【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094429.html
子育てで旦那と意見が合わない時の対処方法

子育てで旦那と意見が合わない時の対処方法 | LADYCO

LADYCO
子育てで旦那と意見が合わない時の対処方法

結婚して子供ができると旦那と子育てをめぐって意見が合わない時があります。

そんな時どうしたらいいか、対処方法を集めてみました。

参考にしてみてくださいね。

  • 旦那を言い負かそうとしない
  • 旦那の言い分をよく聞く
  • 自分の方針を押し付けるのではなく提案する
  • 旦那の親に味方になってもらう
  • 友達の意見を話してみる
  • 話し合いはお互いに余裕のある時にする
  • 旦那の前だけは旦那のやり方に合わせる
  • 夫婦円満のため妥協する
  • 夫婦喧嘩になりそうな時は実家に戻っておく
  • どうしても譲れない部分は離婚覚悟で主張する

1. 旦那を言い負かそうとしない

旦那を言い負かそうとしない

子育てで旦那と意見が合わない時どうしても言い合いのようになってしまう時がりますよね。

女性は口が達者ですし、日頃から子供と長く接しているのは自分だという思いがありますので強気です。

旦那が折れてくれれば問題ないのですが、言い返してくる旦那の場合はやっかいです。

子育てのことで話しているのにお互い自分の主張を通そうと意地になってきます。

旦那を言い負かすのが目的ではなく子育てのことを話し合うのが本来の目的なはず。

旦那を言い負かそうとすると最終的に夫婦喧嘩になります。

意見が合わない時はさっさと話しを切り上げる方がいいです。

2. 旦那の言い分をよく聞く

旦那の言い分をよく聞く

旦那が子育てのことを語りだしたら、言うのは簡単、普段お世話をしているのは自分とついムッとしてしまう時があります。

ですが、旦那だって妻にダメ出しをしたいのではありません。

自分だって子供のことをちゃんと考えているんだとアピールしたいのです。

また子育てに積極的に関わりたいという気持ちもあるかもしれません。

ですから、一応表面上だけでも構いませんので旦那の言い分を最後まで聞いてあげる方がいいのです。

最後まで聞いた上で納得できない部分はやんわりと伝えればいいのですし、受け入れてもいいと思えることは受け入れましょう。

3. 自分の方針を押し付けるのではなく提案する

自分の方針を押し付けるのではなく提案する

子育てで旦那と意見が合わない時、自分の方針を押し付けてはダメです。

「こうしないとダメなの」と言われるとやはり旦那としても素直に受け入れたくないと頑固になってしまいます。

たとえ、妻が正しいと思っていてもなぜか反論したくなったりするものです。

それよりも「こうした方がいいと思う」「あなたはどう思う?」など提案するような言い方に変えましょう。

上から言われるとカチンとくるものですが、お伺いを立てれれば一応面子が保たれるのか最終的には折れてくれることも多いものです。

4. 旦那の親に味方になってもらう

旦那の親に味方になってもらう

子育てで旦那と意見が合わない時、旦那の親に相談するというのも一つの方法です。

といっても、旦那の親と自分の意見が同じの時にしか使えない方法ですが、旦那の親が味方になってくれると一番心強いのです。

妻の言うことは素直に聞けなくても、親から言われると渋々ですがおとなしくなる旦那は多いです。

旦那の親と関係が良好の場合はこの方法が効き目があります。

5. 友達の意見を話してみる

友達の意見を話してみる

子育てで旦那と意見が合わない時、周りの友達に相談してみましょう。

特に夫婦共通の友人とか、旦那の先輩とかであるといいです。

妻の意見は聞かないくせに、友達の意見だとなぜか素直に受け入れてしまう、信頼してしまうそういう旦那って多いのです。

妻からすれば私の言うことは聞かないくせにと腹が立ちますが、男性って男友達のこと案外大事にしていますし信頼もしているものです。

6. 話し合いはお互いに余裕のある時にする

話し合いはお互いに余裕のある時にする

子育てで旦那と意見が合わない時、話し合いはできるだけ昼間、そして二人とも疲れていない余裕がある休日などにするのが望ましいです。

一番ダメなのは疲れている平日、しかも夜です。

激しいケンカになりやすいですし、勢い余って離婚話になってしまうリスクもあります。

忙しかったり、疲れたりで余裕がなくなるとどうしても相手の言動がイラっとくるものです。

子育てで意見が合わない、話し合いをするのはそんな状態では前向きにはできません。

少し時間を置いて話すことで冷静になれます。

7. 旦那の前だけは旦那のやり方に合わせる

旦那の前だけは旦那のやり方に合わせる

子育てで旦那と意見が合わない時、旦那がどうしても譲らない場合があります。

旦那の性格上、話し合っても平行線とわかっていますし、お互い嫌な思いをするだけ、そう思うのであれば旦那の前だけは旦那のやり方に合わせておきましょう。

そして旦那がいない時は自分のやり方にすればいいのです。

また、時間が経てば旦那は自分が主張したことを忘れてしまう可能性だってあります。

8. 夫婦円満のため妥協する

夫婦円満のため妥協する

旦那の子育て方法がどうしても気に入らない、納得いかないとは思っていてもそれを指摘すれば夫婦喧嘩になってしまう、子供の前でそれは避けたいと考えている女性は多いと思います。

