【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094435.html
彼氏とキスするときの注意点10選

彼氏とキスするときの注意点10選 | LADYCO

LADYCO
彼氏とキスするときの注意点10選

彼氏とキスするときの注意点10選をまとめました。

  • 時と場合を考える
  • 上手すぎないように
  • 口臭に気を付ける
  • 相手のペースに合わせる
  • 吐息を漏らす
  • 唇の荒れに気を付ける
  • 焦らない
  • 鼻毛の処理をする
  • 適度に息を止める
  • 目線はどうするのか

1. 時と場合を考える

時と場合を考える

キスをする際は、時と場合を考えましょう。

人目を気にせずにどこでもイチャイチャする人もいますが、本人達はそれで良くても周りの人間は目のやり場に困ります。

他に誰が見ているかもわからないので、人目につく場所でのキスは控えた方のが良いのです。

自分が良くても彼氏は人前でキスをしたくないかもしれません。

愛する彼女の要求なので、恥ずかしくても仕方なくしてくれている場合もあります。

周りの目を気にすることなく、良いムードでキスが出来るように、場所は選びましょう。

2. 上手すぎないように

上手すぎないように

彼氏があまりキスに慣れていなかったとして、彼女が側が経験豊富だと彼氏もプライドが傷つきます。

キスをして彼氏のキスのレベルを理解した上で調整してあげて下さい。

キスが上手いと、彼氏のプライドを傷つけるだけではなく、変に不信感を与えてしまうからです。

自分の彼女の過去の経験人数が多いと、彼氏も良い気分はしませんよね。

あどけなさが残るくらいの、可愛らしいキスを目指しましょう。

3. 口臭に気を付ける

口臭に気を付ける

キスをするとお互いの口の中にいる細菌が何億匹と移動を繰り返すらしいです。

もちろんそんな大量の細菌をどうこうできる訳ではないのですが、口臭を防ぐ事は出来ます。

自分では案外気が付きにくいものです。

友達で口臭がキツイ人がいたとしても、なかなか言えないですよね。

なので口臭については自分で予防するしかありません。

口臭対策

キスの前にガムを噛んでおく、デートの前日にはニンニク料理を食べない、お酒を飲まない、などの方法で予防する事が出来ます。

ストレスや、蓄膿症、歯周病からくる口臭はそれを改善しても治らないので、マスクをつけた状態で自分の口臭チェックをすると良いですよ。

歯周病の場合は普通の口臭とは違い、膿の匂いがするのですぐにわかると思います。

4. 相手のペースに合わせる

相手のペースに合わせる

自分がもっと濃厚なキスをしたいと思っていても、彼氏のペースに合わせましょう。

男性側がリードするものなので、彼氏は自分のプラン通りにキスを進めていきたいと思っているからです。

じっくりお互いを確かめ合うようにキスをした方のがお互いのボルテージも上がっていきます。

共同作業なので、相手の気持ちを考えながら行動しましょう。

彼女側から彼氏に可愛らしく、キスのおねだりをしてみるのも良いと思います。

5. 吐息を漏らす

吐息を漏らす

キスをしながら、それっぽく吐息を漏らしてみましょう。

雰囲気が一気に色っぽくなります。

彼氏も自分のキスで彼女が感じてくれていると思い、次のキスへの自信へと繋がります。

必死で彼氏のキスのペースについていくようなイメージで、吐息を漏らすのが理想です。

耐えられなくなって、思わず出てしまったというのがより彼氏を興奮させる効果があります。

6. 唇の荒れに気を付ける

唇の荒れに気を付ける

キスはお互いの唇をダイレクトに合わせる行為です。

相手の唇がカサついていたり、切れて血が出ていたら一気に冷めてしまいます。

普段からリップクリームを使用して唇の乾燥には気をつけましょう。

保湿を欠かさない事でプルンとした状態の唇をキープする事が出来ます。

