分を補う働きがあるといえます。

好きな音楽を聴く

好きな音楽を聴くと、集中しているときやリラックスしている時の脳波になります。

ストレスを解消するには、クラシック音楽が頭に浮かぶかもしれませんが、自分の好きな音楽でないと意味がありません。

泣く

笑うよりも、泣く方がストレスを解消するには役に立つといわれています。

悲しい、うれしい、感動したといった感情が揺り動かされると、大脳が刺激されて、脳内にある視床下部に刺激が伝わります。

泣くことで、自律神経のバランスが副交感神経が優位な状態となり、ゆったりと体を休ませる状態となります。

交感神経は、体を活発に働かせる役割がありますが、副交感神経は、体をゆったりと休むモードへと切り替わります。

ストレスなどで、常に交感神経の状態が続いていると、いらいらしたり不眠になる、肩がこるなどさまざまな不調がでてしまいます。

泣くことで体のスイッチは副交感神経が優位の状態に切り替わり、リラックスモードえと体を切り替えることができます。

適度にカルシウムを摂取する

カルシウムが不測すると、いらいらしたり、急に怒りっぽくなってしまうなど、精神状態が安定せず、ちょっとしたことで人とぶつかりあってしまうということがあります。

カルシウムは、骨を丈夫に形成する働きがあるということは知っている人も多いと思いますが、それ以外にも、生命維持のためにさまざまな役割を担っています。

体内のカルシウムのほとんどは、骨や歯に蓄えられていますが、残りの1%程度は、血液中に存在します。

この1%が、心臓を正常に動かし、筋肉を収縮させるなど、体の機能が順調に働くようにサポートしています。

また、神経の伝達をスムーズにするという働きもあります。

神経細胞というのは、完全につながっているわけではなく、中継の部分にシナプスという隙間があいています。

神経を伝わってきた信号が、神経の末端にまでくると、カルシウムイオンの刺激によって、シナプスの隙間に神経伝達物質が放出され、情報が神経細胞にまで伝わってきます。

そのため、カルシウムが不足すると、情報伝達がうまくいかなくなってしまい、記憶力が低下したり、感情をうまくコントロールすることができなくなってしまい、いらいらしてしまう結果となります。

ストレスを感じると、副腎皮質ホルモンを分泌して対応しようとしますが、このホルモンは、腸のカルシウム吸収を低下させてしまい、尿と一緒にカルシウムを体外に排出する作用があります。

そのため、ストレスを感じると、カルシウム不足になってしまい、ますますストレスを増やしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

安定した精神状態を保つためには、カルシウムを毎日摂取することが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-