【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094529.html
喜怒哀楽が激しい人の特徴

喜怒哀楽が激しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
喜怒哀楽が激しい人の特徴

喜びも悲しみも大きく表現する、喜怒哀楽が激しい人の特徴についてまとめてみました。

自分や友人が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  • 良くも悪くも子供っぽい性格
  • 空気が読めない時がある
  • 嘘がつけない正直者
  • やるとなったら猪突猛進
  • 感情を引きずらず、切り替えが早い
  • 衝動的な面がある
  • 相手の感情に同調できる思いやりもある
  • エネルギッシュでパワフルな行動力がある
  • リアクションが大きくひょうきんな人が多い
  • 表現力やパフォーマンスがあり、ダンサーや役者などに向いている
  • 最後にまとめ

1. 良くも悪くも子供っぽい性格

良くも悪くも子供っぽい性格

喜怒哀楽が激しいということは、良くも悪くも子供っぽい性格といえるでしょう。

純粋で、思ったことはすぐに口に出てしまいます。

うっかり目上の人に失言を履いてしまうこともあるので気をつけましょう。

しかしながら、そのピュアな性格を好ましく感じる人もいます。

周囲に迷惑をかけない程度あれば、受け入れられることも多くあります。

2. 空気が読めない時がある

空気が読めない時がある

喜怒哀楽が激しい人でも、一応常識は理解しています。

しかしながら、感情が先行して、うっかりTPOを忘れてしまうことがあるのです。

静かにしていなければならない環境で、ひょんなことをきっかけに、笑ってしまったり、怒ってしまうこともあるので気をつけましょう。

逆に言えば、素直な性格ともいえますので、そのまっすぐな気持ちを忘れずに、マナーやモラルを守りましょう。

3. 嘘がつけない正直者

嘘がつけない正直者

喜怒哀楽が激しい人は、嘘がつけない正直者です。

本音と建前の使い分けが苦手で、思ったことや感じたことはすぐに態度や顔に出てしまいます。

また、正義感も強く、悪いことは悪い、空気なんて関係ないと、つねに実直で頑固です。

時に他者と衝突してしまうことはありますが、その正直さは今の世の中において稀有なものと言えるでしょう。

4. やるとなったら猪突猛進

やるとなったら猪突猛進

喜怒哀楽が激しい人は、猪突猛進です。

やるとなったらすぐに行動するタイプで、物怖じしたり、ためらったりしません。

時に計画性のない行動をしてしまうので、失敗や事故などに気をつけましょう。

実行に移す時の勇気は優れています。

人助けなどにおけるとっさの判断力のおかげで、多くの人に感謝されることも多いのです。

怒りや悲しみも激しいですが、優しさや思いやりの気持ちも深く大きいのです。

5. 感情を引きずらず、切り替えが早い

感情を引きずらず、切り替えが早い

喜怒哀楽が激しい人は、切り替えが早い傾向にあります。

怒った時は、激しく感情を爆発させますが、あと腐れなく、あっけらかんとしているのが特徴です。

相手によりますが、仲直りが早いのは良い点と言えるでしょう。

周りを振り回さないようにしましょう。

しかしながら喧嘩した理由やきっかけを忘れてしまうこともあり、それが原因で相手を怒らせたり、信頼を失うこともあるので気をつけましょう。

また、悲しみを引きずりすぎないのも良い点です。

うつ病になりづらく、自分で新しい目標や生き方を見つけやすいです。

しかしながら、感情の爆発は周囲を振り回し傷つける可能性も高いので、気をつかうことも大切です。

6. 衝動的な面がある

衝動的な面がある

喜怒哀楽が激しい人は、衝動的な面があります。

「欲しい!」と思った物はすぐに買い、「食べたい!」と思ったものは時間を考えずに食べてしまいます。

理性のブレーキがかかりづらく、浪費をしやすかったり、肥満になりやすいので、注意すべきです。

逆に考えれば、やりたいと思ったことへの好奇心やポテンシャルが高いという長所でもあります。

7. 相手の感情に同調できる思いやりもある

相手の感情に同調できる思いやりもある

喜怒哀楽が激しい人は、情に厚く思いやりがあります 相手の感情に同調し、共に喜び、悲しめる人です。

しかしながら、相手の感情に影響されやすく流されやすいという欠点もあります。

時に、騙されたり、扇動されてしまうことがあるので、自分で考えて行動することが大切です。

8. エネルギッシュでパワフルな行動力がある

エネルギッシュでパワフルな行動力がある

喜怒哀楽が激しい人は、エネルギッシュです。

感情のエネルギーが激しいように、行動する時もパワフルに動きます。

はりきりすぎてケガをしてしまうこともあるので、自重することを覚えましょう。

しかし、その行動力は周りのお手本になるものです。

自分が動き出すことで、周りもやってみよう、チャレンジしてみようという空気に変えることができます。

喜怒哀楽が激しい人は、影響力がある人とも言えるでしょう。

9. リアクションが大きくひょうきんな人が多い

リアクションが大きくひょうきんな人が多い

喜怒哀楽が激しい人は、リアクションや声が大きい人が多いです。

煙たがられる時もありますが、ひょうきんな人が多く、周囲を楽しませることができます。

お祭りやイベントなどの場で盛り上げ役に抜擢されることも多いです。

お笑い芸人やタレントとして才能があると言えるでしょう。

10. 表現力やパフォーマンスがあり、ダンサーや役者などに向いている

表現力やパフォーマンスがあり、ダンサーや役者などに向いている

喜怒哀楽が激しい人は、表現力やパフォーマンス力があるとも言えます。