口紅にも気を付ける

口紅はべったりつけないほうが良いです。

キスをすれば色の濃い口紅だと彼氏の唇に色が移ってしまうからです。

キスをする前に、ちょっと待った!をかけて唇を拭く事も出来ないので、濃い色の口紅をつけないようにしましょう。

落ちにくいティントタイプのものや淡く色がついたリップクリームをつけるのがお勧めです。

7. 焦らない

焦らない

キスに焦りは禁物です。

無意識に息が荒くなったりしてしまうからです。

力が入ってしまうのも良くないです。

程よいドキドキ感を味わいながらもリラックスした状態でするのが望ましいです。

焦らずゆっくりとキスをする事で、より相手の気持ちをや思いを感じ取る事ができ、愛情も深まる事でしょう。

8. 鼻毛の処理をする

鼻毛の処理をする

女性は男性よりも背が低い傾向にあるので、キスをする際は男性の方へ背伸びをして上を向いてキスをしなければなりません。

もしその時に女性側が鼻毛の処理を怠っていたらどうでしょうか。

この人はエチケットに関心がないのかと思われてしまい、幻滅されてしまいます。

鼻くそも要注意

鼻毛だけではなくて鼻くそにも注意です。

鼻をかんだりした後には必ずチェックをしましょう。

男性側からは情勢の鼻の穴が丸見えの状態になる事が多々あるという事を忘れないでください。

9. 適度に息を止める

適度に息を止める

キスをしている最中に、普通に呼吸をしていたら相手に引かれてしまいます。

本人は普通に息をしているつもりでも、距離が近い分、とてつもなく荒い息をそているように思われてしまうからです。

長いキスだと息継ぎをしないと苦しくなりますが、ある程度は我慢しつつ、タイミングを見計らって、少しずつ新しい空気を吸うようにして下さい。

また、相手が呼吸をするのと同じタイミングでするのも良いと思います。

10. 目線はどうするのか

キスは目を閉じてするのがオーソドックスな例ですが、目を開けてするのも盛り上がって良いと思います。

キスも何度もしているとマンネリ化してきます。

キスをしている最中は、神経を口元に集中させているので目を閉じていても良いのですが、少し目を開けてみて下さい。

うっすら目を開けて、上目遣い、うるんだ瞳で彼氏を見つめるのです。

なんとも言えないエロさが出ます。

キスをしている彼氏の顔を見る事もできるので、目を開いてみるのも良いと思います。

彼氏とキスするときの注意点10選をまとめました。


時と場合を考える

キスをする際は、時と場合を考えましょう。

人目を気にせずにどこでもイチャイチャする人もいますが、本人達はそれで良くても周りの人間は目のやり場に困ります。

他に誰が見ているかもわからないので、人目につく場所でのキスは控えた方のが良いのです。

自分が良くても彼氏は人前でキスをしたくないかもしれません。

愛する彼女の要求なので、恥ずかしくても仕方なくしてくれている場合もあります。

周りの目を気にすることなく、良いムードでキスが出来るように、場所は選びましょう。

上手すぎないように

彼氏があまりキスに慣れていなかったとして、彼女が側が経験豊富だと彼氏もプライドが傷つきます。

キスをして彼氏のキスのレベルを理解した上で調整してあげて下さい。

キスが上手いと、彼氏のプライドを傷つけるだけではなく、変に不信感を与えてしまうからです。

自分の彼女の過去の経験人数が多いと、彼氏も良い気分はしませんよね。

あどけなさが残るくらいの、可愛らしいキスを目指しましょう。

口臭に気を付ける

キスをするとお互いの口の中にいる細菌が何億匹と移動を繰り返すらしいです。

もちろんそんな大量の細菌をどうこうできる訳ではないのですが、口臭を防ぐ事は出来ます。

自分では案外気が付きにくいものです。

友達で口臭がキツイ人がいたとしても、なかなか言えないですよね。

なので口臭については自分で予防するしかありません。

口臭対策

