【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094520.html
よき理解者になれる人の特徴

よき理解者になれる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
よき理解者になれる人の特徴

よき理解者になれる人には共通する特徴がいくつかありますが、ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 人の話をよく聞く
  • 感情移入ができる
  • 結論を急がない
  • 怒らない
  • 適切なときを知っている
  • 喜怒哀楽を共にしてくれる
  • 経験豊富
  • 受け入れやすい助言を探す
  • 人を見分けられる
  • 口が堅い

1. 人の話をよく聞く

人の話をよく聞く

人のことを理解するためには、まずはその人の話をきちんと聞くことから始めなければなりません。

そのためよい理解者となる人に共通する点は、人の話をしっかりと聞くということです。

これは決して容易なことではありません。

なぜなら場合によっては話を長時間聞かなければならないこともありますし、感情が入ると説明が上手くできなくなる人もいるからです。

こうした状況にあっても話に耳を傾ける人は、よき理解者となれます。

2. 感情移入ができる

感情移入ができる

自分が経験したことのない状況を理解することは容易ではありません。

しかし誰かに理解を示すときは相手の状況をできるだけ把握してあげることが必要です。

ここで重要なのが感情移入です。

感情移入ができればその人の状況を比較的理解することができます。

その結果ふさわしい言葉をかけたり、励ましを与えることができるのです。

3. 結論を急がない

結論を急がない

急いで結論を出すと相手を傷つけてしまうことがあります。

悩み事を打ち明けてくる人の中には自分の話を聞いてほしいと感じているだけのこともあります。

このような状況において「あなたは間違っている、こうしたほうが良い」といった言葉をかけるなら、たとえこのようなアドバイスが正しくても相手は落ち込んでしまうでしょう。

そのため「なぜこの人は自分に話しを聞いてほしいのだろう」と考えてから、今自分はどうするべきかという質問の答えを出すべきです。

4. 怒らない

怒らない

自分を理解してほしいと感じる人の中には、理不尽なことを述べてくる人もいます。

もちろん感情が高ぶっているときなどは話の内容が支離滅裂になってしまうこともあります。

こうした状況を理解してあげなければ、よき理解者となることはできません。

そしてこのような状況を落ち着いて乗り切ることのできる人は怒りを制御できる人です。

「この人は何を言っているのかわからない」というイライラを爆発させるのではなく、相手の気持ちを思いやって話を最後まで聞いてあげるのです。

5. 適切なときを知っている

適切なときを知っている

よき理解者は適切なアドバイスを与えることもします。

しかし先にも触れたように、ふさわしいタイミングでそれを行わなければ相手を傷つけてしまうことになりかねません。

そのためよき理解者と呼ばれる人は、アドバイスをふさわしいタイミングで与えます。

このようにすることで相談相手は適切なステップを踏むことができ、前進できるのです。

6. 喜怒哀楽を共にしてくれる

喜怒哀楽を共にしてくれる

三つ目の項目の感情移入と似ている点ですが、よき理解者となれる人は喜怒哀楽を共有してくれます。

つまり相談相手が嬉しいと感じたときに共に喜び、悲しいときには共に悲しんでくれるのです。

このような状況は感情移入を超えたものであり、相手のことをきちんと理解していることを行動によって示していることになるのです。

喜怒哀楽を表すことは相談相手にとって安心感を与えるものです。

7. 経験豊富

経験豊富

よき理解者に自分も助けられたという経験をしている人は、よき理解者として現在活躍しています。

このような人は自分がどのように扱われたときに嬉しく感じたかをしっかりと覚えています。

そして同じことを他の人にも行い、理解を示しているのです。

このような経験は良い循環を生じさせることがあるために、よき理解者として活躍することは大切なのです。

8. 受け入れやすい助言を探す

受け入れやすい助言を探す

そうだ泣いてに対してきついアドバイスを与えなければならないと感じることがあります。

しかしそのようなアドバイスは受け入れがたく感じられるものです。

また心の状態が弱っているときに強烈なアドバイスを与えるなら落ち込んでしまう可能性もあります。

そのような場合、受け入れやすいアドバイスを瞬時に見つけることができるのも、よい理解者の特徴です。

9. 人を見分けられる

人を見分けられる

いわゆる打たれ強い人がいます。

このような人はストレートなアドバイスを受け入れることができ、その後大きく成長することがあります。

このように人によってはきついと感じられるアドバイスが成長を速めることがあるのです。

こうした状況をきちんと理解している人は、ふさわしいアドバイスを与えることができます。

このようなアドバイスはその人のことを考えてなされるために、当初はきついものと感じられても、後々感謝できるものとなります。

10. 口が堅い

「この人なら自分のことを理解してくれる」と感じ、自分の秘密を打ち明ける人がいます。

もちろんこのような秘密は広められてはならないものです。

そしてよき理解者は相手のことをよく考えているために、その人が悲しい気持ちになるようなことは絶対に行いません。

とりわけ秘密や相談事を誰かに話してしまうようなことはせず、内密を保つのです。

もちろん相談者が第三者に告げてもよいと了承した場合などはその点について他の人と話すことがありますが、このような場合も解決策などを模索する過程におけるもので、相談者のことを考えて行われます。

