【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094447.html
仕事のできる看護師の特徴

仕事のできる看護師の特徴 | LADYCO

LADYCO
仕事のできる看護師の特徴

医者との連携ができる、仲間とのコミュニケーションが潤滑、キツイ勤務形態に耐えられるなど、仕事のできる看護師に共通する特徴についてまとめてみました

  • 記憶力がよく、患者のデータや薬品やその投与量などを即座に覚えられる
  • 医者との連携ができる
  • 同僚とのコミュニケーションが潤滑
  • ほどよい上下関係が築けている
  • 器用で細かい作業も苦ではない
  • キツイ勤務形態に耐えられる体力と気力がある
  • 愛想がよく、患者とのコミュケーションができる
  • 感情的にならず冷静な判断ができる
  • ストレス耐性があり、悩みを抱え込みすぎない
  • 潔癖すぎない

1. 記憶力がよく、患者のデータや薬品やその投与量などを即座に覚えられる

記憶力がよく、患者のデータや薬品やその投与量などを即座に覚えられる

看護師に限らず、医療の現場に携わる人はかなり正確な記憶力を要します。

常に多くの患者を診て、どんな治療をすべきか、どんな薬を投与すべきか、医者からの指示に看護師は的確に応えなければならないのです。

そうした時に、薬品や道具の種類や使い方、患者の症状などを忘れていては使いものにならないのです。

一刻争う場合は余計にそうでしょう。

看護師として仕事をする時、記憶力はとても大切なのです。

2. 医者との連携ができる

医者との連携ができる

医師と看護師が連携できなければ、患者の治療も病院の維持も成り立ちません。

関係が悪化してしまえば、病院そのものが解体される危機にも繋がるのです。

しかしながら、普段から医者に媚びているだけの看護師が良いとはいえません。

必要な時に互いの役割を把握し、実行できるチームワークが大切なのです。

3. 同僚とのコミュニケーションが潤滑

同僚とのコミュニケーションが潤滑

もちろん同僚とのコミュケーションも大切です。

どこの職場でも人間関係を作るのは難しいことです。

また、どちらかの性別が偏る場合は、嫉妬やいじめも生まれやすいと言われています。

こうした中で、つかず離れず、自分の仕事をこなしつつ、コミュニケーションをとることが大切です。

4. ほどよい上下関係が築けている

ほどよい上下関係が築けている

上司や部下との関係も大切です。

上司にもよりますが、適切な距離感で、上司をさりげなく立てつつ、上司から様々なことを吸収できる看護師が優秀になれるでしょう。

また、上司も、褒める時は褒め、叱る時は叱り、飴と鞭を使い分けて、部下を上手く使うことが大切になってきます。

あまり、高圧的な態度をとりすぎるとパワハラ扱いにもなりかねないので気をつけましょう。

5. 器用で細かい作業も苦ではない

器用で細かい作業も苦ではない

看護師の仕事は器用さも大切です。

点滴や注射の処置をする時、薬を投与する時、手術の補助をする時など、細かく繊細な作業も多いので、ある程度器用でなければ務まりません。

注射をするのが下手な看護師では、患者も嫌がるでしょう。

もちろん、大胆さも必要であり、いちいち臆したり躊躇ってしまっては、適切な処置ができません。

6. キツイ勤務形態に耐えられる体力と気力がある

キツイ勤務形態に耐えられる体力と気力がある

看護師には、体力と気力も必要です。

勤務時間も長く内容もキツイので、続けるとなったら体力勝負でしょう。

夜勤の時もあるので、朝昼夜関係なく、常に集中力が必要になります。

また、眠れる時にはちゃんと眠れる人が看護師に向いています。

夜勤から帰ったけど、昼間だから眠れないという状態では、すぐに体調を崩し、仕事が続かないでしょう。

看護師は、体力や気力、環境に対する適応力が必要な仕事です。

7. 愛想がよく、患者とのコミュケーションができる

愛想がよく、患者とのコミュケーションができる

看護師は患者とのコミュニケーションも大切です。

ある程度愛想のよい方が、患者さんウケも良く、良い環境で働けるでしょう。

もちろん媚びる必要はなく、必要な処置を患者に行うことが第一です。

また、挨拶がてら患者さんの様子を聞くことも大切です。

医者には上手く伝えられなかったけど、看護師には気になる症状や違和感を伝えられた、ということもあるのです。

忙しいですから、無理してカウンセラーになる必要はないですが、できる範囲で患者の話を聞きましょう。

8. 感情的にならず冷静な判断ができる

感情的にならず冷静な判断ができる

医療に従事する人は感情的になりすぎてもいけません。

常に生死がつきまとう仕事ですから、ショッキングな場面に出会うことも多々あります。

そうした時に、動揺しすぎて、何もできないようでは医療人としては失格です。

時に、感情を押し殺し、やるべきことを考え、処置できるような人でなければなりません。

そういう意味でも看護師はキツイ仕事なのです。

9. ストレス耐性があり、悩みを抱え込みすぎない

ストレス耐性があり、悩みを抱え込みすぎない

看護師という仕事を選んだ時、人の死に直面することを覚悟しなければなりません。

患者の死を偲ぶことは大切ですが、それをずっと引きずってしまい、仕事に差し支えることもあります。

ある程度、思い出や想いを抑制することも必要になってくるでしょう。

また、勤務形態、勤務内容、人間関係などが絡み、様々なストレスを抱えることも多々あります。

