【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094532.html
ITエンジニアに向いている人の特徴

ITエンジニアに向いている人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ITエンジニアに向いている人の特徴

ITエンジニアに向いている人に共通する10の特徴をまとめました。

  • 勉強好き
  • 違った角度を持っている
  • 面白い人が多い
  • 物事にこだわるが完ぺきさにはこだわっていない
  • 意外と人が好き
  • 要領も良い
  • 早熟な部分もある
  • 前向き
  • 多趣味
  • いらないものはうまく捨てる

1. 勉強好き

勉強好き

勉強好きで研究家気質で小さい事でもこだわりを持つことができる人だと思います。

そうしていると気づかない内に詳細や細部に目が行き届く性格になるんだと思います。

時にそれがあまり必要のないことかも知れなくてもそれは本当に必要ないか調べてみて納得いってはじめてそうだと分かるんだと思います。

要するに追求者なんだと思います。

例えば人が普通に考えて結果を出して踏みとどまるポイントがあるのだとしましたら、ITエンジニア気質の方々はその線を越えて考えることに時間を使っている感じがします。

そしてそう言えばそれって一体どうなんだろうね. と聞いた人を考えこませてしまうことさえ時々あるでしょう。

2. 違った角度を持っている

違った角度を持っている

簡単な例をいってみますと、A populated B with C. という英語の文章があるとしましょう。

この英文の翻訳を考える時には一つはこうなります。

「AはBというCを伴ったもので密集されている」ですがエンジニアタイプの人々は「Cを伴ったBがAに居住する」と間逆の翻訳と違った語句を使用してみたりと一つの物事に対して色々と違った角度から見たようなことを始めてしまうんです。

3. 面白い人が多い

面白い人が多い

性格的には人を飽きさせにくくて、おもしろいタイプが多いと言えるのかもしれません。

とにかくこだわりがありますので集中力を長い時間保つことができるのも特徴の一つだと言えると思います。

いわゆる熱中、没頭型なのかも知れないと思います。

だから物事に詳しいけど違った感覚で話す事があるから可笑しい。

4. 物事にこだわるが完ぺきさにはこだわっていない

物事にこだわるが完ぺきさにはこだわっていない

しかしながらこだわりはあるものの、完全主義者ではない要素も多くあるかもしれないと思っています。

と言いますのも効率良くおもしろい結果が得られない場合はすっぱりと諦めて新しいものに興味を示してしまう気質もあるだろうなと思ってしまうフシがあるからです。

新しいものが好きという事はイノベーション的だと思いますし、そういうタイプですと新しい技術に飛びつくことが容易でいつまでも古い習慣はキープする必要はないのかなと自動的に的確に判断をすることができるからです。

気持ち的にはわりと若い性格の人が多いのかもしれません。

ITエンジニアの年齢層で一番多いと言われていますのも40代くらいまでと言われていますが、ITエンジニア気質を持ってさえいれば、最近80代でアプリを完成させた人がいますようにそれこそフィジカルな仕事ではありませんのでいつまでも挑戦し続けられるかと思います。

この人も新しいものに出会ったから飛び付いたんでしょうね。

5. 意外と人が好き

意外と人が好き

あとはITエンジニアの仕事内容はかなり複雑で難しいですのでそれをうまく噛み砕いてわかりやすく簡潔に人に上手に伝えるコミュニケーション能力が必要になってくるかと思われます。

人と話をするのが大好きというのもとても大事なポイントにはなってきますが、大半はコンピューターにかじりついていることがほとんどですのでコンピューターやテクノロジーも大好きでなくてはなりません。