よき理解者になれる人には共通する特徴がいくつかありますが、ここではそのうちの10個を取り上げます。


人の話をよく聞く

人のことを理解するためには、まずはその人の話をきちんと聞くことから始めなければなりません。

そのためよい理解者となる人に共通する点は、人の話をしっかりと聞くということです。

これは決して容易なことではありません。

なぜなら場合によっては話を長時間聞かなければならないこともありますし、感情が入ると説明が上手くできなくなる人もいるからです。

こうした状況にあっても話に耳を傾ける人は、よき理解者となれます。

感情移入ができる

自分が経験したことのない状況を理解することは容易ではありません。

しかし誰かに理解を示すときは相手の状況をできるだけ把握してあげることが必要です。

ここで重要なのが感情移入です。

感情移入ができればその人の状況を比較的理解することができます。

その結果ふさわしい言葉をかけたり、励ましを与えることができるのです。

結論を急がない

急いで結論を出すと相手を傷つけてしまうことがあります。

悩み事を打ち明けてくる人の中には自分の話を聞いてほしいと感じているだけのこともあります。

このような状況において「あなたは間違っている、こうしたほうが良い」といった言葉をかけるなら、たとえこのようなアドバイスが正しくても相手は落ち込んでしまうでしょう。

そのため「なぜこの人は自分に話しを聞いてほしいのだろう」と考えてから、今自分はどうするべきかという質問の答えを出すべきです。

怒らない

自分を理解してほしいと感じる人の中には、理不尽なことを述べてくる人もいます。

もちろん感情が高ぶっているときなどは話の内容が支離滅裂になってしまうこともあります。

こうした状況を理解してあげなければ、よき理解者となることはできません。

そしてこのような状況を落ち着いて乗り切ることのできる人は怒りを制御できる人です。

「この人は何を言っているのかわからない」というイライラを爆発させるのではなく、相手の気持ちを思いやって話を最後まで聞いてあげるのです。

適切なときを知っている

よき理解者は適切なアドバイスを与えることもします。

しかし先にも触れたように、ふさわしいタイミングでそれを行わなければ相手を傷つけてしまうことになりかねません。

そのためよき理解者と呼ばれる人は、アドバイスをふさわしいタイミングで与えます。

このようにすることで相談相手は適切なステップを踏むことができ、前進できるのです。

喜怒哀楽を共にしてくれる

三つ目の項目の感情移入と似ている点ですが、よき理解者となれる人は喜怒哀楽を共有してくれます。

つまり相談相手が嬉しいと感じたときに共に喜び、悲しいときには共に悲しんでくれるのです。

このような状況は感情移入を超えたものであり、相手のことをきちんと理解していることを行動によって示していることになるのです。

喜怒哀楽を表すことは相談相手にとって安心感を与えるものです。

経験豊富

よき理解者に自分も助けられたという経験をしている人は、よき理解者として現在活躍しています。

このような人は自分がどのように扱われたときに嬉しく感じたかをしっかりと覚えています。

そして同じことを他の人にも行い、理解を示しているのです。

このような経験は良い循環を生じさせることがあるために、よき理解者として活躍することは大切なのです。

受け入れやすい助言を探す

そうだ泣いてに対してきついアドバイスを与えなければならないと感じることがあります。

しかしそのようなアドバイスは受け入れがたく感じられるものです。

また心の状態が弱っているときに強烈なアドバイスを与えるなら落ち込んでしまう可能性もあります。

そのような場合、受け入れやすいアドバイスを瞬時に見つけることができるのも、よい理解者の特徴です。

人を見分けられる

いわゆる打たれ強い人がいます。

このような人はストレートなアドバイスを受け入れることができ、その後大きく成長することがあります。

このように人によってはきついと感じられるアドバイスが成長を速めることがあるのです。

こうした状況をきちんと理解している人は、ふさわしいアドバイスを与えることができます。

このようなアドバイスはその人のことを考えてなされるために、当初はきついものと感じられても、後々感謝できるものとなります。

「この人なら自分のことを理解してくれる」と感じ、自分の秘密を打ち明ける人がいます。

もちろんこのような秘密は広められてはならないものです。

そしてよき理解者は相手のことをよく考えているために、その人が悲しい気持ちになるようなことは絶対に行いません。

とりわけ秘密や相談事を誰かに話してしまうようなことはせず、内密を保つのです。

もちろん相談者が第三者に告げてもよいと了承した場合などはその点について他の人と話すことがありますが、このような場合も解決策などを模索する過程におけるもので、相談者のことを考えて行われます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-