そうしたストレスを上手くコントロールし、解消することも看護師にとって必要なスキルです。

10. 潔癖すぎない

看護師には、患者に触れる、血や傷を見る、汚物の処理をするなど、潔癖症の人にはできない仕事が多くあります。

こうしたことを、いちいちストレスに感じていては看護師は務まりません。

また、時々ですが、看護師にセクハラまがいの行為や発言をしてくる患者もいるでしょう。

そうした時に、上手く流し、時にやんわりと注意をし、対処できるスキルも必要になっていきます。

触るのも触られるのも嫌な人は、患者に関わる仕事は向いていません。

医者との連携ができる、仲間とのコミュニケーションが潤滑、キツイ勤務形態に耐えられるなど、仕事のできる看護師に共通する特徴についてまとめてみました


記憶力がよく、患者のデータや薬品やその投与量などを即座に覚えられる

看護師に限らず、医療の現場に携わる人はかなり正確な記憶力を要します。

常に多くの患者を診て、どんな治療をすべきか、どんな薬を投与すべきか、医者からの指示に看護師は的確に応えなければならないのです。

そうした時に、薬品や道具の種類や使い方、患者の症状などを忘れていては使いものにならないのです。

一刻争う場合は余計にそうでしょう。

看護師として仕事をする時、記憶力はとても大切なのです。

医者との連携ができる

医師と看護師が連携できなければ、患者の治療も病院の維持も成り立ちません。

関係が悪化してしまえば、病院そのものが解体される危機にも繋がるのです。

しかしながら、普段から医者に媚びているだけの看護師が良いとはいえません。

必要な時に互いの役割を把握し、実行できるチームワークが大切なのです。

同僚とのコミュニケーションが潤滑

もちろん同僚とのコミュケーションも大切です。

どこの職場でも人間関係を作るのは難しいことです。

また、どちらかの性別が偏る場合は、嫉妬やいじめも生まれやすいと言われています。

こうした中で、つかず離れず、自分の仕事をこなしつつ、コミュニケーションをとることが大切です。

ほどよい上下関係が築けている

上司や部下との関係も大切です。

上司にもよりますが、適切な距離感で、上司をさりげなく立てつつ、上司から様々なことを吸収できる看護師が優秀になれるでしょう。

また、上司も、褒める時は褒め、叱る時は叱り、飴と鞭を使い分けて、部下を上手く使うことが大切になってきます。

あまり、高圧的な態度をとりすぎるとパワハラ扱いにもなりかねないので気をつけましょう。

器用で細かい作業も苦ではない

看護師の仕事は器用さも大切です。

点滴や注射の処置をする時、薬を投与する時、手術の補助をする時など、細かく繊細な作業も多いので、ある程度器用でなければ務まりません。

注射をするのが下手な看護師では、患者も嫌がるでしょう。

もちろん、大胆さも必要であり、いちいち臆したり躊躇ってしまっては、適切な処置ができません。

キツイ勤務形態に耐えられる体力と気力がある

看護師には、体力と気力も必要です。

勤務時間も長く内容もキツイので、続けるとなったら体力勝負でしょう。

夜勤の時もあるので、朝昼夜関係なく、常に集中力が必要になります。

また、眠れる時にはちゃんと眠れる人が看護師に向いています。

夜勤から帰ったけど、昼間だから眠れないという状態では、すぐに体調を崩し、仕事が続かないでしょう。

看護師は、体力や気力、環境に対する適応力が必要な仕事です。

愛想がよく、患者とのコミュケーションができる

看護師は患者とのコミュニケーションも大切です。

ある程度愛想のよい方が、患者さんウケも良く、良い環境で働けるでしょう。

もちろん媚びる必要はなく、必要な処置を患者に行うことが第一です。

また、挨拶がてら患者さんの様子を聞くことも大切です。

医者には上手く伝えられなかったけど、看護師には気になる症状や違和感を伝えられた、ということもあるのです。

忙しいですから、無理してカウンセラーになる必要はないですが、できる範囲で患者の話を聞きましょう。

感情的にならず冷静な判断ができる

医療に従事する人は感情的になりすぎてもいけません。

常に生死がつきまとう仕事ですから、ショッキングな場面に出会うことも多々あります。

そうした時に、動揺しすぎて、何もできないようでは医療人としては失格です。

時に、感情を押し殺し、やるべきことを考え、処置できるような人でなければなりません。

そういう意味でも看護師はキツイ仕事なのです。

ストレス耐性があり、悩みを抱え込みすぎない

看護師という仕事を選んだ時、人の死に直面することを覚悟しなければなりません。

患者の死を偲ぶことは大切ですが、それをずっと引きずってしまい、仕事に差し支えることもあります。

ある程度、思い出や想いを抑制することも必要になってくるでしょう。

また、勤務形態、勤務内容、人間関係などが絡み、様々なストレスを抱えることも多々あります。

そうしたストレスを上手くコントロールし、解消することも看護師にとって必要なスキルです。

看護師には、患者に触れる、血や傷を見る、汚物の処理をするなど、潔癖症の人にはできない仕事が多くあります。

こうしたことを、いちいちストレスに感じていては看護師は務まりません。

また、時々ですが、看護師にセクハラまがいの行為や発言をしてくる患者もいるでしょう。

そうした時に、上手く流し、時にやんわりと注意をし、対処できるスキルも必要になっていきます。

触るのも触られるのも嫌な人は、患者に関わる仕事は向いていません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-