夫婦円満のため、子供に心配させないため、納得いかないことでも妥協して諦めるというのも一つの方法です。

旦那の子育てで別に子供に悪い影響がないのであれば、自分さえ我慢すれば何とかなるのであれば、今は一旦妥協するという選択です。

9. 夫婦喧嘩になりそうな時は実家に戻っておく

夫婦喧嘩になりそうな時は実家に戻っておく

子育てで旦那と意見が合わない時、合わせることは不可能という内容の場合はやはり自己主張をしなくてはなりません。

ただ、そうなれば旦那もキレて夫婦喧嘩になる、そうわかっている時は最初から実家に子供を連れて戻っておくのがいいでしょう。

そしてラインなり、電話なりで夫と話し合うのです。

もしも喧嘩になっても実家にいるのですから顔を合わせることもなく気まずくありません。

離れていることでお互いに冷静に考えることもできますよね。

10. どうしても譲れない部分は離婚覚悟で主張する

子育てで旦那と意見が合わない時、どうしても譲れないこともあります。

たとえば家の中でのしつけなどはまだ妥協できたとしても、学校や塾など子供に直接影響が出ることであれば、やはりそうそう妥協はできません。

一番に思うのは子供のことです。

絶対にそれだけは無理だと思う内容であれば、最悪別居や離婚になっても仕方ないと覚悟を決めて強気で主張します。

覚悟を決めたら女性は強いです、旦那側もさすがに折れるしかないとなるでしょう。

結婚して子供ができると旦那と子育てをめぐって意見が合わない時があります。

そんな時どうしたらいいか、対処方法を集めてみました。

参考にしてみてくださいね。


旦那を言い負かそうとしない

子育てで旦那と意見が合わない時どうしても言い合いのようになってしまう時がりますよね。

女性は口が達者ですし、日頃から子供と長く接しているのは自分だという思いがありますので強気です。

旦那が折れてくれれば問題ないのですが、言い返してくる旦那の場合はやっかいです。

子育てのことで話しているのにお互い自分の主張を通そうと意地になってきます。

旦那を言い負かすのが目的ではなく子育てのことを話し合うのが本来の目的なはず。

旦那を言い負かそうとすると最終的に夫婦喧嘩になります。

意見が合わない時はさっさと話しを切り上げる方がいいです。

旦那の言い分をよく聞く

旦那が子育てのことを語りだしたら、言うのは簡単、普段お世話をしているのは自分とついムッとしてしまう時があります。

ですが、旦那だって妻にダメ出しをしたいのではありません。

自分だって子供のことをちゃんと考えているんだとアピールしたいのです。

また子育てに積極的に関わりたいという気持ちもあるかもしれません。

ですから、一応表面上だけでも構いませんので旦那の言い分を最後まで聞いてあげる方がいいのです。

最後まで聞いた上で納得できない部分はやんわりと伝えればいいのですし、受け入れてもいいと思えることは受け入れましょう。

自分の方針を押し付けるのではなく提案する

子育てで旦那と意見が合わない時、自分の方針を押し付けてはダメです。

「こうしないとダメなの」と言われるとやはり旦那としても素直に受け入れたくないと頑固になってしまいます。

たとえ、妻が正しいと思っていてもなぜか反論したくなったりするものです。

それよりも「こうした方がいいと思う」「あなたはどう思う?」など提案するような言い方に変えましょう。

上から言われるとカチンとくるものですが、お伺いを立てれれば一応面子が保たれるのか最終的には折れてくれることも多いものです。

旦那の親に味方になってもらう