そういった点を考慮いたしますと他に言葉が見つかりませんが恐らくオタクな性格かと思われます。

職歴として以前は接客だったという経験を持っているITエンジニアはとても強い武器をもっているといえるでしょう。

6. 要領も良い

要領も良い

資格がこの種類のお仕事には必要となってくることがありますのでこだわり人間だけじゃなくて、こだわりを実用性に向けられる合理的なタイプが向いています。

資格取りは手を抜くとろを抜いてここぞという部分を勉強するくらいの要領の良さも必要です。

そして毎日何かを覚えていく必要があるんです。

ですから記憶力や脳内の情報を保存する領域がとにかく大容量でありうまい部分だけ引き出せるんですね。

7. 早熟な部分もある

早熟な部分もある

もうこれはどの仕事にも言えることかも知れませんが早くから習い始めていたことにはこしたことありません。

早くから稼げる技術に興味を持てた早熟さですね。

下積みをしていたということは理解する物事の早さも違ってくるのです。

ある大学の研究者によりますと理解の早い人と遅い人とでは人間3-5人分くらいの差が出ることもあるそうです。

これは早くから習い始めることが全てではありませんが、スピードの差は関係してくるかもしれません。

でもこれも興味が子供のころから続いているからこそいえることでしょう。

子供心に何が将来美味しいわかっていたのかもしれません。

8. 前向き

前向き

そう思いますとかなり前向きさが必要になってくるかと思われます。

しかも普通の仕事よりもです。

自分で物事を解決するためには自分は出来るんだと信じて、信じこませる必要さえあるからなんです。

9. 多趣味

多趣味

生きる上で趣味も多くて自分で自分を楽しませることも上手な人かもしれません。

そういった面を考えてみましたらやっぱりストレスが少ない、上手に発散させることができる気質を強く持っている必要があるんだと思います。

10. いらないものはうまく捨てる

ですが都合の悪いことは忘れてしまうことも時々見受けられるような気がしますがそれはその事柄の度合いによってさほど思いことではないでしょう。

まあ時に客観的に合わせられる器用なタイプもそれなりに多いのかもしれません。

処理速度を落とすような物事は一旦忘れるもしくは永久に忘れるんです。

好きなものと嫌いなものをうまく分けてますね。

ITエンジニアに向いている人に共通する10の特徴をまとめました。


勉強好き

勉強好きで研究家気質で小さい事でもこだわりを持つことができる人だと思います。

そうしていると気づかない内に詳細や細部に目が行き届く性格になるんだと思います。

時にそれがあまり必要のないことかも知れなくてもそれは本当に必要ないか調べてみて納得いってはじめてそうだと分かるんだと思います。

要するに追求者なんだと思います。

例えば人が普通に考えて結果を出して踏みとどまるポイントがあるのだとしましたら、ITエンジニア気質の方々はその線を越えて考えることに時間を使っている感じがします。

そしてそう言えばそれって一体どうなんだろうね. と聞いた人を考えこませてしまうことさえ時々あるでしょう。

違った角度を持っている

簡単な例をいってみますと、A populated B with C. という英語の文章があるとしましょう。

この英文の翻訳を考える時には一つはこうなります。

「AはBというCを伴ったもので密集されている」ですがエンジニアタイプの人々は「Cを伴ったBがAに居住する」と間逆の翻訳と違った語句を使用してみたりと一つの物事に対して色々と違った角度から見たようなことを始めてしまうんです。

面白い人が多い

性格的には人を飽きさせにくくて、おもしろいタイプが多いと言えるのかもしれません。

とにかくこだわりがありますので集中力を長い時間保つことができるのも特徴の一つだと言えると思います。

いわゆる熱中、没頭型なのかも知れないと思います。

だから物事に詳しいけど違った感覚で話す事があるから可笑しい。

物事にこだわるが完ぺきさにはこだわっていない

しかしながらこだわりはあるものの、完全主義者ではない要素も多くあるかもしれないと思っています。

と言いますのも効率良くおもしろい結果が得られない場合はすっぱりと諦めて新しいものに興味を示してしまう気質もあるだろうなと思ってしまうフシがあるからです。

新しいものが好きという事はイノベーション的だと思いますし、そういうタイプですと新しい技術に飛びつくことが容易でいつまでも古い習慣はキープする必要はないのかなと自動的に的確に判断をすることができるからです。

気持ち的にはわりと若い性格の人が多いのかもしれません。

ITエンジニアの年齢層で一番多いと言われていますのも40代くらいまでと言われていますが、ITエンジニア気質を持ってさえいれば、最近80代でアプリを完成させた人がいますようにそれこそフィジカルな仕事ではありませんのでいつまでも挑戦し続けられるかと思います。

この人も新しいものに出会ったから飛び付いたんでしょうね。

意外と人が好き

あとはITエンジニアの仕事内容はかなり複雑で難しいですのでそれをうまく噛み砕いてわかりやすく簡潔に人に上手に伝えるコミュニケーション能力が必要になってくるかと思われます。

人と話をするのが大好きというのもとても大事なポイントにはなってきますが、大半はコンピューターにかじりついていることがほとんどですのでコンピューターやテクノロジーも大好きでなくてはなりません。

そういった点を考慮いたしますと他に言葉が見つかりませんが恐らくオタクな性格かと思われます。

職歴として以前は接客だったという経験を持っているITエンジニアはとても強い武器をもっているといえるでしょう。

要領も良い

資格がこの種類のお仕事には必要となってくることがありますのでこだわり人間だけじゃなくて、こだわりを実用性に向けられる合理的なタイプが向いています。

資格取りは手を抜くとろを抜いてここぞという部分を勉強するくらいの要領の良さも必要です。

そして毎日何かを覚えていく必要があるんです。

ですから記憶力や脳内の情報を保存する領域がとにかく大容量でありうまい部分だけ引き出せるんですね。

早熟な部分もある

もうこれはどの仕事にも言えることかも知れませんが早くから習い始めていたことにはこしたことありません。

早くから稼げる技術に興味を持てた早熟さですね。

下積みをしていたということは理解する物事の早さも違ってくるのです。

ある大学の研究者によりますと理解の早い人と遅い人とでは人間3-5人分くらいの差が出ることもあるそうです。

これは早くから習い始めることが全てではありませんが、スピードの差は関係してくるかもしれません。

でもこれも興味が子供のころから続いているからこそいえることでしょう。

子供心に何が将来美味しいわかっていたのかもしれません。

前向き

そう思いますとかなり前向きさが必要になってくるかと思われます。

しかも普通の仕事よりもです。

自分で物事を解決するためには自分は出来るんだと信じて、信じこませる必要さえあるからなんです。

多趣味

生きる上で趣味も多くて自分で自分を楽しませることも上手な人かもしれません。

そういった面を考えてみましたらやっぱりストレスが少ない、上手に発散させることができる気質を強く持っている必要があるんだと思います。

ですが都合の悪いことは忘れてしまうことも時々見受けられるような気がしますがそれはその事柄の度合いによってさほど思いことではないでしょう。

まあ時に客観的に合わせられる器用なタイプもそれなりに多いのかもしれません。

処理速度を落とすような物事は一旦忘れるもしくは永久に忘れるんです。

好きなものと嫌いなものをうまく分けてますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-