キスの前にガムを噛んでおく、デートの前日にはニンニク料理を食べない、お酒を飲まない、などの方法で予防する事が出来ます。

ストレスや、蓄膿症、歯周病からくる口臭はそれを改善しても治らないので、マスクをつけた状態で自分の口臭チェックをすると良いですよ。

歯周病の場合は普通の口臭とは違い、膿の匂いがするのですぐにわかると思います。

相手のペースに合わせる

自分がもっと濃厚なキスをしたいと思っていても、彼氏のペースに合わせましょう。

男性側がリードするものなので、彼氏は自分のプラン通りにキスを進めていきたいと思っているからです。

じっくりお互いを確かめ合うようにキスをした方のがお互いのボルテージも上がっていきます。

共同作業なので、相手の気持ちを考えながら行動しましょう。

彼女側から彼氏に可愛らしく、キスのおねだりをしてみるのも良いと思います。

吐息を漏らす

キスをしながら、それっぽく吐息を漏らしてみましょう。

雰囲気が一気に色っぽくなります。

彼氏も自分のキスで彼女が感じてくれていると思い、次のキスへの自信へと繋がります。

必死で彼氏のキスのペースについていくようなイメージで、吐息を漏らすのが理想です。

耐えられなくなって、思わず出てしまったというのがより彼氏を興奮させる効果があります。

唇の荒れに気を付ける

キスはお互いの唇をダイレクトに合わせる行為です。

相手の唇がカサついていたり、切れて血が出ていたら一気に冷めてしまいます。

普段からリップクリームを使用して唇の乾燥には気をつけましょう。

保湿を欠かさない事でプルンとした状態の唇をキープする事が出来ます。

口紅にも気を付ける

口紅はべったりつけないほうが良いです。

キスをすれば色の濃い口紅だと彼氏の唇に色が移ってしまうからです。

キスをする前に、ちょっと待った!をかけて唇を拭く事も出来ないので、濃い色の口紅をつけないようにしましょう。

落ちにくいティントタイプのものや淡く色がついたリップクリームをつけるのがお勧めです。

焦らない

キスに焦りは禁物です。

無意識に息が荒くなったりしてしまうからです。

力が入ってしまうのも良くないです。

程よいドキドキ感を味わいながらもリラックスした状態でするのが望ましいです。

焦らずゆっくりとキスをする事で、より相手の気持ちをや思いを感じ取る事ができ、愛情も深まる事でしょう。

鼻毛の処理をする

女性は男性よりも背が低い傾向にあるので、キスをする際は男性の方へ背伸びをして上を向いてキスをしなければなりません。

もしその時に女性側が鼻毛の処理を怠っていたらどうでしょうか。

この人はエチケットに関心がないのかと思われてしまい、幻滅されてしまいます。

鼻くそも要注意

鼻毛だけではなくて鼻くそにも注意です。

鼻をかんだりした後には必ずチェックをしましょう。

男性側からは情勢の鼻の穴が丸見えの状態になる事が多々あるという事を忘れないでください。

適度に息を止める

キスをしている最中に、普通に呼吸をしていたら相手に引かれてしまいます。

本人は普通に息をしているつもりでも、距離が近い分、とてつもなく荒い息をそているように思われてしまうからです。

長いキスだと息継ぎをしないと苦しくなりますが、ある程度は我慢しつつ、タイミングを見計らって、少しずつ新しい空気を吸うようにして下さい。

また、相手が呼吸をするのと同じタイミングでするのも良いと思います。

キスは目を閉じてするのがオーソドックスな例ですが、目を開けてするのも盛り上がって良いと思います。

キスも何度もしているとマンネリ化してきます。

キスをしている最中は、神経を口元に集中させているので目を閉じていても良いのですが、少し目を開けてみて下さい。

うっすら目を開けて、上目遣い、うるんだ瞳で彼氏を見つめるのです。

なんとも言えないエロさが出ます。

キスをしている彼氏の顔を見る事もできるので、目を開いてみるのも良いと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-