子育てで旦那と意見が合わない時、旦那の親に相談するというのも一つの方法です。

といっても、旦那の親と自分の意見が同じの時にしか使えない方法ですが、旦那の親が味方になってくれると一番心強いのです。

妻の言うことは素直に聞けなくても、親から言われると渋々ですがおとなしくなる旦那は多いです。

旦那の親と関係が良好の場合はこの方法が効き目があります。

友達の意見を話してみる

子育てで旦那と意見が合わない時、周りの友達に相談してみましょう。

特に夫婦共通の友人とか、旦那の先輩とかであるといいです。

妻の意見は聞かないくせに、友達の意見だとなぜか素直に受け入れてしまう、信頼してしまうそういう旦那って多いのです。

妻からすれば私の言うことは聞かないくせにと腹が立ちますが、男性って男友達のこと案外大事にしていますし信頼もしているものです。

話し合いはお互いに余裕のある時にする

子育てで旦那と意見が合わない時、話し合いはできるだけ昼間、そして二人とも疲れていない余裕がある休日などにするのが望ましいです。

一番ダメなのは疲れている平日、しかも夜です。

激しいケンカになりやすいですし、勢い余って離婚話になってしまうリスクもあります。

忙しかったり、疲れたりで余裕がなくなるとどうしても相手の言動がイラっとくるものです。

子育てで意見が合わない、話し合いをするのはそんな状態では前向きにはできません。

少し時間を置いて話すことで冷静になれます。

旦那の前だけは旦那のやり方に合わせる

子育てで旦那と意見が合わない時、旦那がどうしても譲らない場合があります。

旦那の性格上、話し合っても平行線とわかっていますし、お互い嫌な思いをするだけ、そう思うのであれば旦那の前だけは旦那のやり方に合わせておきましょう。

そして旦那がいない時は自分のやり方にすればいいのです。

また、時間が経てば旦那は自分が主張したことを忘れてしまう可能性だってあります。

夫婦円満のため妥協する

旦那の子育て方法がどうしても気に入らない、納得いかないとは思っていてもそれを指摘すれば夫婦喧嘩になってしまう、子供の前でそれは避けたいと考えている女性は多いと思います。

夫婦円満のため、子供に心配させないため、納得いかないことでも妥協して諦めるというのも一つの方法です。

旦那の子育てで別に子供に悪い影響がないのであれば、自分さえ我慢すれば何とかなるのであれば、今は一旦妥協するという選択です。

夫婦喧嘩になりそうな時は実家に戻っておく

子育てで旦那と意見が合わない時、合わせることは不可能という内容の場合はやはり自己主張をしなくてはなりません。

ただ、そうなれば旦那もキレて夫婦喧嘩になる、そうわかっている時は最初から実家に子供を連れて戻っておくのがいいでしょう。

そしてラインなり、電話なりで夫と話し合うのです。

もしも喧嘩になっても実家にいるのですから顔を合わせることもなく気まずくありません。

離れていることでお互いに冷静に考えることもできますよね。

子育てで旦那と意見が合わない時、どうしても譲れないこともあります。

たとえば家の中でのしつけなどはまだ妥協できたとしても、学校や塾など子供に直接影響が出ることであれば、やはりそうそう妥協はできません。

一番に思うのは子供のことです。

絶対にそれだけは無理だと思う内容であれば、最悪別居や離婚になっても仕方ないと覚悟を決めて強気で主張します。

覚悟を決めたら女性は強いです、旦那側もさすがに折れるしかないとなるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-