その感情の表出を上手くコントロールすれば、多くの人の引きつける演技力や魅力になるでしょう。

ダンサーや役者などの舞台に立つ仕事に立つ人も多いのです。

また、感情の起伏を上手く利用することで、説得力のある演説をすることもできます。

カリスマ性のある政治家になる可能性もあるということです。

感情表現の激しさを武器に活躍できる仕事もあるのです。

最後にまとめ

喜怒哀楽が激しい、と聞くとマイナスのイメージを抱きがちです。

しかし、感情表現が豊かで、情に厚い人とも言えるのです。

自分の短所を見直し、長所伸ばしていく生き方をしていきましょう。

喜びも悲しみも大きく表現する、喜怒哀楽が激しい人の特徴についてまとめてみました。

自分や友人が当てはまるかどうかチェックしてみてください。


良くも悪くも子供っぽい性格

喜怒哀楽が激しいということは、良くも悪くも子供っぽい性格といえるでしょう。

純粋で、思ったことはすぐに口に出てしまいます。

うっかり目上の人に失言を履いてしまうこともあるので気をつけましょう。

しかしながら、そのピュアな性格を好ましく感じる人もいます。

周囲に迷惑をかけない程度あれば、受け入れられることも多くあります。

空気が読めない時がある

喜怒哀楽が激しい人でも、一応常識は理解しています。

しかしながら、感情が先行して、うっかりTPOを忘れてしまうことがあるのです。

静かにしていなければならない環境で、ひょんなことをきっかけに、笑ってしまったり、怒ってしまうこともあるので気をつけましょう。

逆に言えば、素直な性格ともいえますので、そのまっすぐな気持ちを忘れずに、マナーやモラルを守りましょう。

嘘がつけない正直者

喜怒哀楽が激しい人は、嘘がつけない正直者です。

本音と建前の使い分けが苦手で、思ったことや感じたことはすぐに態度や顔に出てしまいます。

また、正義感も強く、悪いことは悪い、空気なんて関係ないと、つねに実直で頑固です。

時に他者と衝突してしまうことはありますが、その正直さは今の世の中において稀有なものと言えるでしょう。

やるとなったら猪突猛進

喜怒哀楽が激しい人は、猪突猛進です。

やるとなったらすぐに行動するタイプで、物怖じしたり、ためらったりしません。

時に計画性のない行動をしてしまうので、失敗や事故などに気をつけましょう。

実行に移す時の勇気は優れています。

人助けなどにおけるとっさの判断力のおかげで、多くの人に感謝されることも多いのです。

怒りや悲しみも激しいですが、優しさや思いやりの気持ちも深く大きいのです。

感情を引きずらず、切り替えが早い

喜怒哀楽が激しい人は、切り替えが早い傾向にあります。

怒った時は、激しく感情を爆発させますが、あと腐れなく、あっけらかんとしているのが特徴です。

相手によりますが、仲直りが早いのは良い点と言えるでしょう。

周りを振り回さないようにしましょう。

しかしながら喧嘩した理由やきっかけを忘れてしまうこともあり、それが原因で相手を怒らせたり、信頼を失うこともあるので気をつけましょう。

また、悲しみを引きずりすぎないのも良い点です。

うつ病になりづらく、自分で新しい目標や生き方を見つけやすいです。

しかしながら、感情の爆発は周囲を振り回し傷つける可能性も高いので、気をつかうことも大切です。

衝動的な面がある

喜怒哀楽が激しい人は、衝動的な面があります。

「欲しい!」と思った物はすぐに買い、「食べたい!」と思ったものは時間を考えずに食べてしまいます。

理性のブレーキがかかりづらく、浪費をしやすかったり、肥満になりやすいので、注意すべきです。

逆に考えれば、やりたいと思ったことへの好奇心やポテンシャルが高いという長所でもあります。

相手の感情に同調できる思いやりもある

喜怒哀楽が激しい人は、情に厚く思いやりがあります 相手の感情に同調し、共に喜び、悲しめる人です。

しかしながら、相手の感情に影響されやすく流されやすいという欠点もあります。

時に、騙されたり、扇動されてしまうことがあるので、自分で考えて行動することが大切です。

エネルギッシュでパワフルな行動力がある

喜怒哀楽が激しい人は、エネルギッシュです。

感情のエネルギーが激しいように、行動する時もパワフルに動きます。

はりきりすぎてケガをしてしまうこともあるので、自重することを覚えましょう。

しかし、その行動力は周りのお手本になるものです。

自分が動き出すことで、周りもやってみよう、チャレンジしてみようという空気に変えることができます。

喜怒哀楽が激しい人は、影響力がある人とも言えるでしょう。

リアクションが大きくひょうきんな人が多い

喜怒哀楽が激しい人は、リアクションや声が大きい人が多いです。

煙たがられる時もありますが、ひょうきんな人が多く、周囲を楽しませることができます。

お祭りやイベントなどの場で盛り上げ役に抜擢されることも多いです。

お笑い芸人やタレントとして才能があると言えるでしょう。

表現力やパフォーマンスがあり、ダンサーや役者などに向いている

喜怒哀楽が激しい人は、表現力やパフォーマンス力があるとも言えます。

その感情の表出を上手くコントロールすれば、多くの人の引きつける演技力や魅力になるでしょう。

ダンサーや役者などの舞台に立つ仕事に立つ人も多いのです。

また、感情の起伏を上手く利用することで、説得力のある演説をすることもできます。

カリスマ性のある政治家になる可能性もあるということです。

感情表現の激しさを武器に活躍できる仕事もあるのです。

喜怒哀楽が激しい、と聞くとマイナスのイメージを抱きがちです。

しかし、感情表現が豊かで、情に厚い人とも言えるのです。

自分の短所を見直し、長所伸ばしていく生き方をしていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-